football smile

the days turn into months and years

J1 鹿島 vs 浦和(TBS)

2016-11-29 | J1

Jリーグ チャンピオンシップ 決勝第1戦
2016年11月29日(火)19:30キックオフ
カシマサッカースタジアム(TBS)
鹿島アントラーズ 0 - 1 浦和レッズ

       興梠

     武藤   李

宇賀神  阿部  柏木  駒井

   槙野  遠藤  森脇

       西川 

TVでもライブでもそうだけど、やたらと時間が早く過ぎる試合がある。もうこんな時間なのか!みたいな。スピーディな展開に意識が集中しているからだろう。今日の試合はまさにそんな感じで、出足から両チームが飛ばしていた。久しぶりの公式戦となる浦和も準備万端であることが伺える。球離れが早くてキレがある。白いユニフォームの浦和の動きに対して、赤いユニフォームの鹿島の動きがズレる。そういう様がよくわかる。 しかしどちらもゴールのないまま前半終了。

後半開始から今度は鹿島が攻める。浦和は守る。さすがに今日は浦和の3バックが攻め上がるようなことはない。西川君はいつものように冷静なセーブを見せる。阿部ちゃんがファールを犯してでも止める。とにかく守る。そして、興梠が得たPKを阿部ちゃんが決める。ど真ん中に決める。それは1点以上の重みを持たせるかのような、粋なパフォーマンスであった。痺れるねえ。

アウェー・ゴールを奪って俄然優位に立った浦和だが、ここで守りを堅めるようなことはしない。まだまだ攻める。徹底的に叩く。相手の息の根を止めるまで攻める。駒井に代えて関根を投入する。サイドの動きを止めないことが、浦和の生命線である。さらに青木を投入して柏木君を前へ上げる。仕上げにズラタンを送り出す。リードした浦和が、先手を打つような選手交代だ。ミシャ監督の采配もキレがある。こうして時間を刻一刻と進める。試合終了まで進める。

大きなアドバンテージを持って、浦和はホームへ帰って来る。まだまだ何も得ていない。絶対守りに入らないこと。ただひたすらゴールを狙え!10年ぶりのリーグ制覇へ、徹底的に鹿島を叩きのめせ!浦和の強さを見せつけてやれ!

コメント

J2 松本 vs 岡山(SKY)

2016-11-27 | J2

J1昇格プレーオフ 準決勝
2016年11月27日(日)15:30キックオフ
松本平広域公園総合球技場(SKY)
松本山雅FC 1 - 2 ファジアーノ岡山

今年もまたこのシーズンがやって来た。客観視しているサッカーファンにとって、これほど面白い試合はない。しかし当事者である両チームのサポーターにとって、これほどしんどい試合はない。ゴールが決まる度に一喜一憂を繰り返す。本当に気の毒になるくらいの緊張感が続く。レギュレーションで優位に立っている松本は、引分でも決勝進出が決まる。しかしこれが非常に厄介である。

岡山の先制点が決まった段階で、松本は迷いを振り切ることができたと思う。とにかく1点取らなければならない。そして松本は望み通り同点に追いつくことができた。しかしこれで松本が優位に立てたかといえば、そうでもなかったような気がする。当然のように守りに入ってしまった松本に対して、岡山は開き直って攻め続けた。精神的に追い詰められたのは、むしろ松本の方だった。アディショナルタイムを耐えきれずに万事休す。

決勝ゴールのアシストの前のパスを冷静にキックしたのは、岡山の背番号10を背負った矢島慎也だった。あと一試合、大仕事をやってのけるか?悔いが残らないように、精一杯頑張って欲しい。来シーズン、浦和で待ってるからね。

コメント

AXIS vs ZOO(府中の森)

2016-11-26 | axis

全日本設計事務所リーグ16-17シーズン第2節
2016年11月26日(土)9:00キックオフ
府中の森グランド
AXIS 1 - 0 ZOO


開幕戦からずいぶん間が空きましたが、ようやく今シーズン2戦目です。そして久しぶりの府中の森です。このグランド、個人的にはとても相性が良くて好きです。朝一の試合ということで、ピッチ状態はあまり良くありませんでしたが。

これまた久しぶりに左サイドをやりました。DFではなく、いつもよりひとつ前のMFです。このポジションはスプリントの回数が多く、かつ休んでる暇がないため、途中で息が上がってしまいました。後ろのタケのバックアップを受けながら、アップアップのプレーでした。年齢を考えると仕方がない部分もありますが、少しスピードを上げて走る練習が必要かも知れません。

今日の試合でまた新しい選手がデビューしました。チームの雰囲気に合う合わないというのは、一緒にプレーをして見ないとわかりません。まだ20代ということなので、高齢化AXISには必要な選手であることは間違いありません。長くプレーしてくれるといいなあと思います。

コメント

A DAY IN THE LIFE

2016-11-25 | music

ERIC BENET
25 FEB 1999
iTunes
http://www.ericbenet.net


280円で購入したCRAIG DAVIDがものすごく良かったので、またまた280円で今度はERIC BENETを購入する。この人も1stアルバムを聴いたきり、すっかりその存在を忘れていた。自分の中でR&Bブームは長続きしないということだろう。ただ久しぶりに聴いてみると、これが良いんだよね。秋の夜長にはR&Bがピッタリである。気分的にもピッタリである。

