アバウトなつぶやき

i-boshiのサイト:「アバウトな暮らし」日記ページです

デンマーク・デザイン展と中谷ミチコ展

2019年07月15日 | かんしょう

三重県立美術館で開催中の「デンマーク・デザイン」展を観てきました。

 



北欧の中でも小さめの国、デンマークが今回の舞台です。

このところ北欧の展覧会を立て続けに見ていた気がしますが、前回のフィンランド展を経て見比べると、やはりお国の違いが出るものですね。北欧は原色を上手に使うイメージがあって、その点からひと括りで考えていましたが、そこからしてずいぶん違っていたように思います。

色鮮やかで華やかな印象のフィンランド。ロシアからの独立を果たし、自国のアイデンティティを追い求めるように花開いたデザインは自由であり、シンプルな中にも柔軟さを感じさせました。

それを踏まえてデンマーク・デザインを見ると、かなり「機能性」という部分の比率が大きいです。ドイツと接しているからか、ちょっとドイツのような重厚さも感じるのは私だけでしょうか。

自然を上手に取り入れるという点で日本との共通点がある、という解説でしたが、それ以上に、特に家具のデザインにおいて中国の要素を取り入れているため東洋的であると強く感じました。

もちろん、デンマークの家具デザインも変遷があり非常に特徴的で斬新なモダンデザインも見受けられます。

曲木で背板から座板をもつ椅子を作り出したアルネ・ヤコブセン。私にとってデンマーク・デザインはアルネ・ヤコブセン(本展では「アーネ・ヤコブスン」と表記)なのです。彼のデザインした椅子ではセブンチェアが代表作であると紹介されていましたが、私はやっぱりアントチェアの丸っこい感じと3本足の繊細な感じが好きです。

アルネ・ヤコブセンといえば建築家なので立体デザインをする人だと思っていましたが、今回彼のデザインしたテキスタイルが何点も紹介されていました。このテキスタイルがすごく良かった!イラストのようでいて飽きの来ない連続性が、広い面を覆いつくせるテキスタイルとして秀逸だと思いました。あの生地、ファブリックボードにしたいわぁ。どこかで売ってないだろうか。

私はインテリアの中に北欧を取り入れているわけではないけれど、見て楽しいのはフィンランド、自分が取り入れやすいのはデンマークのデザインかなぁと感じたのでした。

▲エントランスではデンマークの代表玩具LEGOがお出迎えしてくれます。展示の椅子は触らせてもらえませんが、展覧会の最後には座ることのできる椅子が何点か用意されています。

企画展の後、柳原義達記念館に寄ったら「中谷ミチコ その小さな宇宙に立つ人」を開催していました。

 

この展覧会は「作家遺族の援助により、次世代を担う美術家を発信する『Y2project』として開催」されているのだそうです。この「作家」は開催場所と「Y」からして柳原義達氏のことでしょうね。

中谷さんは柳原氏の作品に強く影響を受けたとのことで、今回は氏の作品とコラボするかのように空間を演出しています。

写真撮影がOKだったのでかなり近寄って撮影してみました。

中谷さんの作品は石膏型の凹部に樹脂を流し、表面をフラットに仕上げたレリーフ作品です。

たとえば↓の作品。

着色が凹面のため、角度が変わっても隠れる部分がないのでどんどん表情が変わって見えます。正面から撮影すると右側の少女の右頬が見えていますが、鑑賞者が左へ移動するとだんだんと右頬は隠れてほぼ横顔に見えるようになります。(本当は動画でアップしたかったのですがブログの性質上うまくあげることが出来ませんでした。)

壁面に飾られた一見平面的なものが、実は奥行きのある彫刻であることに気づかされるという非常に面白い感覚を味わうことが出来ます。表情が変わっていくため、そこに息遣い、、、というか命を感じるのです。

2室に分かれていて、柳原氏の《道標・鴉》とコラボした部屋と、《犬の唄》とコラボした広くて明るい部屋があります。両方ともがそれぞれに個性的でした。私は好きです!

