TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




昨日の新聞各紙で会計検査院が最高裁判所の「裁判員制度に係わる広報業務の実施状況について」という報告をもとめて、国会と内閣に提出したと報じられている。このニュースを見て、国会質問の当事者である私は、最高裁の経理と契約の実態について、検査員が調査しその問題点を報告したということがわかるが、多くの人は総額27億円にのぼった裁判員制度広報費の使い道について、会計検査院の定期検査で判明したかのような印象を与えるが、今年の衆議院厚生労働委員会で連続5回の追及で次々と明らかになった会計法違反のずさん経理の実態が報道されたことは、本ブログの読者の皆さんならよく御存知の通りだ。

最高裁、裁判員広報で不適切会計・検査院が指摘
 裁判員制度の広報業務をめぐり、最高裁が2005―06年度の2年間に、企画競争方式の随意契約を結んだ14件(契約金額計約21億5900万円)すべてで、事業開始後に契約書を作成するなどの不適切な会計処理をしていたことが19日、会計検査院の検査で分かった。

 このうち10件は契約書の日付を実際よりさかのぼって記載。残り4件は今年2月、衆院予算委員会で「さかのぼり契約」が指摘されるまで契約書自体が作成されていなかったことが判明した。

 同時期に法務省が実施した広報業務でも、予定価格が業者の提示額と同じ契約が5件、電話だけで業者に参加を打診し、庁舎掲示板やホームページで公示しなかったケースが3件あった。
(日本経済新聞)

最高裁の裁判員制度広報などで不適切契約37件…検査院

 最高裁が裁判員制度の広報活動を本格化させた2005、06の両年度、同制度の広報業務などについて、契約書を作成せずに発注するなど、不適切な契約が37件(総額約25億2400万円)あったことが、会計検査院の調査でわかった。

 大半は、後になって日付を実際より最大約4か月さかのぼらせるなどして帳尻を合わせていたほか、11件は事業完了後に契約書を作成していた。検査院は、今後も裁判員制度広報に多額の国費が投じられることから、最高裁に会計処理を是正するよう求めた。

 検査院は、最高裁が両年度に発注した100万円以上の契約状況(工事を除く)を調べた。その結果、裁判員制度広報に関しては、広告会社「電通」に発注した05年度の「裁判員制度全国フォーラム」(約3億4100万円)で、実際には05年末から06年初めに契約したにもかかわらず、契約書の日付を05年9月30日と記載。印刷会社に発注したパンフレット作成(約174万円)でも、契約日を実際より約4か月前に偽るなど、16件(計約21億6500万円)の契約で不適切な経理処理をした。

 このほかの業務でも、21件(計約3億5900万円)で同様の処理をしていた。

 同様の不適切な経理処理は、小泉内閣時代に行われたタウンミーティングを巡っても既に判明し、検査院が内閣府に法令順守の徹底を求めている。

 最高裁広報課の話「契約をチェックする担当者は契約書の日付が事実と異なるのを知っていたが、裁判員制度広報という重要な施策実行のため、是正できなかった。担当者を増員し、無理のないスケジュールを立てるように徹底した」
(読売新聞)

予算委員会での調査要求に対して、最高裁は「不適正経理は14件」と答えてきたが、実は37件にのぼっていたことが判明したわけだ。しかも、「建設」などの営繕部門は除いての話だ。裁判員制度の実施を前にして、全国の裁判所の改築・改装工事が行われている。国会審議の準備で聞いてみると、裁判員制度で使用するテープルがひとつ150万円だそうだ。はたして、評議のためと言いながらそんなに高価なテープルが必要だろうか。

今日は時間がないので詳しく書けないが、会計検査院の報告「裁判員制度に係わる広報業務の実施状況について」はPDFファイルでネットに公開されている。なぜ、37件25億2400万円もの契約が「違法」「不適正」に最高裁経理局の中で通用していたのだろうか。ひとつやふたつ間違えたという話ではないところが、後味が悪い。読者の皆さんで興味のある方は、ぜひ精読されて問題点を指摘してほしい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« 『保坂展人の... 社民党大会終... »
 
UFOネタで記者会見・・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
アマゾネスで、人生アウト内閣総理大臣の下、防衛大臣に任命されて、日頃の活動の評価をされてうれしい気持ちになりつつも・・・お玉は「護憲専門ブログ」だったはずがいつの間にそ...
 
 
 
制度推進のために死刑反対派に? (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 国連総会が今月18日に死刑執行の停止を求める決議を、賛成104・反対54・棄権29という圧倒的多数で可決しました。これに関して、毎日新聞が昨日、社説とコラム記事を掲載しました。毎日新聞上記記事はどち...
 
 
 
お上には問題満載 (はんぷてぃ・だんぷてぃ)
天気:晴れ 雪はまだかのぅ さて、最近のお上はとんでもじゃな。 いやはや、やっと
 
 
 
「怒りの声を岩国市に届けました」岩国助成金停止怒りの寄付運動、第1回送金を実施~全国の議員も支援へ (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))
 国が米軍艦載機を受け入れようとしない岩国市に対し、市庁舎建設助成金35億円の支払を突然、中止したという暴挙に対する350円1000万人寄付運動( ※1)へのご協力ありがとうございます。おかげさまで12月18日までに入金が確認できた44万9313円につ...
 
 
 
肝炎訴訟の和解交渉決裂に思うこと (とむ丸の夢)
薬害肝炎訴訟の和解協議の決裂は、ニュースを見ていた私たちの方も切なかったですね。 それにしても「『この案でなければ受け入れられない』と言うのは、司法の立場をどういうふうにお考えなのか。ただ、簡単に駄目というだけ
 
 
 
NHK番組紹介など・・・諸々 (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 まずは、来週29日土曜日21時~21時50分まで、NHKで「ザ・判決」という番組が放映されます。ドラマ仕立ての番組のようですが、解説を裁判員制度積極宣伝派の四宮啓氏がされるそうです。徹底的に中身は批判したい〓..
 
 
 
政治とカネの問題 ― 公明党と支持母体との不可解な関係 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
せっかく、国会会期末が再延長され、越年国会となったわけですから、政治とカネの問題を、野党にはさらに厳しく徹底的に追及してもらいたいものです。いままで、この問題で野党のターゲットとされてきたのは、なぜか自民党議員だ
 
 
 
精神的貧困と経済的貧困 (政治)
精神的貧困がこんなにも経済的貧困を加速させるとは思わなかった。 精神的貧困者は幾ら力を持っても余裕が無く弱い者を助けない。 助けないどころか、よりたたく。 そして、経済的貧困は又精神的貧困を覆い隠す。 そして、裕福な精神的貧困者は又誤解する。 地位や財を持...
 
 
 
防衛省のコスト削減努力 (とむ丸の夢)
数日前のNHKニュースで、無駄遣いを指摘されている防衛省が、コストの削減努力を促進す るため具体的な数値目標を設けて、今後5年間で15%の削減を目指すことになったと伝えられました。毎年そ の削減実績を点検し、公表し
 
 
 
SM-3による弾道ミサイル迎撃実験が偽装成功であったことの大図解~ノドンには役立たない! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))
 自衛隊が成功したと言いふらしているスタンダードミサイルSM-3の弾道ミサイル撃墜実験について、完全な偽装だということがよく分かる図解をつくったので、ちょっと見て下さい。こんな素人でも分かる偽装「成功」で、1兆円を税金から充てようとしているのかと思うと...