日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

DEEP大阪~パン屋ランキング1位編

2019-06-30 | 旅のあれこれ

広島ブログ

旅先では、その土地のおいしいパン屋さんに寄る、というのが、ワタシの旅のデフォ。

今回の大阪旅行でも、大阪パン屋ランキング1位のお店に行ってきました。
渡辺橋の『PARIS-h(パリアッシュ)』です。
駅直結って書いてあったので、簡単に見つかると思っていたけど、都会の駅はデカイ。出口をひとつ間違えるだけで、ぐるぅ~と大回り。やっとこさでたどり着きました。
いつも大行列らしいけれど、幸いにもこの日は先客が2名だけ。すぐに購入できました。

おしゃれな店内で、そしてレジを担当してくれたスタッフが超美人で。しかも接客もめちゃ良かった。
美人で感じいいって最強じゃん。

ピスタチオの単語を見かけるとパブロフの犬状態で「このピスタチオの入ってるの下さい」と、反射的に言葉を発してしまうのです。
左側の緑色のパンの名前が「創造と破壊に満ちたピスター」と言うのです。こんな名前、よう言わんじゃろ??? 
お味は大満足なTHEピスタチオでした。
オレンジのエピ 320円。たしかに形はエピではあるけれど、表面に甘いシロップがコーティングしてあり、エピにしてはソフトな感じ。オレンジピールがたくさん練りこまれていいたし。
これはもうパンという概念は捨てたほうがよくないかな、と思えるのがこちらの商品。
パッと目を惹く色、形。いちご、カシス、ピスタチオの3層になったパンで、トリコロールという名前で420円。
とにかくベリーもナッツも、ぎゅうぎゅうに詰まりまくりで、小麦粉どこ行った???という感じ。
これだけ詰まってると、ずっしり重い。一口食べただけで十分なくらいなので、3人でシェアしたほどです。

どのパンも、素材がぎっしりと詰まって、しっかり噛む味のあるタイプという印象でした。
どれも比較的重い。素材を惜しみなく使えば、その分お値段も少々高くなるかもしれない。地方都市の広島ではちょっと経営が成り立たないタイプのお店かも・・・

機会があればぜひリピしたい。地下鉄出口を間違えなければ、駅直結だから。

広島ブログ

コメント

大坂行きの目的

2019-06-29 | カルチャー

    広島ブログ

オットと2人で出かけた大坂旅行ネタ、スイマセン、まだまだあります。
そもそも、なぜ大坂に遠征したのかというと・・・オットが子どもの頃、大ファンだった元キャンディーズの蘭ちゃんこと、伊藤 蘭ちゃんが64歳になって、40年ぶりに歌手活動を再開したので、ど~~ぉしてもそのコンサートに行きたい!!と強く希望したため。

コンサートは、東京と大阪の3回だけ。

なかなかのプレミアムチケットでしたが、運よく当選したので大坂へ行ってきました。

ワタシもビンクレディー派かキャンディーズ派か???と聞かれたら、キャンディーズ派ですが・・・・解散したのだって、もう40年前。平成でもなく昭和の出来事です。

会場の場所を確認しに行ったところ、開演3時間以上も前から行列しているおじさん達の群れ。
さすがに年齢層が高く、一様にくすんだ色あいの群れ。
ホワイトデニムを着ていたオットが場違いなほどでした(爆)
その行列を見たら、いてもたってもいられなくなったみたいで、オットも早々にワタシとわかれて行列に並びました。
コンサート終了後、合流してからは、オットはいかにコンサートが素晴らしかったか、いかに蘭ちゃんが可愛いかったか(年上です)語る、語る。大変楽しかった様子。

遠征してライブに行くということは、お金もかかりますが、楽しかった、ヨカッタという思い出がに残ればいいかな。


     広島ブログ

コメント

雨が上がって

2019-06-28 | ガーデニング

広島ブログ

降り続くと思われた雨が、今朝はやんでいました。ヨカッタ。
雨が降らないなら降らないで支障があるけれど・・・・昨夏の被災経験を思い出すと、雨はトラウマです。
今朝、ご近所さんとの立ち話しでも『雨が上がって良かったよね』と、という話題になります。

あの豪雨災害からそろそろ1年ということで、あちこちで豪雨災害特集やってます。
新聞の災害特集は必ず目を通すようにしています。
時間がたつと記憶はぼやけ、思いは薄れるから。でも、忘れちゃいけない。

いま、自宅で平穏に暮らせるというのは、ありがたいことです。
人生なんて1メートルの距離で、数十秒の間隔でガラリと変わるということを体験したから、大事に生活していかなきゃね。

