日本語おもしろ発見

日々の生活から

ニュースを見て…

2014-06-30 10:34:09 | 日記

6月は忙しく,足も痛く,体調も芳しくなく,ちょっとしんどい月でした。

今日で6月も終わり,明日から7月です。気を引き締めます。

今朝,柴犬が飼い主を助けるために,大きな熊に果敢に立ち向かっていったというニュースを見ました。

すぐさま,『銀牙―流れ星 銀―』を思い出しました。高橋よしひろのマンガです。

中学のときの友達がこのマンガが大好きで,私もつられて読んだものです。

今,姪っ子たちが,そのときの私と同じ年齢になろうとしています。時間の流れは早いですが,ふとしたことで,何十年も前のことを鮮明に思い出すことがあるのが,面白いです。

そして,実家で飼っていた柴犬2匹のことも思い出しました。彼らも私たちが熊に襲われたら,きっと助けてくれたことでしょう。きっと,多分^^

コメント

それでも成り立つコミュニケーション

2014-06-14 16:38:33 | 日記

今日は、なんとなく落ち着かないので、大学で書類を作っています。

お昼ごはんを買いに近くのコンビニへ行きました。

1コインのコーヒーがお気に入りなので、レジで、

「コーヒーのSをください」

というと、

「アイスコーヒーですか?」

と聞かれたので、

「いえ、ホットコーヒーです」

と言うと、

「ブレンドですか?」

と再び聞かれる。

コーヒー言うたら、ブレンドやろと思いつつ、

「はい」

と答えて、ようやく買うことができました。後で、ああ、コーヒーと言っても、ブレンドとカフェラテがあるから、念のために確認したのかと思ったけれど、それでも、コーヒー言うたら、普通はブレンドコーヒーで、カフェラテは、コーヒーって言わんのんちゃうと思っていたら、横のレジでもコーヒーを買おうとしているおじさんがいて、

「コーヒー、ちょうだい。普通のサイズの」

と言っています。すると、店員さん、

「Mでよろしいですか?」

え、普通のサイズってMなんと思いながら、見ていると、

「うん」

とおじさんは答えていました。わあ、普通ってMサイズのことなのね。私はSしか頼まないからそう思いませんでした。そして、

「ブレンドでよろしいですか?」

とまたしても確認していました。

わああ、普通って難しい。お互い、何が普通かなんて、一致しているほうがおかしいんですよね。

それでも、コミュニケーションが成り立っている場合があるのが、とても面白いと思った瞬間でした。

コメント

父の命日に…

2014-06-14 16:33:32 | 日記

今日は父の祥月命日です。丸5年が経ち、6年目に入ります。早いものです。

今日も明日も仕事があるので、姫路には帰れませんが、心の中で法要を行っています。

だから、というわけではありませんが、今日はいつもの色つきの服ではなく、麻でできた服を着ています。

この麻でできた服…

涼しいんだけれど、なんだかコーヒー豆になった気になるのよね…

あるいは、弥生人になったみたいな…

結構、高かったんだけど…

コメント

また会いたい三兄弟♪

2014-06-04 08:03:51 | 日記

学会で富山に行ったのは2年前でした。

そのとき,久しぶりに友人一家と会ったのですが,たくさんご馳走になり…。

あのときも本当にお世話になりました。ありがとうございました。

お子様三人にも初めて会ったのですが,三人ともいい子で感動しました。

初めて会ったにもかかわらず,真ん中のお嬢さんは私も書かれた絵をプレゼントしてくれました。

家族の愛が紙面いっぱいに表現されていて,もらった私もうれしくなりました。

みんな,それぞれ成長しているんだろうなあ。

会いたいです^^

コメント

5歳の姪っこに「そっちは?」と聞かれ・・・

2014-06-03 21:02:17 | 日記

言語を習得する課程にいる子どもと話すのは面白いですね。

妹に電話をすると,かなりの確率で,子どもが出ます。上の子は,だいぶん大きくなりましたが,末の子は,現在6歳。

さすがに,電話の相手が誰かはわかっているようです。

「○○ちゃん,何してたん?」

と聞くと,

「モモ(ペットの名)に,えさ,あげてた」

と答え,続けて,なんと,

「『そっち』は?」

と,5歳の女の子に,中年のおばさんである私の様子を聞かれました。

驚いたのが,「そっち」という代名詞を5歳の子が使用したこと!!

ああ,こうやって言葉を覚えていくのかと感慨深いのと同時に,

姪っこよ,「そっち」は,対等,もしくは対等以下の相手を指しますから,おばちゃんに対して,使用するのは間違ってます!!

 

 

コメント

「おネーム」は?

2014-06-02 11:24:24 | 日記

先日,スーツを買いに行きました。対応をしてくれたのは,お年を召した店員さんでした。

さすが,接客のプロです。スムースな対応です。

スーツの仕様を尋ねる中で,

「『ネーム』はいかが致しましょう。漢字でよろしかったでしょうか」

いつも漢字で名入れをお願いしているので,後半の文があったから,「おネーム」が何かすぐに理解できましたが,外来語の「ネーム」も「お」をつけるのかとびっくりしました。

確かに,「お名前」だと,「名入れ」とはすぐに結びつかないかもしれないとも思いつつ,「ネーム」はちょっと引っかかるなと思いながら,帰途につきました。

コメント