football smile

the days turn into months and years

futsal68

2018-10-17 | futsal

けんぽの大会に向けて最終調整ということで、白熱する紅白戦。オキさんがケガしませんように。

コメント

AXIS vs NTTF(三郷)

2018-10-13 | axis



全日本設計事務所リーグ18-19シーズン第1節
2018年10月13日(土)14:45キックオフ
三郷江戸川河川敷サッカー場
AXIS 3 - 0 NTTF


26シーズン目の開幕戦。NTTFに快勝!しっかりとピッチを踏みしめました。

コメント

AXIS通信

2018-10-08 | axis

2001年10月26日、記念すべきAXIS通信VOL.1が、ヨネGMより配信されました。自分が担当したのは、2003年3月25日、VOL.31からになります。基本的に試合の前後に配信してきました。足掛け15年、今回がVOL.273ですから、まあずいぶんと続いたものです。AXIS通信の配信目的は以下のようなものでした。

・試合の周知とフォーメーションの確認
・試合にあたっての意気込みと意識統一
・試合結果と記録の周知
・試合の反省と問題点の改善
・そして何よりメンバー同士のコミュニケーション

当初はメールでの配信だったので、出場した選手のコメントを収集していました。その後はmixiへ、さらにfacebookへと移管され、SNSの機能によって双方コミュニケーションが実現しました。近年、AXIS通信というフォーマットは、もう時代遅れだよなあと感じていたところです。そろそろ潮時ではないか。というわけで、自分から配信するAXIS通信は、これを最後にしたいと思います。もし引き継ぎたいという人がいれば、引き続き配信していただいても結構です。全てはこれからのAXISを築いてくれる若手メンバーに委ねます。変化を受け入れること。これが組織を継続させる唯一の手段です。今までのAXISは、少々変化に乏しかったような気がします。このままではいかん!その時期はとうに過ぎているのかも知れませんが、いろいろな変化が必要となっていることは事実です。そのひとつとして、ご理解いただければ幸いです。いつも楽しく読んでいます。そうメンバーから声をかけられることが、自分にとっては一番大切なコミュニケーションでした。ご愛読いただきました皆様、ありがとうございました。

編集長/AXIS#15

コメント

J1 仙台 vs 浦和(DAZN)

2018-10-07 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第29節
2018年10月7日(日)13:00キックオフ
ユアテック・スタジアム仙台(DAZN)

ベガルタ仙台 1 - 1 浦和レッズ

そろそろキックオフの時間も早くなってきたな。と思いきや、埼玉は30度を超えている。仙台なら多少は涼しいだろうが、キックオフの時間というのも、選手に与えるストレスに関係しているだろう。我々のような草サッカーの場合、朝8:30キックオフなんていうと、逆に気合いが入っちゃうけどね。

     武藤  興梠

宇賀神          橋岡

   柏木  青木  長澤


  槙野  マウリシオ  岩波

       西川 

ここ数試合ですっかりスタンダードとなったスタメンは、きちんと結果を残しているところが評価に値する。ボール支配率は圧倒的に落ちた。それでもショート・カウンターでの連携は、キレを取り戻した。そこで点を取ることができるのだ。今日は長澤の正確なロングフィードに、コントロールの利いた橋岡のヘディング・シュートで先制。どちらかというと、らしくないゴールだった。

     武藤  ナバウト

宇賀神          橋岡

   柏木  阿部  柴戸


  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

古巣対決に闘志を燃やす選手がいて、対人プレーがやたらヒートアップした感がある。どちらのチームも勝点3が欲しい状況も一緒だ。連勝中の浦和に分があると思っていたが、ホームの仙台の方が危機感があったのかも知れない。そういうことも含めて、ドローは妥当な結果か。個人的には、ナバウトより李を入れてほしかったなあ。

コメント

鳴門の巨匠、再登場

2018-10-06 | smile

鳴門の巨匠が2年ぶりに再登場!というわけで、大宮駅豆の木に集合。最近はLINEグループで各々の近況が入って来るので、あまり久しぶりという感じがしない。それでも神ちゃんとか、ずっと会っていなかったので、やっぱり嬉しかった。あの頃を思い出したら話は尽きることがない。仕事に家庭にいろいろと大変なことが増えているけど、みんな今が頑張り時だ。学生の時みたいに、頑張って困難を乗り越えよう。みんながいれば大丈夫。きっと上手く行く。そして少し余裕ができたら、またみんなで鳴門へいこう。

彼らと出会っていなかったら、あの4年間がなかったら、我が人生は恐ろしくつまらないものになっていたような気がする。そういう時代というのがあるのだなあ。そうしみじみ感じたのだった。

