football smile

the days turn into months and years

LC 新潟L vs I神戸(等々力)

2015-12-27 | nadeshiko

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 決勝
2015年12月27日(日)14:00キックオフ
等々力陸上競技場
アルビレックス新潟レディース 0 - 1 INAC神戸レオネッサ

日テレ・ベレーザを応援しているイマノ氏は、早々に決勝戦のチケットを購入していたらしい。ところが、準決勝でまさかの敗退。それでも観戦に行くというので、同行することにした。ちなみに我が浦和は、準々決勝で早々に姿を消している。先日、引退を発表した澤穂希のラストゲームとあって、等々力陸上競技場には2万人の大観衆が集まった。しかし、サポーターの数では新潟が圧倒していた。かく言う我々も新潟側に座ったため、神戸の応援は全然聞こえない。このあたり、なかなか複雑な選手とクラブとサポーターの関係が顕著に現れている。

当然のように、澤はゴールを決めてチームを優勝に導いた。出来過ぎた結末を自らの手で引き寄せるあたりは、やはり特別な選手なのだと思う。すごいねえ。さすがだ。

しかし、それ以上に今日の試合で感心したのは、新潟の上手さであった。堅い守備からのビルドアップは、神戸より数倍完成度が高かった。むやみに前へ蹴り出すことはしない。それは、意図のないパスがほとんどないということである。その意識はJ2のチームより徹底されているみたいだ。外へ中へ逆サイドへとボールを運ぶ連携は、チーム力の高さをうかがい知ることができる。あとは決定力があれば、さらに強くなるだろう。キャプテン上尾野辺がサイドに開いてゲームを作るあたりが、実は今日の試合の見どころであったような気がする。

どういう立ち位置で何を観るか?それによって得られるものは異なる。素直に「澤すごかったね」という感動がある一方で、本気で勝ちに行った新潟の頑張りもまた感動に値する。新潟のホームゲーム扱いのはずなのに、何でアウェーの白いユニフォームだったのかなあ。

コメント

EAC 日本女子 vs 韓国女子(CX)

2015-08-04 | nadeshiko

EAFF 女子東アジアカップ2015 決勝大会 第2節
2015年8月4日(火)19:20キックオフ
武漢体育中心(CX)
日本女子 1 - 2 韓国女子

今回招集されなかったメンバーがAチームとして、第1戦がBチームだとすると、今日の第2戦はCチームということになるか。まあ、そうかもしれない。しかし、相手の違いもあるけれど、間違いなく初戦よりは良い展開を見せたと思う。もう少しパスのスピードが上がれば良かったのだが、使い過ぎのピッチが荒れていて、ボールが跳ねてしまうようだ。

追いつかれてから終盤にかけての戦い方には、少々物足りなさを感じた。前へ出なければならないところで、前へ出ることができない。勝負を避けているようにも見えてしまう。あそこの勇気があればAチームに入れるかな。戦わなければ勝つことはできない。そこが今日のチームには決定的に欠けていたのではないか。

コメント

EAC 北朝鮮女子 vs 日本女子(CX)

2015-08-01 | nadeshiko

EAFF 女子東アジアカップ2015 決勝大会 第1節
2015年8月1日(土)19:20キックオフ
武漢体育中心(CX)
北朝鮮女子 4 - 2 日本女子

W杯もまじめに見ていなかったので、久しぶりのなでしこ観戦。誰の目にも明らかなように、なでしこの問題は世代交代であろう。世界一になったチームを解体するのは容易なことではないけれど、それをしないことには前へ進めない。あまり良い例えではないけれど、レッズレディースが容赦なくベテラン選手を切るように、なでしこもベテラン選手を切らなければならない。そういう見方をした場合、興味深い大会ではある。

2度追いついたことは評価できるが、やはり試合運びに未熟さが出てしまったのではないか。失点場面を見ても、守備の人数は揃っている。そこはやりようの工夫で洗練させて行くしかない。攻撃とか守備とかいうよりは、中盤の構成をしっかりと組み立てたい。そこはやはり猶本の出番だと思うのだが。

コメント

L1 浦和 vs 新潟L(テレ玉録画)

2014-11-24 | nadeshiko

なでしこリーグ2014エキサイティングシリーズ 第10節
2014年11月24日(祝)13:00キックオフ
浦和駒場スタジアム(テレ玉録画)
浦和レッズレディース 0 - 1 アルビレックス新潟レディース


ホームで足踏みをしたトップチームを尻目に、レディースが年間優勝を決めた。負けても優勝が決まるという状況はどうなのかなあと思っていたら、本当に負けてしまった。レギュラーシリーズの逆転3位転落といい、どうも最後が締まらない。