中谷さんは現在三重県で活動しておられるようなので、今後も作品を観る機会があるのかと思うととても楽しみです。私にとって追いかけてみたい作家さんがまた一人増えました。

コメント

トルコ至宝展

2019年07月07日 | かんしょう

このところ平日に仕事を休む日数が減ったため、美術展に行くのは週末の時間をやりくりする必要が出てきました。これって簡単なようでいて、今まで混雑を避けて平日に遊んでいた人間にとってはなかなか受け入れがたいものです。遠方だとなんだか億劫になってしまって「もう観に行くのはやめとこうかな」と思ってしまいがち。。。

そんな風で行くのを断念しかけていたこの「トルコ至宝展」。

数か月前に友人に「うちの団体の研修旅行に参加する人が足りなくて困ってるの。参加してくれない?」と頼まれて申し込んだのが7月上旬の京都旅行でした。団体行動で時間配分のタイトなバス旅行だと聞いていたのですが、午後の岡崎公園周辺散策は自由行動との事やった、トルコ至宝展観れる

「私、午後は美術館行ってくるから!」と言ったら、「私も行くよ~、こんな機会でもなきゃ美術館なんて行かないし」と、平安神宮を参拝したことがない友人も付いてきました。ごめん、周辺にゃぁ観光名所も多いのにつき合わせて。

 



さて、トプカピ宮殿のお宝たちときたらすごいのなんの。

チューリップ(トルコ語でラーレ)の宮殿ということで、スルタンの至宝と共にチューリップデザインの生活用品も展示されています。特に織物はチューリップモチーフが目を引きます。

しかし、やっぱり一番目を引くのは宝飾品です。ビックリするようなサイズの宝石たち(エメラルドのサイズがどうかしてるぐらい大きい 世界で産出される宝石は一部の富裕層が独占しているのを実感する)や、金細工を見る事が出来ました。そしてポスターに写真が使われている手鏡は本当に美しかった。。。

図録も買ったんですが、図録の写真は本当に見事ですわ。本物より色が鮮やかに出てます。しかし、本物を見ないとやはり質感というか重みを感じないので、展覧会っていうライブ会場はフェスと一緒でやみつきになるんですよねぇ。

ゆっくり、というわけではなかったけれど企画展だけで1時間は取れたので満足です。堪能しました~。

コメント

昭和美術館 「青を愛でる」展

2019年06月30日 | かんしょう
 
ずっと前からいつか行こうと思いつつ訪れないままになっていた昭和美術館
ちょっとしたキッカケがあって行ってみようかという気になりました。
 名古屋市昭和区にある昭和美術館は茶道具が主な収蔵品であり、施設はお茶会や展示会で利用できるのだとか(文化・芸術・教育・学術に関する行事に限る)。
本館の裏手には庭園が広がっており、旧武家の別邸であった「南山寿荘」(旧正門も同様に移築)、茶室「有合庵」、腰掛待合などを備えています。これらは地域の文化遺産として指定されています。
 
▲愛知県指定文化財の「南山寿荘」 毎年11月3日のみ全体を公開するとか
 
昭和美術館は夏季と冬季は閉館しており、春の上期展示と秋の下期展示の2期にわたるコレクション展を開催しているようです。
今年の上期展示は「青を愛でる」と題した、青磁や青絵付けなどの青いやきものが中心の展示でした。
 
青磁の説明に、青磁は「砧青磁」「天龍寺青磁」「七官青磁」の3種(宋の時代とか龍泉窯とかの分類?)があるとし、それぞれの説明がなされていました。
もちろん砧青磁が最上であり均整がとれており釉も美しく半透明、天龍寺は作りが大振りで色が黄味を帯びて濃くなります。七官青磁は青緑に濁りがあり侘びがあるものとなりますが、一室のなかに青というテーマで並んでいるためつぶさにその違いが見て取れて、特徴がよくわかり勉強になりました。
また、作品名により「祥瑞(しゅんずい)」という言葉も知る事が出来ました。
※祥瑞(しゅんずい) 中国明時代末期(17c前半)に景徳鎮で日本向けに作った染付のうちやや紫がかった青、紺青色で祥瑞文といわれる吉祥柄や幾何学模様が埋め尽くすように配され、透明釉がムラなくかけられたもの
さすが茶道具に秀でた美術館という感じです。
 
