日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

長年の愛用品

2011-01-26 | くらし

雪こそ降らないけれど、低温続きで毎日寒い、寒い。昼間無人の我が家は、夜には家全体がチルド室みたいになっています。
10年以上使用しているファンヒーターが、点火して5分もせずに『ピー、ピー』と耳障りな換気の警告アラーム音がず~と鳴り続けます。たぶん故障。買い替え時と思いながら、思いきれません・・・・・最近は、耳ざわりなアラーム音も当たり前に慣れ『ピー助』と呼んで可愛がってます。


古いといえば、このお茶碗も。今年、成人式を迎えた長男が保育園時代から使用しているので、たぶん、15年以上愛用中。安物なのに、壊れない。古すぎてドラえもんの笑みがちょっと不気味・・・・・
←使い込みすぎ、こぎたない・・・・


これは↓古くからある広島銘菓『有限会社バターケーキの長崎堂』のその名のとおりバターケーキ
商品は、バターケーキしかありませんが、売切れたら閉店。午前中で売り切れることが多いので、会社勤めの私は滅多に入手出来ません。今回は、たまたま数年ぶりに買うことが出来ました。しかも行列無しで。
シンプルだけどバターの芳香がして、こむずかしくない昔ながらの味。いつ食べても間違いない。このバターケーキをお持たせにすると、差し上げた方は、みな喜んでいただけます。
ここのバターケーキは、間違いなく、広島で一番美味しい
←ふわっと感とバターのしっとり感の絶妙な質感。


広島ブログ

  

コメント (8)

ラグビー観戦

2011-01-23 | お仕事あれこれ

はじめて、リアルでラグビーの試合を観戦しました。場所は、福岡のスタジアム。


わが社のラグビー部が、社会人ラグビーの最高峰のトップリーグへの昇格をかけたチャレンジリーグに出場してます。
関西がチームのホームグランドのため、いつも試合は関西地区。なので、いままで、観戦する機会は無かったのですが、トップリーグ昇格を左右する大事な試合なので、大勢で応援して盛り上げよう、ということで、関西支社のみならず会場に近い中国支社、九州支社の社員・家族にも、現地観戦のお誘いがありました。
私は長年、野球小僧の母だったので、スポーツ観戦は好きです。観戦グッズもいろいろ持っている。魔法瓶にホットコーヒーを詰め、ブランケットを持ち、完全防寒スタイルで、同僚たちと福岡へ行って来ました。

会社のシンボルカラーの赤で染まるスタンド↓


ルールはほとんど知らないのですが、選手の集団がトライラインに近づくと、キャア~、と大声あげて腕をふりあげてしまいます。
ラグビーは激しいスポーツだということはわかっていたけれど、目の前で見ると、想像以上に格闘技。おもしろかったです。

←トライのあとのゴールキックを蹴る選手(ニュージーランド出身)

ベンチから寒さが這い上がってくるので、持参したコーヒーを飲んで、暖をとることに。隣の後輩女子が『私はこれで』と持ち出したのは、熱燗が入った魔法瓶。たしかに、ホットコーヒーより、さらに暖がとれそう。


試合は、先制→逆転される→再逆転する、という展開で勝利し、来シーズンからトップリーグへの昇格が決まりました社会人になってからも、本気のスポーツを続けるというのは、大変なこと。
試合終了後、福岡駅に移動して、昼間から営業しているもつ鍋屋さんを探して、勝利の美酒を昼酒はうまい。
福岡名物の辛子明太子と、熊本名物 辛子れんこんを酒肴に。



お目当てのモツ鍋。スタンダードな醤油味で。生のニンニクスライスと鷹の爪がたっぷり。
モツはプリプリで、コラーゲンたっぷり。美肌命の後輩女子は、夢中でモツをひろって食べてました。もちろんお肌の衰えを自覚する私も。


『〆はご飯とちゃんぽん麺のどちらにされますか?』と、お店の人の問いかけに、五人全員『麺』と即答。
試合は勝利し、お腹いっぱい食べて、冷えた体も温まって、九州まで来たかいがあったというもの、満足・満足。
ポッチャリ系の後輩女子から『モツ鍋って、野菜が多いからカロリーはそんなに高くないですよね。』と、同意を求められ・・・・・・内心『低いってことはないんじゃないかな・・・・・』と思ったけど、『うん、そうだね。』と同意する後輩思い(?)の私。

広島ブログ

コメント (4)

女子会(おばちゃん世代編)

