football smile

the days turn into months and years

J1 浦和 vs 神戸(DAZN)

2018-09-23 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第27節
2018年9月23日(日)18:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 4 - 0 ヴィッセル神戸

前売チケット完売という、最近では珍しい注目の一戦である。しかし、その注目の的であるイニエスタが不在だって。なんじゃそりゃあ。チケットを払い戻したい!という人もさぞかし沢山いることだろう。もちろん、私もTVの前でがっかりである。神戸の選手となってから、まだイニエスタのプレーを見ていないのだ。別に神戸の試合を観ればよいだけのことだけど、神戸の試合って面白いのかなあとも思う。

       興梠

     柏木  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  長澤

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ボールを保持する神戸に対して、浦和はシンプルにゴールへの最短距離を狙う。何ともらしくない青木のゴールで先制した浦和は、お見事!としか言えない柏木君と興梠のコンビネーションで追加点も奪う。さらに武藤も技ありのゴールを決める。駄目押しは長澤だ。ボールが欲しい神戸と、ゴールが欲しい浦和といった感じ。もちろん、ゴールを得た方が勝つわけで、当然ながら浦和が勝利した。今日の神戸の戦い方は、悪い時の浦和のそれによく似ていたように思う。

        李

     柴戸  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  阿部

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ワールド・クラスの選手を買い込んで、監督を変えてまでしてポゼッションを手に入れようとする神戸のチーム作りは、はたして上手く行くのだろうか?浦和も買物好きだけど、神戸のブランド志向とはちょっと違う。勝てるチームを作るのか?魅力的なサッカーを見せるのか?最も大切なフィロソフィーを手に入れているクラブは、Jリーグに一体どれだけあるのだろう。オーナー気分でクラブ作りを考えたのは、画面に三木谷会長の姿が映ったからかも知れない。  

コメント

J1 横浜M vs 浦和(DAZN)

2018-09-16 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第26節
2018年9月16日(日)16:00キックオフ
日産スタジアム(DAZN)

横浜Fマリノス 1 - 2 浦和レッズ

何気に勝点を取りこぼしているうちに、いよいよ降格圏が見えてきた。浦和もマリノスもオリジナル10のプライドを捨てて、そろそろ本気出をさないといけない。いや、本気を出しているのだが勝てないのだ。その現実を目の当たりにするのが寂しいところ。せっかくマッチしてきたファブリシオも長期離脱を余儀なくされた。明るい話題がない。

       興梠

 マルティノス  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  長澤

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

終止マリノスにボールを持たれる展開は、日本代表に選出された天野の存在によるところが大きい。柏木君がいない浦和としては、マリノスのハイラインの裏を狙って一気に攻めるしかない。オフサイドにかかることしばしば。それでも攻撃の糸口はそこしかない。宇賀神が先制するも、ウーゴヴィエイラに難なく追いつかれてしまった。

       興梠

     荻原  武藤

宇賀神          平川
     青木  阿部

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

やはり長澤だけではつなぎが弱いか。しかし浦和は、荻原を入れて平川を入れて、ただひたすら裏を狙う。もう本当に悲しいけれど、それしか打つ手はない。ようやく青木のパスと武藤の動きがマッチして勝ち越した。最後に阿部ちゃんを入れてクローズさせたものの、かつてチャンピオンを争った両チームにとっては、内容に乏しい試合であった。

コメント

J1 浦和 vs C大阪(DAZN)

2018-09-01 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第25節
2018年9月1日(土)19:30キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 1 - 2 セレッソ大阪

前節、試合後のインタビューで主審を侮辱する発言があったとされるオリヴェイラ監督は、2試合のベンチ入り停止処分となった。確かにあの発言はよろしくない。非常に気分を害する発言であった。本人にあまり反省の色を感じないのもいかがなものかと思うが、まあ大槻ヘッドコーチの代役に期待しよう。何しろ無敗神話を持っているのだから。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

