事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「名探偵ピカチュウ」Pokémon Detective Pikachu (2019 東宝=WB)

2019-05-16 | アニメ・コミック・ゲーム

Carry On (from the Original Motion Picture "POKÉMON Detective Pikachu") (Official Video)

おっとぉ、いきなりミュウツーか。ラボから逃げ出した破壊神は空を飛び、高速で走行するクルマを……おお、夜空に輝くミュウツーの軌跡は、まるで平成ガメラのよう。わくわくする。

ゲームのポケットモンスターは、やりましたよわたしも。ゲームボーイで初代の赤・緑の時代。モノクロの小さな画面にいいオトナが熱中。

やがてテレ東でアニメ化(エンディングテーマが江崎とし子さんだった凄み)、派生した東宝の映画化作品も大ヒット。子連れで何度も見に行きました。きちんとしたオチも用意してあって、オトナもちゃんと楽しめるようになってた。そしてPokemon GOでふたたび人気が爆発。かくしてハリウッドで実写映画化という運びだろうか。

ただ、オリジナルのようにモンスターを収集したり、バトルをセットする設定だったら、はたして映画館まで出かけたろうか。それがなんとミステリというジャンルで勝負をかけてきたのはうれしかった。
ピカチュウが鹿撃ち帽(シャーロックハット)をかぶっている絵だけでご飯三杯はいただけます。主人公が熱血少年ではなくて、厭世的な保険査定員という設定なのもいい。

そして、人間とポケモンが共生するライムシティの映像がすばらしい。CGの進歩はここまで来たのか。とか冷静ぶって語ってますが、とにかくピカチュウがめちゃめちゃにかわいいのだ!

ライアン・レイノルズ(吹替版は西島秀俊)のオッサン声でありながら(そうでなけばならなかったのだが)、ふわふわの毛並み、つぶらな瞳で主人公にまとわりつく。うううかわいい。

予想以上にオトナ向けの作品(なんとビル・ナイが共演している!)。ただ、お子さんを連れて行くのはリスク高いですよ。絶対に帰りにピカチュウのぬいぐるみを買わされますから。

それからこちらもエンディングに流れるCarry Onという曲が素敵。そのあとに流れるEXILE系が邪魔。実はあるアニメ作品にストーリーはそっくりなんだけど、それはまあいいじゃん。

コメント   この記事についてブログを書く
« 沖縄スパイ戦史 その2 | トップ | 青山文平でいこうPART10 跳ぶ男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ・コミック・ゲーム」カテゴリの最新記事