日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

博多旅行~②食とイライザ編

2010-10-30 | カルチャー
博多小旅行2日め。ゆっくり起床してみると外は大雨。相変わらずの雨女ぶりでした・・・・・
ホテルの和定食の朝ごはんでゆっくり。この年になると、お酒を飲んだ翌朝は、お味噌汁がいい、卵かけごはんがいい、博多名物明太子もまたいい。
九州特産の「おきゅうと」を、生まれて初めて食べました。食べてみても、正体がよくわからなかったのですが、たぶん、ところてん系ジャンルの食品ですよね???


ホテル前からタクシーに乗ると、この大雨に傘を持っていないことに同情して、タクシーのドライバーさんがご親切にもビニール傘をくれました。
運賃870円のところ、1,000円で「お釣りはいいです」と、セレブぶりましたが・・・・・・・これって、太っ腹というより、130円でビニール傘を買った、ということになるんですかね・・・・・????

一度は行ってみたかったキャナルシティ内のムーミンカフェに行ってみました。
去年、夫が社員旅行で博多に行ったときに、ムーミンカフェの前の椅子に等身大のムーミンのぬいぐるみが、ずり落ちないようにロープでくくりつけられていた姿に、ギョッとした・・・・・・という経験があり・・・・・・・・今回博多に行くなら、「緊縛ムーミン、ぜひ見てきて」と、すすめてくれたので・・・・・・・今も、ムーミンは椅子に縛りつけられてました。
←ムーミンカフェのカフェオレ。スプーンの先には、ニョロニョロがついてました。「飛行おに」って覚えてますか????


さて、今回博多行きのメインイベントは、博多座で公演中の大地 真央主演の「マイフェアレディ」の観劇。20年間演じ続けた主人公イライザ役を、今年で降板する、というラスト登板の注目の演目です。なにせ、イライザは21歳の設定。さすがに大地 真央、もうムリなのか・・・・・・・・


友人がゲットしてくれたのは、オームストラピットの真ん前。つまり最前列博多座会員のコアなファンから譲っていただいたもの。
新幹線代を使ってでも、観に来る甲斐があるというものです。
博多座は歌舞伎公演もあるだけにシアターというより、芝居小屋というしぶ~い雰囲気。提灯、土産物、幕間に食べるお弁当や芝居茶屋。
『お芝居』という独特の高揚感に満ちています。
半地下にしつらえたオーケストラピットを珍しげに覗き込むおのぼりさんまる出しの私。

←リアル大地 真央も、このまんま

いやぁ~もう、もう、なんていったって大地 真央。この世のものとも思えないくらいキレイ確か、私より年上のはず。
なのに、なんなのあの小さい顔、長い手足に、長い首、細い腰。友人N子も「人間とは思えんね~、背中にネジとかついてるんじゃないん・・・・・・」と感嘆することしきりでした。松平 健さんとは、どんな結婚生活だったんだろう・・・・・・

ストーリーそのものも面白いし、『踊り明かそう』などのスタンダード曲も歌われるし、三時間半、お芝居を堪能しました。
なにぶん、ひつこいようですが・・・・・・最前列での観劇。役者の表情もバッチリ読み取れるし、ホント楽しかったぁ~

「どこでもいいよ」と飛び込んだラーメン店の豚骨ラーメンが、予想外に美味しかったし、椒房庵でお土産に買った明太子は、「うんま~」と、白いご飯が進むこと、進むこと。洋菓子のレベも高い。
博多は、さすが食の街。博多の食文化の実力、おそるべし。



←naoさんが手土産に持たせて下さった「16区」の栗がまるごと包まれたマロンパイ。



広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします 

コメント (6)

博多旅行①~はじめまして編

2010-10-26 | そとごはん

友人が福岡の博多座で公演中の大地 真央主演の「マイフェアレデイ」のチケット、しかも最前列をゲットした。という耳より情報を寄せてくれたのは夏の終わりのことでした。
これは「行くっきゃないでしょ

