football smile

the days turn into months and years

WC フランス vs クロアチア(NHK)

2018-07-16 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 決勝戦
2018年7月15日(土)24:00キックオフ
ルジニキ・スタジアム/モスクワ(NHK)

フランス 4 - 2 クロアチア

今大会もまたフットボールを堪能させてもらった。何だかんだ言っても、やはり世界一を争う大会はすごいのだ。ファイナリストとなった両チームは、今大会を象徴するチームであると思う。突出したスター選手に頼ることなく、組織としての連動で戦う姿勢に好感が持てる。それが即ち時流というものである。個人的に注目しているのは、グリーズマン対モドリッチのゲーム構築。

フランス先制。クロアチア追い付く。またフランスが勝ち越す。さらにフランスが突き放す。それでもクロアチアが1点返す。常にフランスが先手を打つ展開は、予想通りというべきか。案外粘りが身上のクロアチアのペースというべきか。しかし、やはりフランスの方が一枚上手と見るべきだろう。それはタレントというよりは、チームに根付いた伝統と経験のようなものかも知れない。

モドリッチがもっと前線でプレーできれば、クロアチアにもチャンスがあったのに、さすがに疲労もあったのであろう。それをさせなかったフランスは、本当に強かった。チームの完成度も高かった。デシャン監督の手腕も伺い知ることができる、見事な世界チャンピオンであった。

コメント

WC ベルギー vs イングランド (EX)

2018-07-15 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 3位決定戦
2018年7月14日(土)23:00キックオフ
サンクトペテルブルク・スタジアム/サンクトペテルブルク(EX)

ベルギー 2 - 0 イングランド

いつも思うのだが、3位決定戦というのは、何とも微妙な空気が漂っている。チームによっては、主力を帰しちゃうなんてこともある。完全に消化試合だ。世界3位を決めるのだから、そりゃあ立派なものだと思うのだが、ことW杯に関していえば、やはり頂点に立たなければ意味がない。そんな風潮を強く感じる。

優勝候補と言われたベルギーは、前評判通り本当にすごいチームであった。一方のイングランドは、前評判がさほど高くはなかったが、いやいやどうして若いチームの勢いをサウスゲート監督が見事にまとめ上げていた。しかし今日の試合は、両チームの完成度の違いがそのまま結果に現れたようだ。ボールを持つイングランドに対して、とんでもなく高精度のカウンターで仕留めるベルギー。何をそんなにパスを回しているのだ。こうすればゴールは決まるのだ。アザールはそう言っているようであった。

コメント

WC スウェーデン vs イングランド (NHK)

2018-07-08 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 準々決勝
2018年7月7日(土)23:00キックオフ
サマーラ・アリーナ/サマーラ(NHK)

スウェーデン 0 - 2 イングランド

個の力に頼ることなく、チームとしての戦いに重きを置く両チームの戦い方は、昨日のフランス以上と言える。派手なプレーでスタジアムが沸くことはあまりないが、じっくり渋い戦術の応酬が淡々と続いて行く静かな展開。突っ込んで抜かれるよりは、構えて上げさせて中で跳ね返すスウェーデンの守備なんて、なるほど堅守という言葉をピッチに描くとこうなるのだなあと感心してしまう。その堅守を破るにはセットプレーしかないだろうと言わんばかりに、セットプレーの得意なイングランドがコーナーキックをモノにした。

育成マネージメントの成果という新生イングランド。結果には相応の理由がある。それも含めて、やはり結果こそ全て!なのだと思う。アンブロのユニフォームを着なくても、4バックを並べなくても、イングランドはイングランドである。伝統を履き違えてはいけない。もっともっと魂の奥深くに刻まれたもの。それが伝統である。母国の誇りと品位あるプレーで優勝を目指して欲しい。

コメント

WC ウルグアイ vs フランス(TBS)

2018-07-07 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 準々決勝
2018年7月6日(金)23:00キックオフ
ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム/ニジニ・ノヴゴロド(TBS)

