日本語おもしろ発見

日々の生活から

「Shaiaku(シャイアク)」ではなくて…

2017-01-25 15:07:24 | 日記

「弘法筆を選ばず」と言いますが・・・。

私は筆記用具にはこだわりがあって,シャープペンは手にしっくりと馴染み,書き心地がいいこと(芯がぐらぐら動かないことも大事!),芯は適度な硬さと滑らかさが必要なので,必然的に使うものは,固定されてきます。

先日,愛用しているシャープペンが,ついに破損しました。(修理して使えるので使っていますが)

まだ販売しているかと,品名を見てみると,

「Shaiaku」

と書いてあります。「シャイアク」って何だろう。「最悪(さいあく」)」?品名にそれはおかしいと思いながら,だいぶん検索をした後,

「Shalaku(しゃらく)」

であることに気づきました。そら,そうやわ~,でも「l(エル)」が短すぎるわ~とか思いながら,ネットで注文しました。

コメント (1)

「ドキドキ」から「キュンキュン」へ

2017-01-23 14:06:36 | 日記

先日、朝の某番組を出ていたら、同年代の漫画家(女性)が出演していて、りぼん60周年を記念した、『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』を訪れていました。スカイツリーで、3月末まで行われているようです。

少女漫画は私も大好きで、『りぼん』もよく読みました。小学校のとき友達と、『ときめきトゥナイト』の真壁くんについてよく話していたことを懐かしく思い出しました。漫画の中の登場人物になりきって、胸をときめかせていたものでした。

さて、出演していた漫画家さんがおもしろいことを言っていました。

「昔は、『キュンキュン』っていう言葉はなくて、『ドキドキ』とか、『トクン』だったのよ~」

昔は心臓の鼓動を表現していたのですが、今は胸(心臓?)をつかまれるというか、締め付けられる様子のほうを好んで表現するようです。いつからか、また、使用率はどのぐらいか、とても気になります。登場人物の性格によっても変わるのでしょうか。

漫画を資料として調べたいことはたくさんあるけれど、なかなか時間がとれません><

参考記事

 「恋に落ちた際の『どきどき』はいつからあったか」

http://blog.goo.ne.jp/iries333/s/%E3%81%A9%E3%81%8D%E3%81%A9%E3%81%8D

 

コメント (2)

ツイテル!ツイテル!

2017-01-22 16:20:51 | 日記

先ほど,お昼ご飯を食べながら,某番組の再放送を見ていると,「何かを流行らせようとしている様々な運動を調査した件」というコーナーがありました。

ある美容院では,開店の前に,気分を盛り上げるために,前向きな言葉を店長か誰かが言って,それを他の従業員が全員で大きな声で復唱するということでした。

「うれしいです!」「うれしいです!」

「楽しいです!」「楽しいです!」

「最高です!」「最高です!」

「ツイテル,ツイテル!」「ツイテル,ツイテル!」

ちょっと見慣れない光景だったからでしょうか。

「ツイテル」の意味は,もちろん「運が向く」の「ついている」ですが,私には,何かが憑依している「憑いている」に聞こえたのでした。

恐らく,精神的にとても疲れているのでしょう・・・^^

コメント

「飲み物」の注文のしかた

2017-01-16 13:50:11 | 日記

本日、雪の中、大学へ・・・。

コーヒーを飲もうと長い列の後ろのほうに並んでいると、学生が飲み物を注文する声が聞こえます。

「ブレンド、トール」

な、なんだ~。そのおしゃれな注文のしかたは!

ホットコーヒーじゃなくて、「ブレンド」!、大、とかLじゃなくて、「トール(tall)」!

そのあと、気になったので、ずっと聞き耳を立てていると、

「ブレンド、ショート」「ブレンド、トール」と続きます。

5人分の「ブレンド」、「ショート・トール」を聞いたところで、私の番・・・。

私は、ポリシーを曲げました。いつもなら「ホットコーヒー、小さいほう」というのですが、今日は「ブレンド、ショート」と言いました・・・。

なんか、妙な気分になって、そのあとも気になったので聞いていると、一人、「ホットコーヒー」と注文して、サイズは「ショートでいいですか」と聞かれて「はい」と答えている学生がいました。

ちょっと親近感♪

コーヒーもブレンドも外来語だけど、私は古くから使われているコーヒーを使いたい。サイズをレギュラーとか、ショートとか、言いたくないとか、どうでもいいことを考えながら、コーヒーを飲み、次の授業に向かいました。

コメント

上とは?

2017-01-08 09:42:01 | 日記

昨日の朝日新聞に次のような投稿がありました。

◎上とは?

 祖父母がどこに住んでいるのか、クラスメート3人で話していた時のこと。友人Aは天井を指さし「上よ」と言った。それを聞いて、「東北の方なのかな?」と考えていたら「えっ! 天国? 亡くなっちゃったの?」と友人B。「いやだ。同じマンションの上の階よ!」

 (横浜市・解釈は十人十色・17歳)

   2017年1月7日土曜日『朝日新聞』be10「いわせてもらお」

「上」はいろいろな概念を表して面白いですね。空間,時間,地位,・・・

 そういえば,少し前のことですが,私も似たようなことがありました。

修士課程の学生と立ち話をしたのですが,

私「○○くんは,『上』に行くの?(博士課程に行くの?」

学生「最近は△△館(院生の研究室があるところ。△△館の最上階にある)には行かないです」

ああ,そうか。確かに。

「上」って何を指すか,結構難しいですね。

 

コメント