私は茶道具に詳しくありませんが、茶道を嗜んでいる方には非常に身近な美術館だと思います。
今回は陶磁器が主でしたが、きっとほかにもたくさんの名器をそろえておられるんでしょうね。
コメント

増山雪斎展とボタニカル・デザイン展

2019年06月15日 | かんしょう

 先月から、体調を崩したりして延び延びになっていた二つの展覧会。会期終了目前の今日、やっと観に行くことができました。

 まずは三重県立美術館の増山雪斎展。

 三重県にこんな文人大名がいたとは、この展覧会が開催されるまで知りませんでした。あまりに立派で、ホント申し訳ない気持ちになりました。。。

  三重(伊勢国)大名というと、つい南勢(伊勢の方)を連想してしまうのですがこの方は長島藩の第5代目藩主です。つまり南側でなく三重の最北、尾張と接する側の地域の大名です。

 増山雪斎は諱(名)を正賢(まさかた)と言い、1754〜1819年に生きた人物です。

 当時、大名の仕事の一環として地産の記録として絵を必要としたようですが、それ以上の才が雪斎には備わっていたようで花鳥画の様な芸術性の高い絵を描くようになります。(当時「芸術」という概念かどうかはともかく)

 雪斎の絵は博物学として捉えても十分な見識を持って描かれているとの事で、動植物の特徴を見事に表現しながら緻密で美しい絵を描いています。虫豸帖(ちゅうちじょう)という図譜は特に優れているようで、現代の学者が見てその種類がほぼ同定できるのだとか。

 雪斎は長島藩のお抱え絵師である春木南湖を長崎に遊学させていますが、雪斎の死後数年経った1823年にシーボルトが来日しています。

シーボルトがもう少し早く生まれていたら、というか雪斎がシーボルト級の人物に出会っていたらこの辺りの本草学は尾張でなく伊勢が主流になっていた事間違いなしですよ。惜しい!

 雪斎の人物像を語るにあたり木村蒹葭堂という人物は欠かせない事も知りました。

 展覧会内でこの木村蒹葭堂から煎茶道の偉人、売茶翁の茶器を譲り受けた、という逸話込みの絵が展示されていました。ここでも始めて知る「売茶翁」という人物。なんだそれ、煎茶道って今時の人が美味しいお茶を飲むために作ったポップカルチャー的なのじゃなくて、近世から続く伝統的なものだったの?とまた新たに知ることが増えました。

 煎茶道って、調べると結構面白くて意外なことに後で見に行ったボタニカルデザイン展にもつながります。

 三重県立美術館で増山雪斎展を観た後、三重県総合博物館に寄って企画展「ボタニカル・デザイン」を観てきました。

 この企画展は全てが撮影OKとの事で、メモを取らずに観れるので嬉しい(^^)

 広々としたスペースに見やすい展示。可愛らしくてセンスある解説と手書きの学芸員コメントなど、わかりやすくてしかも楽しめる、とても良い展示だと思います!

展示物の中にいくつかの模型があったので「へぇ〜、これ大きくってわかりやすくてイイじゃん♡」と思ってキャプションを見たら「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」って書いてありました。

すごいな茨城県。さすが、つくば学園都市を抱えてるだけあって良い博物館がいっぱいあるのね。

 最近、ワダちゃんと地被類を愛でることが増えてるんだけど、そこも網羅。

 この展覧会の最後の方は人のくらしの中にあるボタニカルデザインって事でさまざまな利用の仕方が紹介されているんですが、その中に盆栽の紹介がありました。

 ここで知る、盆栽の愛でられ方!

 盆栽って確かに立派なのが豪邸の床の間にあるイメージありました。でも、縁側でおじちゃんがハサミをパッチンパッチンしてるイメージも強くて、なんというか園芸好きの高じた最たる姿っていう気がしていたんですよね。

盆栽って未来の枝ぶりを想像して整えるわけですから途方も無い時間と知識の必要な芸術です。素人がちょっと手を出して成せる類の分野じゃありません。

 で、この盆栽を床の間に飾ってたのが先に出てきた煎茶道と知って「なるほど!」と頷く事しきりです。

 抹茶を頂く「抹茶道=茶道」が形式化しているのを嫌って生まれたのが煎茶道。(もっとも、普及するうちに色んな作法や美意識が生まれて結局は形式化していくのですが)

