football smile

the days turn into months and years

自分の持てる全てを出して

2014-11-30 | football

「このたび、モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。急な話だったので、サポーターのみなさんに直接ご挨拶できないのが心残りですが、まずは山形のために自分の持てる全てを出して戦ってきますので、引き続き応援よろしくお願いします。そして、今シーズンの浦和レッズのタイトル獲得を心より期待しています」浦和レッズWEBSITEより

今年の6月、浦和のベテランGK山岸範宏(ギシさん)は、こんな言葉を残して山形へと向かった。サッカーはドラマだ。最後まで何が起こるかわからないドラマである。今週末のあまりにショッキングな出来事に直面した時、誰もがそう思ったことだろう。浦和は、アディショナルタイムにコーナーキックからゴールを決められて、首位から陥落し自力優勝が消滅した。山形は、アディショナルタイムにコーナーキックからゴール決めて、J1昇格プレーオフ決勝進出を決めた。山形の劇的な決勝ゴールを決めたのは、ギシさんだった。ミーティングで石崎監督は、浦和の試合のことを話していたという。アディショナルタイムでのコーナーキック。その時、選手の誰もが前日の試合を思い浮かべたことだろう。特に、浦和の勝利を誰よりも願っていたギシさんは。そして、迷うことなく前線へと上がって行ったのだ。最後に勝ちを逃した浦和には、何かが足りなかったし、最後に勝ちを手にした山形は、何かを持っていたのだと思う。それがギシさんだったというのは、あまりに短絡的だけど、まったくの無関係であるとも言えない。おとなしい選手が多い山形で、ギシさんはキャプテンとしてチームを引張って来た。浦和には必要とされなかったベテランの力が、山形では必要とされていた。その期待に見事に応えたギシさんは、本当に立派である。ベテランかくあるべし。そして我々は思う。本当にギシさんは浦和に必要なかったのかと。

結果こそ全て。浦和の優勝の可能性はゼロではないし、山形はまだJ1昇格を手にしたわけではない。結果はまだ出ていないのだ。先週末のドラマはもうおしまい。また新しいドラマが待っている。その結末は今週末に決する。誰かが笑い、誰かが泣く。さて、どんな結果が待っていることやら。サッカーって深いよねえ。

コメント (2)

J1 鳥栖 vs 浦和(NHK)

2014-11-29 | J1

Jリーグ・ディビジョン1 第33節
2014年11月29日(土)14:00キックオフ
ベストアメニティスタジアム(NHK)
サガン鳥栖 1 - 1 浦和レッズ

懐かしいなあ、ベストアメニティスタジアム。J2でもなかなか結果が出ずに、クラブ消滅の危機もあった鳥栖が、今やJ1で優勝争いをしている。立派だ。昇格してもすぐに降格してしまうクラブが少なくない中で、身の丈にあった強化と運営が功を奏しているのだろう。厳しい状況を耐え抜いたクラブの強さは本物である。

前半から続く重たい試合展開に、浦和の強さは感じられない。逆に鳥栖の思い切りの良い攻めが目立っている。背負った重圧が違うのか?それを打開するために、今日もミシャ監督が早めに動く。それに応えるように吉田監督も動く。万博ではガンバの得点が増えて行く。エース宇佐見が決めている。ここが勝負どころだろう。ほんの一瞬の出来事だった。菊池の守備を責めることはできない。李の動きが完璧だった。相手よりわずかに早く前へ出たところで勝負あり。

さあ、ひとり少ない相手に、あとはこのまま時間を消費すればよい。永田を入れてパワープレーに対応する。隙を突いて関根が追加点を取りに行く。しかし、決定的なチャンスを潰した直後、決定的なピンチを凌ぎ切れなかった。試合運びのまずさを露呈してしまった感じだ。チームとしての未熟さなのか。そこに本当の強さはなかったのか。

泣いても笑っても、最終節で全てが決する。頑張れ徳島ヴォルティス! 

コメント (2)

toto736

2014-11-28 | toto

さあ、今度こそ。

A組シングル

1  川崎×広島  2
2 G大阪×神戸  1

3  仙台×徳島  1
4  甲府×F東京 1
5  鳥栖×浦和  2

B組シングル

1  鳥栖×浦和  2
2   柏×清水  2
3 C大阪×鹿島  0
4 横浜M×新潟  1
5 名古屋×大宮  0

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 2勝73敗 +¥1637−¥7500=−¥5863

コメント

Low-Life[Collector's Edition]

2014-11-27 | music

New Order
13 MAY 1985
iTunes
http://www.neworderonline.com/

なぜジャケットの写真がスティーヴン・モリスなのか?ということは、LPレコードを持っている人にはわかるのだが、ダウンロードで購入する人にはよくわからない。物を手に取ることで得られる情報は、やはり侮れない。世の中には、知らなくてもよいことがたくさんある。でも、知っているとちょっと楽しい。知りすぎると鬱陶しいので、そのバランスが大切なのだろうと思う。