公演日が近づくにつれ、よく博多へグルメ遠征に出かけている佐賀在住のブロ友naoさんの過去記事を検索していたら、トントン拍子に話が進んで、リアルnaoさんが福岡を案内してくださることになりました。
待ち合わせの場所に、満面笑顔で手を振りながら小走りに走って来る人がいる。初対面ながら、お互いのブログでのやりとりがかれこれ3年近く。お互いに「この人だ」と直感しあいました。

naoさんは、今回の私たちとの初対面を、ご主人に「殺されるっちゃないと???」と送りだしてもらったそうで・・・・・・・私もうちの夫に「行ってみたら【いちご娘さん】が(『キサラギ』という映画を見た人ならわかってもらえる・・・・・香川照之が演じた中年ブロガーのハンドルネーム)待ってたりして・・・・・」と脅されました。
同行した友人N子にも「一回も会ったこと無いの~」とあきれられましたが・・・・・・・大丈夫。ちゃんと想像していたとおりのnaoさんがにこやかに現れました。しかもさっそうと白いBMWに乗って。

「はじめまして」のご挨拶もそこそこに、車に乗り込み、お互いの近況を確認しあいながら、細い山道をウネウネと登って行った先は、「茅の舎」という重厚な茅葺屋根のカフェでした。そこのテラス席で、まずはゆったりとお茶。





小川のせせらぎや、山を渡る風の音が聞こえてくるような静けさののオープンエアの中で・・・・・・と言いたいところですが、女3人のマシンガントークで梢を渡る風の音は耳に入りませんでした。

左から、私、naoさん、友人N子

次に行ったのは、私がnaoさんに切望した会員制大型外資の郊外型スーパーの「コストコ」
4200円も入会費がいるので、ここは既に会員のnaoさんの会員証にすがって、同伴2名様まで無事入場。
友人N子と私は、遊びに行った神戸で「見るだけね~」と立ち寄った初イケアに夢中になって、大型家具を衝動買いしてしまい、2万円弱の宅配料を折半しあった悪癖のある二人。こういう大型倉庫型の店舗の魔力にあらがえないタイプです。
今回も、案の定、広島まで宅配してしまいました。

高い天井まで届くストックの数々。㌔単位の肉やガロン仕様の柔軟剤。


本日のメインイベントは、naoさん超おすすめのフレンチ屋台「菊屋」。
屋台文化の定着している博多でも、フレンチは珍しいみたい。メニュー表に「ラーメンはありません」と!!マーク付きで大書きされていて、店主の心意気を代弁していた。

白レバーのソテー 赤ワインソース、いろどり野菜のグリル アンチョビーソース


フォアグラのステーキ、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み















乾杯のあとは、すかさず赤ワインのフルボトルにシフトするnaoさんと友人。酒飲みの魂が呼び合うのでしょうか・・・・・
←こんな使い込んだのれんがかかっている。

それにしても、フレンチ屋台。いやん、おいしすぎる。特にレバーのソテーは、今までの人生の中での最高峰でした。
狭い店内で効率的に何から何まで一人でこなす店主の手際にも感心することしきり。


ドライブの車中、茅葺きカフェ、フレンチ屋台、グランドハイアットホテルのバー・・・・・と場所を替えながら、昼間から日付がかわるまでしゃべり倒しました。たしか・・・・私たち、この日が初対面
旅行者ではなかなか行けそうもないお店をいろいろとセレクトしてくださったnaoさんに、本当に感謝です。
今回、ご家族のためにカレーを煮込んで、次女ちゃんの剣道の試合の応援を早めに切り上げ、わざわざ高速に乗って福岡まで出てきてくれたうえ、妹さんのマンションに一泊して、翌朝イチで佐賀のご自宅に帰宅する、という無理をして、初対面の私たちを案内をしてくださいました。
私たちは、もうついていくだけで、おいしいものや珍しいものに次々と出会えるマジックアワーでした。

今回の旅の一番の感激は、もろんリアルnaoさん。私がブログを通じて想像していた「あたたかで気遣いのある、そして天然系」というイメージにぴったりな方でした。
【いちご娘さん】じゃなかったよ~(←映画『キサラギ』参照のこと)


広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします 

コメント (10)

東京出張

2010-10-23 | お仕事あれこれ


木・金と研修で東京へ出張でした。今回は、研修会場もホテルも新宿。

そびえたつ都庁と、新宿高層ビルの夜景。大都会だなぁ~

最近の遠出には、ハプニングがつきものの、珍道中になるのですが・・・・・・・研修会場に着いたときに、ちょっとした・・・・・・でも大変なことに気づきました。「名刺入れ忘れた

ビジネスマンにとって、致命的な失態他の企業の初対面の人ばかりの研修会場で、名刺が無い。ノックをせずに他人のトイレの扉を開けるようなもの・・・・・←ちょっと違うかな????