形式にとらわれず会話を楽しむ事で、文人から愛好されたというのもうなずけます。侘びを重んじる茶道に対し、古代中国の隠遁する賢人のような自由と精神の気高さを表す風流を重んじたのが煎茶道。そして床の間は茶道が生け花なのに対して盆栽が飾られたわけですね。

 

と、いう感じでいつもは展覧会は一日一つにしたいと思っていましたが、この展示は二つセットで正解でした。体調が芳しくないんだけど、無理めでも行った甲斐がありましたぁ。

コメント

竹宮惠子展とはしもとみおの世界展

2019年05月30日 | かんしょう

5月に行った展覧会。

観に行ってから結構時間が経ってるので、自分用のメモを。

まずは竹宮恵子展。

やっぱりけこたんは偉大な漫画家やで〜、と再確認。


「地球へ…」は私が小学生の時にすでにアニメになってたんだもんねぇ。

あの設定があの時代に生まれてるんだから、本当に花の23年組は偉大!泣ける、、、

 

四日市市博物館でも人の呼べる展覧会。

かわいいもんね〜、この人の作品。

そして、毎回思う。

はしもとみおさんの生き様が「めっちゃ絵になる」!

前に見たPVは「いなべがめっちゃ良いところに見える」と思ったけど、今回は「チェーンソーかっこええわ〜」が一番。工具、欲しくなった…

コメント

手塚雄二展 ー光を聴き、風を視るー

2019年05月24日 | かんしょう
 先週末、京都髙島屋で開催中の手塚雄二展を見てきました。
 
 来年の2020年に明治神宮が御鎮座100年を迎えるにあたり、内陣屏風が交換される予定なのですが、この度、その屏風を描く事になったのが手塚雄二氏です。
 このことを知ったのはNHK日曜美術館のアートシーンでの紹介ですが、それ以前に院展の画家として作品を目にしたことがありました。
 100年前に奉納したのは院展の画家である下村観山であったため、その流れを汲む手塚雄二氏に白羽の矢が立ったとの事です。
 
 手塚氏の絵は色がとても美しいです。そして繊細。
 以前に拝見した作品は美しいけれどパンチの足りないという印象を受けていたのですが、テレビの紹介で映った作品は引き込まれるような美しさがあったため、ぜひ実物を見てみたかったのです。
 今回の展覧会は過去最大級の回顧展ということで、たくさんの作品を観ることができました。そのおかげで、私の手塚氏に対する印象はかなり変わりました。
 まず、「パンチが足りない」という印象が間違いであったということ。
 パンチのきいた作品、ちゃんと揃ってました(笑) 特に初期の作品は力強い印象のものが見受けられます。
 ただ描く対象が変わってきているので、現在の絵は“パンチ”という言葉で表現すること自体が正しくない気がします。心に響くことを単純にパンチと表現すると強い印象を与えてしまいますが、手塚氏の絵はガツンというより「スッ」とか「キュッ」とかいう染みこむようなスマートな響き方をする気がします。
 もっとも「響く」という点では描く対象の違いよりも、生の作品を観たということが大きいです。実物はやはり美しいですし迫力もありますねぇ。
 特に【波洸】(第81回再興院展)は水の色の表現が素晴らしくて、私にとって絵の前を立ち去り難い作品でした。
 
 今回の明治神宮内陣屏風は透き通るような美しさと落ち着いた空気感を併せ持っていて、本当に素晴らしいと思います。
 屏風のなんとなくの雰囲気はこちらでどうぞ→日経新聞記事
 
 手塚氏の作品はホームページでも見ることができます→手塚雄二 公式ホームページ (色が全く違って見えますが…)
 
 屏風は奉納されてしまうと、ほぼ一般の人は見ることができないのでこの機会を逃さず観れて良かったです。
コメント

国宝の殿堂 藤田美術館展

2019年04月21日 | かんしょう
 先週のことですが、シロウタと奈良国立博物館で「国宝の殿堂 藤田美術館展」を観てきました。

 藤田美術館は個人的に思い入れのある美術館です。2度、目前まで足を運んでおきながら2度とも閉館中で入れなかったため、観覧したことがないのです。
 美術館は藤田邸跡公園として周囲が整備されており、そちらの公園が目的地だったせいもあるのですが「いつでも行けるし」と思っているうちにとうとうリニューアルで閉館することになってしまいました。
 結局、当時の蔵の状態の館内は見れなかったな…。