アクシデントによるファブリシオの交代は、結果的に李の先制ゴールをもたらした。決して喜んで良いわけではないのだが、久しぶりに興梠、武藤、李と並んだ攻撃陣は、相手の杉本、清武、柿谷に引けを取らない連携を見せてくれた。ワンタッチで鋭く敵陣内に切れ込んで行く様は、随分懐かしい光景のようにも思えた。ミシャの幻影は、まだ色濃く残っている。

       興梠

     李   武藤

萩原           橋岡
     青木  柏木

  槙野     阿部   マウリシオ

       西川

後半は完全にセレッソに主導権を握られてしまった感じで、高木の軽快な動きも目立っていた。浦和の最後のピースが阿部ちゃんというのも、よくわからない選択であった。その効果も確認できないまま、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。逆転負け。このところ勝てない。失点が多い。何がどうというわけではないのだが、ちょっとスタメンをいじくってみるのも良いのではないだろうか。

コメント

J1 名古屋 vs 浦和(DAZN)

2018-08-26 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第24節
2018年8月26日(日)18:00キックオフ
豊田スタジアム(DAZN)

名古屋グランパス 4 - 1 浦和レッズ

先週、出張で豊田市へ行ったので、ついでにスタジアムを見学して来た。実に8年ぶりだったけど、随分老朽化が進んでいるなあという印象。改修工事に着手しているが、費用対効果が得られないとの判断で、自慢の可動式屋根は手を付けないらしい。なかなか難しい問題である。ということとは関係なく、少々サボっていたので、浦和の観戦も久しぶりだ。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     長澤  青木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

下位に低迷していた名古屋が完全に復活した。ジョーの上手さはピカイチだし、相馬みたいな若手の台頭もある。的確な選手補強が功を奏したと言われているが、おそらくそれはきっかけに過ぎない。サポーターも含めて、好転し始めたチームの雰囲気が、選手を後押ししているように感じる。のってるなあ。こういうチームは何より強い。

     ファブリシオ

     李   武藤

荻原           橋岡
     長澤  青木

  槙野    阿部   マウリシオ

       西川

さて、浦和である。オリヴェイラ監督になって堅くなったと言われているわりには、リーグ戦ここ2試合で7失点である。さらに攻撃はこれからということらしい。かつて、あまりに美しい攻撃を構築した後遺症か。チームの再建というのは、いろいろと大変なのだな。弱いチームを強くする以上に、強かったチームを強くするのは難しい。

コメント

J1 鳥栖 vs 浦和(DAZN)

2018-08-11 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第21節
2018年8月11日(土)19:00キックオフ
ベストアメニティ・スタジアム(DAZN)

サガン鳥栖 1 - 0 浦和レッズ

ゴールを決めるのがFWの仕事である。ただ、FWだけでゴールは決まらない。そこまでの道のりは結構長い。いつの間にか鳥栖のツートップは、フェルナンド・トーレスと金崎夢生になっているではないか。個の能力で言ったら、Jリーグ屈指であることは間違いないだろう。そこへの道のりを示すことができるか?それが即ち、降格圏に沈むチームを救う道標となる。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ここ数試合まったく変わらないスタメンに、オリヴェイラ監督の手応えを感じることができる。後半の選手交代も然り。阿部ちゃん、森脇、李を送りこんで、チームの活性化を図るとともに、しっかりとゲームをコントロールさせる。その狙いは非常に的確である。今日も試合は浦和のものだった。ただ今日の結果は鳥栖のものだった。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          森脇
     阿部  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

浦和の同点ゴールが幻となった後、これまた電撃復帰を果たした3人目のFW豊田陽平がピッチに立つ。これでスタジアムの空気は、完全に鳥栖のものとなった。フィッカデンティ監督は、こういう采配もするのか。高橋秀人のゴールと言い、テクニカル面をメンタル面が押さえつけたような試合だった。こういう試合を御膳立てする浦和というのは、やはり昔から変わっていないなあと思う。

コメント

J1 浦和 vs 長崎(DAZN)

