football smile

the days turn into months and years

toto961

2017-09-30 | toto

浦和、ACLに狙いを絞るか。

A組シングル

1  鳥栖×鹿島  2
2  新潟×神戸  2
3   柏×甲府  1
4 F東京×磐田  2
5  広島×札幌  1

B組シングル

1  川崎×C大阪 0
2 G大阪×横浜M 1
3  大宮×清水  2
4  仙台×浦和  2
5 東京V×町田  0

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 0勝55敗 +¥0−¥5500=−¥5500

コメント

JAL 虚構の再生

2017-09-29 | book

小野展克
12 SEP 2014
講談社文庫
Amazon.co.jp

「多くの経営者が、過去の成功体験に縛られる。そして業績が悪化した時に、なかなか変化を決断できない。しかも、自分たちの経営者としての残り年数を念頭に、企業の延命策をひねり出すこともしばしばだ。そこで10年、20年先の企業の将来を真剣に考えられるのは、むしろ、その会社での多くの時間が残されている30歳代、40歳代の中堅ということになる。」

という本を読みました。会社という組織は、なかなか面白いものだと思います。小さな判断の積み重ねが、大きな結果を招く。良い方向なのか?悪い方向なのか?大きな組織になればなるほど、その判断は難しい。

コメント

TGS36

2017-09-28 | design
この現場の統括所長さんは、とても厳しくて怖い方です。定例会議中でも、部下を叱りつけたりしています。今までは会議の途中で入室されることが多かったのですが、最近は開始時間前にやって来て、私の隣に座るようになりました。現場に関係あることもないことも、自然と話をする機会が増えました。それからこの方、サブコンさんの現場事務所にもよく顔を出して、愚痴を聞いて回っているようです。さすがスーパーゼネコンの統括所長ともなれば、コミュニケーション能力が高いなあと感心します。実はこのゼネコンの横浜支店には知り合いが多いのですが、どなたに聞いても評価が高く、人望が厚い方のようです。なるほどねえ。さて、本日は設備スペシャルデーということで、設備担当者揃い踏みです。すっかり恒例となったエンドユーザーの現場確認に同行して、隅々まで見てもらいました。特に屋上の設備機器置場で盛り上がっていました。ウチの設備部長さんも、かなりコミュニケーション能力高めです。
コメント

わしらは怪しい雑魚釣り隊 マグロなんかが釣れちゃった篇

2017-09-27 | book

椎名誠
1 DEC 2012
新潮文庫
Amazon.co.jp

「以前から思っていたのだけれど、釣り人は堤防でなぜ、釣ったばかりのサカナを捌いて食わないのだろうか。まっ釣れて連れて、そんなことやっている時間も余裕もない、という説明はわかる。しかし、これまで数えきれないほど堤防を見ているが、イレグイ状態というのは滅多に見ない。まあ間違いなくたいていみんな暇そうである。」

という本を読みました。髪を切ってもらっているスタイリストのイワオちゃんも釣り大好きなので、よく沖釣りの話を聞かせてくれる。釣りってやってみたい気もするけど、生魚を触るのはちょっとね。そもそも生き物が嫌いだし。という根本的な問題を抱えているので、おそらくこの先も釣り糸を垂らすことはないだろう。

怪しい探検隊とはちょっと趣が異なるけど、その精神は変わっていない。

コメント

真っ白なものは汚したくなる [Type-B]

2017-09-26 | music

欅坂46
19 JUL 2017
iTunes
http://www.keyakizaka46.com


結局、Type-Bも購入する。Type-Aを聴いて思ったのだが、1stアルバムということで、全シングルを網羅したDisc1はもちろん素晴らしい。しかし、実はカップリング曲なども含まれるDisc2もまた素晴らしいのである。iTunesではComplete Editionなるものまでリリースされているのも頷ける。全40曲。やはり聴いてみたくなったのである。これだけあれば、一日中聴いていられる。

でまあ、そんなDisc2も去ることながら、相変わらずDisc1も聴きまくっているわけだけど、最近のお気に入りは「キミガイナイ」になっている。それから注目は、キャプテン菅井友香である。こんなフニャフニャなのにキャプテンをやっているところが興味深い。強烈なリーダーシップなんて微塵も感じさせない。ただ一生懸命チームのことを考える。まさに背中で引っ張るキャプテン。こういうのもありなんだなあと、感心させられる。

それから、どのジャケットも写真が良いので調べてみたら、神藤剛というカメラマンの撮影でした。新しい感性の発見。http://shintotakeshi.com 

コメント

MHL83

2017-09-25 | smile

ようやく涼しくなってきたので、セットアップを着るようになった。これからの季節にもう一着用意しておこう。というわけで、毎度おなじみMARGARET HOWELLのセットアップを購入する。秋冬らしいシンプルなグレーは、特にこれといった特徴がなくて良い。段々と年を取ってくると、質感とサイズ感が全てと言っても過言ではない。その意味に置いて、このデザインは完璧である。