New Orderのパブリック・イメージとして浸透しているのは、この「Low-Life」から「Brotherhood」あたりではないかと思う。聴きやすいメロディもお勧めできるので、みんなで聴いてみよう。

お気に入りはこの3曲。

Shellshock 
Subculture (John Robie Remix) 
Let's Go (from 'Salvation') 

コメント

横浜34

2014-11-26 | design

昨日から降り続いている雨が止みません。現場に連絡したら「風がなければ大丈夫ですよ」とのこと。はあ、そうですか。それでは予定通り検査を実施しましょう。というわけで、作業服に合羽を着込んで屋上へ。ところが、いざゴンドラへ乗り込もうとしたら、上空はかなりの風が吹いていました。10分間の平均風速が毎秒10メートル以上の場合、労働安全衛生法ゴンドラ安全規則の強風に該当するため作業はできません。ここで命かけても意味ないですよ。現場代理人さんの冷静な一言で検査は延期となりました。残念ながら、横浜港の絶景はまた次回。

というわけで、本日のBGM。

Love Is A Four Letter Word/Jason Mraz
Songs Of Innocence/U2
Ghost Stories/Coldplay 

コメント

松本95

2014-11-25 | design

そしてまた松本です。

土曜日の夜「リーガル・ハイ」を見ていたら、緊急地震速報が流れて驚きました。幸い松本市にはほとんど影響がなく、現場は順調に解体作業が進んでいます。練習室の天井を落としました。ステージを撤去しました。するとそこから必ず何かが出てきます。出てきてはいけないものまで出てきたりします。ううむ、また追加工事か。事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!まあ、確かにそうなんだけどね。現場だけで解決するのなら、こんなに楽なことはありません。事件は会議室でも起こってるから面倒なんだよなあ。

というわけで、また来週来ます。

 

コメント

L1 浦和 vs 新潟L(テレ玉録画)

2014-11-24 | nadeshiko

なでしこリーグ2014エキサイティングシリーズ 第10節
2014年11月24日(祝)13:00キックオフ
浦和駒場スタジアム(テレ玉録画)
浦和レッズレディース 0 - 1 アルビレックス新潟レディース


ホームで足踏みをしたトップチームを尻目に、レディースが年間優勝を決めた。負けても優勝が決まるという状況はどうなのかなあと思っていたら、本当に負けてしまった。レギュラーシリーズの逆転3位転落といい、どうも最後が締まらない。

2009年の優勝メンバーだった北本が、テレ玉の解説をしていたのが感慨深い。チームとは変わるものなのだ。そんなことを考えながらTVを観ていた。来年はもう少し駒場へ通いたいものだ。

コメント

RFC9

2014-11-23 | nadeshiko

入替戦を制したRFCが、チャレンジリーグ昇格を決めました。あれから4年も経ったのか。3度目の正直では足りずに、4度目の正直というわけだ。おめでとう!でも、まだまだここからですから。次はなでしこリーグへ。駒場スタジアムで待ってます。

コメント

J1 浦和 vs G大阪(NHK)

2014-11-22 | J1

Jリーグ・ディビジョン1 第32節
2014年11月22日(土)14:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(NHK)
浦和レッズ 0 - 2 ガンバ大阪

優勝する舞台は整った。さあ、あとは優勝するだけ。そういう試合は、本当に難しい。昨年の横浜Mがそうだったし、2007年の浦和がそうだった。相手がG大阪ということもあって、どうしても2006年の光景が浮かんでしまうし、必要以上に力が入っていたのは、むしろサポーターの方だったのではないか。

ミシャ監督の選手交代は、至極妥当であったと思う。ただ先手を打った時間が、結果として裏目に出てしまった。じっくり我慢した健太監督の采配に軍配は上がった。そのタイミングが、この試合のポイントであり、整い過ぎた舞台の弊害だったのかも知れない。誰もがここで決まるだろうと思っていたからね。良くも悪くも、勝利以外考えていなかった。

ここからの気持ちの切換えは、これまた相当に難しいだろう。追いかけるチームの方が、精神的に有利であることは間違いない。さあ、この試練を乗り越えることができるか。チャンピオンになるのは、そう簡単なものではない。それは8年前と一緒である。

コメント

toto734

2014-11-21 | toto

J1もクライマックス。

A組シングル

1  浦和×G大阪 1
2  神戸×横浜M 1

3  仙台×C大阪 2
4 F東京×新潟  1
5  清水×名古屋 1

B組シングル

1  鹿島×川崎  1
2  甲府×広島  0
3  大宮×柏   1
4  京都×岐阜  1
5  大分×湘南  2

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 2勝71敗 +¥1637−¥7300=−¥5663

コメント