2011-01-20 | そとごはん

大学時代の友人、といっても・・・・・この歳になるともうウン十年前からの仲。数か月ぶりに、ご飯を食べて、近況を報告しあいました。
お店は、『Dish FUKUROMACHI』。広島の繁華街の一本筋違い。この界隈には雑貨・家具・アクセサリー・アクティークなど、個性的なお店がチョコチョコあって、規模は、100倍くらい違うけど、裏原宿みたいな(あくまでも、みたい、な)、ちょっと面白い通りです。

『Dish FUKUROMACHI』は、契約農家からの取り寄せ野菜が有名なイタリアンが、最近のオープンした2号店。
← 閉店したゴシックインテリアの喫茶店『ボルゾイ』の跡地。雰囲気そのまま。

1,800円のパスタランチ。
野菜サラダ 前菜は椎茸のガーリックソテーが、滋味があって美味しかった。


カブと小松菜のスープと、メインのパスタはカボチャのニョッキ カボチャのねっとりした甘味に、パルミジャーノチーズの塩気のパンチ。


デザートは、ヘーゼルナッツのジェラートと胡桃のハウンドケーキ


個人的好みとしては、ショートパスタよりロングパスタの方が、食べ甲斐があって、好きです。


ちょっと喋り足らないね~、と場所を移しておしゃべりを続けました。
『Afternoon tea』へ。季節メニューのアップルジンジャーエードが、かなり美味しい。今、生姜はブームだし。
話題は、美容のこと、子どもの教育のこと、健康のこと・・・・・・etc。
この歳になると、美容といっても、『美白』だとか『つや肌』だとかの話題にはならず、どの白髪染めが頭皮に優しいかとか・・・・・・そんなのよね~
それに、健康といっても、友人A子が『大晦日に階段から落ちて、救急車で運ばれて大変だったのよ~』と言うと、それに対して、みんなも『私たちって、もう足がちゃんと上がらない年齢だから、階段は気をつけなくちゃね~』と、うなづきあう、て感じ。(そういえば、私も11月末に階段から落ちた・・・・・・

A子は、40代後半から、歯列矯正を始めて30万円くらいつぎこんだ所で、治療方針に納得いかない、ってぶちキレてやめちゃったんだって・・・・・・←自分なりのひけない一線が、よりくっきりするのが、私たちの世代の特長なんです。
・・・・・でも、そういう場合でも、私はもったいないが先にたって、ひくにひけない性格ですが・・・・・・・

広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします

コメント (8)

バースデーランチ

2011-01-16 | そとごはん

いくつになっても『お誕生日おめでとう』と言ってもらうのは、やっぱ嬉しいものです。
今日は、ワイン通でおいしいものをたくさん知ってる友人K子ちゃんが、私の誕生日祝いにと、イタリアンレストラン LI’BERO(リベロ)の土・日限定ランチをご馳走してくれるというので、雪をかきわけお出かけしてきました。

リベロはご夫婦2人きりで切り盛りされている小さな店ですが、何を食べても美味しい。それに、マダム自家製のパンが、そんじょそこらのパン屋よりも断然美味しい。パスタ好き、パン好きの私には、どストライクのお店です。この悪天候の中、町内会行事(しかもアウトドアで)のお手伝いがあって、美味しいものは食べれない上、寒くて凍えそうな夫は、とてもうらめしそうでした・・・・・イヤ、残念そうでした。


前菜2種『A5広島和牛のカルパッチョ 黒トリュフ添え』と『鯛のグリル アンチョビソース』



『黒トリュフって生まれて初めて食べましたぁ~』と、マダムに声をかけたらクスッと笑われましたが・・・・・K子ちゃんによると、私は美味しいものを食べると、しょっちゅう『生まれて初めてです』というセリフを乱発しているそうです

『実は2皿めも黒トリュフソースなんです』・・・・・とマダムが笑いながら、サーブしてくださいました。
『コレ、生まれて2回目の黒トリュフです』と切り返して食べたのは、『鯛の白子が入った自家製生ラビオリの黒トリュフソース』です。
鯛の白子を食べたのは、ホントに生まれて初めての・・・・・・はず・・・・・・白子もラビオリもねっとりとした食感で、美味し~い


パスタは2種類をシェアして。『宮島産穴子と入ったイカ墨タリアテッレのラグートマトソース』と『パンチェッタのカルボナーラ』


魚料理は『タラバ蟹のレアボイルのゴルゴンゾーラソース』 肉料理は『広島産3種の肉のグリル マスタードソース』


サプライズで、K子ちゃんがバースデーのスペシャルデザートを準備しておいてくれました。
花火がはじける演出に、きゃあ~うれしはずしですドリンクのチョイスはここはやっぱりエスプレッソで(イリーです)