ウルグアイ 0 - 2 フランス

巡り合わせというか、今大会はフランスの試合を観る機会が多い。若き才能エムバペが話題になっているけど、フランスはチームとしての完成度が高くて、観ていてとても面白いことは確かだ。その中心にいるのがグリーズマンということになる。まあ、本当に良く周りが見えているし、パスもゴールもできる。気がつけばボールはグリーズマンのところにあるといった感じ。そして、やはり司令塔は長袖着用。

スアレスとカバーニの二枚看板で攻撃を完結させるウルグアイにとって、看板を一枚降ろさざるを得ない状況は、あまりに厳しいものであった。これは他のチームにも言えることだが、ある特定のスター選手に頼りすぎる戦術には、限界があるということかも知れない。だって、その選手がいなくなったらおしまいだから。スターの存在というのは良し悪しなのか?それとも、あくまで監督の手腕なのか?

コメント

WC ベルギー vs 日本(NHK)

2018-07-03 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 決勝トーナメント 1回戦
2018年7月3日(火)3:00キックオフ
ロストフ・アリーナ/ロストフ(NHK)

ベルギー 3 - 2 日本

日本もそれなりの評価を得ているけど、試合開始まではベルギーの凄さばかりが際立っていて、一体どうなることかと思っていた。しかし前半を見る限り、よく戦えているではないか。決して守備一辺倒というわけでもなく、攻めるべきところはキッチリ攻めて試合を作っている。まさかはあるのか?ないのか?期待繋いで後半へ。

そしたら、いきなりチャンスがやって来た。そしたら、いきなりチャンスを決めた。まさかはある。2点をリードするというまさかの状況は、しかし逆に日本に試練を与えたのかも知れない。ベルギーの重圧が徐々に加速し始めた。それでも日本は受身になることなく、3点目を取りに行っていた。いくつもチャンスを作り出していた。そこが何より評価できるのではないか。

結局、歴史は変わらなかった。それでもまた少しだけ歴史は前へ進んだように思う。結果こそ全て!結果はそう簡単に手に入らない。まだまだ結果を求めなければならない。

コメント

WC スペイン vs ロシア(TBS)

2018-07-02 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 決勝トーナメント 1回戦
2018年7月1日(日)23:00キックオフ
ルジニキ・スタジアム/モスクワ(TBS)

スペイン 1 - 1(PK 3-4) ロシア

予選リーグで見ることができなかったスペインの試合をようやく観戦。強豪国が敗退して行く中で、よくぞ勝ち残ってくれたものだ。ロシアは開催国のアドバンテージがあるとはいえ、何しろ相手がスペインである。3バックと言いつつ5バックで望む。さあ、守るぞ!という気持ちが十分伝わって来る。先制されても何とか追いついて、ハーフタイムをむかえる。

圧倒的にボールを支配するスペインに対して、5人のラインを2本引いて、やはり守るぞ!という気持ちに変わりはないロシア。結局のところ、最後までその姿勢を徹底したのが良かった。ブレずに続ける。信じて続ける。それしかないという覚悟を持った戦いが結果をもたらした。個の力が叫ばれる昨今、チームの力を見せつけたロシアは賞賛に値する。

コメント

WC フランス vs アルゼンチン(TBS)

2018-07-01 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 決勝トーナメント 1回戦
2018年6月30日(土)23:00キックオフ
カザン・アリーナ/カザン(TBS)

フランス 4 - 3 アルゼンチン

いきなりこの対戦ですかあ!という好カードである。予選リーグを見た限りでは、フランスへの期待の方が大きい。しかし何しろ「神の子」がいるわけだし、アルゼンチンだって調子は上がってきているかも知れない。現にPKで先制されたにも関わらず、前半のうちに追いついて後半早々に逆転したときには、さすがアルゼンチンという他ない。