「はじめまして」のごあいさつの後、「実は・・・・私、名刺を忘れまして・・・・」なんて、日本のサラリーマンとして最悪ですよね。
名刺交換の場を作らないよう、目立たないように研修会場の隅っこ、隅っこに小さくなって過ごした二日間でした。
それでも、どうしても名刺交換しないといけない必要に迫られて・・・・・相手の方の名刺の裏に、ボールペンで手書きするこの恥ずかしさ・・・・・おまけにいい歳こいて、私の筆跡ってマル文字ぽいんですよ。

あ~、何年、サラリーマンやっとんじゃっ、と自分に「喝」でした。

それ以外は、まあ順調です
新宿近辺での「行ってみたい」ターゲットは絞っていたので・・・・・・ど~してその情熱やリサーチが、仕事に生かせないのか、私。


ますば「新宿中村屋」老舗カリーやお菓子で有名。カレーじゃなくてカリー。ここにこだわりがある(?)
このアラジンの魔法のランプみたいなカレールー入(カリーでしたね)が、良いなぁ。小皿は骨付きチキンの骨を入れるところ。インドティーも、シナモンの風味が濃くて、独特なお味。
にぎやかだけど、騒がしくはない。かきこみ系のカレーじゃなく、ゆったりとした雰囲気。客層の年齢も高く、落ち着ける。


女性ひとり客でも浮かないどころか・・・・・年配の女性が一人で、ビールを飲みながら、ゆったりカリーを食べているのが、カッコイイ。

話題のこのお店ものぞきましたよ。「フォーエバー21」と「H&M」ファストファッションの牙城。


やはり年齢層が違う。ちょっと着れそうもないので、ここは見るだけでOK。

あと、もう一か所、ぜひ行きたかった場所。


話題のクリスピークリームドーナッツ。行列覚悟でいたら、えっ・・・・・誰も並んでない、意外にすんなり入店。
う~ん、甘いよ、甘い、大甘。いかにも、アメリカ~ンテイスト。2つ食べたら、もう十分←2つで十分か・・・・・・
期待値が高過ぎたかなぁ・・・・・・・????

歌舞伎町すぐ横のホテルだったので、興味津々に歌舞伎町にも行ってみました。
歌舞伎町界隈では、私の風体は全く用無しって感じ。テレクラのティッシュ配りのお兄さんにも、キッチリ無視される。
これが地方のテッシュ配りのお兄さんなら、早く配り終えたいばかりに、やみにもに配るけど、歌舞伎町界隈のティシュ配りのお兄さんは、お店のターゲットにあった人にだけ配っている。ある意味、仕事に忠実。

夜はホント魔都って感じ。朝は兵どもの夢のあと、って感じ。





広島ブログ  参加中です。よろしくお願いします  

コメント (6)

酒好き家族の行状

2010-10-20 | お弁当

齢を重ねるこどに、アルコール分解酵素は減少するのでしょうか・・・・・・・酒屋の娘を母に持ち、小学校低学年までは、その母の実家の酒屋で生活し、ランドセルを置いたら、店先で近所の工員さんたちと魚肉ソーセージやチーズ鱈をおやつ代わりにしていたうちのダンナさんは・・・・・・生来の酒好き。
胃腸の調子が悪いと、ビールを飲むとスッキリする、という体質です。

それが、最近、めっぽうお酒に弱くなりました。
摂取量は変わらないのですが、飲酒中の記憶が無いんです・・・・・・

先日、こんなことがありました。
ご近所のご夫婦と我が家で家呑みした時のこと。11時過ぎお開きとなって、突然、夫(相当酔っぱらっている)が自宅を出ていきました。「送っていったのかなぁ~」と待っていたのですが、30~40分もしても帰ってきません。
そうこうするうちに、息を切らした夫がやっと帰ってきました。帰るなり「オヤジ狩りにあった」と仰天発言。
「えぇ~大丈夫ど~なったの」と聞いても「ず~とあとをついてきたから、走って振り切ってやった。こりゃ追いつけんと思ったんだろう。あきらめて帰りよった」とドヤ顔で自慢するんです。
「警察に届けなくてもていいの」と深刻がったものの、「いや、振り切ったから大丈夫。僕、ものすごく速かったから。追いつけんかったみたい」と、さんざん自慢して、すぐに爆睡翌朝、再度詳細を尋ねても、ご近所さんたちを送っていったことも、オヤジ狩りにあった、と言ったことも、何ひとつ覚えていないんです。

