日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

韓流に揺れる

2011-10-30 | 旅のあれこれ

早いなぁ~、もう10月も終わりかぁ~
新生児の孫②ユートの入院騒ぎ以来、出生→緊急搬送→手術→24時間付き添いっ、てなことで、家事が滞りがち。特に庭仕事、ゼンゼンやってない。
    ←庭にはいつのまにか、冬の代表花 サザンカまでも咲き始めた


退院するまでは、家族がそれぞれ少しずつムリと我慢をしながら、時間をパッチワークのようにやりくりしながらしのいでいますが・・・・・
ひと月前の安産祈願に続いて、今回も、無事退院を願って、みんなそれぞれにささやかな願掛け。
①長女『美容院に行かない』②ムコ『禁煙』(←永遠にしとけって言いたい)③オット『禁ゴルフ』④そして・・・・・私『購入したばかりのお楽しみDVDを観ない』・・・など・・・・・・どれも、小さっ・・・・・

私が禁鑑賞にしているDVDとは・・・・・勤続25年表彰金を使って、買っちゃったんですよ。DVD-BOX 全7巻34,000円を大人買い。
この歳にして、いまさらながら、少女漫画の王道『イタズラなkiss』を読んで夢中になったのが9月末頃。そして、初めて見た韓流ドラマがこの漫画をドラマ化した『韓国版イタズラなkiss』。原作のイメージとぴったりな配役に、原作を忠実に再現したセリフまわしで、萌えポイントが満載。・・・・・・で、買っちゃった。
いまは松潤と同じくらい、主役を演じたキム・ヒョンジュンの顔が好き特にエラからアゴにかけてのライン。そこ、まさに天使の領域。

                  ← エラのラインがキレイな男の人って、色っぽいですよね~


ドラマの中に出ていた役柄としてのキム・ヒョンジュンが好きなので、好みの幅が狭いんですが・・・・・思い切って買ったDVDが『よしっ、届いた』と思った途端に、生後9日にして孫②ユートが入院しちゃって・・・・・なので、せっかく大枚はたいたのに、お預けのままです。
同僚や友達オススメの『宮』や『コーヒープリンス1号店』も見たいし、韓国版花男も見たいしなぁ~
ヤバイなぁ~アラフィフ女性が陥落するという韓流蟻地獄へまっしぐらか・・・・・


おっとっとっと・・・・・11月下旬には熾烈なチケット争奪戦に勝ち抜いた松潤+小出恵介主演舞台が、私を待っている。
仕事がすごく忙しい時期だけど、『J休暇をくれ~』と同僚に頼み込んで、3泊4日の上京。だって、2回観に行くのだ。
1回目は、相当ヤバイと噂の半裸の松潤を直視できそうもないし。心筋梗塞起こしてもおかしくない年頃の私が、ストーリー飲み込むには、2回は必要よ。
・・・・・てなことで、11月は、韓国に漂流せず、日本にとどまらなければ。



                           広島ブログ

コメント (4)

付き添いお相伴~食とDVD編

2011-10-26 | そとごはん

孫②ユートが入院している総合病院には、タリーズコーヒーがありまして・・・・・。
転勤する以前の部署の同じビルに、スタバがあって、ほぼ毎日利用していたものだから、コーヒーショップといえば=スタバ派でしたが。

病院で付き添った時の朝食にタリーズのホットドックを食べたら、これがアツアツ、パリパリで、意外なほどうま~
ピクルス好きの私には、嬉しいピクルスた~っぷりオンだし。
ホットドックを気に入って、夕食にはフォカッチャ風のシーフードサンドを食べたら、これがモチモチ、プリプリで、こっちも期待を上回る美味しさ。アボガドチキンサンドイッチのパンが雑穀パンでこれも好み
すっかり、タリーズコーヒーファンになりました。肝心のコーヒーを語らなくて、スイマセン。

     

ユートが退院するまでに、ホットミール全種類制覇するぞと意気込んでます。
このタリーズ、病院内にあるので、ジャージ・スリッパでペコペコ出かけても、全然違和感なしな所もありがたい。なにせ、付き添い時は、ノーメイク・ノーコンタククト・ノーストッキングの3NO運動実施中。
とはいえ、広島市のドまんなかにあるこの総合病院。地下街やデパ地下とも、プロムナードがつながってます。ついつい、その近距離さゆえ、『近所のコンピニまで』感覚で、ノーメイク、お財布と携帯だけを手に持って、デパ地下まで行ってしまった自分を戒めたい。


