football smile

the days turn into months and years

J1浦和vs札幌(TVS)

2008-04-30 | J1
Jリーグ・ディビジョン1 第9節
2008年4月29日(火)16:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(TVS)
浦和レッズ 4-2 コンサドーレ札幌

まあ、駒場スタジアムから無料シャトルバスに乗って埼玉スタジアムへ行っても良かったんだけどね、さすがに最近は集中力が持たなくてね。というわけで、さっさと帰宅してTV観戦。気合が足りないぞ!自分。お金も足りないぞ!自分。全てが足りないぞ!自分。そして、浦和にも足りないものは沢山あったような気がする試合であった。

先制されては追いつく展開も、最後は力でねじ伏せた。そういう試合もできるようになったと言えばそれまでだが、まだまだ先は長い。ACLの決勝トーナメントが始まるまでには、何とかしなければならない。ポンテとアレックスが戻ってきた時、果たしてどうなることやら。チームを作り直すようなことにならないことを祈る。

何はともあれ、とりあえず首位に立った。
コメント

L1浦和vsマリーゼ(駒場)

2008-04-29 | nadeshiko
なでしこリーグ・ディビジョン1 第4節
2008年4月28日(火)12:00キックオフ
駒場スタジアム
浦和レッズレディース 1-0 東京電力女子サッカー部マリーゼ

GWだからと言っても、別にやることはいつもと一緒である。何か暑くなりそうだなあと思いつつ駒場スタジアムへ。アウェーの2戦を1勝1分で乗り切った浦和は、開幕からいまだ負けなし。このままベレーザ戦まで調子を上げて行きたいところだが、本日の相手は昨年のカップ戦でも大苦戦したマリーゼである。これは一筋縄ではいかないぞ。というわけで、スタメンはこんな感じ。

    北本  安藤

 松田        保坂
    柳田  高橋

岩倉  矢野  百武  土橋 

      山郷


何と、負傷のため庭田が不在。仕方なしに柳田を下げて4-4-2の布陣となった。中盤の構成が難しいかも知れないなあと思っていたら、案の定、前半はマリーゼのペースとなった。トップの丸山ばかりに気を取られていたが、中盤の9番と15番が(名前知りませんでした)が上手くボールをつないでゲームを組み立てている。プレスも早くて、なかなか浦和の攻撃ができない。

後半、浦和は中盤をすっかりあきらめてしまったようだ。保坂に代えて森本を投入すると、何とDFが5人。柳田を右へ上げて攻撃の基点を増やす。これで攻め組と守り組に完全に分かれてしまった。ところが、これが意外と効果的に機能してしまうからわからない。ド~ンと蹴って、バ~ンと攻める。ウウム、開幕戦で見たチームとは別のチームのようだが。

多くのチャンスを作り出していたタイムアップ直前、途中出場の若林が押し込んで、ようやく待望の先制点が決まった。そのままロスタイムをしのいで、どうにかこうにか勝利した。それにしても厳しい試合だった。まあ結果が出て良かったけど、あまり面白い試合とは言えなかったのではないか。

acoさん早く復帰してください。面白いサッカーを見せてください。
コメント (3)

ボス4

2008-04-28 | smile
妹夫婦の家に遊びに行くと、ボスが背番号12のユニフォームを着てお昼寝をしていた。おおっ、かっこいいじゃないか。君はどんな服でも上手く着こなすなあ。本当にオシャレさんだ。でも、ユニフォーム姿でお昼寝っていうのはいかがなものか。一緒に遊ぼうよ。しかし、ぐた~っとしたまま目をしばしばさせて、非常に眠たそうである。まあ、そんな気分の日もあるよね。というわけで、今日は一緒にお昼寝をすることにした。一緒に寝ていると鼻をくっつけてきて、それが結構臭いんだけど、まあ仕方ない。

凛さん(姪)が生まれてから、この家は益々にぎやかになった。家族が増えるっていうのはいいね。そろそろ1人暮らしにも飽きてきたので、自分も家族を増やしてみようかなあ。そう思い立ったので、帰りにホームセンターに寄って家族を探した。ネオンテトラとかブルーグラス・グッピーあたりがよさそうかな。
コメント (4)

tommy10

2008-04-27 | smile


割と何に対してもそうなのですが、1度好きになると、とことん愛し続けます。決して浮気はいたしません。というわけで、またコレにしました。
コメント (4)

CLバルセロナvsマンチェスターU(CX)

2008-04-26 | football
UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝第1戦
2008年4月23日(水)20:45キックオフ
カンプ・ノウ(CX)
FCバルセロナ 0-0 マンチェスター・ユナイテッドFC

フットボールは、やはりスタジアムで見るに限る。というわけで、週末はなるべくスタジアムへ足を運ぶようにしている。Jリーグでも、なでしこリーグでも、はたまた設計事務所リーグでも、実際のピッチサイドに立ってその場の空気を吸い込めば、TVでは決して感じることができない何かを得ることができる。しかし、残念ながら水曜日の夜にスペイン・バルセロナのカンプ・ノウへ行くことはできない。いや、もしかしたら行くことはできるのかもしれないが、そのためには大層多くの代償を払うことになるだろう。もちろん、そんな度胸も度量も持ち合わせていないので、こうして休日に録画観戦をすることになる。日当りの悪い埼玉のマンションの3階で。