 私は仏教美術には疎いし特に好んで観に行くわけでもないけれど、出展の美術品がすごいものだということは分かります。歴史を語る際に聞いたことのある名前や言葉がゴロゴロ出てきてますから。
 今回のお目当ては、ご多分に漏れず国宝の曜変天目茶碗だったのですが、さすが展覧会の目玉です。展示方法が贅沢なことこの上ない!
 曜変天目茶碗専用の展示ブースが設けられており、その空間が凝ってます。
 1室目の展示室の中央にある、そのブース。円の中央にお茶碗の展示ケースが配されていて,周囲は黒の壁にところどころお茶碗の虹彩部分の拡大写真が埋め込まれています。ブース入り口も大きな透明アクリル板でブース内を透かし見れるような仕掛けになっていて、特別感がハンパないのです。
 途中、曜変天目茶碗を8Kで見れるシアタービジョンがあり、目視するよりも茶碗の光がよく見えます。
 展示ケースは上から光が当たっているため、外側の虹彩(光彩)の様子は肉眼では見づらいのが正直なところです。しかし、シアターがあるとそこを補完してもらえます。これは見なきゃダメですよ。

 
 帰りにショップで売ってた曜変天目茶碗のフィギア根付。
 これをどこに着けるか思い浮かばず、買うか買わないか迷ったんだけど、外側の虹彩やら釉だまりやらの再現度がすごかったので、使うあてもなく買ってしまいました。

 この後、職場でこれを見せたらコミケを制する男・やまもっちゃんに「これは出来がいい。良いもの買いましたね」、と褒めてもらいました。そして、「グッズを買うときはですね、『買わない理由が値段なら買え』っていう言葉があるんですよ。」と言われました。グッズは再販があるとは限らないので、モノが良いと後で後悔する、っつーことらしい。
 「それと逆の言葉で『買う理由が値段なら買うな』ってのもあります。」っていう金言を頂きました!
 それって、どの買い物にも共通する真理だわ~

---おまけ---
 観覧後、二人でならまちをウロウロして、お昼は「京家(きょうや)」というお店で頂きました。

 1000円程度でこの天ぷらランチが
 美味しかったぁ。満足、満足。
コメント

春の院展

2019年04月21日 | かんしょう
松坂屋美術館で開催中の「春の院展」を観てきました。


公募展他各団体の「○○展」と題した展覧会は多いですね。
日展や創画展はチケットを頂く機会がありましたが、院展はそういう事もないし、日本画に興味が出てきたのもこの十年くらいという事もあり、院展を観にいくのは初めてでした。

少し前に田渕俊夫氏の作品を観て、とても気に入ったのでその後院展のホームページを確認しました。(田渕氏は院展の現理事長です)
院展のホームページはとても親切な構成になっていて、会の成り立ちを知れるだけでなく作品の確認も出来るようになっています。
見ると、どの方の作品も素晴らしく本物を観てみたくなるのです。

さて、足を運んでみて「こんなに自分好みの作品が多い展覧会だとは」と驚きました。
特に人物が美しいのに感動しました。
日本画は風景や花鳥画などが好きだと思っていましたが、今回、人物を含めた現代の空間が美しい絵に魅かれたのです。

よくわからないからとりあえず有名な作品を見ておこう、と始めた美術館めぐりです。行けば楽しい時間があったり素敵な空間が広がったりしていて、自分なりの楽しみ方をするようになってきてはいましたが、最近になってやっと、現代の作家さんの作品に目がいくようになってきた気がします。

