日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

ソウルも熱い焦がし焼きそば@嬉一

2015-06-30 | そとごはん

広島ブログ 

オットとライブに行った日は、ライブハウスだったので、3時間立ちっぱなしで、もう足がジンジンしちゃって・・・・この歳になると、オールスタンディングで音楽を楽しむには、体力不足を感じちゃうわ。

・・・・・と重い脚をズルズル引きずりながら、訪れた先は八丁堀の『焦がし焼きそば 嬉一』

ここの店主さんの仕事ぶり、誠実さが溢れていて、大好きです。

・・・・・んで、八丁堀に自宅のある親友K子ちゃんに『今、嬉一で飲んでるよ』とLINEしたら、5分も立たずにK子ちゃんがやって来た。
飲み屋に徒歩で通えるという住環境が、いまの酒豪ぶりを作ったのね。

焦がし焼きそばは、文字通り焦がさないといけないんで、ちょっと時間がかかるから、まずはアテ。
ここのスペシャリテイは、このレバーのメンチカツ。レバーの苦みが良い感じなのよ~。


黒板に気になるメニューを発見。
ネギのひげの唐揚げ。なんですとっ??ネギのヒゲとな??ネギじゃなくて、葱のヒゲ??
店主くんに『あれ、葱のあのヒゲ??ちょろちょろしとる、あのヒゲ??』と確認したら、そうだ、と言うじゃないですか。そりゃ、ぜひ拝みたいものです。
・・・・で、出てきたのがコレ↓たしかに。葱のヒゲ。葱のお尻もついとるけど。


「これ、家では出来ないね」、と言ったら「店主くん、そんなこと無いですよ。ただ、一般家庭ではこんなに葱が無いでしょうけど。」大量な葱さえあればできる、というが・・・・チマチマして手間がかかりそうだから、私はやんないな。

もひとつ、アテに酒粕レーズン。レーズンバターのバターの所が、酒粕になってる感じ。
パンがほんのり温かい。こういうちょっとした気遣いが、良い店のポイントのような。

店主くん、鉄板の上で、必死で麺をかきまぜ・・・・・

ハイ、出てきた。大分県は日田名物 焦がし焼きそば・目玉焼きトッピング。 
モヤシのシャキシャキ感、たまらん!!香ばしいソースの香りで、食欲MAXに。

もうひとつの名物。すじ煮込み汁無し担担麺。
柔らかく煮込まれた大根・コンニャク・すじ肉が、ドバッとトッピング。太麺モチモチ。個人的には、くにまつより、こっちの方が好きです。


ほんわか優しい店主くんですが、いつも研究熱心。
旅先で食べた焦がし焼きそばに、ハマって、何のゆかりも無い大分県で、焦がし焼きそばの修行をして、オタフクお好みソースの牙城の広島県で、大分名物の店をオープンした、という店主くんのソウルも熱いのです。

広島ブログ 

コメント (2)

LOVE PSYCHEDELICOだけじゃなかった。

2015-06-29 | カルチャー

広島ブログ 

オット、千葉での長期の出張からさっさと帰って来たには理由がある。
せっかくなので、もうちょっと、東京をブラブラしてきたら??と言いたいところですが、土曜日に2人でライブに行く予定だったので、とっとと帰ってきてもらいました。

土曜日にクラブクアトロであったLOVE PSYCHEDELICOのライブ。


前日、会社で隣のおじさん(同学年)に『明日、ラブサイケデリコのライブに行くんだっ』と、言ったら『知らない』って。えっ、知らない??けっこうメジャーだと思うんだけどな。ほんと、知らない???
LOVE PSYCHEDELICO、最高にカッコいい!!英語を自在に操つる歌詞に、自分じゃ、絶対に、絶対に!絶対に!
歌えないけどさ。

オットは、まぁ、私に付き合うか、と言う程度で、出張疲れもあり、そんなに乗り気じゃない感が、見え見え。それに、クラブクアトロのハイボールが、くっそマズイ、これで500円??ってご機嫌斜めだったし。ライブハウスでうまい酒を求めてもムリだって。

