football smile

the days turn into months and years

僕は一流を探し続けてきた。

2014-08-31 | book



「僕は社会の歯車でありたい。工夫と発見、勇気という磨き粉で磨いた、一流の歯車として、いのちを燃やして働き続ける。今日もていねいに。」

予想以上に面白かったです。雑誌というよりは、エッセイを読む感じ。この人が言わんとしていることは、とてもよくわかります。こだわりが人を成長させる。でも、さすがにフライのシャツは、ちょっと躊躇します。いつか自分も買う時が来るか?いや、まず来ないだろうね。

コメント

サイトウ・キネン・フェスティバル松本 2014

2014-08-30 | music

昨年に続いて、サイトウ・キネン・フェスティバル松本です。

久しぶりに入ったメインホールは、相変わらずの存在感を醸し出していました。工事の時や空っぽの時と違って、満員の観客で埋まった雰囲気は、期待と熱気を含んだ特別なものです。座席に座って上を見れば、細田氏が設計されたホールに、自分が設計した天井が納まっています。その天井を見ながら音楽を聴くというのは、なかなか感動的なものです。こういう気持ちになれる仕事ができれば、何も言うことありません。

開催期間中は、総監督を務める小澤征爾氏の控室が確保されています。この日も舞台袖には、ステージを見守る総監督の姿がありました。しかし総監督が使われる控室は、残念ながら今回改修工事範囲外です。予算が付くまで、しばし現状のままで我慢してくださいませ。

来年からは、セイジ・オザワ松本フェスティバルに名称が変わるそうです。もちろん、来年もまた来たいと思います。

コメント

toto718

2014-08-29 | toto

そういえば、しばらくダービーを観ていない。

A組シングル

1  浦和×大宮  1
2  徳島×広島  2
3  仙台×横浜M 2
4   柏×甲府  1
5 C大阪×神戸  2

B組シングル

1 G大阪×新潟  1
2  鹿島×F東京 2
3  鳥栖×清水  1
4 横浜C×福岡  2
5  岐阜×東京V 1

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 1勝50敗 +¥754−¥5100=−¥4346

コメント (2)

決断力

2014-08-28 | book

羽生善治
8 JUL 2005
角川oneテーマ21
Amazon.co.jp

「以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。直感でどういう手が浮かぶとか、ある手をぱっと切り捨てることができるとか、確かに個人の能力に差はある。しかし、そういうことより、継続できる情熱を持てる人のほうが、長い目で見ると伸びるのだ。」

という本を読みました。毎年、将棋会館の隣の建物に健康診断へ行ってます。まあ、それは別に関係ありません。あまり縁がない将棋の世界ですが、どこも一緒ですね。というのが感想です。ある一線を超えてしまうと、ジャンルは関係ないのではないか?と最近思うようになりました。それは個人の在り方だったり、組織の動かし方だったり、そういうことはどの世界でも共通であるということです。人間力。我が設計2部の部門長がよく口にする言葉ですが、まさにそれに尽きるような気がします。とても面白い本でした。 

コメント

A RUSH OF BLOOD TO THE HEAD

2014-08-27 | music

COLDPLAY
TOCP-53484
26 AUG 2002
http://www.coldplay.com


もちろん、あらゆるものは変化する。存在はすなわち変化であると言っても過言ではない。コールドプレイの新譜を聴いて、ああ、こういうところへ来たのかと思ってしまった。もしかしたら、本質は何も変わっていないのかも知れないけど、それはやはり変化である。思わず、昔のCDを引っぱり出してしまった。

商業的過ぎるとか、世間に媚びたとか、いろいろと批判を浴びているけど、コールドプレイの最高傑作は「X & Y」であるという信念は揺るがない。でも、実は飽きずに聴き続けていられるのは、この2ndアルバムのような気がする。核があるというか、ブレがないというか、確固たる信念みたいなものが感じられる。というわけで、変化の基準として聴くのは、いつもこれである。

地味に「The Scientist」「Warning Sign」あたりがいいよね。

コメント

松本87

2014-08-26 | design

そしてまた松本です。

設備工事で設計の落ちがありました。原因と対策について正直に相談しました。各々の立場でできることを考えてくれました。さて、どうなることやら。正直者はばかを見るのか?台風の影響で防水工事が遅れ気味です。まだまだ先は長いので、広い心で臨みましょう。

というわけで、週末はサイトウキネンフェスティバルです。 

コメント

女のいない男たち

2014-08-25 | book

村上春樹
18 APR 2014
文芸春秋
Amazon.co.jp

「その男はいつも同じ席に座った。カウンターのいちばん奥のスツールだ。もちろん塞がっていなければということだが、その席はほぼ例外なく空いていた。もともと店が混むことがない上、そこはもっとも目立たない、そして居心地が良いとは言えない席だったからだ。」

という本を読みました。発売時は相変わらず平積み(というか山積み)にされていましたが、まあ少し熱りが冷めた頃に読もうと思っていて、夏休みがちょうど良いタイミングだったというわけです。 ハードカバーはたまにしか買いませんが、本を手にするというのはなかなか良いものです。本といい、CDといい、何でもデータを買う時代になって、生活からものがなくなってきました。善かれ悪しかれ。

この中では「木野」が良かったです。 

コメント

GHOST STORIES

2014-08-24 | music

COLDPLAY
WPCR-15722
19 MAY 2014
http://www.coldplay.com


今年の夏は静かな音楽ばかり聴いているような気がする。中でもCOLDPLAYの新譜は、群を抜いてすごく静かだ。

個人的には「MIDNIGHT」や「ANOTHER'S ARMS」や「O」みたいな曲が好きなので、アルバム自体とても良いと思っている。少なくとも、前2作のような曲をコールドプレイに求めていない。となると、このアルバムは「A SKY FULL OF STAES」をどう聴くのかがポイントとなる。明かにこの曲だけ異質なのだ。その意図は何なのか?全てはこの曲のための序章である。あるいは、この曲がなくても成立する。そんな両極端な意見が聞こえてきそうだが、真意は定かではない。いろいろと想像を巡らせるのも、楽しい聴き方であると思う。

それにしても、素敵なアートワークだね。迷わずCD買っちゃったよ。 

コメント (2)

straight chip shoes

2014-08-23 | smile

カジュアルなストレートチップで軽井沢を歩き回りました。安価なわりに履きやすくて結構気に入ってます。スーツ用のフォーマルなものとは違って、柔らかい皮と丸い形が特徴。夏らしいのか否か、あえてロールアップに合わせるのは、マーガレット・ハウエルのリーフレットの真似です。

コメント

toto717

2014-08-22 | toto

サッカーをするには暑過ぎるぞ。

A組シングル

1  清水×鹿島  2
2  甲府×G大阪 2
3 横浜M×川崎  2
4 名古屋×柏   1
5  神戸×仙台  1

B組シングル

1 F東京×浦和  2
2  大宮×鳥栖  2
3  広島×C大阪 1
4 東京V×横浜C 2
5  松本×山形  1

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 1勝48敗 +¥754−¥4900=−¥4146

コメント