院展、もう少し追いかけてみたいと思います。
コメント

進みゆく日本画-近代を映すあまたの美-

2019年04月08日 | かんしょう
 会期の最終日の昨日のことですが、桑名市博物館で開催中の「進みゆく日本画-近代を映すあまたの美-」展を観てきました。

 桑名市博物館は決して広くはありませんが、展覧会ごとに館の所蔵品を工夫して紹介しており、とても頑張りを感じます。
 今回は日本画がテーマの展覧会です。桑名市がどういうものを持っているのかは知りませんでしたが、とりあえず伊藤小坡の作品が観れるようだったので行こうと思い立ちました。
 入場して5点目、鮮やかな版画が目に入ったので作者名を確認すると月岡芳年でした。
 ちょうど昨日まで名古屋市博物館では「国芳から芳年へ」展を開催しており、奇怪な日本画として月岡芳年も紹介されていました。
 そちらの展覧会は観に行っていませんが、国芳の「芳」の字を継ぐ一派の作品が紹介されているとのことで気になっていたのです。伊勢暴動を描いた浮世絵は当時の様子を伝えるにとどまらず動きもあって、さすが国芳に師事したものという感じです。
 自分の勉強不足のせいもあり知らない画家もたくさんいましたが、逆にビッグネームの近代日本画家の作品も何点か出ています。川合玉堂、横山大観などの掛け軸は派手さはないものの彼らの作風が伝わる作品でした。
 そんな中で気になったのは鈴木大麻という画家でした。
 入場してすぐの左手に「松竹群鶴図屏風」という作品があったのですが、鶴の様子が美しいだけでなく、目のあたりなどがとてもリアルです。観すすめて行くと額装や短冊の作品もあり、どれもしっとりとした質感のある美しい作品でした。
 明治に生まれ昭和50年までご存命だった桑名市出身の画家ということですが、経歴として若い頃に前田青邨に師事し、その後小茂田青樹に学んでいます。(以前は知らなかった小茂田青樹も今ならわかる…
小茂田青樹の「虫魚画巻」はとても繊細で美しかった)

 近くにこんな絵を描く人がいたことを知れて良かったです。
コメント

エロール・ル・カイン展

2019年03月27日 | かんしょう
 先週、パラミタミュージアムで開催しているエロール・ル・カイン展を観に行きました。
 
 名前を聞いて「ん?私はこの名前知ってるぞ。絵本作家だから?でもどんなお話か思い当たらない…」と、頭をぐるぐるさせていたのですが、リーフレット見て気づきました。「あ、この人、昔のイラスト雑誌でビアズリーと一緒に紹介されてた人だ」と。





 オーブリー・ビアズリー(←クリックでウィキペディア見れます)の絵はとても有名なので、イラストに興味のない人でも一度は見たことがあると思います。とてもエキゾチックな白黒のペン画で、一度見たら忘れられない強烈な個性を持っています。特に「サロメ」が有名かな。
 エロール・ル・カインは時代としてはビアズリーと同じ時代を生きている(二人ともイギリス人)けれど、別に模倣とかいうのではありません。ビアズリーっぽいと感じる作風は一部だけ、特に挿絵が白黒の「キューピットとプシケ」に見て取れるけれど、決して同じではありません。等身が細長いシルエットなので似た印象を受けるけれど、よく見るとかなり違います。
 シンガポールに生まれインドで幼少期を過ごしたため、カインの装飾はとてもアジアチックです。そして幻想的で、書き込みが緻密で、色彩が豊かです。ビアズリーも東洋的な表現があるけれど、ウィリアム・モリスっぽい気がするんですよね。
 何より、ビアズリーの絵には悪が潜んでいそうな気がするけれど、カインの絵には愛が潜んでいるような気がします。愛らしく、温かさがある。そこが決定的に違う。

 絵本として何気なく見ていたら見過ごしそうだけれど、原画を見るとその細かさには感嘆の声を上げずにはいられません。イメージの豊かさは尽きることがなかったのかと思わされます。
 先に行ったワダちゃんにオススメされて腰を上げたけど、観に行って本当に良かったです。

 豊かな描写はそのままに、画風は少しずつ変化しています。それぞれの画風がそれぞれに良いです。
 が、47歳という若さで亡くなっておられるんですよね。ビアズリーなんて25歳で亡くなってるし、二人とも早すぎますよ。もったいない。。。


 おまけで。
 パラミタの常設展示室で、中山保夫展を開催していました。
 この方、前回=平成の大嘗祭(大嘗祭は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭のことで一生に一度しかない儀式)で宮内省御用達の食器を作った方なんだとか。
 どおりで!洗練された美しい食器が並んでました。
 あぁ、平成が終わるなぁ。。。
コメント