・・・・・ところが、ドンッ!と、ドラムが鳴った途端に、オットがビクリ。『ウマイ!!』って。「ドラムが、段違いにウマイ」と。
・・・・・オット、絶叫。『うそっ!!ユキヒロだ。』「えっ??高橋幸宏???」「まさか??」「高橋幸宏がバックメンバーで帯同するなんてありかよ??」オット、もう感涙。
YMOやサディスティックス・ミカ・バンドが大好きなオット。中でも、高橋 幸宏が1番好きなんです。
           (HPより)

予習せずに、ライブに来たから、高橋 幸宏がサポートメンバーに入ってるって知らなかったもので、大サプライズに感激。
どうでもよさそうに会場に来たことも忘れ、オット、大興奮で、ただ、ただ高橋 幸宏のドラムだけを見つめていました。せっかくなんだから。KUMIちゃんの歌も聞いてくれよ。

高橋 幸宏、63歳。超絶カッコイイおじさんでした。30代の頃から、全く変わっていない!!

ライブ終了後は、「連れてきてくれてあれがとね。」と、私に言って来たので、『そうよ、感謝しなさいよ』と、威張っときました。


広島ブログ 

コメント (8)

東京みやげ

2015-06-28 | 家族のあれこれ

広島ブログ 
オット、1週間の千葉出張から、東京経由して帰ってきましたが、家族へのお土産はこんな↓です。
サザエさんの缶入りクッキー。ちびまる子ちゃん×E-girlsのコラボクッキー。ロペのハムカツせんべい。

まるで中学生の修学旅行のお土産のようです。
キャラ商品のお味には期待できないけど、ハムカツせんべいにはちょっとそそられます。

            
            
            

オットは、出張最終日は、浅草まで出て町の蕎麦やで、日本酒1合と、すじ煮込み、そしてざるを1枚食べて帰ったらしい。
なんか、自分だけ大人なお江戸を満喫してるじゃないか・・・・・

出張前に『東京のお土産なにが良い??』と聞いてきたので『VIRONのバケット。それだけでいいから』、と私が言ったら、『よし、わかった』って言ったよね??
東京駅の丸の内南口からすぐだからわかると思うけど、それでも迷わないように、って、地図も書いて渡したよね??

広島ブログ 

コメント (6)

ワインがウリの@あじ彩

2015-06-27 | そとごはん

広島ブログ 
親友K子ちゃんは、毎年お誕生日にご馳走してくれるので、私も、K子ちゃんのお誕生日には、ごちそうさせていただいております。
今年の私の誕生日には、K子ちゃんが「食切り壮士」のお寿司をチョイスしてくれたので、和食で切り返しちゃ、芸がないだろう????

ワイン好きのK子ちゃん(正確には酒なら何でも好きで、殊にワインが好き)をおもてなしするのに、ワインの美味しいお店にご招待しました。ビストロ&ワインバーあじ彩
ここは、私が若いころ、よくランチに通っていたけど、いつのまにか無くなっちゃたので、閉店したのか、と思っていたら・・・・それから、10年後に、ワイン好きの『ハンドメイドアクセサリー【nakka-ナッカー】』さんが連れてきてくれて、思わぬ再会。

ワインがウリなだけに、ここのワインはちょっとお高め。
美味しけりゃなんでも良いよ、というK子ちゃんですが、だからマズイ酒は飲まないし、舌も敏感なので、きっと満足してもらえるのじゃないかな、と。

珍しいのが色々出て来ましたよーー。これは、カルフォルニアの『SILVER』木樽じゃなくてステンレス樽で貯蔵させて、アルミに入っているという近未来的白ワイン。
            
デザートワインは、なんと、なんとエジプト産が出てきましたよ。エジプトでワインが出来るとは、知らなんだ!!
デザートワインだけに、とろ~りと
甘い。なんとなく、エキゾチックテイストだったような。
            

お料理ですが、私たちつい、チーズフォンデュ(パンのみ)をオーダーしてしまったのですが・・・・・たぶん、これ4~5人分あるんじゃないか、と思うのです。
食べても食べても、パンの山が崩れない。ここのチーズフォンデュは、ワインで薄めず、チーズonlyだけに、とっ~ても濃厚。どしんとお腹にこたえます。
            
