football smile

the days turn into months and years

J1 甲府 vs 浦和(SKY)

2016-07-31 | J1

Jリーグ・ディビジョン1 2stステージ 第6節
2016年7月30日(土)18:00キックオフ
山梨中銀スタジアム(SKY)
ヴァンフォーレ甲府 0 - 2 浦和レッズ

        李

     武藤  高木

宇賀神  阿部  柏木  関根

   槙野  那須  森脇

       西川 

甲府盆地は暑そうだなあ。優勝争いと残留争いという立場は違えど、甲府はチームのスタイルを持っている。なかなか厄介な相手というイメージがある。そういうチームは侮れないのだ。浦和と対戦するチームは、5-4-1という極端な守備的布陣を敷くことが多い。そうなると、浦和の攻撃陣が5人並ぶので、10人のラインが行ったり来たりということになる。

前節2得点の李をワントップに据えて、その下に高木を配した攻撃陣は、おそらく興梠を欠いたメンバーではベストだろうと思う。スピードよりテクニックで相手をかわす高木のプレーは、オプションとしても面白い。柏木君と比べてもそん色ないFKも蹴ることができる。その良さは、2点目の李のゴールに活かされていた。

後半途中にボランチの青木を投入する。今や完全にクローサーとして定着した選手である。勝っている場合は、これで失点のリスクが削減される。負けている場合は、他の選手がより攻撃に集中できる。こういう古個々の選手の特徴が上手く活かされているよいうのは、やはりミシャ監督のチーム作りの妙であろう。

まあ、今日のところは安心して観ていることができた。誰かがいないから機能しないということがない。変わりの選手が活躍して、また違った良さを発揮することができる。それが本当に強いチームであると思う。そして浦和は、本当に強いチームに近づきつつあるようだ。 

コメント

AXIS vs NTTF(大井第一)

2016-07-30 | axis



全日本設計事務所リーグ15-16シーズン第11節
2016年7月30日(土)15:00キックオフ
大井埠頭第一球技場
AXIS 1 - 1 NTTF


全勝優勝は逃したけど、無敗優勝は立派だと思います。まだまだ頑張らねばならんちゅうことだ。来シーズンの開幕戦に向けて、またしっかり準備します。

コメント

toto862

2016-07-29 | toto

甲府は厄介だね、というイメージ。

A組シングル

1  甲府×浦和  2
2  福岡×仙台  2
3  湘南×川崎  2
4  新潟×F東京 2
5  神戸×大宮  2

B組シングル

1  磐田×柏   2
2 G大阪×広島  0
3  鳥栖×鹿島  2
4  清水×岐阜  1
5  京都×C大阪 2

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 1勝43敗 +¥300−¥4400=−¥4100

コメント

次の目標

2016-07-28 | axis

あの黒田さんがまさか…。広島東洋カープの黒田博樹が、日米通算200勝を達成した。まさかあの新井さんが…。先に2000本安打を達成した新井貴浩といい、今シーズンの広島は偉業達成に湧いている。このままの勢いで行けば優勝も夢ではない。広島ファンには申し訳ないけど、まさかあの広島が…といった感じである。記者会見の席で次の目標を聞かれた黒田はこう答えている。201勝するために、しっかり準備してマウンドに上がる。それだけです。

まさかあのAXISが…。創部32年目にしてAXISは初のリーグ優勝を手にした。本当に本当にうれしかった。8人で試合をしたこともあるし、11失点したこともあるし、1年で1勝しかできなかったこともあるけれど、AXISでプレーをするのは、いつだって最高に楽しかった。このチームでこのメンバーと成し得たことがうれしかった。でもこれで終わりじゃないよ。次の目標は、今シーズンの最終戦に勝つために、しっかり準備してピッチに立つ。その次の目標は、来シーズンの開幕戦に勝つために、しっかり準備してピッチに立つ。それだけです。

コメント

futsal39

2016-07-27 | axis

11月の大会に向けて仕事終わりの練習が続く。これをやっておくと、リーグ戦でも動きが違うような気がする。少々左膝が痛いけど。

コメント

DIED IN THE WOOL

2016-07-24 | music

DAVID SYLVIAN
18 MAY 2011
SamadhiSound sound-cd ss021
http://www.davidsylvian.com


さて、今度はデビ・シルを聴こうか。NINE INCH NAILESのアルバム・カバーを見てそう思った。気持ちが入らないと聴くことができない音楽というのは、果たしていかがなものか?そう思わないこともない。いつからこんな風になってしまったのか?そう思わないこともない。それでもまあ、やはり聴くわけだ。休日の朝から聴いたりすると、なかなかグッとくるものがある。何だかとても遠くへ来てしまったなあと思う。