2009年の優勝メンバーだった北本が、テレ玉の解説をしていたのが感慨深い。チームとは変わるものなのだ。そんなことを考えながらTVを観ていた。来年はもう少し駒場へ通いたいものだ。

コメント

RFC9

2014-11-23 | nadeshiko

入替戦を制したRFCが、チャレンジリーグ昇格を決めました。あれから4年も経ったのか。3度目の正直では足りずに、4度目の正直というわけだ。おめでとう!でも、まだまだここからですから。次はなでしこリーグへ。駒場スタジアムで待ってます。

コメント

YFC28

2014-11-03 | nadeshiko



昨日の友は今日の敵。もしかしたら、この記事のタイトルは「RFC9」になっていたかもしれない。RFCにもまだまだチャンスはある。最後まであきらめずに頑張ってください。

コメント

L1 ベレーザ vs 浦和(西が丘)

2014-06-01 | nadeshiko

なでしこリーグ・レギュラーシリーズ 第7節
2014年6月1日(日)13:00キックオフ
味の素フィールド西が丘
日テレ・ベレーザ 0 - 2 浦和レッズレディース


最近はこのおじさんとスタジアムに来ることが多い。今日もメインスタンドに並んで観戦である。しかし、暑い。特にここは雨風太陽を遮るものが何もないから厳しい。あっ、隣のおじさんはかき氷を食べてるよ。

結果は妥当なものであったと思う。ベレーザは明かに攻めのコマが不足していた。主力選手はみんな海外へ行っちゃったから。浦和も前半は思うような展開ができなかったけど、継続することで徐々にペースをつかんでいった。これが大切。吉田監督の選手交代も実に適切であったと思う。選手個人として見ると、中盤の阪口と猶本の攻防が面白かった。代表は先週アジアチャンピオンになったばかりだというのに、この炎天下で本当いにご苦労なことである。特に人気のある選手というのは、常に観衆の視線を受けるわけで、そういうストレスもハンパないだろう。いろいろな意味で応援したくなった。

ちなみに隣のおじさんは、あまりの暑さに前半終了と同時にドロップアウト。選手は頑張って走っているというのに、観ている方が1試合もたないとはいかがなものか。自分はせめて1試合観戦できる体力だけは保持しよう。

コメント

AC 日本女子 vs オーストラリア女子(EX)

2014-05-26 | nadeshiko

AFC女子アジアカップ・ベトナム2014 決勝
2014年5月25日(日)22:15キックオフ
トンニャット・スタジアム(EX)
日本女子 1 - 0 オーストラリア女子

朝のチャンピオンズリーグに続いて、夜は女子アジア杯の決勝戦。またまたDF岩清水が決勝点を決めた。もちろん、結果が出ればそれで良いのだけど、大儀見に続くFWが不在であったようにも見られる。宮間、阪口、澤のトライアングルはとても魅力的だったし、ワントップという選択は妥当なところかも知れない。ただ、米国やドイツから点が取れるか?という疑問も残る。海外組を入れてどう進化させるか、楽しみなところ。

浦和の選手はなかなか先発の機会がなかったし、主力というわけにはいかなかったけど、まだまだこれから先があるから。取りあえず、6月はなでしこリーグを観に行こう。クラブでは立派な主力選手ばかりということは、浦和がいかに若いチームかということがわかる。こちらもどう進化させるか、楽しみなところ。

コメント

AC 日本女子 vs 中国女子(EX)

2014-05-22 | nadeshiko

AFC女子アジアカップ・ベトナム2014 準決勝
2014年5月22日(木)19:15キックオフ
トンニャット・スタジアム(EX)
日本女子 2 - 1 中国女子

苦しい延長戦。時間が経てば経つほど、頼りになるのはベテラン。そして、キャプテン。最後の最後で試合を決めたその存在感。勝ち切る力を持っているねえ。猶本も早くこのレベルになってほしい。絶対なれるはずだから。そうすれば、浦和は安泰である。

コメント

AC 日本女子 vs ヨルダン女子(EX)

2014-05-19 | nadeshiko

AFC女子アジアカップ・ベトナム2014 グループA第3節
2014年5月18日(日)21:15キックオフ
ビンズオン・スタジアム(EX)
日本女子 7 - 0 ヨルダン女子

正直、こういう試合は面白くない。何が面白くないのか?ワンサイドだからという以上に、至るところに「上から目線の構図」が存在するから。それは、外に対しても内に対しても。若手主体のチームを軽視し過ぎていると感じるのは、浦和びいきの僻みからか。

以前、安藤もやらされてたことがあるけど、猶本のサイドバックはないわ。今日の試合みたいな時は、藤田をボランチに置くと良いのにね。あ、それじゃあ浦和になっちゃうか。ちなみに、安藤から浦和の10番を引き継いだのが吉良ですからね。これくらいできて当然です。

コメント