炭水化物で胃袋を膨張させてしまい、美味しい料理をアレコレ食べようと思っていたのに、無念なり。
それでも、ビストロ→ワイン、と来たら、私の頭に浮かぶ5文字はコレ→フォアグラ

フォアグラのソテーのスパイシーソース。
火入れ具合、抜群でした。ねっとり、としたフォアグラこそ、フレンチの代名詞なり。
複雑なソースに、何かしらの甘味がある。この甘味はなんだ??「わかった!!レーズン??」「マンゴーじゃ??」「間違いなくフルーツの甘みよね!!」と、K子ちゃんとさんざん言い合ってたら・・・・・・全然違った(爆)
シェフがこっそり教えてくれた秘伝の甘味とは、カルピス原液だった
!!
    

ズワイガニと雑穀のサラダ。豆好きは、雑穀も好きなのだ。


このあと、アルゼンチン、ベネズエラ、と産地を変えて、テイストも変えて、さまざまなワインが登場しました。
「こんなレベルのものが、グラスワインで出てくるなんて!!」と、K子ちゃん大満足だったので、ヨカッタ、ヨカッタ。
ソムリエールの奥様の客あしらいも、出過ぎず、引っ込み過ぎず、で居心地よし。

5回分くらいの量を食べたチーズフォンデュは回避して、今度はオムレツとか、フリツトとか、タンシチューとかを頂きたいものです。
女1人の晩ご飯を、ワインで1杯、という使いかたも出来るお店なので、また来ます。

広島ブログ 

コメント (6)

THE GOLDな彼のコンサート

2015-06-26 | カルチャー

広島ブログ 
音楽の趣味が脈略が無いわね~、と呆れないで。
テレビでこのコンサートの報道をやってて・・・・・・昔の歌謡曲をたくさん歌う、なんだかえらく、楽しそうな構成だったので、「ちょっと行ってみたい」、と思ったのが・・・・・御年60歳になるHIROMI GOのコンサート。
アッチチッチアッチのGO、GO、GOですよ。
          

私の青春SONGはQUEENと山下達郎で、埋め尽くされていたので、若い頃はアイドルにはまったことは無いのですが・・・・・まさか、60歳になるアイドルのコンサートを見に行こうとは。
自分でびっくりだわよ。ワッハハハ。
 

さすがに、郷ひろみのコンサートに付き合ってくれる人(物好き)いないだろう、と思っていたら・・・・・いました、いました!!
親友K子ちゃんが、ナント、子どもの頃は、大ファンだったんだって。
ポスターに下敷きに、ノートに、とひろみグッズで、自室を埋めつくしていたらしい。
担任の先生に「郷ひろみが好き過ぎるんですけど、私って大丈夫でしょうか?」と、相談したらしいよ。
昔から、情が篤い人だったのね。
K子ちゃん、35~40年ぶりくらいの郷ひろみコンサートですって。

旧厚生年金会館のホールが、満員でした(驚)ちょっと年上の、昭和乙女が多かったけど、若い人も、男性客も、けっこういました。
郷 ひろみ、さすが、元祖ジャニーズ事務所。
60歳の今も、完璧ボディで、キレキレでクルクル回ってました。驚異の還暦。

なんたって、コンサートタイトルが『THE GOLD』なんだよ。
ヒット曲いっぱいで、とっても楽しかった。
なんか「歌声喫茶みたいで、楽しかったね」とK子ちゃんと言い合いました。
「ゴーゴーレッツゴー、ヒロミ」というお約束の掛け声も、どさくさまぎれでやっちゃったもんね。

「ぼくたち男の子♪GO、GO。
君たち女の子。ヘヘヘイ、ヘヘヘイ♪」もやったし「億千万、億千万、ジャパ~ん!!」とか、『1・2・3・4、2・2・3・4、お嫁、お嫁、お嫁サンバぁ~♪』もね。
「よろしく哀愁」も「林檎殺人事件」も「花とみつばち」も、歌ったよ。
昭和歌謡曲が満載で、楽しかったーー。

2日後は、クワトロでちょっと渋めの大人のライブに行く予定。1日でハートを切り替えなくちゃ。

広島ブログ 

コメント (6)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