2018-08-05 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第20節
2018年8月5日(日)19:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 0 - 0 V・ファーレン長崎

初めて埼玉スタジアムを訪れるチームは、その雰囲気に呑まれてしまうという。ところが長崎にはそんな気配は感じられない。淡々と自分達のプレーを繰り出している。確かにプレーの精度は浦和の方が上だと思うが、チームとして戦う姿勢は、なかなかの完成度ではないか。これも高木監督の手腕の賜物か。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

前半スコアレスという結果は、完全に長崎のペースであったと言える。浦和は早い時間にゴールを狙うべきであった。しかし、長崎の5バックの裏へ抜け出すことができず、相手の堅いゲームプランに付き合ってしまった。それどころか、ファンマと鈴木武蔵の攻撃に脅かされることもしばしば。そこを耐えることができた守備力の向上は、評価できるのではないか。

       興梠

     李  ファブリシオ

宇賀神          森脇
     阿部  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

どちらにも勝点3を取るチャンスがあったということで、 ドローは受け入れるべきであろう。西川、徳重の両GKの好セーブが随所に見られたことも、スコアレスという結果につながっている。願わくば3連勝と行きたかったが、フットボールはそんなに甘くはない。上位チームに連勝して、下位チームに引分というのもまた、いかにもフットボールらしいなあと思う。

コメント

J1 浦和 vs 川崎(DAZN)

2018-08-01 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第19節
2018年8月1日(水)19:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 2 - 0 川崎フロンターレ

そういえば、前回の対戦は等々力でライブ観戦だった。気分良く快勝したのも記憶に新しい。前節、広島からまさかの4ゴールを奪った勢いをそのままに、開始早々に先制点を決めた。武藤の動き出しというよりは、谷口が目測を誤ったおかげでスペースができた。興梠のワンタッチでボールはゴールへ。毎度のことながら上手いねえと感心する。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

さあ、ここからどう戦う。攻めに行くのか?守りに入るのか?ボールは川崎が保持する。浦和はじっくり構える。そういうことか。そして要所でショートカウンターを繰り出す。特に柏木君の攻め上がりが顕著だ。ここぞという時にパスを受けに、あるいは自らドリブルで一気に前線へ向かう。これまでもそういう動きは見られたが、その精度が格段にアップしたように思う。

     李  ファブリシオ

宇賀神          森脇
       柏木
   阿部      青木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

オリヴェイラ監督のゲーム・プランもかなり明確になってきたようで、先行逃げ切りという、かつての鹿島を見ているようである。阿部ちゃんも森脇も李も、途中出場で非常に良い仕事をしている。森脇完全復活も近いのではないか。上位チームに連勝したことで、かなりの自信を得たことは間違いない。いよいよ快進撃の予感が芽生え始めた。

コメント

J1 広島 vs 浦和(DAZN)

2018-07-28 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第18節
2018年7月29日(土)19:00キックオフ
エディオンスタジアム広島(DAZN)

サンフレッチェ広島 1 - 4 浦和レッズ

どちらにとっても因縁の相手であることに変わりはない。しかし、浦和はオリヴェイラ監督、広島は城福監督の体制となって、選手もシステムもすっかり様変わりしてしまった。かつてのような完全なるミラーゲームというのは、もはや存在しない。いつまでも変わることなく生き続けるのは、次から次へと選手を抜かれた広島の怨念のみである。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

ゴールが決まる時というのは、もちろんそれなりの理由がある。1点目は興梠の動き出し、2点目は宇賀神のクロス、3点目は柏木君のカウンター、4点目はファブリシオの個人技。特に1点目のゴールが素晴らしかった。パスの出し手と受け手の共通認識とタイミングが全て。相手DFが一瞬止まってしまったかのような時間の創出は、やはり唸るしかないのである。

