football smile

the days turn into months and years

L1 浦和 vs I神戸(NACK5)

2011-10-31 | nadeshiko

なでしこリーグ 第15節
2011年10月30日(日
)13:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮

浦和レッズレディース 1 - 1 INAC神戸レオネッサ


大忙しの土曜日を経て、日曜日はなでしこリーグが開催される大宮へ。あまり天気が良くないけど、今をときめくなでしこジャパン、じゃなかった神戸を見てみたいじゃない。

そんな人が多かったのか、メインスタンドも開放してJリーグ並の観客動員はすごい。もうずいぶん前からレッズレディースの試合を見ているけど、なでしこリーグのホームゲームでアウェーのゴール裏の方が多かったのは初めてだ。報道陣の数もハンパない。そして、そのほとんどが神戸の取材というのが寂しい限りである。まあ、サポーターから見ても今の浦和はどうなのか?と思ってしまうところはある。あまりに急激で不自然なメンバーの変化。あれ、自分が応援していたのはこのチームだっけ?

その昔、サポーターが応援するのは、クラブか?選手か?という議論があったけど、そんな冗談みたいな状況を実際に見せられると、改めて考えてしまう。いやいや神戸と日テレのサポーターはもっとすごいことになっているわけで、一体どんな気持ちなんだろうかと、想像しただけで悲しくなってしまう。次節、その両チームが優勝をかけた一戦を戦う。サッカーの神様は、時に残酷な演出をされるのだ。

コメント

NC 浦和 vs 鹿島(TVS録画)

2011-10-30 | cup

Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ 決勝戦
2011年10月29日(土)13:00キックオフ
国立競技場(TVS録画)
浦和レッズ 0 - 1 鹿島アントラーズ


府中での試合を終えて、鶴ヶ島の母校へ行って記念講演を聴いて、ようやく帰宅して録画観戦。画面から溢れるあの雰囲気。思い出すねえ、8年前のあの感動を。

堀監督になって初めて見たけど、こっちの方が全然良い。正直言ってチーム力の差は明らかだった。直輝の退場で怒濤の攻撃を受けるあたりは、本当に見ているのが辛かった。それでも、そのピンチを凌いで延長まで持ち込んだのだから、良く戦ったと思う。ただちょっと気になったのは、鹿島が過去の経験をしっかり受け継いでいるのに対して、浦和は過去の経験をまったく受け継いでいないように感じたこと。輝かしい栄光がなかったわけではないのだ。あの栄光は何だったのか?クラブとしての力の差を感じてしまったのが寂しい。

それにしても、エスクデロのプレーは好きになれない。倒れる。審判にクレーム。その繰り返し。文句を言ってる暇があったら、さっさと立ち上がってプレーしろっての。ああいう汚いプレーは見たくないものだ。

コメント

AXIS vs KUME(府中の森)

2011-10-29 | axis

全日本設計事務所リーグ11-12シーズン第2節
2011年10月29日(土)11:00キックオフ
府中の森グラウンド
AXIS 2 - 0 KUME

昨シーズンの優勝チームを相手に完封勝利。開幕2連勝と今シーズンは結果を出しています。何が変わったのか?チームとしてやることが明確になったとがいちばんの違いだと思います。

自分の役割もとてもシンプルです。今シーズンは右サイドでプレーしていますが、今日の試合で言われたことは3つです。むやみにプレスをかけずに相手のプレーを遅らせる守備をすること。ボールを持たずに前線へハイボールを蹴ること。遠くからでもロングシュートを打つこと。この3つのことだけを考えてプレーしました。迷いがないということは、判断が早くなるということです。

新しい選手も加わって、クラブは何度目かの過渡期をむかえています。このまま良い方向へ行くような気がしています。自分ももう少しやれそうです。

コメント (3)

結果こそ全て!

