日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

クレープと忘れ物と@POIVRIERE

2019-05-25 | そとごはん

  広島ブログ

好きなケーキ屋さんのひとつ「POIVRIERE(ポワブリエール)」

職場からなら徒歩5~6分なので、手土産を買いに行ったついでに、2階でランチも済ませようと。

2階にあがるとなにやらいつもと様子が違う。
ちょうどガラス教室の展示会があったようで、お教室の生徒さんらしき人たちが『●●センセー、おめでとうございます』『わあ、来てくださったのぉ』みたいな、ご挨拶がにぎやかに飛び交っておりまして。
そんな関係者だらけのフロアにあって、ワタシひとり・・・・

・・・・場違い。

ガラス工芸のお教室なんてものにかかわる方々は、生活に余裕のある層であることが、ひとめで見て取れるいでたちのマダムの群れの中に、生活感のあるおばちゃんがひとりきり紛れてるのは、アウェイ感はんぱない。

そそくさといただいたクレープランチ。ベシャメルソースでマッシュルームをくるんだおかずクレープ。
これにサラダとバケットのトースト。ドリンク(カフェオレ)がついて、1000円。
ちょっとコスパ悪いかなぁ。
ポワブリエールのパンもケーキもとってもおいしいので、お味は申し分なしなんだけど、もうちょっいボリュームあるとなおよし。
お教室の生徒さん達が楽しそうにおしゃべりに興じていらっしゃるなかで、そそくさと食事を済ませたので、次回はゆっくりとランチしたい。

そして、その日の仕事終わりに『ん???』『ワタシのカーディガンどこ行った???』
帰ろうとしたら、その日着ていたカーデイガンが見当たらず。
思い当たるのはランチをしたポワブリエールしかない。

お店へ電話すると「忘れ物ありますよ。小早川さまにお渡ししています」とのこと。
「へ???小早川さんて誰ですか?」
「お客様は小早川さまの関係者では?」
「全然、関係ないです」
小早川さまとは、どうもガラス教室を主宰されていらっしゃる方のようです。
小早川さん申し訳ない。まったく無関係なワタシの忘れ物を一時的とはいえ預かっていただいて。

カーディガンは無事、ワタシのもとにもどってきました。


  広島ブログ

コメント (1)

古いものと暮らすということ

2019-05-24 | くらし

  広島ブログ

うちのダイニングテーブルは、約100年ほど前の1900年代のイギリスのアンティークなので、この時代の家具にはメラニン加工は施されていません。
コップの水滴の痕なんかが付いてしまうので『ぎゃあ~、そこに置かないで』『あっ、マット敷いてくれる??」といちいちうるさくいってしまう。
家族は『使いにくいったらありゃしない』とうんざりしてるところです。
古いものと暮らすというのはそういうことなのだけど、アンティークに興味のない家族には苦労させてます。

こちらのチェストは北欧ヴィンテージで、リペアされてるけど、ローズウツドの艶やかな木肌やシンプルなフォルムに一目惚れして、京都の北欧アンティーク家具店「Be-GeneRATEd」で購入しました。
旅先でこんなオオモノを衝動買いするのは、さすがに初めてだけど、アンティークやヴィンテージものとの出会いはまさに一期一会。ここで買わなければ、もう出会えない!!と、思ってついつい家に連れて帰ってしまうんだよなぁ。
さすがにダイニングテーブルやチェストは連れて帰るにはデカすぎて、配送してもらったけど。



  広島ブログ

コメント

世界はほしいモノにあふれている

2019-05-23 | カルチャー

広島ブログ

最近は、NHKの番組がなにかと攻めていて興味深いのですが、いま一番楽しみな番組は『世界はほしいモノにあふれている』(通称 せかほし)
三浦春馬とJUJUがMCで、平たい顔族のJUJUと比較して、三浦春馬の美貌が際立つ。 

この番組はスイーツとか北欧家具とかまたはワインとかメキシコのテキスタイルとか、チーズとかわいい文房具とか、とにかくいろんなテーマのすぐれものを、その分野の専門家が現地で探すドキュメンタリーなのですが。

たとえばワインがテーマなら『エノテカ』のバイヤーさん。テキスタイルなら「イデー」のバイヤーさんなど、その道のスペシャリストの買い出しに同行する形で番組が進んでいきます。