コメント (2)

J1 浦和 vs 柏(テレ玉)

2018-09-30 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第28節
2018年9月30日(日)14:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(テレ玉)

浦和レッズ 3 - 2 柏レイソル

結局出場しなかったイニエスタのおかげで満員御礼となった前節から一転、今日の対戦相手は柏だし、台風も接近しているし、ということで観客の入りもそれなりである。最近はなかなかスタジアムへ行かれないけど、DAZNに加えてテレ玉でも中継してくれるのでありがたい。解説が永井雄一郎ならTV観戦も面白そうだ。

     武藤  興梠

宇賀神          橋岡

   柏木  青木  長澤


  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ボランチを増やしたことで、スペースへの出入りやパスの選択肢といった中盤の自由度が増えた。人もボールも動くようになった。江坂の機転で柏に先制されても慌てず騒がず、浦和はじっくり攻撃を仕掛けて行く。長澤のゴールで同点、興梠のゴールで逆転、非常に良い雰囲気のまま試合を進めて行った。フォーメーションがフィットするとは、こういう状態なのかも知れない。

        李

宇賀神    柏木    武藤

   柴戸  青木  阿部

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

後半、雨が強くなってくると、浦和のボールの動きも制限されたようで、リズムを取り戻したのは柏の方だった。ただ、同点に追いつかれても焦らない。再びじっくり攻撃を仕掛けて行く。勝ち越した後は、阿部ちゃんと柴戸を入れて試合をクローズさせる。もちろん失点は頂けないけど、常に先手を取った試合展開は、評価できる。何より勝つことが大切である。

コメント

toto1045

2018-09-29 | toto

最近は負けなくなった。

A組シングル

1  札幌×鳥栖  1
2 横浜M×仙台  1
3 G大阪×広島  2
4  神戸×鹿島  2
5 F東京×清水  1

B組シングル

1  長崎×川崎  2
2  浦和×柏   1
3  磐田×湘南  1
4 C大阪×名古屋 1
5  福岡×大宮  0

いつも通り200円の勝負

今シーズンの成績 1勝39敗 +¥964−¥4000=−¥3036

コメント

101

2018-09-28 | music

DEPECHE MODE
13 MAR 1989
iTunes
http://www.depechemode.com/


これは確かカセット・テープを聴いていた記憶がある。時代はまさにLPからCDへの変革期であった。DEPECHE MODEを聴くならLPだろうなあと思うけど、LPもCDも持っていない。というわけで今更ではあるが、毎度おなじみ中古CDを980円で購入。まだ「Violator」がリリースされる前だったので、本当に初期のDMといった感じ。ところがセットリストは物凄く良い。暗過ぎず明る過ぎず、程良いDEPECHE MODEが楽しめる。

スタジアムを揺るがすモンスター・バンドとなった今ならともかく、当時はシンセ・バンドのライブってどうなのか?と思った記憶がある。ところがこれが思いの外かっこ良いのだ。ひたすらシーケンサーがベースなので、レコードと何ら変わらない音なんだけど「Black Celebration」とか凄いのだ。あと感動したのが、ラストの「Everything Counts」だ。ちょうど「Construction Time Again」を聴いたばかりだったので、耳に残っていたのだろう。

あと、このジャケット写真、大好き。 

コメント

本日7時居酒屋集合! ナマコのからえばり

2018-09-27 | book

椎名誠
19 OCT 2012
集英社文庫
Amazon.co.jp

「目がいいと本がずっと読める。沢山読める。これが嬉しい。両親の遺伝子に唯一感謝しているコトである。ありがとう。とっくに亡き我が父や母。息子はいま「はじめてのお使い」状態になりつつ緊張して京都にむかっているところです。」

という本を読みました。老眼が進むと、確かに本を読むのがしんどくなる。自分は近視なので、本を読む時はメガネを外す。画面を見るときはメガネを掛ける。掛けたり外したり結構忙しい。見えないことはストレスである。まあ、その程度のストレスは仕方なしと諦める年齢である。

コメント

J1 浦和 vs 神戸(DAZN)

2018-09-23 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第27節
2018年9月23日(日)18:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 4 - 0 ヴィッセル神戸

前売チケット完売という、最近では珍しい注目の一戦である。しかし、その注目の的であるイニエスタが不在だって。なんじゃそりゃあ。チケットを払い戻したい!という人もさぞかし沢山いることだろう。もちろん、私もTVの前でがっかりである。神戸の選手となってから、まだイニエスタのプレーを見ていないのだ。別に神戸の試合を観ればよいだけのことだけど、神戸の試合って面白いのかなあとも思う。