2011-10-27 | axis

「つまり、結果がすべてと考えることと、プロセスを大事にすることは、関係のない話ではありません。(中略)ただし、「やることはやったのだから、結果が出なくても評価してほしい」と考えるのは間違っています。なぜなら、本来、「やることはやった=正しいプロセスを踏んだ」のなら、結果が出ていなければおかしいからです。」(仕事ができる社員、できない社員/吉越浩一郎)

「何事でも、「結果ではなく、プロセスを評価してほしい」という人がよくいるけど、僕はこれを聞くたび、ただならぬ違和感をおぼえます。(中略)プロセスを評価してほしいと本人が考えているとしたら、一体どこに焦点を合わせて仕事をしているのか心配になります。そういう人が結果を出したのを、僕は見たことがありません。」(憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城徹+藤田晋)

たまたま最近読んだ本に、奇しくも同じことが書かれていました。まったくその通りだと思いました。そして、どこか昨シーズンのAXISと重なるような気がしました。頑張ればそれでいいのか?楽しければそれでいいのか?サッカーができればそれでいいのか?いろいろと考えた結果、今シーズンのAXISのスローガンを「結果こそ全て!」としました。少々誤解を招く恐れがあるし、その真意が伝わりにくいかもしれませんが、こういう含みを持っているということを理解していただけたらと思います。要は、プロセスをもう一度見直してみようということです。

チームとしては、あくまで結果を求めるべきです。そのためのプロセスを一人の選手として考えました。果たして自分には何ができるのだろうか?チームは自分に何を求めているのだろうか?そしたら、試合の時ボールを1個持って来てくださいと言われました。試合前の練習でボールが足りないという意見が出たそうです。毎試合遅刻をせずにボールを持って行くこと。それこそチームが結果を出すために、自分に課せられたプロセスのひとつです。というわけで、19シーズン目はボール運びからスタートです。一生懸命頑張ります。

コメント

ONLY YOU

2011-10-26 | music



土曜の夜のダンスのためなら
6日間は働き詰めでもいい

コメント

Mr. DROP OUT

2011-10-25 | music



自分の未来をだましているには長すぎて
自分の夢をためす時間が短かすぎる

コメント

ONE NIGHT KIDS

2011-10-24 | music



ガラスのストリート脱け出た所は
虹色ビームのナイトスタジアム

コメント

futsal 4

2011-10-23 | axis

久しぶりにフットサルです。ゆりかもめに乗ってやって来たのは芝浦埠頭。窓の外に東京湾とレインボーブリッジが見えます。海風が気持ちいいです。オシャレだねえ。3チームで2時間やりました。サッカーにしろフットサルにしろ、たいてい屋外でやっているので、室内コートというのも新鮮でした。来週はリーグ戦、再来週はフットサルの大会に出場します。体力勝負です。

コメント

J1 大宮 vs 名古屋(TVS)

2011-10-22 | J1

Jリーグ・ディビジョン1 第30節
2011年10月22日(土)14:00キックオフ
NACK5スタジアム(TVS)
大宮アルディージャ 2 - 3 名古屋グランパス

移動時間って結構体にこたえます。嫌な疲れ方です。というわけで、仕事にも行かず、遊びにも行かず、買物にも行かず、スタジアムへも行かず、おとなしく部屋でTV観戦。テレ玉で放送していたのが大宮のライブ中継だったので、選択の余地なくこれをチョイスしました。そろそろBSを考えた方が良いかもしれません。あるいはケーブルTVとか。

優勝争いと残留争い。立場は違えどモチベーションはどちらも高いので、これが予想以上の好ゲームでした。開始早々名古屋に先制されるも、後半一度は大宮が逆転するという展開は、見ていて面白かったです。金崎と永井を入れられては、もう耐え切れないというのが大宮の現状でしたが、最後までよく戦い抜いたのは立派です。残り試合、こういう戦い方を続けることが残留へつながるのです。

さて残留といえば、降格圏突入、監督解任と何かと慌ただしい浦和ですが、こちらは横浜FMに逆転勝ちだそうで。堀監督、この調子で頑張ってください。

コメント

真岡1

2011-10-21 | design

実はもう5、6年前から通っています。栃木県真岡市です。40年前にウチの事務所で設計した工場がありまして、そのメンテナンスを担当しているからです。大小さまざまな改修工事を実施しました。防水のやり替えだとか、空調を入れたりだとか、事務所のリニューアルだとか、建築の設計というのは作って終わりじゃないんです。使い続けてもらうための設計も沢山あるわけです。今は地震で壊れた鉄骨ブレースの補修工事をしています。まだまだ通うことになりそうなので、今更ながらナンバーリングしてみます。松本行って真岡へ行って、さすがに疲れた一週間でした。

宇都宮線に乗って石橋駅に来る度に気になるのがこの風景です。耐震補強されたであろう、高架下の空虚な世界。上は東北新幹線が走っています。とてもシュール。

コメント