病室の付き添いのお伴に・・・・・・と、同僚の韓流ファンがおすすめしてくれたのが『宮』という韓国ドラマ。
松潤妄想小説の『真夜中のデート』といい、いまさらはまった少女漫画の王道『イタズラなKiss』といい・・・・・今ツンデレタイプに熱中してるので、ツンデレ好きには外せない、と押してくれました。
・・・・・ところが、2巻目のDVDが不良で再生不可。TUTAYA~、ちゃんとチェックしろ~2巻目飛ばして3巻目行くのもな~


『韓流ドラマにはまったら、抜け出せなくならないだろうか・・・・・・』と、少々危惧している自分の心境をビミョ~に反映し、どうしよう????
3巻目、続き行くか・・・・・このままふみ留まるか・・・・・



                           広島ブログ

コメント (6)

しばし小休憩

2011-10-23 | くらし

遠くの親戚より近くの他人って、ホント。
病院での付き添い外泊の帰りに、飲み仲間K子ちゃん家で、晩ご飯をいただきました。
揚げたての串カツやら、ブロ友のnaoさんが送って下さった佐賀名物のイカしゅうまいをおすそ分けしたり。久しぶりのちゃんとしたご飯で、生き返った

←コンニャクの串カツ。意外だけど、イケル~。

K子ちゃんと、うちのオットの酒豪コンビ2人で、ワインを3本を空ける。
朝は、病室にコーヒーとサンドイッチを差し入れてくれ、夜は夫と2人でお邪魔して、晩ご飯をいただき、今日の付き添い当番の長女のお弁当までこしらえてもらい、itatchi一家まるごとお世話になってます。
在京の有名大学3回生のK子ちゃん夫妻の一人息子は、そろそろ就活。『広島には戻ってこんじゃろ~』と、寂しそうだったので、K子ちゃん夫妻に『老後は、うちの長女に面倒みさせるから、安心して老いて。』と約束しました。


ユートは、毎日、目に見えて回復しています。看病してても、気持ちが暗くなることが無くなりました。
こんな食欲旺盛な様子だと、ゼンゼン大丈夫そうでしょう。新生児センターのドクターのおかげです。
入院当初は、混乱してて私も気づかなかったのですが・・・・・・ユートの主治医はミッチー=及川光博似のなかなかのイケメンでした
←パワフル姉のおさがりのピンクのベビー服を着せられてる虚弱な弟


これから、2連泊で病院に泊まり込みしてきます。
付き添いのお伴は、嵐のDVDと最近はまり始めた韓流ドラマです←韓流は、幅広いから、韓流蟻地獄に落ちないように、サイドブレーキひいとかないと・・・・・・

    

庭には、元気カラーのオギザリスが満開です。



                           広島ブログ

コメント (4)

元気に看護してます

2011-10-20 | くらし

回復著しく、おかげさまで集中治療室を出た孫②ユートは、この完全看護の時代に・・・・・24時間付添が必要で、・・・・・・喜んだのもつかのま。
さてさて、どうやって、切り抜けよう~。
産後間もないうえ、ユートと同じ型の細菌に感染して、3度も切開した長女は、しばらくは静養させたいのでけど・・・・・
私も夫もムコも、それなりに仕事が忙しい。ムコの実家は、遠距離。2歳児の孫①ユリッペもいるのに、一時保育をお願いした保育園にはことごとく断られる・・・・・

入り組み過ぎて、考えても考えても、考えがまとまらない。
みんなで、頭を突き合わせながら、図やら線やらを書いて・・・・・・『だから、こうでしょ』『この日はあ~して、こ~して』
会社を休んだり、会社帰りに病室に泊まったりしながら、まぁ、なんとかやっていくしかないです。

夫妹、姪、実家の両親など、ちょっとした血縁は総動員。
夫妹は、有給休暇までとって、孫①ゆりっぺを預かってくれます。
誰と結婚するかは、自分の問題だけど、自分では選べない夫の家族が、とてもいい人だ、というのはラッキー以外のなにものでもない。
恵まれていると思います。