スポンサーのいないNHKといえば、固有の会社名とか、商品名を絶対に出さないという厳格なルールがあったと思うのだけど・・・・時代は変わったね。
ちゃんと会社名、店名が出ます。
むかしは、山口百恵のヒット曲『プレイバック パートⅡ』(宇崎竜童作曲、阿木燿子作詞)の歌詞『緑の中を駆け抜けていく真っ赤なポルシェ』を『真っ赤な車』と言い換えて歌わせられてたのに。古い、ふるいはなしですが。
モノだけじゃなくて、その土地の暮らしぶりなども合わせて紹介するのですが、それがまあ、はぁ素敵、わぁおしゃれ、あっこれほしいとため息の連続です。

きれいなもの、かわいいものをいっぱい見せてくれる感じ。
画面にキラキラがあふれているので、見ていて幸福感に包まれます。女子は好きなはず。


 広島ブログ

コメント (2)

称賛と感謝で育てる

2019-05-22 | 家族のあれこれ

広島ブログ

広島県民なら、今日はカープ首位奪取の話題に触れないわけには・・・・いくまいて。
最下位からのすごい快進撃。
5月はわずか3試合しか負けていないらしい。
5月のそのわずかな負け試合をズムスタで観戦したというまれな記憶をもっております(涙)
今シーズンのオットは全敗記録更新中。ワタシはかろうじて1勝死守。
でもね、負け惜しみでいうんですけどね。鈴木誠也の記録のサヨナラホームラン5試合のうち、3試合をズムスタで観た!!
3/5の確率って自慢してもいいんじゃね??
まっ、自分の力でもなんでもなく、すべては鈴木誠也の力ですけどね。

最近、平日休みが多いので料理に目覚めたオット。
料理ビギナーあるあるなのですが、参考にしたレシピ通りにこしらえるので、いちいち材料をそろえることから、冷蔵庫にある食材で工夫して作るという主婦の領域には、まだまだ未達。
出来上がり画像を解説とともに仕事中のワタシのLINEに送りつけるだけにとどまらず・・・・
「うまい!!絶品だ」の自画自賛が止まりません。
『絶品』の感想は、ワタシにも軽く強要されます(爆)

これは夏野菜カレーですって。水は一切入れず、夏野菜の水分だけでこしらえた力作だそう。
ちょっとビジュアル的に「おいしそう」とは思えないので、こんな閲覧注意画像でシツレイします。
知人が旅行に行った際に、留守番をしたご主人が作った料理をInstagramに載せていて、その#がついた言葉に『うんうん』と共感しました。
その#とは『夫の家事能力は称賛と感謝で育てる』というもの。
まさに、まさに!!仕事から帰宅すると、晩ご飯ができているというのはとってもありがたいから、ここはしばらくほめて育てよう。

  広島ブログ

コメント (2)

貧血ビフォーアフターのアフター編@大衆食い処 淀市

2019-05-21 | そとごはん

広島ブログ

献血後、小さな満足感も得て親友K子ちゃん夫妻と『これおいしいね』『これもおいしいね』と機嫌よく食事をしていただけなのに、なんの前兆もなく貧血に。これが年を取ったということなんでしょうね。

お店や常連さん、そして親友K子ちゃん夫妻に一番迷惑をかけてしまったので、翌日オットと2人でお詫びに伺いました。

「淀市」へお詫びに行くついでに、ここで食事しましょう。なにせ昨日、食事途中にぶっ倒れちゃったから。
おいしかったオバイケをいつかオットに食べさせたいな、と思っていたことが、いきなり翌日には成就することに(爆)
ここのオバイケにオットも大感激。やっぱりね。でしょう???

昨日は全部K子ちゃんがお支払してくれたので、今日はワタシがご馳走することで帳尻あわせます。それ以上のお世話になってるんだけどね。

春の風物詩ホタルイカ。
あさりの酒蒸し。ちょんちょんと香りの良い木の芽が乗っかってて、う心配りがいいなぁ。

魚の子の炊いたん。こういう酒の肴ってたまらんです。
でも前日の体調不良を考慮して、本日もノンアル。ウーロン茶です。

お客様が立て込んできたので、お店へのお詫びも済んだし、オットにオバイケ食べさせることもできたし、早めに「淀市」をおいとますることに。
無口で職人肌だけど心優しい大将と、明るく元気で美人な女将さんという組み合わせ。感じよくて、料理がおいしくて、大衆食い処という名にふさわしい、ホントにいい店です。

30年前から同じ場所にあったのに、30年間なぜ行かなかったのか、惜しいことしたなぁと、心から悔いております。

広島ブログ

コメント (2)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