football smile

the days turn into months and years

NC磐田vs東京V(鴨池)

2008-05-31 | cup
Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ 予選第5節
2008年5月31日(土)14:00キックオフ
鹿児島県立鴨池陸上競技場
ジュビロ磐田 3-0 東京ヴェルディ

おそらく、最後の鹿児島出張になるはずである。これはもう鹿児島を満喫するしかないのだ。というわけで、なぜか磐田のホームゲームが開催されるという鴨池陸上競技場へ。鴨池というところは鹿児島の中心街からやや離れている。県庁なんかがあるけれど、基本的には海に面したリゾート地という感じ。もちろん目の前には桜島。終わった仕事のことなんてすっかり忘れて浮かれてしまうしかない。しかも泊まったホテルは磐田の選手と同宿という奮発ぶり。ホテルのエレベーターで内山篤監督とすれ違ったりして、いやあこれはもう自分がどこのサポーターだったか忘れてしまいそうだ。

東京は雨で肌寒かったらしいけど、こっちはもう初夏の陽気。突き刺さるような日差しが痛いくらい。南国ムードたっぷりのスタジアムもいい感じである。そんな中で昼のキックオフというのは選手には気の毒だが、まあ見ている方はみんなどこかのんびりしている。ゴール裏の芝生席に寝転がって非常にゆるい感じ。

試合開始から磐田ペースであったと思う。東京Vのフッキ、レアンドロは確かにすごいけど、そこにボールが通らないと厳しい。チームとしての戦い方は磐田の方が上回っている。中盤の船谷、成岡、松浦が攻守に踏ん張っていた。特に初めて見た(と思う)松浦が良い動きをしていた。前半終了間際にジウシーニョが先制点、さらに後半早々にまたもジウシーニョが追加点。東京Vも選手交代で活性化を図るが、カレンの駄目押しで勝負あり。ホーム磐田が妥当な勝利を手にしたのだった。しかしまあ、こういう状況なもんで、試合内容はさっぱり頭に入ってこないというのが正直なところ。南国のリゾート地に真剣勝負は向かないのかもしれない。

さて、ここで終わらないのが遠征試合の醍醐味である。鹿児島空港でフライト時間を待っていると、試合を終えた選手達が続々やって来た。いきなりロビー中の注目を集めるくらいに目立っていたのがカレン・ロバート。私の前で普通に手荷物チェックを受けていたのは田中誠だった。それから周囲を見回すと、おいおい名波がいるよ。携帯を手にした広山や、クリスタルガイザーを買うフッキなんかもいる。ちなみに東京行きの飛行機は東京Vの選手と一緒。土肥、服部、福西、土屋が搭乗してきた。さらに、羽田空港の到着ロビーでバスを待っていたら、柱谷監督、高木コーチ、あとなぜか松木安太郎まで目の前を通過していった。

世間は古巣対決なんてあおっているけれど、空港ロビーで談笑する選手達は実に楽しそうだった。お互いの労をねぎらう同業者といった趣。たとえ試合で敵対していても、ピッチの外では同じプロのフットボール・プレイヤー。相手を敬う気持ちは、こういうところから始まるのかもしれない。名波が昨年チームメイトだったフッキに声をかけていたのが微笑ましかった。試合では出番がなかったけど、名波や中山が帯同する意味はまだまだ大きいのだ。

     
     
コメント

終始

2008-05-30 | smile
(名)スル
始めから終わりまで、ある動作や態度を変えずに続けること。
(副)
始めから終わりまで。その間中ずっと。

村上春樹風に言うと「入口があるものには出口がある」ということになるかもしれないが、とにかく「始まりがあれば終わりがある」ものだ。

ようやく鹿児島でのプロジェクトも終了となった。5年前の始動からメンバーも随分と変わってしまったが、数少ない生き残りの1人と現場でお会いした。博多の会議室から始まって鹿児島の現場まで関わることができたのは、本当に幸せなことでしたねえという話をした。もちろん上手くいかないことの方が圧倒的に多くて、九州へ行くのが嫌になったことにも多々あったけれど、とにかく途中で放り出さなくて良かったというのが正直な感想。始めから終わりまで、全てを見なければわからないことがきっとある。こればかりは、実際にやり遂げた人にしかわからない気持ちだと思う。辞書を調べたら、なかなか良いことが書いてあった。まさにコレよ。コレが大切。

最後に、プロジェクトに関わったみなさま、本当にお疲れさまでした。いろいろな人と接することで大変勉強になりました。ありがとうございました。
コメント

九州38

2008-05-29 | smile
朝からどしゃぶりの雨は、結局夕方になっても止まなかった。しかし、雨のフライトほど爽快なものはない。どっしり留まった雨雲を突き抜けると、そこには強烈な日差しと青空が広がっている。ここでは天気なんて関係ないのだ。雲のじゅうたんを見下ろして突き進む。もはや別世界。あまりにくだらない地上での出来事は、きれいさっぱり忘れてしまう。

というわけで、いつもの通り鹿児島に到着。東京が涼しかったせいか、やたらと暑いぞ!さすが南国。雨もすっかり上がっていた。おそらく、これが最後の鹿児島。
コメント

toto338

2008-05-28 | toto
今週末は鹿児島だよ。というわけで、鴨池でナビスコ杯観戦予定。鹿児島はずいぶん通っているけど、サッカーを見るのは初めて。雨が降らないことを祈る。