あまりに王道な「Georgy Porgy」や「Spend My Life With You」をじっくり堪能する。そして捻りの効いた「Lamentation」や「Dust In the Wind」に唸る。聴きどころ満載で、全体的にバランスのとれた良いアルバムだと思う。CRAIG DAVIDよりもメローな雰囲気を欲している向きには、絶対オススメである。

コメント

#213

2016-11-24 | photo



今日は寒かった。朝は雪が降ってたし。工事はできないので現場へは行かず、事務所にこもって会議やら書類チェックやらで一日が終わる。さあ帰ろう。我が家は遠い。

コメント

J1 川崎 vs 鹿島(NHK)

2016-11-23 | J1

Jリーグ チャンピオンシップ 準決勝
2016年11月23日(水)14:00キックオフ
等々力陸上競技場(NHK)
川崎フロンターレ 0 - 1 鹿島アントラーズ

昨年のチャンピオンシップは散々だったなあ。ガンバにあの負け方はないよなあ。そんなことを思い出しながら、今年は余裕で決勝の相手を見定める。心情的には川崎を応援したいところだが、対戦相手となると鹿島の方がやりやすいかも知れない。というわけで、結局どちらも応援しない。それにしても川崎は若い選手が多い。選手層の薄さは、シーズン終盤にじわじわとチームを苦しめる。予想以上に出番が早まった憲剛だったが、やはり等々力には彼が立たねばなるまい。

年間順位3位の鹿島が先制したことで、試合は俄然面白くなった。川崎は1点追い着けば良い。鹿島は1点を守るのか?それとも2点目を取りに行くのか? 選手交代はどうする?監督の決断はどうだ?両チーム複雑な心理交差の中、時間が刻々と進む。残り15、分いよいよ勝負の時間帯へ突入すると、川崎は森本を投入する。一方の鹿島はがっちり守備を固めた。そして最後の最後で見えたのは、やはり鹿島の勝負強さであったように思う。

さあ、いよいよ決勝だ。

コメント

KSD81

2016-11-22 | design

正しいことが正しいこととして認められないこともある。それでも正しいことをするしかない。というわけで、上層部のごたごたを横目に、現場は着実に進捗しています。ブレースを新設するために、天井を剥いだり、壁を剥いだり、基礎を作ったり、狭い作業場は大忙しです。そんな中、今回の改修工事で大活躍しているのが、工場側の設備担当者のAさんです。部屋中に張り巡らされた配管や配線の類は、ほとんどこの人が主導で退去してくれました。荷物の移動指示や生産ラインの担当者との調整なんかも段取ってくれます。ここで働く皆さんもAさんの言うことは聞くという、なんだか埼玉工場の主みたいな方です。最初にお会いした時は怖い人だなあと思いましたが、実はとても優しい良い人でした。定例会議にも出席して、とても熱心に協力していただいてます。改修工事を進めるには、発注者、特にAさんのような現場をよく知っている人の協力が不可欠です。我々にとっては、非常に強力な味方です。

コメント

toto889

2016-11-18 | toto

J2クライマックス!

A組シングル

1  札幌×金沢  1
2  水戸×山口  2
3  松本×横浜C 1
4  岐阜×東京V 1
5  徳島×清水  2 

B組シングル

1  山形×北九州 1
2 C大阪×熊本  1
3  岡山×群馬  1
4  愛媛×町田  2
5  長崎×京都  2

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 4勝69敗 +¥3257−¥7300=−¥4043

コメント

TGS4

2016-11-17 | design

杭工事が始まりました。しかしまあ、なんちゅう光景だろうね。まさかこんなところで工事監理を経験できるなんて、思いもしませんでした。天城峠の手前だとか、富士山の裾野だとか、桜島をのぞむ鹿児島だとか、今までもバラエティに富んだ現場を見てきましたが、ここはまた別格です。石油コンビナートという敷地なので、当然ながら様々なローカル・ルールが存在します。安全管理については、通常の現場とは比較にならないほど厳しいものがあります。例えば、構内ではヘルメットの他にゴーグルと皮手袋の装着も義務づけられています。作業服の時はネクタイ禁止です。また入構1年未満の者は、ヘルメットに初心者マークを貼らなくてはなりません。1年間の現場経験を経て、初めて一人前というわけです。それから、現場と事務所が離れているため、移動には専ら自転車が使われています。まだまだ新入りの私は、今のところ徒歩移動ですが、いずれは自転車を乗り回せるようになりたいと企んでいます。

コメント

真岡34

2016-11-16 | design
工場内のブレース交換があらかた完了したところで、今度は下屋の補強工事に移行しています。こちらはブレースを取り付けると操業に影響が出るということで、方杖による補強が採用されました。これなら人の行き来や、荷物の出し入れも問題ありません。適材適所。なるほど、いろいろやりようがあるものです。構造のヤマグチさんの指示に従って、厄介な溶接作業が進んでいました。しかしまあ、その重量感はハンパありませんね。そりゃあ、柱に補強が必要になるわと思いました。軒樋に干渉するとか、配線が邪魔になるとか、もちろん一筋縄では行きませんが、現場代理人が辛抱強く調整してくれています。工場の方々の協力もあって、工程通りに進捗しています。
コメント