コメント

J1 浦和 vs 鳥栖(DAZN)

2017-09-24 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第27節
2017年9月23日(土)16:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 2 - 2 サガン鳥栖

       興梠

 高木  矢島  武藤  駒井

       阿部

槙野 マウリシオ 遠藤  森脇

       西川 

前節の磐田戦もそうだったけど、いまひとつピリッとしませんなあ。そんな愚痴の一つも言いたくなるような内容である。いきなり先制点が入った鳥栖のフィッカデンティ監督の采配は、関心してしまうくらい徹底していて、がっちり引いてカウンターという戦術を貫いた。最後にイバルボと豊田を並べることをしなかったということは、鳥栖にとってアウェーでドローという結果は、十分受け入れるべきものであったのだろう。非常に手堅いカルチョの国の監督ならではの采配と言える。

      ズラタン

     矢島  興梠

 梅崎  阿部  長澤  武藤

   槙野 マウリシオ 遠藤

       西川

一方、ボール支配率が70%を超えていた浦和にとってはどうだったのか?今日も堀監督は、十分魅力的な戦術を披露していた。4-1-4-1の右ワイドに駒井を配したスタメンから、長澤を投入して3-4-2-1へと移行するあたり、かなりマニアックな選手交代と布陣構成である。狙いも明確で申し分ない。試合自体は点を取られては取り返すという、後手に回った感は歪めないが、それほど悲観するものでもない。しかし、勝てなかった。最後に何かが欠けている。そこが今後の課題である。

柏木君のけがの影響もあるけれど、堀監督になってから矢島や長澤が積極的に使われている。まだまだ十分な働きができているとは言い難いが、それなりの可能性を感じることができる。しかし、実はこの布陣になって最も重要な役割を担っているのは、武藤ではないかと思う。本来のポジションであるシャドー以外に、サイドに開いたり後ろに下がったり、その状況に合わせてチームに足りない部分を補っている。こういう選手がいると、監督は助かるだろうなあ。

コメント

AXIS vs YAMASHITA(府中の森)

2017-09-23 | axis

全日本設計事務所リーグ17-18シーズン第1節
2017年9月23日(土)11:00キックオフ
府中の森グランド
AXIS 2 - 3 YAMASHITA

AXISで25シーズン目のピッチに立った。キャプテンのコウに続いて、2番目に並んでスタメンで入場する時、やはり思うところはあった。まさかこの歳までプレーを続けるとは思わなかったなあ。結構大きなけがもしたけれど、それが功を奏したところもある。あと、AXISというチームだったからというのも大きい。というか、それが全てかも知れない。

いつもの通り左サイドでプレーした。相手の右サイドと対峙するわけだけど、多分、自分より20歳くらい若いだろうと思われる。1回股抜きされて、2回縦へ突破された。まあ、そんなものである。瞬発力では到底かなわない。間合いとタイミングを間違わないように、慎重に相手の動きを観察する。そういう真剣勝負の合間にチョットだけ話をしたりする。それもまた楽しい。

今日の試合で新しいGKフジが初出場した。プレーも安定しているし、何よりその人柄が良い。AXISにはピッタリの選手である。声が大きくてよく通る。後ろから声を出してくれると、DFにとっては本当にありがたい。失点なんて気にしないで、どんどん自分の色を出して欲しい。もっとチームにフィットしてくれば、もっと良いプレーを見せてくれるだろう。

この歳になっても、まだまだ新しい出会いと発見がある。というわけで、引退はもう少し先送り。 

コメント

toto960

2017-09-22 | toto

浦和、さらなる勢いを。

A組シングル

1  札幌×新潟  1
2  浦和×鳥栖  1
3  磐田×大宮  1
4  甲府×横浜M 2
5  神戸×川崎  2

B組シングル

1  清水×広島  2
2   柏×F東京 0
3  鹿島×G大阪 1
4 C大阪×仙台  0
5  岡山×讃岐  0

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 0勝53敗 +¥0−¥5300=−¥5300

コメント

TGS35

2017-09-21 | design
最近というより、今年に入ってから頻繁に、検査済証が下りない夢を見ます。これは大きなカラスが襲って来る夢より怖いです。寝る前に考え出すと寝られなくなるので、思考を完全に停止するようにしています。人間、本当に追い込まれると思考すらコントロールできるようになるのかも知れません。でも、もしそれができなくなった時は、一体どうなってしまうのか?いやはやヤバイですね。という監理者のボヤキは無視して、現場は着々と進行しています。内部仕上ができてきたところもあるので、土足禁止エリアも登場しました。普通の現場は上足に履き替えることが多いと思いますが、この現場ではあくまで安全靴の着用が義務付けられているそうです。はあ、そうですか。というわけで、シューズカバーを用意してもらいました。職人さんもやりにくそうですが、監理者さんも少々面倒臭いなあと思っています。まあ仕方なし。
コメント