A組ダブル。

1  京都×名古屋 2
2  磐田×東京V 1
3  大宮×新潟  12
4  大分×横浜M 2
5  川崎×札幌  1


B組ダブル。

1 F東京×清水  1
2   柏×千葉  12
3  仙台×湘南  1
4 横浜C×山形  1
5 C大阪×愛媛  1


いつも通り4
00円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝25
敗 +¥0-¥5000=-¥5000
コメント

IM日本vsパラグアイ(TBS)

2008-05-27 | football
キリンカップサッカー2008
2008年5月27日(火)19:20キックオフ
埼玉スタジアム2002(TBS)
日本 0-0 パラグアイ

帰宅してTVをつけたら残り10分でした。レッズ戦の半分くらいの観衆でしょうか?ガラガラのスタンド。埼玉の人って代表戦は見に行かないのかしらね。

寺田周平、32歳で代表デビュー。おめでとう!
コメント

AS IS NOW

2008-05-26 | music

PAUL WELLER
11 OCT 2005
 V2CP 250
http://www.paulweller.com/index.php

すげえ~好きっす。PAUL WELLER。もうすぐ新譜が出るそうっす。今から楽しみっす。夏はやっぱROCKっす。PAUL WELLERのアルバムは、どれもこれも1曲目がかっこいいっす。これも例外ではなく「Blink And You’ll Miss It」がいきなりかっこいいっす。っていうか、最初のギターの音がもうかっこいいっす。

コメント

CLマンチェスターUvsチェルシー(CX録画)

2008-05-25 | football
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝
2008年5月21日(水)20:45キックオフ
ルジニキ・スタジアム(CX録画)
マンチェスター・ユナイテッドFC 1-1 チェルシーFC

プレミア同士の対決となったファイナル。なぜプレミアのチームが強いのか?それはお金持ちだから。と、何かで読んだことがある。世の中そういうものかもしれない。もちろん、水曜日の夜にロシアへ行くことはできなかったので、昨日からの雨が残る日曜日に録画観戦。最大延長まで予約しておいてよかった。偉いぞ自分。

今シーズンのマンUはすごい。プレミアシップも制した。C・ロナウドは2年連続MVPに得点王まで獲った。そうなると、どちらかといえばチェルシーの初制覇を応援したくなるのが人情というもの。世界クラブ選手権で来日してほしい。

そうこうしているうちにマンUの先制点が決まった。やっぱりC・ロナウドである。しかし、前半ロスタイムにチェルシーが追いつく。こちらもやっぱりランパードである。パスカットから止まらず前線に侵入する姿が映っていた。この動きが世界最高のセントラル。スター選手は当然のように大舞台で活躍する。いやいや、大舞台で活躍するからスター選手なのか。

攻撃陣がすごければ守備陣もすごい。だから面白い。ファン・デル・サールとチェフの両GKに加えて、強いというより怖いファーディナンドとテリーの両CBは、どちらも一歩も引かない。延長前半、ギグスのシュートに瞬時に反応したテリーのクリアーは圧巻である。表情が崩れない冷静沈着なテリーの方が、ある意味怖いかもしれない。

PKでの決着を酷であるとい人もいるけど、どんな形であれ決着はつけ方が良いと思う。極限状態の中、最後の最後までドラマは続く。そして決着がついたら、勝者にも敗者にも拍手を贈ろう。そこにフットボールの神は舞い降りた。
コメント

IM日本vsコートジボワール(EX)

2008-05-24 | football
キリンカップサッカー2008
2008年5月24日(金)19:20キックオフ
豊田スタジアム(EX)
日本 1-0 コートジボワール

なんだかんだ言って、結局TVのチャンネルはここになった。まあ、久しぶりに長谷部のプレーを見ることができてうれしかった。やっぱ背番号17が似合う。松井、遠藤と組んでなかなか面白い中盤であった。今後、俊輔の合流でどうなるかね。
コメント

toto337

2008-05-23 | toto
今週末は録画しておいたUEFAチャンピオンズリーグ決勝を観戦予定。日本代表の試合はどうしようかなあ。

A組ダブル。

1  清水×磐田  0
2  札幌×千葉  2
3  大宮×大分  12
4 F東京×東京V 1

5 横浜M×新潟  1


B組ダブル。

1  京都×神戸  02
2   柏×川崎  2
3 名古屋×浦和  2
4  岐阜×C大阪 2
5  愛媛×甲府  2


いつも通り4
00円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝23敗 +¥0-¥4600=-¥4600
コメント

チャラ

2008-05-21 | football
「有利な判定も不利な判定も受けることはあるけれど、長い目でみればだいたいチャラになる」

というのは、加茂周元日本代表監督の言葉。今週号のサッカーマガジンで武智幸徳氏が紹介している。加茂さんが監督を務めていた頃にも聞いたことがあったけど、基本的に私も同意見。ま、これとは反対に「言うべきことは言わなければ」といった意見もあるし、ミスを指摘することは審判のレベルアップにつながるという考え方もある。もしかしたらそっちの方が前向きで正しいのかもしれないけど、自分はやらない。とにかく審判のジャッジには文句を言わずに従う。正しいか誤りかというより、好きか嫌いかという問題。

そういえば最近、正しくないことでも好きだなあと思うことがある。多少の罪悪感はあっても、やはり自分が好きだなあと思うことを信じた方が良いのかもしれない。こうして、ますますダメな大人になっていく(笑)。

まだサッカーマガジンを読んでない人は、ぜひ武智氏のテキストを読んでみてください。とてもよいことが書いてあるから。いちばん最後のページ。
コメント