当時は泥水に使っていたわが家の庭。いまは元気を取り戻して、いまは初夏の花が。
紫陽花にアガパンサス。

ピエールドロンサールも咲きました。枝の誘引に失敗したから、手の届かない位置に花が咲いてしまうから残念。

花を育てられるって、心に余裕がなくちゃあね。平穏な毎日に感謝。

広島ブログ

コメント

DEEP大坂~いよいよホント!!にディープ編

2019-06-27 | 旅のあれこれ

広島ブログ

ディープな大坂の中でも、ディープちゅうのディープ。
広島ではなかなか体験できないディープな街・場所に行きました。


環状線で大阪駅からひと駅の天満。ひと駅行くだけでおしゃれ度はナッシングに。鶴橋あたりと同じあの空気が。

駅前の細~い路地の両側には、立ち飲みやパチンコ屋が立ち並び・・・・ジャンジャラ♪というパチンコ屋の騒音がBGM。
めざすは天満の立ち飲み、1人のみの聖地『酒の奥田』このストレートな店名が、またいいじゃないですか。
15時の開店と同時に店内に入ると・・・・続いてワラワラとおひとりさまのおじさん、おじいさんが入ってきます。
ほんとにワラワラと。どこから湧いてくるのか???次から次へ湧いてきます。
コの字形の店内は、意外に広くて50人は入れる大バコなのに、その店内が10分以内でほぼ満員。
そして、見事にひとり客ばかり。お客の8割かたが、ひとり呑みのおじさん、おじいさん。女子率極めて低い。

広島の立ち飲みだと、見知らぬもの同士がコミュニケーションをとりあうのですが・・・・ここではみな無言。
時々、店員さんに『ビール』とか『〆鯖ちょーだい』とか、ポツリと注文するだけ。
あとは会話無し。立ち飲みなので、隣との距離が近いというのに、誰もコミュニケーションとりません。

黙々と呑み、チョコとつまみ、さっと帰っていきます。
会話もせず、スマフォもいじらず、ただただお酒を飲むためにだけ来ている人たち。
だったら自分ん家で飲めばいいじゃんか???と問いかけたいくらいなんだけど・・・・おじさん達がとってもカッコイイ。とってもいいお酒ですもん。
誰にもからまず、誰にも迷惑かけず、誰の邪魔もせず。ただただ自分が好きで飲む。酒飲みの神髄(笑)

店内でスマフォを出す人が誰もいなくて(爆)ワタシも実にスマフォが出しにくい、写真はもっと撮りにくい。
かろうじて、どて煮と〆鯖を撮りました。
正直、料理はふつう(笑)



ガツンと衝撃を受けたディープ中のディープな大阪風景。
孤独をぼやいてるわけじゃなし、1人で飲むという気負いもなく、淡々と時間を過ごすおじさん、おじいさんの姿に感激しました。

広島ブログ

コメント (2)

ドライブで見つけたお子様ランチ@ボントレ珈琲店

2019-06-26 | そとごはん

広島ブログ

大坂旅行ネタ、まだまだあるんだけど、時々、地元ネタも挟もう。
地図の読めない3人娘と自称している3人組で、以前から『行ってみたい』と言っていた念願の場所へ。
それは、府中市にある某スニーカーメーカー工場直営店&カフェ。

くりちゃんがドライバーになって、takakoさんとワタシを連れて行ってくれました。
おっ!!着いた、着いた!!と喜んだのだけど・・・・

アレレレレ????なんか商品数が少なくない???
工場直営だから、全アイテムそろってて、これもいいな、あれも欲しいな、いやいやこっちが・・・うれしい悲鳴を上げるつもりで来たのに・・・・なんというか・・・・肩透かし(涙)

気を取り直してランチに出かけたのは福山の人気店『ボントレ珈琲店』
2つある駐車場が満車。広い店内も当然、満席。女性客の多いこと、多いこと。ママ友会があちらこちらで。


メニューのネーミングがそそるのです。『大人のお子様ランチ』って言うんですから。
こんな名前のプレートがあったら、そりゃあ女子は迷わず頼むって。

全体像。ひじきご飯、ササミのフリット、ポテトサラダ、チーズ豆腐、なにかのトマト煮込み、キッシュに、トースト(ひとくち大だけど)ポタージュスープ、野菜サラダ、ピクルス、ラスクまでついてました。

さらにこれにデザートとドリンクまでつくって言うんですから。1300円だけど、これだけあればコスパはすごい。
ご飯とパンはおかわり自由でしたが、さすがにランチでこれだけ食べると、おかわりしたいとは思いません。
『大人のお子さまランチ』の人気のほどがわかりました。

ちょっとついてないな、というスタートで始まったプチドライブでしたが、いいランチに出会って、めでたし、めでたし。

この後、地図が読めない3人娘(いいの、いいの娘で)は次の目的地であるおしゃれ雑貨店までの道のりは、ナビを見ながらでも、迷う、迷う。
くりちゃんのマイカーのナビは、ちょっとひねりが効いたやつで、なぜにわざわざここ???という回り道をしたがるんで・・・・。
なぜ遠回りをしたがるのか、聞けるものならナビに聞いてみたい。


広島ブログ

コメント (2)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