     武藤  興梠

宇賀神          橋岡

   柏木  青木  長澤


  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ボールを保持する神戸に対して、浦和はシンプルにゴールへの最短距離を狙う。何ともらしくない青木のゴールで先制した浦和は、お見事!としか言えない柏木君と興梠のコンビネーションで追加点も奪う。さらに武藤も技ありのゴールを決める。駄目押しは長澤だ。ボールが欲しい神戸と、ゴールが欲しい浦和といった感じ。もちろん、ゴールを得た方が勝つわけで、当然ながら浦和が勝利した。今日の神戸の戦い方は、悪い時の浦和のそれによく似ていたように思う。

     武藤   李

宇賀神          橋岡

   柴戸  青木  阿部


  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ワールド・クラスの選手を買い込んで、監督を変えてまでしてポゼッションを手に入れようとする神戸のチーム作りは、はたして上手く行くのだろうか?浦和も買物好きだけど、神戸のブランド志向とはちょっと違う。勝てるチームを作るのか?魅力的なサッカーを見せるのか?最も大切なフィロソフィーを手に入れているクラブは、Jリーグに一体どれだけあるのだろう。オーナー気分でクラブ作りを考えたのは、画面に三木谷会長の姿が映ったからかも知れない。  

コメント

toto1043

2018-09-22 | toto

連勝しよう。

A組シングル

1   柏×鳥栖  0
2  磐田×横浜M 0
3  長崎×仙台  2
4  川崎×名古屋 1
5  広島×F東京 2

B組シングル

1  湘南×C大阪 2
2  浦和×神戸  1
3  札幌×鹿島  1
4  山口×大分  2
5  千葉×横浜C 2

いつも通り200円の勝負

今シーズンの成績 1勝37敗 +¥964−¥3800=−¥2836

コメント

futsal67

2018-09-19 | futsal

テントの設営ではない。フットサルの練習用ゴールである。月曜日にリーグ戦があったので、中1日での練習はちょっとしんどい。

コメント

AXIS vs KHOKEN(新砂)

2018-09-17 | axis

全日本設計事務所リーグ17-18シーズン第11節
2018年9月17日(祝)8:30キックオフ
新砂運動場
AXIS 7 - 0 KHOKEN


今シーズンの最終戦は7-0の快勝!人工芝の素晴らしいピッチでプレーできて、この上ない幸せ。気力と体力の衰えは、如何ともし難いところまできている。それでも何とかボールを蹴ることができるのは、一緒にプレーしている仲間たちのおかげである。みんなのフォローがあってこそ。本当に感謝しています。ありがとう。

コメント

J1 横浜M vs 浦和(DAZN)

2018-09-16 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第26節
2018年9月16日(日)16:00キックオフ
日産スタジアム(DAZN)

横浜Fマリノス 1 - 2 浦和レッズ

何気に勝点を取りこぼしているうちに、いよいよ降格圏が見えてきた。浦和もマリノスもオリジナル10のプライドを捨てて、そろそろ本気出をさないといけない。いや、本気を出しているのだが勝てないのだ。その現実を目の当たりにするのが寂しいところ。せっかくマッチしてきたファブリシオも長期離脱を余儀なくされた。明るい話題がない。

       興梠

 マルティノス  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  長澤

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

終止マリノスにボールを持たれる展開は、日本代表に選出された天野の存在によるところが大きい。柏木君がいない浦和としては、マリノスのハイラインの裏を狙って一気に攻めるしかない。オフサイドにかかることしばしば。それでも攻撃の糸口はそこしかない。宇賀神が先制するも、ウーゴヴィエイラに難なく追いつかれてしまった。

       興梠

     荻原  武藤

宇賀神          平川
     青木  阿部

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

やはり長澤だけではつなぎが弱いか。しかし浦和は、荻原を入れて平川を入れて、ただひたすら裏を狙う。もう本当に悲しいけれど、それしか打つ手はない。ようやく青木のパスと武藤の動きがマッチして勝ち越した。最後に阿部ちゃんを入れてクローズさせたものの、かつてチャンピオンを争った両チームにとっては、内容に乏しい試合であった。

コメント

toto1042

2018-09-15 | toto

久しぶり。

A組シングル

1  仙台×F東京 2
2 名古屋×長崎  1
3  神戸×G大阪 2
4   柏×清水  0
5  川崎×札幌  0

B組シングル

1  鳥栖×広島  2
2 横浜M×浦和  2
3  大宮×町田  1
4 東京V×熊本  1

5  新潟×金沢  1

いつも通り200円の勝負

今シーズンの成績 1勝35敗 +¥964−¥3600=−¥2636

コメント