     李  ファブリシオ

宇賀神          橋岡
       青木
   阿部      森脇

  槙野  マウリシオ  岩波

       西川

阿部ちゃんを入れて柏木君をひとつ前へ送る。次に李を入れて前線を活性化する。最後のピースは以外にも森脇で、3ボランチで守備を堅める。シナリオ通りに締めくくったところは評価できる。首位の広島に土を付けたところも評価できる。少しづつ馴染み始めた新加入選手との融合によって、まだまだ進化と成長の余地は残されていような気がした。 

コメント

J1 C大阪 vs 浦和(DAZN)

2018-07-22 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第17節
2018年7月22日(日)19:00キックオフ
ヤンマースタジアム長居(DAZN)

セレッソ大阪 1 - 1 浦和レッズ

W杯、終わっちゃったなあ。楽しかったなあ。浦和を観るのも久しぶりだなあ。と思っていたら、遠藤がベルギーへ移籍する。今日が浦和の選手としてのラストマッチであるらしい。出場機会を得られなかったW杯が終わって、やはり想うところがあったのだろう。次の大会は日本代表の主役になれる逸材であるだけに、残念だが仕方あるまい。

       興梠

 ファブリシオ  武藤

宇賀神          橋岡
     青木  柏木

  槙野  マウリシオ  遠藤

       西川

W杯中断前は、さかんに4バック移行が囁かれていたのだが、今日は3-4-2-1という布陣。ファブルシオが入ったくらいで、まあそれほど変化は見られない。戦術面でもあまり突出した改善は見られない。連携もあるようなないような中で、それでも興梠は決めた。もうここしかないのかね、得点が生まれるのは。W杯でも活躍していたアンドリューナバウトが戻ってきたら、また変わるのかも知れない。

       興梠

 ファブリシオ  マルティノス

萩原           橋岡
     青木  阿部

  槙野  マウリシオ  遠藤

       西川

相手チームの左サイドには、昨年まで浦和に在籍していた高木俊幸がいた。相変わらずのテクニックでチャンスを作り出し、先制点まで決めてしまった。本人は特に意識していないとのことらしいが、あの喜びようは相当意識していたんじゃないかな。とても好きな選手だっただけに、何とも複雑な気持ちである。移籍というのは、選手にとってもサポーターにとってもドラマがある。

コメント

J1 G大阪 vs 浦和(DAZN)

2018-05-20 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第15節
2018年5月19日(土)14:00キックオフ
パナソニックスタジアム吹田(DAZN)

ガンバ大阪 0 - 0 浦和レッズ

この時期は、否が応でもW杯と日本代表に関心が行く。日本代表に選出された槙野と遠藤は、浦和の守備の要だけど、それだけではない魅力を持っている。二人共前線まで上がって行くことがあるし、特に遠藤はそのパス・センスにおいても非凡なるものを感じる。そういうところが今日の試合に出れば良いなあと思いながら、AXISの試合でヘロヘロになった体でDAZN観戦。

     武藤  興梠

       柏木
宇賀神          橋岡
     青木  長澤

  槙野  マウリシオ  遠藤

       西川

お互い攻めるし守るし、ボールはよく動いている。決定機も何度か作り出した。白熱した良い試合でしたねえ。まあ、そう言えなくもない。もちろんゴールが一つも生まれない試合だって、面白い試合はたくさんある。でも今日の試合は、そういう試合ではなかったように思う。不調チーム同士がもがいている。よく守り切ったといよりは、どうしても得点できなかったという印象が強いのだ。ウ〜ン、これで大丈夫なのだろうか。

     李  マルティノス


       武藤
宇賀神          橋岡
     柏木  山田

  槙野  マウリシオ  遠藤

       西川

ここでリーグ戦は一時中断される。浦和にとっては、いよいよ本格的にチーム再建が施される重要な時期となる。オリヴェイラ監督の手腕も試される。是非とも、今日の試合のようなモヤモヤした雰囲気を一掃してほしい。西川と東口のユニフォーム交換を見ながら、切にそう願うのであった。しかし、やっぱり日本人ナンバーワンGKは、西川周作だと思うけどね。

コメント