日本語おもしろ発見

日々の生活から

「8080」は?

2015-02-23 17:54:31 | 日記

先生方とちょっとお出かけをしたときのことです。

レンタカーを借りて,走っていると,前の車のナンバープレートが「8080」でした。

運転をしていた先生が,その先生の教え子にあたる私の友人(助手席に座っていた)に問いかけました。

「○○さん,前の車のナンバープレートを読むとどうなりますか?」

友人は答えました。

「晴れ晴れ(はればれ)です」

すると,先生はこうおっしゃいました。

「やれやれ」

わっはっは。私の友人は,学生時代,先生を悩ませていたのでしょうか^^

コメント (1)

「おだれ庇」

2015-02-22 12:36:46 | 日記

みなさん、「おだれ庇(びさし)」ってご存知ですか。

「尾垂れ庇」と表記し、京町家の1階によく見られる表の庇のことだそうです。

のれんなどをかける幕掛けが付いた庇です。

『朝日新聞』夕刊(2015年2月20日金曜日付)に載っていた記事で、この庇のことを知ったのですが、その記事には、

「おだれ庇・平格子よみがえる」

とあったんです。

知らない言葉だったので、一瞬、

「庇(ひさし)」と「屁(へ)」を間違えてしまいました。だって、「たれる」と「屁(へ)」って結びつきやすいじゃないですか。(誰に同意を求めているのだろう^^)

す、すみません。お下品でした…。

コメント

「戀(恋)」という字は・・・?

2015-02-21 10:17:52 | 日記

「戀」は「恋」の旧字体です。

「戀」は画数が多くて、覚えるのが大変ですね。

大学のころ、ある先生が、「戀」の覚え方をこう言っていました。

「愛しい愛しいと言う心」

「いとしい(糸)』「『いとしい(糸)』と『いう(言)』『こころ(心)』

→糸+言+糸+心=戀

おお、すばらしい。

先日、ある韓国ドラマ(「剣と花」)を見ていると、王女がある男性にこのように言いました。(字幕より)

の中の言葉しばられて伝えられない字は?」

 すると、数日後、男性は壁(?)に次のような文字を残すのです。

「戀」

おしゃれな告白ですな~。

あ、いや、告白の話ではなく、「戀」の字一つでも、いろいろな表現ができて、面白いなあと思ったのです。

そういえば、わたくし、昔、好きな人に「小石」を渡して、「こいしい(好きです!)」という気持ちが伝わるかなと思ったことがあります。

おっほっほ。ダジャレですね。渡すのが小石だともらったほうもうれしくないし、なんのことかさっぱりわからないでしょう。しかも、全く、おしゃれでないですね。

もちろん、実行には移しませんでしたけど^^

コメント

揺れる店員さん^^

2015-02-21 10:09:59 | 日記

店員さんのきびきびと働く姿が大好きだ。

あの無駄のない動きは自分には到底できそうもない。

今日、あるスーパーで買い物をしてレジに並んだ。

店員さんは、きびきびと品物のバーコードを読み取っている・・・?

ん?

きびきびと動いているが、ちょっと様子がおかしい。

品物をカゴからカゴへ移すときに、3回、体が動いているのだ。

余分な動きが入っているようだが、レジはスムースに済んだ。

とても不思議な動きのように見えたのは、私だけなのだろうか…。

コメント

大爆笑させていただいた?

2015-02-20 08:55:57 | 日記

さきほど、テレビを見ていたら、こんな話が聞こえてきた。

「○○さんの舞台を見させていただいて、大爆笑させていただいた」(女優談)

おおおお。

舞台を見るのはともかく、笑うのにも誰かの許可がいるのか!

共演させていただいた、試合に出させていただいた、などなど、最近はもう聞きなれてきたけれど、さすがに「笑わせていただいた」はちょっと、気になる。

人前で丁寧に話すには、泣くにも笑うにも怒るのにも「~(さ)せていただく」を使うのが一般的になるときが、近いうちに来るのかもしれない。

コメント

インターチェンジは何をするところ?

2015-02-19 17:21:35 | 日記

妹が一生懸命、何かの話をしているのだけれど、「インターチェンジ」と「サービスエリア」を間違えているようで、内容が全く頭に入ってこない^^・・・。

インターチェンジは、複数の道路が交差しているところだから、そこで、車を停めたり、休憩したりはできないなあ^^

いつ、言おうかな^^

確かに、どちらも車に関係するし、どちらも高速道路でよく見かける語だから、間違える気持ちはわからなくもない。

でも、「インターチェンジ」と「サービスエリア」は音韻的にはあまり関係がなさそうだな。4拍+3拍の語で、前の語に引き音節があるぐらい?ううん、遠いなあ。

コメント

BLです^^

2015-02-18 10:45:27 | 日記

古典の中には、男性同士の恋愛話のように読める場面があります。

先日、お隣の先生に、

「これは、本当は『BL』を描いたものかもしれませんね」

というと、

「『BL』って何ですか」

とおっしゃったので、

「ボーイズラブのことです」

という話をしました

さて、翌日、お隣の先生は別の先生におっしゃいました。

「こういう話を『BF』と言うらしいですよ」

せ、先生、BFは「ボーイフレンド」です^^

コメント

サニタリー・ティーチャー?????

2015-02-17 14:09:59 | 日記

小学校で習った英語を披露したい姪っ子^^

自分が覚えたカタカナ発音の英語で、将来の夢について話してくれました。

「アイ ウォントゥー ビー ア ナースリー ティーチャー!!!」

(↑これ、書いてみたら、面白いです。カタカナが読める英語圏の方がこれを発音してみて、何を意味するかわかるか、ちょっと知りたい^^)

どうやら、保育士になりたいようです。

すると、その場にいた○○が言うには、

「え?聞こえへんかった。何?サニタリー・ティーチャー???」

わっはっは。一体、何を教える先生だろう^^

コメント

「壁ドン」からの「顎喰い(あごくい)」?????

2015-02-17 08:51:55 | 日記

久しぶりに実家に帰りました。

母や妹、その子供たちに会って、いろいろな話をするのは本当に楽しいです。(なんせ、ブログネタの宝庫?^^)

今、子どもたちの間では、「壁ドン」ごっこが流行っているそうです。

「壁ドン」とは、壁に背を向けた女の子にむかって、男の子がに「ドン」と手をついて、「好きだ」とかなんとか言うことらしいんですが、これを女の子同士でやって、盛り上がっているようです。

床だったら、「床ドン」、何もなかったから、風に手をつくということで、「風ドン」だそうです。

そして、さらに、そこから発展して、「アゴクイ」をするらしいのですが、最初聞いたとき、

「顎(あご)喰い(くい)」かと思いました。顎に食らいついてどうするのかと。

実演を見ていると、壁についた手とは別の手で、相手の子の顎(あご)をクイっと持ち上げています。

ああ、そういうことね。「名詞+オノマトペ」なのね。

「壁ド~ン」(休止)

「から~の」(休止)

「アゴくい~」

面白い日本語です。

コメント

「敷居が高い」の意味変化

2015-02-04 18:07:58 | 研究演習2014

要旨

「敷居が高い」という言葉は本来「不義理、不面目なことがあって行きにくい、会いにくい」という意味であったが、現代では「相手が優れていて気後れする」「難度が高い」「縁遠くて近づきにくい」「格が違って関係を結びにくい」などの意味で持ちいられることがある。またこのような意味変化は1970年代から起こり始めたと思われる。

コメント