football smile

the days turn into months and years

なでしこリーグオールスター2008

2008-08-31 | nadeshiko
なでしこリーグオールスター2008
2008年8月31日(日)17:00キックオフ
西が丘サッカー場
なでしこEAST 2-2 なでしこWEST


改めて、結果を残すというのは大切なことなのだと思ってしまった。五輪ベスト4のおかげで観衆は昨年の1.5倍だそうである。なでしこジャパンに対する世間の注目度は、明らかに変わってきている。これをリーグにまで浸透させられるかどうか?今後の課題はそこらへんにあるかもしれない。逆に観衆が減ってきている男子フル代表が人気を取り戻すには、やはり勝って結果を残すしかないということでもある。

オールスターということで、試合内容にはあまり期待せず。ただ、EASTの澤に対してWESTの宮間という10番対決がなかなか興味深かった。それから安藤のクロスを大野が合わせたEASTの2点目は、まるでなでしこジャパンの一場面を見ているようだった。しかし選手は全体的にお疲れ気味。それでも最後までよく戦い抜いたと思う。EASTのゴール裏に陣取った、マリーゼ、ベレーザ、新潟、浦和のサポーターが、一緒になって応援する姿が微笑ましい。エキシビジョンマッチに登場したラモスもなぜか微笑ましい。

「今度は浦和を優勝させてくださいね」という観客の声に振り返ると、浦和の矢野喬子選手が普通にスタンドを歩いていた。そういうところもなでしこならではである。さて、いよいよ来週からリーグ再開。

        
コメント

J1東京Vvs浦和(NTV)

2008-08-30 | J1
Jリーグ・ディビジョン1第23節
2008年8月27日(水)19:00キックオフ
国立競技場(NTV)
東京ヴェルディ 1-1 浦和レッズ


日テレの録画中継を録画観戦。ラモスに言われるまでもなく、見所がない試合だったことはわかっていたけれど。伝統の一戦と言われれば、確かにそうかもしれない。しかし、どうも噛み合わないのがこの両チームである。ヴェルディが優勝したときレッズは最下位、レッズが優勝したときヴェルディはJ2。

とりあえず見てみた感想は、読売は読売だし三菱は三菱だなあと。どちらの得点シーンも両チームの特徴がよく出ていた。こういうのは決して悪いことではないと思うよ。良く言えばそれが「伝統」というものである。

それにしても、阿部ちゃんの勝負強さとポンテの戦術眼は、やはりちょっと別次元のような気がした。
コメント

リンゴの国への亡命

2008-08-29 | smile
いやはや、さすがにこのデザインにはやられました。MacBook。マットなブラックが超クールです。同じくマットなブラックのセブンチェアとの相性も抜群です。何だかものすごく知的な人の部屋に見えます(笑)。ついでに、調子に乗ってiPod classic 80GBも入手しました。こっちは定番のシルバーです。裏面には「football smie」の刻印が入ってます。早速ラルクのアルバムを全部入れました。もう完璧です。

というわけで、リンゴの国へ完全亡命を果たしました。
コメント

NEXUS 4 / SHINE

2008-08-28 | music
L'Arc-en-Ciel
KSCL-1277
27 AUG 2008
http://www.larc-en-ciel.com/

I want to shine on you.
and always like that dazzling sun.
I will defend you from all that darkness.
this is the truth from my heart.
コメント

13

2008-08-27 | music

blur
TOCP53320
13 MAR 1999
http://www.blur.co.uk/site.html

このところ雨の日が続いてまして、気分もどんよりしておりまして、そういう時はやはりblurです。popじゃない方の。どんよりに拍車がかかります。5枚目の「blur」と6枚目の「13」は、本当に素晴らしいアルバムです。どっちも好きですけど、どちらかと言えばこっちですかね。昼夜で聴く音楽が変わるように、天気でも聴く音楽は変わるもんです。

コメント (2)

40歳からうまくなるサッカー

2008-08-26 | book
中小路徹
3 JUN 2008
講談社
Amazon.co.jp

《40歳からのサッカーの掟》
1.血圧上が180以上、下が110以上はやっちゃダメ
2.健康診断で中性脂肪がひっかっかった人はスポーツドクターに相談する
3.狭心症、心筋梗塞の発症後3ヶ月間は厳禁

という本を読みました。財団法人日本サッカー協会の基本規則第50条によると、40歳以上の選手により構成されるチームは「シニア」に種別されるらしい。いやはや、もう立派にシニアリーグのピッチに立てるようになってしまったのだ。

この本は、シニア以降のサッカーとの関わり方について書かれたものである。技術的なことというよりも、精神的なことに趣が置かれているようだ。考えてみると、体はもうどんなに頑張っても仕方のないところがあるので、割と簡単にあきらめることができる。しかし、心はなかなかそういうわけにはいかない。まだできるんじゃないか?いや、そろそろ限界じゃないか?そういった葛藤が延々と続いていく。リーグ戦に出場する以上は、勝敗にこだわることを避けて通れない。楽しむだけのプレーでは許されない。そうしたプレッシャーに耐えられるのか?そういう自問が、きっと現役引退まで続くのだろう。そこら辺の見極めを考えるにあたって、この本に登場する人々の選択は参考のひとつになりそうである。