しかし、サッカーの神様がこの試合のヒーローに選んだのは、若干19歳のアタッカー・エムバペであった。圧倒的なスピードを武器に躍動するこの若者は、確かにサッカーの未来を見ているようである。もちろん、過去を背負ったベテランの活躍も胸を打つ者であるが、未来に向かう若者の活躍に勝るものではない。フランスやイングランドを見ているとそう思う。あと、グリーズマンが終始良い働きをしていたね。こういう選手が好きなのだ。

コメント

WC 日本 vs ポーランド(CX)

2018-06-29 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 グループH 第3戦
2018年6月28日(木)23:00キックオフ
ヴォルゴグラード・アリーナ/ヴォルゴグラード(CX)

日本 0 - 1 ポーランド

好調な時はスタメンを変えない。サッカーの鉄則である。強豪相手に第1戦を勝利し、第2戦を引分けた日本は、もちろん好調と見ることができる。それでも西野監督はスタメンを6人入れ替えてきた。まさか、決勝トーナメントを見据えたということはないだろう。とにかく予選リーグ突破のために。とすると、どのような意味がそこにあるのか?

他会場でコロンビアが先制したことによって、失点もカードも許されないという微妙な状況が生まれた試合終盤、どちらもボールを回して試合終了を待つ。 ブーイングに包まれるスタンドを尻目に、ただただ試合終了を待つ。本意ではない。それでも勝ち上がるために本意を捨てる。その選択は、絶対に間違いではないと思う。喜びを爆発さることができなかったのは、この試合に負けたことの報いではあるが。

フェアプレーポイントの差で日本はベスト16入りを果たした。負けたって、モヤモヤしたって、結果こそ全て!だ。

コメント

WC 韓国 vs ドイツ(NHK)

2018-06-28 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 グループF 第3戦
2018年6月27日(水)23:00キックオフ
カザン・アリーナ/カザン(NHK)

韓国 2 - 0 ドイツ

ようやくドイツが見られるぜ!と思ったら予選リーグ最終選であり、なんと決勝トーナメントに進めないかも知れないという崖っぷちの状態である。一方の韓国も連敗を喫しており、どうしても勝たなければならない。どちらもそろって予選リーグ敗退の可能性がある試合は、ドイツがすんなり勝利するのか?それとも、もしかしてもしかするのか?

エジルとクロース、どちらも好きな選手なので、やはりドイツを応援してしまう。しかし、後方から試合ですを組み立てるクロースに対して、明らかに本調子ではないエジルの動きが重い。前線へのパスにキレがない。こりゃあ、本命ドイツも苦戦続きなわけだ。それでも猛攻を続けるドイツに勝機があるように思えた。ところがそうは行かないのがW杯なのだ。

アディショナルタイム早々に韓国が劇的なゴールを決める。それもこれもVARのおかげである。そして、ここで終わらなかったのがすごい!アディショナルタイム9分もすごい!ノイアーが留守にしたゴールへ向かって追加点を叩き込んだのもすごい!劇的な幕切れも両者予選敗退という結果もすごい!

コメント

WC ウルグアイ vs ロシア(TBS)

2018-06-26 | football

FIFAワールドカップ・ロシア大会 グループA 第3戦
2018年6月25日(月)23:00キックオフ
サマーラ・アリーナ/サマーラ(TBS)

ウルグアイ 3 - 0 ロシア

開催国として快進撃を続けていたロシアであるが、以外にもFIFAランキングは出場国中最下位なんだね。まあ、今大会では強豪国が苦戦しているし、日本がグループ首位に立っているし、ランキングはあまりあてにならないのかも知れない。

しかし、今日の相手は本物だった。スアレスのFKを一体誰がどうやって止めることができるのか。それにしてもウルグアイの選手は、みんな見るからに厳つくて悪そうだ。特にカバーニなんて、その威圧的なルックスからして、いやいやまともに相手にしたくはない。どうか機嫌を損なわないように。と思っていたら、最後に今大会初ゴールを決めた。良かった良かった。

コメント