3日間、会社を休んで付添うことになったムコが、『お義母さん、嵐のDVD貸してください』と頼んできました。
夜、病室で一人で看護するのは、寂しいけど、今はまだ、バラエティもドラマも観たくない心境らしい。
『嵐のコンサートDVDだったら、何~考えずに見れそうだから』と。←けなしてるわけじゃない。
まとめて3本、嵐のDVDを病室に届けました。最近の病室は、テレビだけでなくDVD再生機も設置してあります。
ドームや国立競技場でのメガコンサートは、ステージ構成がスペクタルで、男子が見ても、面白かったらしい。
『空、飛んでました~』と、感心してました。


明日、仕事が終わり次第、ムコと交替。週末の夜から、私が付き添う番です。私も、嵐のDVD見ながら、元気に看護しよっと。

←10数年前に、小学生だった長男が私にくれた激励メモ。


甥の重体に、京都からすぐ戻ってきた長男。てんやわんやの3日間、主に孫①ゆりっぺの世話をしてくれました。
坊主頭、イチローひげ、ガッチリ体型、アラブ顔なもので、2歳児を抱きかかえていると、まるで『誘拐犯と拉致られた子ども』

                           広島ブログ

コメント (8)

再開します。早々でスイマセン

2011-10-17 | くらし

うやみやつらみは載せたくない、楽しいことや、面白いこと、嬉しいことを書きたい、と思っているブログだったので、お休み宣言したのですが・・・・・・ありがたいことに、意外に早く、再開できました。
ご心配いただいた方々、本当にありがとうございました。

実は・・・・・・9月末にうまれた長女の第2子 孫②のユートが、10月初旬、突然、容体が急変して重体になりました。
夜中に高熱が出て、朝イチでかかった総合病院で、ある病気が判明したものの、ここでは新生児の処置は難しい、と言われ・・・・・救急新生児センターのある数10㌔離れた市民病院から、救急車に小児科医が同乗して迎えに来て、家族がボー然としている前で、緊急搬送されました。
到着した救急センターで『非常に重症です。生命の危険がある状態だと思ってください』と説明を受けても、言葉の意味がピンとこなくて・・・・・・『どういう意味ですか?』と聞き返したくらいです。

・・・・・で、そのあと、私は、まるで漫画の1シーンのようにぶっ倒れてしまいました。
急激に気分が悪くなって、気がついたらベッドの上に寝かされてたというか・・・・・・・こういうことってホントにあるんですね?
でも、一度ぶっ倒れてからは、『私がしっかりしなきゃ、誰がする』と思い直して、いつもにも増して『鉄の女』化しました。なにせ、長女やムコは、ボロボロなもので。

生後10日での手術。まだ、体重3000㌘しかないし、手や足もこ~んなに小っちゃいのに。
産院で5日、自宅で4日しか過ごしていないのに。
最近は、インフォームド・コンセントが徹底しているから、予想されるリスク、考えつくばかりのマイナス情報を次々伝えられるので、その度に鳥肌がたつ、というか・・・・・・
長女が何回も『大丈夫なんですよね?』『ゼッタイ、元気になるんですよね?』と、お医者さまにすがりつくんですが・・・・・・それに対して、決して『大丈夫です』とは答えてくれません。
100%じゃないことは、慰めでも言ってはいけないことになってるんだと思います。

長女は、食べない、寝ない。なぜ、どうしてが堂々巡りしている様子でした。そんな姿に『母親なんだからしっかりしなさい』なんて、ことは言えませんでした。
一番ダメージを受けているのは、他でもない産後10日の長女自身なので、弱いところも、打ち消しても打ち消しても浮かんでくる悪い考えも、受け止めてやらなきゃ、と、思ってたけど、受け止めてやれたかどうか。

当初、チューブだらけで抱っこも出来なかったので、かわいそうで、見る度に泣けて、泣けて。
それでも、手厚い看護と、彼自身の生命力の強さでしょうか・・・・・・今週中には、集中治療室を出られだろうところまでに、回復しました。
こどもの回復力って半端ない。やっぱり新陳代謝が盛んなんですかね?

なんでこんなことに?どうしてうちの子だけが?・・・・とか、元気なよそのお子さんの姿を見るのもつらい時もありましたが、ネガティブなことを考えてたんじゃ、頭はさえないし、体力も持たない。
退院までにはまだまだ、乗り越えないといけないことが、たくさんありそうだもの。仕事も忙しい時期で、そんなには休めないし。





放置したままの我が家の庭で、いつのまにか、こ~んなに花が咲いていました。

 

                           広島ブログ

コメント (6)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