football smile

the days turn into months and years

J1F東京vsC大阪(国立)

2006-08-31 | J1
Jリーグ・ディビジョン1 第21節
2006年8月30日(水)19:00キックオフ
国立競技場
FC東京 2-3 セレッソ大阪

今まで数え切れないくらい多くの試合を観戦してきたけれど、たったひとりの選手を見るためにスタジアムへ足を運んだのは初めてだ。10位のFC東京と18位のセレッソ大阪の試合なんて、正直言ってどうでもいいやって感じ。どちらも調子が上がらないチーム同士では、ゲーム内容にも期待できそうにない。いくら交通の便利な国立競技場だからといって、わざわざ2千円払って観戦する気にはならなかった。ネットニュースでこの一文を見つけるまでは。

「セレッソ大阪名波がFC東京戦で移籍後初先発!」

あくまで左足にこだわるそのプレースタイルは、職人肌というか芸術肌というか、サッカー選手には不似合いな繊細さを感じる。スピードに趣を置く現代サッカーにあっては、確かに時代遅れなのかも知れないが、久しぶりに見るとやはりかっこいい。さすがに運動量は減っているし、体の切れも全盛期とは比べるすべもない。しかし、ゲームを創るという彼本来の能力は、一向に衰えているようには見えない。あの独特のリズムとタイミングのパスは、遠く国立競技場のバックスタンドからでもすぐにわかる。

前半からセレッソがボールを支配している。東京はスピードを活かしたカウンター狙いだからこうなるのもわかる。こう言っては失礼だが、強くないチームというのは形が明確ではないと思う。攻めはこう、守りはこう、といった形が示せないので、何だかズルズルと試合が流れてしまう。どちらのチームも別に応援していないので、客観的に眺めていたのだが、どうもセレッソの方が気持ちが入っているように見える。名波が言う「勝者のメンタル」というのが、少し見え隠れしているようだ。

後半25分に名波がベンチへ退く。この時スコアは、2-1でセレッソが1点リード。当初は名波が引っ込んだら帰ろうと思っていたが、気が変わった。名波がここまで創り上げたゲームを壊すんじゃねえぞ!がんばるんだ!というわけで、最後までセレッソを応援することにする。名波がいなくなった途端に、今度は東京の怒涛の攻撃が始まる。防戦一方のセレッソ。しかしそれでも西沢が追加点を決める。ロスタイムに1点返されたものの、何とか逃げ切った。おおっ、やればできるじゃないか。

名波は確実にチームを変え初めているようだ。改めて名波のすごさを再認識することができた試合だった。やはり彼のプレーは大好きだ。少しでも長くプレーを続けてほしいと願うばかりだ。最後に、西沢明訓のコメント。

「すごいよねぇ~、あの人は(名波)。やっていて楽しいです。パスが出てくると思うから走れるし、運動量も上がる。」

コメント

ま、若い子は

2006-08-30 | smile
昨晩帰宅して「結婚できない男」を見る。「ま、若い子は素直でかわいいですよ」。・・・・・・。だんだん笑えなくなってきた。そろそろ見るのが辛くなりそうだ。
コメント

toto238

2006-08-29 | toto
最近当選から遠ざかっているが。

A組ダブル。

1  鹿島×名古屋 12
2  大宮×福岡  1
3 横浜M×甲府  1
4  清水×京都  1
5 G大阪×新潟  1


いつも通り200円の勝負。

【今シーズンの成績】
6勝56敗 +¥10,401-¥13,000=-¥2,599
コメント   トラックバック (4)

Lullaby Supermarket

2006-08-28 | book
奈良美智

角川書店

先日、A to Z cafe へ行ったこともあって、久しぶりに作品集を開いて見ました。原美術館で奈良美智展を見た帰り、品川駅へ向かうあの下り坂で、このブログのタイトルが決定したのでした。あれから2年かあ。

コメント (2)

鳴門の巨匠、表参道を斬る

2006-08-27 | smile
N君の結婚式のため、鳴門の巨匠が上京していた。もちろん巨匠なので、接待をさせていただく。はい、わかりました。今回は表参道ですね。では11時にヒルズへ出向きます。しかし、どうやら巨匠は早朝から来ていたらしい。お言葉ですが巨匠、都会の店舗は11時開店ですから。

オープン間もない頃に比べて、ヒルズも随分と人は減っているようだ。だってスロープの床が見えるもの。上から下まで、ああでもないこうでもないとヒルズ斬り。その後、Dior やら TOD’S やらをバッサバッサと斬り倒す巨匠。オープンカフェで一休みしているとMr.Dが登場。その後さらにPRADAを斬る。「こんなものは参考にならん!」 まったくおっしゃるとおりです巨匠。これらはあくまで特殊解であります。きっと巨匠ならもっとすごいものができますよ。ぜひ鳴門にもオシャレなビルを建ててください。