・・・・・・で、後日、この真相が判明しました。
ご近所のパパさんが、「itatchi夫さん、この間の深夜、バス通りのど真ん中で仁王立ちしてるのが自宅の窓から見えてね。二歩進んでは三歩下がる感じ。道路の真ん中で車に轢かれちゃ危ないから、自宅まで送っていこうと思って・・・・・・。」と仰る。
「itachi夫さん、不審者と思ったみたいで、どんどん逃げていっちゃって・・・・・・僕も追っかけたんですが・・・・・・相当酔っぱらってたみたいだから、いろんな家の塀や生垣にぶつかっては、道路いっぱいに右や左にフラフラして・・・・・・」
「家の近くの辻を曲がったから、もう大丈夫かな、と思って、僕も引き上げたんです」・・・・・・・と。
なんたること~これがくだんの夜のオヤジ狩りの顛末です。『オヤジ狩り』どころか『オヤジ見守り』だったんです。

親切なご近所パパを不良青少年と見間違ったのは、若く見えた、ってこと・・・・・・いやいや、そういう問題じゃないですよね。
走って振り切るどころか、いろんな家の塀や生垣にぶつかっての千鳥足歩行だったみたい。

全く懲りなず、今も「酒は日本酒が一番ウマイ」と、悦にいってます。そんな夫はテレビ番組BS-TBSの「吉田 類の酒場放浪記」を毎週欠かさず見てさらに、ビデオ録画して、を繰り返し繰り返し見ています。世の酒好きには、たしかにたまらん番組だそうです。


平日昼間はおとなしく毎日お弁当を持って行ってますよ。世を忍ぶ仮の姿(?)は、一応、銀行員ですからね。

①レンコンきんぴら②揚げしゅーまい③もやしと青梗菜のホットもやしソース④ボイルえび⑤コーン入りあげはん

①ピーラー人参のホットもやしソース和え②アスパラの海苔巻③たらこスパ④マッシュルームのバター醤油ソテー⑤ミートボール







広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします  

コメント (4)

ファミレス再訪

2010-10-17 | そとごはん

ご覧になった方も多いと思いますが・・・・・先日、テレビで放映されたファミレス「ロイヤルホスト」の人気メニュー当て番組を、見ていて・・・・・・「そういえばずいぶん長い間、ファミレスに行ってないなぁ~」と無性に食べたくなりました。子どもが大きくなると、ファミリーレストランやファーストフードに行く機会が激減するんですよね。マクドナルドにも数年行ってない・・・・・・(※ 余談ですが、広島では「マック」京都では「マクド」と略称が違うらしい。関東ではなん呼ぶのかな)


長女+孫ゆりっぺをさそって、ロイヤルホストに出かけました。
長女は、「ガストが精一杯」で「ロイホは高くて行けない」というライフスタイルなので、もう、ファミレスだって、大喜びでついてきました。

ドミグラソースのオムライスと、トリュフソースのシーフードオムライス。約1000円なので、けっこうおいしい。それにこぎれい。
キッズには、無料のオモチャや無料のドリンクバーなど、サービスも充実している。乳児つれでも肩身が狭くないし、たまにはファミレスもいいなぁ~なんたって「ファミリーレストラン」ていうジャンルだもんね。大手をふって家族で来なきゃね。
ゆりっぺは1歳7ヵ月でキッズBOX完食・・・・食べすぎです
食が太いので、いつも体力充実。滑り台も反対方向からよじ昇って、階段側からダイブするワイルドbaby


先週、素晴らしい庭園を見たばかりなので、私も久々に庭仕事をしました。
今日は、紅葉し始めた花水木の赤い実と葉っぱの向こうに青空が。

鮮やかなピンクが緑に映えるオギザリス。毎年、次々と開花し秋の庭で重宝します。壮健で繁殖力が強いので、私みたいなずぼらガーデナーにはうってつけ。




最近カラープランツにも興味が広がってきたので、葉の色を楽しむ「初雪かづら」も植えています。春が待ち遠しい苗の植え付けもしました。



来週は、木~金と東京への出張があります。いつもは断然、飛行機派なのですが・・・・・・・・前回飛行機に乗り遅れたのがトラウマになっているので、新幹線でトコトコ出かける予定です。新幹線なら乗り遅れたとしても次の列車はどんどん来るし、たとえ指定席が満員でも立ってでも行けるもんね人間てものは、失敗から学ぶんですよね~(ということにしとこう)

 

広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします 

 

コメント (6)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