football smile

the days turn into months and years

UR5

2007-04-30 | smile
昨日久しぶりにボス(妹夫婦が飼っているチワワ)に会った。彼は、ブヒッブヒッブヒッ!と大騒ぎ。ねえねえこの子、何か間違えてない?ブタになってるよ。ブヒッブヒッブヒッ!ああ、チワワって興奮するとこんな声出すんだって。獣医さんも言ってたよ。ブヒッブヒッブヒッ!へえ、そうなの。ブヒッブヒッブヒッ!人の手やら顔やらをベロベロとなめている。もうすっかり覚えられてしまったのだ。ずいぶん大きくなったなあ。ウチへ泊まりに来た頃はかわいかったのになあ。まさかブタになってしまうとは。ブヒッブヒッブヒッ!あれ、何かスッキリしたみたい。そうだよ。トリミングしてきたばっかりだよ。ああ、どうりで。この桃尻カットが流行ってるんだって。へえ、桃尻カットねえ。その桃尻カットを見て突然思い立った。そうだ!髪を切ろう!

というわけで、いつものようにURへ。フジイさん!バッサリやってください。この”バッサリ”という言葉のニュアンスが完璧に伝わるところは、さすがに10年来のつきあいである。だいぶ伸ばしたけど、そろそろ飽きてきたので、気分が変わるくらい短くしたい。というところまでこの”バッサリ”一言で理解してくれる。今年の夏は、もっと短くしてみようかなあ。ああ、そうすると根本的にスタイルを変えないとね。ツンツン立てるみたいな?そう、もっとこうハードなイメージになるよね。なるほどね。自分にはそういうイメージは微塵もない。やはり、その人が持っているイメージというのは大切にした方が良い。ということを言いたかったのかもしれない。まあ、夏までいろいろ考えることにしよう。

いやあ、しかし髪を洗うのが楽になった。
コメント

WILD WOOD

2007-04-29 | music
PAUL WELLER
6 SEP 1993
UICY6711
http://www.paulweller.com/index.php

天気の良い休日の朝、洗濯をしながら何を聴けばよいか?そりゃあROCKだろう。それも最高にCOOLなヤツ。となると、やっぱPAUL WELLERということになる。THE JAMやTHE STYLE COUNCILもいいけど、ソロが一番好き。その昔、赤坂BLITZのライブに行ったくらい好き。かっこいいよね。
コメント

L1浦和vs新潟(埼玉)

2007-04-28 | nadeshiko
なでしこリーグ・ディビジョン1 開幕戦
2007年4月28日(土)12:00キックオフ
埼玉スタジアム2002
浦和レッズレディース 4-1 アルビレックス新潟レディース

とても楽しみにしていたなでしこリーグがようやく始まる。W杯予選やら五輪予選やら代表の試合が続いていたが、やはり男子も女子もクラブの試合が一番面白い。開幕戦というのは、本当にわくわくするものだ。特に今シーズンは即レギュラークラスの4選手が新加入した。ポジションはどうなるのか?システムはどうするのか?その答えが今日示されるわけだ。というわけで、先週は来ることができなかった埼玉スタジアムへ。初戦の相手は、今シーズンディヴィジョン1へ昇格してきたアルビレックス新潟レディース。

注目のポジションは、田代、矢野のセンターバックに両サイドは西口、土橋。中盤は、庭田を底に置いたダイヤモンド。左に法師人、右が高橋、トップ下に柳田。そして、北本、安藤のツートップ。おお、こうきたか。背番号13の庭田は、ちょうど啓太と同じ守備の仕事に徹している。おかげで他の3人に安藤を加えた4人がかなり自由に中盤を動き回る。これは昨シーズンまでとはちょっと異なる形。これで安藤も柳田も攻撃に比重を置ける。先制点はなんと新加入の矢野。その後も果敢に攻め続けると、30分過ぎに安藤が続けざまに2得点。特に2点目の下がりながらのヘディングシュートは圧巻。この人の技術水準は本当に高い。間違いなくピッチ上の22人で一番だと思う。

後半、浦和は土橋に代えて窪田を投入。安藤をトップ下へ、高橋を右サイドへそれぞれひとつづつポジションを下げるという、何ともポリバレントな(笑)選手交代を見せる。しかし、これで微妙にバランスが崩れたか?新潟ペースへとゲームが流れていくと、見事な速攻を喰らって1点返される。すると今度は動きの落ちた法師人に代えて保坂が登場。さらに西口に代えて岩倉を左サイドへ入れると、浦和のバランスが戻ってきた。まあ、このまま終わるわけにはいかないだろうと思っていたら、素晴らしい展開から保坂のクロスに北本が合わせた。そう、これで良いのだ。終わってみれば、代表組3人が決めて4得点。すばらしい。

選手交代やポジションチェンジを見ればわかるとおり、今年は選手層の厚さが目に付いた。今までは、試合途中に立て直すなんてことは困難極まりなかったわけだが、これだけのメンバーが揃っていれば、何でもできそうな気がする。う~ん、ベレーザとの対戦が楽しみだ。