まあ、たとえ引退したとしてもボールを蹴らなくなるわけじゃないので、そんなに深く考えることはないのかもしれない。ただ、AXISのメンバーとして戦う緊張感や充実感が得られなくなるのは、かなり寂しいような気がする。そういう気持ちが残っているうちは、まだまだ引退できないんだろうね。
コメント

チケット情報

2008-08-24 | reds
Aちゃん、Dちゃん、予定通りチケット確保しました。ACLは久しぶりにバックロアーSB席です。

ACL準々決勝vsアルカディシア  9月24日(水)19:30キックオフ SB席
Jリーグ最終節vs横浜Fマリノス 12月 6日(土)14:30キックオフ SC席

Jリーグ最終節は残り少ないようですが、それ以外はまだ余裕がありそうです。みなさん一緒に浦和レッズを応援しましょう。特に、ACLノックアウトステージの雰囲気は格別です。鳥肌ものです。私は日本代表の試合を見に行くことがないので、本当のところはわかりませんが、おそらくそれ以上に世界を感じる試合だと思います。未体験の方にはお勧めです。
コメント (3)

J1浦和vs磐田(TVS)

2008-08-23 | J1
Jリーグ・ディビジョン1第22節
2008年8月23日(土)18:30キックオフ
埼玉スタジアム2002(TVS)
浦和レッズ 3-1 ジュビロ磐田


今週もまた雨である。というわけで、テレ玉でライブ中継を見ることにする。闘莉王の負傷で阿部ちゃんがCBに入ったためボランチは啓太と細貝。これからこうしたやりくりは増えてくるだろう。そして、トップ下には待望のポンテが復帰した。ようやく浦和本来の形が見えてきた。さあ、ここからが本番。

中山と名波をベンチに置く磐田は、ずいぶん選手が変わってしまった。それでも前田とカレンのツートップは脅威だ。で、その通りにふたりのコンビで先制点を奪われる。しかし嫌な空気が漂う前にポンテが同点にしてくれた。やはりこの男の存在感は別格である。後半、細貝のアシストで平川の逆転弾が決まっても、試合はまだまだ流動的。どちらかに傾くことなくゲームは進んで行く。それでも中央にポンテがいるだけで、浦和の安定感は今までとはまったく違って見えた。両サイドの平川と相馬が何とか踏ん張って相手の攻撃を食い止めていた。暢久を入れて、堤を入れて、後半はバタバタしたところもあったけど、チーム自体が崩れることはなかったように思う。

この日も決定機を決めきれずにいた高原だったが、最後の最後でようやくダメ押しゴールを決めた。決めるべき人がようやく決めたということになる。古巣相手というのも感慨深いものがあったかもしれない。これからの終盤戦、チームが少しでも良い方向に向かうきっかけになってくれれば良いのだが。
コメント

toto355

2008-08-22 | toto
なでしこジャパンは4位になった。すばらしい4位だった。しかし、それでもtotoは当たらない。今節は永井が累積警告で出場停止。ポンテの先発はあるのか?

A組ダブル。

1  鹿島×名古屋 1
2  浦和×磐田  1
3 F東京×東京V 1
4  清水×柏   2
5  京都×新潟  10

B組ダブル。

1 G大阪×神戸  12
2  大分×大宮  1
3 横浜M×札幌  1
4  千葉×川崎  2

5  愛媛×水戸  1

いつも通り4
00円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝39敗 +¥0-¥78
00=-¥7800
コメント

OL日本女子vsドイツ女子(NHK)

2008-08-21 | nadeshiko
北京五輪 3位決定戦
2008年8月21日(木)19:00キックオフ
北京(NHK)
日本女子 0-2 ドイツ女子


勝つ時があれば負ける時もある。勝てば嬉しいし負ければ悔しい。しかし、その両方があるからサッカーなのだ。だから、負けた試合もしっかり見ておかなければならない。そうじゃないとサッカーを見たことにならないから。残念ながらメダルには手が届かなかったけど、勝った試合と負けた試合の両方を見て、確かに日本女子サッカーの歴史は変わったなあと思った。解説の山本昌邦氏が言っていた。ドイツでもない、ブラジルでもない、アメリカでもない、日本のサッカーをして4位になった。それが何よりすばらしい。

序盤から日本らしいパス回しでドイツを翻弄した。しかし、優位に進めていた前半に得点を奪えなかったことが、やはりこの試合の行方を決めてしまったような気がする。絶対勝ちに行くドイツの強さは、後半に先制点を取るとますます加速して行った。それでもなでしこジャパンは最後まで走った。絶対に点を取ってくれると信じて、我々はTVの前で応援した。選手があきらめないから、応援する方もあきらめるわけにはいかない。

4年前の自分のように、なでしこジャパンの試合を見て感動した人が、ひとりでも多くなでしこリーグを見に来てくれたら嬉しい。レッズサポーターなら、レッズレディースも応援してほしい。ホーム駒場に行けば、安藤が、矢野が、柳田が、五輪の時と同じように最後まであきらめないプレーを見せてくれる。

そんななでしこリーグの再開を楽しみにしつつ、とりあえず、なでしこジャパン五輪4位おめでとう!
コメント