昨日まで重い料理が続いていたので、南青山のA to Z cafe でランチにする。そこで巨匠は事務所開設の夢を熱弁!相談役にD氏、経営コンサルにxjr400氏を召集しよう。さて事務所名はどうしようか?かっこいい名前がいいな。夢はふくらむばかりである。そして、愛妻へ奈良美智デザインのTシャツを購入して帰路についたのであった。

鳴門の巨匠、お疲れ様でした。今度はご家族でいらしてください。埼玉スタジアムでレッズ戦なんていうのもいいですよ。ああ、でもその前に徳島ヴォルティスの弱さを何とかしてくださいね。

この週末は、友人達とたくさん話をした。それは、結婚の話だったり、子供の話だったり、仕事の話だったり、学生時代の話だったり、建築の話だったり、デザインの話だったり、サッカーの話だったり。そしてひとつわかったことがあった。それは、鳴門の巨匠が言ったひとことにつきる。「努力は報われるんだよ」。そう、何事においても自分には努力が足りないのだ。絶対的に。友人達は、いつも本当にいろいろなことを教えてくれる。感謝しなければならない。
コメント (2)

TRUE LOVE

2006-08-26 | smile
振り返ると いつも君が笑ってくれた
風のようにそっと
まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ
涙に変わってく


最後の最後に、彼はギターを手にして「TRUE LOVE」を唄った。妻となる彼女のために。それまで騒がしかった会場の誰もが、その歌を静かに聴いていた。その3分余りに、7年間の想いが凝縮されているようだった。とてもかっこよかった。こういう男になりたいなあと思った。

改めて「結婚できない男」より心からお祝い申し上げます。
結婚おめでとう!
コメント

toto237

2006-08-24 | toto
今週末は忙しくなりそうなので早めに予想。

A組ダブル。

1  大宮×川崎  1
2  新潟×大分  2
3  清水×F東京 12
4 C大阪×浦和  2
5  福岡×千葉  2


B組ダブル。

1  鹿島×広島  1
2  甲府×磐田  2
3  京都×横浜M 2
4 名古屋×G大阪 12
5  山形×仙台  2

いつも通り400円の勝負。

【今シーズンの成績】
6勝54敗 +¥10,401-¥12,600=-¥2,199
コメント   トラックバック (3)

toto236

2006-08-23 | toto
荒れてますねえ、最近。それでも普通に予想。

A組ダブル。

1  浦和×新潟  1
2  川崎×名古屋 1

3  磐田×千葉  02
4  京都×C大阪 2
5 G大阪×広島  1

B組ダブル。

1 F東京×福岡  1
2 横浜M×大宮  1
3  甲府×鹿島  2
4  大分×清水  12
5  草津×徳島  1

いつも通り400円の勝負。

【今シーズンの成績】
6勝52敗 +¥10,401-¥12,200=-¥1,799
コメント

改修マニアは犬嫌い

2006-08-22 | smile
小学校から芸大キャンパスへと変貌を遂げた建築というのは、自称改修マニアにとって非常に興味深いものである。というわけで、朝から北千住のリエゾンセンター完成見学会へ。集合時間30分前に到着すると、カメラマンのエビハラさんが竣工写真を撮影していた。「くさい写真の残暑見舞いありがとうございました(笑)机に飾ってありますよ」。などと立話をする。「この建物はすごくおもしろいですねえ」。その言葉通り、体育館が演劇スタジオになっていたりして、すごくおもしろい建物だ。周辺環境とのギャップがまたいい感じ。事務所の同僚達も沢山来ていて、その注目度の高さがうかがえる。みんなでワイワイと言いたいことを言うのもまた楽しい。当然ながら、人それぞれ見るポイントが違うのもおもしろい。

そのまま打合せに行って帰宅。最近のお楽しみ「結婚できない男」を見る。おおっ、ピンセットで模型作ってるよ。それは、まぎれもなく自分の姿であった。そしてもちろん、私も犬が嫌いだったりする。
コメント

CRISPY PARK

2006-08-21 | music
EVERY LITTLE THING
AVCD-17988/B
9 AUG 2006
http://www.avexnet.or.jp/elt/index2.html

先週末、実家に帰ったら「結婚できない男」の話になった。親もこのドラマを見ていたのだ。「まるでうちの息子を見ているようだ」と言われるまでもなく、自分でもまったくそのとおりだと思う今日この頃である。

そのドラマの主題歌「スイミー」を収録したアルバムが出ていたので早速購入。せっかくだからと初回限定版を買ってしまうあたりが、もういかにも結婚できない男である。アルバムの中では、「きみの て」という曲がいちばんお気に入り。
コメント (4)   トラックバック (1)