現代音楽の作曲家、藤倉大とのコラボ云々が注目された。藤倉大といえば、坂本龍一のオーケストレーションで名前を聞いたことがある。やはりこのあたりは繋がっているのだ。

アルバムの中では、「I Should Not Dare」と「A Certain Slant Of Light」みたいな曲が好きなのだが、例えどんなに遠くへ来たとしても、こういう曲(あるいはメロディ)があることが救いである。そして、改めてこの人の最大の魅力は、その唄声にあるのだなあと実感する。もう昔のような曲を創ることは絶対ないだろうけど、どこかで思い出すような曲は残して欲しいものだ。

コメント

J1 鹿島 vs 浦和(SKY)

2016-07-23 | J1

Jリーグ・ディビジョン1 2stステージ 第5節
2016年7月23日(土)18:30キックオフ
カシマサッカースタジアム(SKY)
鹿島アントラーズ 1 - 2 浦和レッズ

      ズラタン

     武藤  高木

 関根  阿部  柏木  梅崎

   槙野  那須  森脇

       西川 

2ndステージいきなりの上位対決。1stステージの借りを返す意味でも、絶対に勝ちたい大一番である。リオへ旅立った遠藤と興梠の穴をいかに埋めるか?これはあまり良くない表現だけど、同じスタイルを貫くにしても、選手が変わればそうは行かないのが現実である。それが良い方向へ転換されることが大切ではないかと思う。

好調の李ではなく、ズラタンの先発をチョイスした浦和は、必要以上に攻撃の布陣を変えた印象を受ける。これは後半に動きを求めたからかも知れない。結果として、後半から出場した李がゴールを決めたわけで、決して間違えではなかったのだが、おかげで前半の高木の役割が非常にあいまいになってしまった。久しぶりの先発であっただけに、これはちょっと酷な使われ方だった。

逆転したところで浦和は完全に守りに入った。このあたりは、相手が鹿島ということで仕方なしか。攻める気持ちはあるけど、そこはやはり慎重になっていた。難しい駆け引きが続く中で、上手く往なしたのは浦和だった。その術を理解した選手が、浦和の方に多かったとも言える。あとは、西川君と曽ヶ端の差かな。というわけで、見事にリベンジを果たしたのだった。

コメント

toto861

2016-07-22 | toto

今度は勝てよ、鹿島に。興梠いないけど。

A組シングル

1 名古屋×甲府  0
2  鹿島×浦和  2
3  川崎×F東京 1
4  仙台×湘南  1
5  広島×神戸  1

B組シングル

1   柏×G大阪 1
2 横浜M×磐田  1
3  福岡×鳥栖  0
4  山形×岡山  1
5  金沢×熊本  0

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 1勝41敗 +¥300−¥4200=−¥3900

コメント

toto860

2016-07-19 | toto

ミッドウィークのJ2という難しさ。

A組シングル

1  札幌×松本  1
2  水戸×長崎  0
3  岐阜×金沢  1
4 C大阪×町田  1
5  岡山×横浜C 1

B組シングル

1  山形×千葉  2
2  群馬×北九州 0
3  清水×東京V 1
4  京都×讃岐  1
5  愛媛×山口  0

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 1勝39敗 +¥300−¥4000=−¥3700

コメント

THE DOWNWARD SPIRAL

2016-07-18 | music

NINE INCH NAILS
8 MAR 1994
iTunes
http://nin.com


Russell MillsといえばDavid Sylvianを思い浮かべる世代である。そんなわけで、このカバーを見れば、もちろんピンとくる。両者がこの世界観を共有できるものなのだという驚き。もしかしたら、内向的な精神のどこかに共通点があるのかも知れない。ビジュアルからしてそんな想像を巡らせることができるこのアルバムは、NINE INCH NAILSの代名詞となっている2ndである。でもやはりこのアートワークからは、David Sylvianの音の方が想像しやすいかなあ。

このアルバムは、まず何より音が良い。歪んでいるくせに、一音一音が際立って聴こえる。これはミックスの良し悪しなのか?音のチョイスなのか?ちょっと聴いたことがない感覚である。インダストリアルだとか、ノイズだとか、そういう単語からはイメージしにくい緻密なデコンストラクティビズムが感じられる。そこにファンはグッとくる。「Piggy」のドラムとか、こりゃあかっこいいなあと。

すべての楽曲は、ラストの「Hurt」の美しさを際立たせるためにある。そういう聴き方もできるところがずるい。トレント・レズナーの感性に嫉妬するしかないのである。

コメント