日本語おもしろ発見

日々の生活から

「Mg」は何を意味する?

2016-11-26 18:29:01 | 日記

某深夜番組が好きで,起きていたらよく見ています。

昨日のテーマは「ハリセンボンと同期芸人」でした。

狩野英孝が出ていたときの画面に,

「『Mg』に・・」

という文字が出ました。後ろに続く言葉は忘れてしまったのですが,

「Mg」は,「Manager(マネージャー)」を表わしていました。

私は画面を見た瞬間,すぐに元素表を思い出し,なんで,「マグネシウム」が出てくるのだろうと思いました。

「水兵のリーベ,僕の船・・・」

昔,真面目に勉強したのね,私^^

コメント

「ヨ」と「オ」の聞き取りは難しい・・・?

2016-11-26 10:17:16 | 日記

先日,実家にお正月用のお菓子や何やらを送りました。

ネットで注文すると,割引がきかなかったため,仕方なく電話をかけることに。

オペレーターの方はとてもよい感じの人でした。送り先を伝えます。

オ「お名前をお願い致します」

私「○○ ○○ヨです」

オ「漢字はどのように書きますか」

私「・・・・・,名前は片仮名です」

オ「承りました」

私は電話は好きではないのですが,無事に注文を終えてほっとしました。

さて,後日,お届け明細書を見て,びっくり^^

宛先が・・・

「○○ ○○オ」

となっています。一字違うだけで,男性のような名前になってしまいました。

「ヨ」と発音したのに,「オ」と聞こえるなんて・・・。

何度も何度もお互い確認し合って,問題なかったのに・・・。

私の発音が悪いのか・・・

コメント

「お誕生日新聞」をプレゼントに^^

2016-11-20 09:28:34 | 日記

先日,「お誕生日新聞」の話題が上りました。

このようなサービスがあると私も最近知りました。

 お誕生日新聞オンラインショップ

お誕生日新聞とは、新聞の「一面」と「テレビ面」を
1枚の上質紙(グレー色・A3サイズ)に
両面プリントしたサービスです。

http://shinbun20.com/info/hajimete.html?gclid=CLWk_v2JttACFYFjvAodpAIJFA

私の敬愛する先生が仰います。

「わたくし,いつも思うのですが,『誕生日新聞』だと,誕生日に起こったことではないですね。一日前の出来事ですね」

おおおお,その通り。その日の新聞に書かれた記事は,前日の出来事ですから,誕生日当日に何があったかを知りたければ,翌日の新聞を見るのが正解ですね。

さすが,先生!大好きです!

コメント (4)

やっとわかった^^

2016-11-19 12:08:42 | 日記

「あまちゃん」以来,朝のドラマをずっと見ています。

毎朝,「べっぴんさん」を見ていますが,最初の歌詞の部分でずっとわからないところがありました。

私は,歌詞の意味はあまり考えず,ただ聞いているだけなんですが,聞き取れない言葉があると,反応してしまいます。

一語一語,はっきりと発音して歌っている演歌などは別ですが,歌謡曲では,聞き取れない歌詞があることが多いです。

(その理由として,発音不明瞭,音符の長さと,ことばの拍の長さがあっていない,その他もろもろ考えられます。)

 

「ヒカリノアトリエ」 作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai

雨上がりの空に七色の虹がかかる
ってそんなに単純じゃない
この○○○でもそれくらい分かってる

○○○が一カ月半もの間,ずっとわからなかったのです。

「うそか」「運送家」「演奏家」???

今日,たまたまテレビに字幕が出るようにしたままにしていました。

やっとわかりました。

「夢想家(むそうか)」

「む」「ん」「う」はとても似た音なので,「む」が聞き取れなかったのですが,ここに「夢想家」が来るとは思いませんでした。私のボキャブラリーが貧困なのかしらん^^

コメント

三月の蝉とは?^^

2016-11-16 19:55:29 | 日記

続けて^^

母と話をしていると,最近,始まったアニメの話がしたい模様。

母「あの,『三月の蝉(せみ)』やけどな…」

うふふふふ

おそらく言いたいのは,「三月のライオン」

「八月の蝉(角田光代の小説,ドラマ・映画化されている)」と混ざっていると思われる…

また,交差した^^

でも,蝉とライオンは,かなり遠いような…^^

コメント (2)

幹 平八郎とは?^^?

2016-11-16 17:53:23 | 日記

オーバーヒート気味なので,いくつか予定をキャンセルしたら,少し,時間の余裕ができました。

母が診察のため,京都に来ていたときのことです。

疲れて帰ってきても,母と話していたら,和みます。

母「この前,ほら,自宅で亡くなったの誰やったっけ?」

 「えっと……」

 「そうそう,みき(幹) へいはちろう(平八郎)

ぶわっはっは。誰や,それ?^^ 正しくは,

 平(ひら) 幹二郎(みきじろう)

  幹 平八郎

  ↘ ↙ ↓

  平 幹二郎

母は,天才なのではないかと思いました。

よくまあ,漢字の順序を入れ替えて,数字を微妙に違えて,それらしい名前を作り上げたなあと感心し,疲れが一瞬で吹き飛びました^^

コメント (1)