窓の外には横なぐりの雪暖かい店内で、自分ではゼッタイに作れないお料理を頂いて、しかもお昼からワインも飲んで、女友達とおしゃべりに興じる、これぞ極楽・ゴクラク。
この雪の中、町内グランドでのお手伝いに駆り出されている夫には、申し訳ないけど・・・・・・。

プレゼントにセンスのいい革のキラキラルームシューズと、オレンジカラーのパラもいただいたの。さっそく、自宅で使用中です。


美味しいものをたくさん知っていて、世話好き太っ腹のK子ちゃんには、なんだかんだでいつもご馳走になってばかり。
私がこの歳になってから、ワインが飲めるようになったり、ビールコップ半分が上限だったのが、コップ1杯はOKになったり・・・・・と、アルコール分解度数が上がったのは、K子ちゃんの力によるとこ大です。


広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします


コメント (6)

遅ればせながら初詣で

2011-01-13 | そとごはん

松の内も過ぎた日曜日に、遅ればせながら、長女一家と初もうで。
去年、なにかとトラブル・災難続き(たぶん、仕事上でのことだと思うが・・・・)だったと主張する夫が、厄祓いが必要、と切望するもので。
夫はときどき金縛りにあいます。それも近所で人が無くなった時間帯だったりして、ちょっとスプリチュアルな因子はあるかも・・・・
恨みをかうようなキャラではないのですが、まさに貧乏くじはひくタイプ・・・・・

世界遺産安芸の宮島は我が家からはパイパスを使えば、車で一時間と少し。有名な厳島神社のほかに、『三鬼大権現』という密教ぽい雰囲気の、いい感じのお寺があるんです。←神社仏閣にいい感じって、シツレイかな・・・・・
初もうではそこに。
『三鬼大権現』山門前で、夫の仲良し同級生のべあちゃん一家にバッタリ遭遇。
年始客もひと段落して、人もまばらな時間帯のこんな場所で、知り合いにあうとは・・・・・やっぱり神仏のお導きかしら・・・←おおげさ。



大宰府天満宮や北野天満宮の超有名どころと違って、三鬼大権現はアットホーム。
一昨年、昨年とお詣りしたこの時期の有名どころの学業の神様の人の多さときたら・・・・・・・ご祈祷もシステマチックというか機械的というか・・・・・こんなにたくさんの人が願掛けしたんじゃ、私のお願いはなかなか届きそうもないな・・・・・って、ちょっと諦め気分になったものです←はなから親がこんな弱気じゃ大願成就しないよね

ご祈祷は若いハキハキしたお坊様が、ドンド~ンと大きな太鼓をたたきながらの読経。非日常の空間に、孫①ゆりっぺは『う・う・う』と泣き出しそうになって、ママ(長女)にガシッとしがみついてましたが、最後まで泣かずにがんばった。エライぞ、きっとご利益あるぞ。
ご祈祷のあとには、ありがたいお説教もしてくださる。要点を要約すると・・・・・・
①笑顔は良いことをひきつけ、悪いことをはねつける力がある。
②お祈りをするときには、自分悪さ・弱さを仏様の前にさらけ出す。
③できないことを数えず、できること、出来たを数える。

リアリティのあるお話しばかりで、単純な性格の長女は、いたく感動しておりました。
その効果はさっそく・・・・
我が家と長女宅の2軒分のご祈祷料を、私のお財布から支払ったのですが・・・・Befor:『ラッキー』とちゃっかりしていたのに、After:『こういうお金をケチったら、効果が無いと思う』・・・・・・・と、ご祈祷後にはさっそく感化された長女が、お金を返してくれました。すごいなんということでしょう即効性のある感化だ

宮島にきたら、食べてみたかったのが、揚げもみじまんじゅう。
チーズ・あんこ・クリームの三種類を全部制覇。一個150円。店頭で次々揚げられるもみじまんじゅうを竹串にさして提供されます。
←これはクリーム
大食漢のゆりっぺ(1歳10ケ月)は、隣の観光客の揚げもみじまんじゅうにも手をだし『スイマセン・スイマセン』と平謝り。

揚げたての牡蠣クリームコロッケも歩きながら、パクパク。
夫の手には、いつのまに買ったのか、ちゃっかり熱燗ワンカップが・・・・・ことお酒に関しては、ホント抜け目ないなぁ。


広島ブログ

  参加中です。よろしくお願いします

コメント (4)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