ちなみに、この試合で一番気になったのは、新加入の庭田亜樹子。もしかしたら、こういう選手が浦和には足りなかったのかもしれない。というにはまだ早いかもしれないけど、絵に描いたようなボランチとしての仕事ぶりに今後も注目していきたい。
コメント

toto273

2007-04-27 | toto
なんと開幕20連敗中。はやく初勝利がほしいので、どちらもガチガチの予想。B組は浦和次第のような気がする。最近の傾向から嫌な予感が頭をちらつく。とりあえず明日は埼玉スタジアムでなでしこリーグ開幕戦を観戦予定。ついでに来週の千葉戦のチケットを購入予定。

A組ダブル。

1 横浜C×清水  2
2   柏×名古屋 12
3  神戸×F東京 0

4  新潟×横浜M 1
5  磐田×広島  1

B組ダブル。

1  大分×G大阪 2
2  大宮×甲府  12

3  川崎×千葉  1
4  鹿島×浦和  2
5  仙台×水戸  1


いつも通り400円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝20敗 +¥0-¥4000=-¥4000
コメント   トラックバック (3)

toto272

2007-04-25 | toto
当たらねえ。どうも詰めが甘い。前回はまたも浦和にやられたし。J2で気分転換もいいかもしれない。でも、魂は上海です。

A組ダブル。

1  水戸×湘南  2
2 東京V×徳島  1
3  京都×鳥栖  1
4  愛媛×草津  1
5  福岡×C大阪 12

いつも通り200円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝19敗 +¥0-¥3800=-¥3800
コメント   トラックバック (2)

彼は天才だ!

2007-04-24 | football
「ヘディングはできない。タックルもできない。それがどうした。彼は天才だ!」

と、ストラカン監督は絶賛したとさ。リーグ制覇と年間最優秀選手とベストイレブンとベストゴール。セルティックの中村俊輔は、これら全てを手に入れてしまった。すごいね。代表が云々というよりも、こういう形で日本人プレーヤーが評価されるのはうれしい。埼スタの杮落しで、すげえブーイングしたのが懐かしい。

ちなみに、私は天才と誕生日が一緒。
コメント

かわいいヒト

2007-04-23 | smile
「かっこいいヤツ」に続いて「かわいいヒト」の話。

どうも周囲が慌ただしくなってきた。結婚の波は、ある一定の周期で訪れるようだ。すでに同年代の友人たちは波にさらわれてしまった。そして、今度は後輩たちを襲う。波にさらわれることのない私は、最近また録画してあった「結婚できない男」を見ている。昨年放送していたドラマだ。で、そのドラマのあいまに流れるCMで「かわいいヒト」を発見して喜んだりしている。とても好き。

http://www.lion.co.jp/ja/seihin/tvcm/karada/08_movie01wbb.htm
http://www.lion.co.jp/ja/seihin/tvcm/karada/12_movie01wbb.htm
コメント

君はミュラーを知っているか?

2007-04-22 | reds

シュート練習でミスを繰り返す永井に、ホルガー・オジェックはこう声をかけたそうだ。「どんなゴールでもいいんだ。きれいなシュートでも、身体のどこでもいいからとにかく触って点を取っても、1点は1点なんだ」。直後のシドニーFC戦でのゴールは、その言葉通りのものだった。

日曜出勤の帰りの電車で、月刊浦和レッズマガジンを読んだ。永井のインタビューが載っていたので。今シーズンはFWで先発出場を続けている。そして、好調を維持して結果を残している。へえ、甲府から正式オファーがあったのか。でも、甲府の永井って想像できない。やっぱ永井には浦和が似合うと思う。

なぜ、永井のレプリカを着てスタジアムへ行くのか?答えは簡単。かっこいいヤツと同じものを着れば、自分もかっこよくなったような気になれるからだよ。

コメント

toto271

2007-04-21 | toto
先週の柏に続いて今週は川崎と対戦。こりゃあ埼スタ行くしかねえだろう!と思っていたが、珍しく仕事を優先せざるを得ない状況。情けない。テレ玉録画観戦かな。FCUさん、TELします。

A組ダブル。

1 F東京×横浜C 1
2 名古屋×神戸  1
3  甲府×柏   12

4  清水×鹿島  1
5  広島×新潟  1

B組ダブル。

1  浦和×川崎  1
2  千葉×大宮  1
3 横浜M×大分  1
4 G大阪×磐田  12
5  札幌×東京V 1


いつも通り400円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝17敗 +¥0-¥3400=-¥3400
コメント (2)   トラックバック (4)

われわれは選手を守らなければならない

2007-04-20 | reds
浦和の中村修三GMが怒っている。
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200704/st2007042001.html
http://www.nikkansports.com/soccer/p-sc-tp0-20070420-187030.html

日本代表に協力的じゃないと非難されるかもしれない。クラブのわがままと受け止められるかもしれない。しかし、クラブは選手を守らなければならない。サポーターも選手を守らなければならない。とても正しい姿勢だと思う。浦和の選手たちが日本代表で活躍する姿を見ると、サポーターとしても非常に誇らしく思う。どうです?ウチの選手はすごいでしょう!でもやはり、日本代表を応援する気にはなれない。

また同じことを書きます。愛するクラブの選手たちへ望むことは、たったひとつ。「浦和レッズでベスト・パフォーマンスを!」ただそれだけ。
コメント