うううううむ。TVからも伝わってくる、超一流の選手達を迎えるカンプ・ノウのこの雰囲気は何だ!もうそれだけで、お腹いっぱい胸いっぱい。実際に体験したら、きっとひっくり返ってしまうに違いない。

アウェーのマンUがいきなりPKのチャンスを得るが、C・ロナウドがまさかの失敗。現在、世界最高のフットボーラーと言われる選手を失敗に追い込むスタジアムの力。そして、その力はそのままホームのバルサを後押しする。圧倒的にゲームを支配するバルサのパス回しは圧巻である。メッシ、デコ、シャビ、イニエスタがワンタッチでボールを扱う。はあああああ。これがフットボールってやつなのね。C・ロナウドやメッシの驚異的なオーラは確かにかっこいいけど、ものすごく気が利いたデコのプレーに痺れる。すばらしい。しかし、あれだけ攻めたバルサだったが、結局スコアレス・ドローで終幕。アウェーで負けなかったマンUが優位に立ったことは確かだろう。今度はホームのオールド・トラッフォードがマンUを後押しする。

第2戦は火曜日の夜。その時、イングランド・マンチェスターのオールド・トラッフォードにいる可能性は、残念ながら限りなくゼロに近い。
コメント

toto330

2008-04-25 | toto
また京都か。

A組ダブル。

1  清水×F東京 12
2  大分×横浜M 2
3  京都×浦和  2
4  千葉×磐田  2

5  川崎×柏   2

B組ダブル。

1  札幌×新潟  12
2 東京V×名古屋 2
3  大宮×鹿島  2
4  神戸×G大阪 2
5  熊本×広島  2


いつも通り4
00円の勝負。

【今シーズンの成績】
0勝13敗 +¥0-¥2600=-¥2600
コメント

インド旅行記2/南インド編

2008-04-24 | book
中谷美紀
OCT 2006
幻冬舎文庫
Amazon.co.jp

「ひとつひとつの規模こそデリーのフマユーン廟やアグラーのタージマハルには及ばないものの、これもあれもそれもどれもみ~んあドーム形の霊廟で、それらは生前に自らの資金で建て、死後に従者たちによってある一定の儀式、つまり熱湯と冷水で洗われ、仕上げにはローズウォーターで沐浴した遺体が棺に納められ、霊廟に安置されるのだという。貴重なローズウォーターで遺体を洗うなんて、やはり死んでも王様は王様なのだった。」

という本を読みました。宗教とベジタリアンには興味を惹かれました。でもやはり、インドへ行きたいとは思いませんでしたね。
コメント

DEAD BEES ON A CAKE

2008-04-23 | music

DAVID SYLVIAN
VJCP-68012
30 MAR 1999
http://www.davidsylvian.com/

以前に自分の人生で最も大切なアルバムは「SECRETS OF THE BEEHIVE」であると書いたけど、それは今でも変わらない。では、同じくらい大切なアルバムはあるのかというと、やはりこれになるだろう。そう、またDavid Sylvian。2枚のアルバムには12年ものブランクがある。変わったと言えば変わったし、変わらないと言えば変わらない。裏ジャケットのDavid の何とも穏やかな表情が印象的である。その意味を考えると、深みにはまってしまって、もう抜け出すことはできない。

全曲好きと言っても過言ではないけれど、「I Surrender」「Krishna Blue」「Cafe Europa」なんかは、本当にヤバイ。そうだよなあ。もう戻って来れなくてもいいような気さえしてくる。最近またCDをiPodに落として聴いている。きっとまた、David が救ってくれると信じている。

コメント

J1浦和vs大宮(埼玉)

2008-04-20 | J1
Jリーグ・ディビジョン1 第7節
2008年4月20日(日)14:00キックオフ
埼玉スタジアム2002
浦和レッズ 0-0 大宮アルディージャ

昨日AXISの試合から帰宅して、鹿島vsG大阪をテレビ観戦。スコアレスドローではあったが、なかなか面白いゲームであった。どちらのチームもしっかり守ってしっかり攻める。チームの完成度の高さを窺い知ることができる内容。こういうサッカーをやりますという意思が感じられるのがうらやましい。鹿島には中田浩二が復帰するそうで、ますますチーム力は上がりそうだ。

同じスコアレスドローでも、今日のゲームを面白かったとは言えないだろう。どちらもそれなりにチャンスを作っていたし、見せ場はあったと思う。高原もようやく個人技を披露してくれた。達也もピッチに戻ってきた。しかし、どうもチームとしての意思が感じられない。個々で光るものはあっても、それがどうチームに還元されればよいのか。課題はまだまだ多そうだ。これは、ポンテが戻れば何とかなるというものではない。ゲルト・エンゲルス監督の手腕にかかっているのかもしれない。

それにしても引分ばかり。AXISしかり、レッズレディースしかり。負けなかったのか?勝ち切れなかったのか?事情はそれぞれ異なるけれど、何ともスッキリしない週末であった。
コメント

AXISvsNISSETSU(大井埠頭第一)

2008-04-19 | axis
全日本設計事務所リーグ07−08シーズン第10節
2008年4月19日(土)11:00キックオフ
大井埠頭第一グラウンド
AXIS 1−1 NISSETSU

昨日の雨の影響がまだピッチに残る中、白熱の上位対決となった。前半は良い感じであったが、後半息切れしたのか、相手に押し込まれる。しかし、再三のピンチを何とか1点に抑えていたかいがあった。終了間際にオカチンのビューティフル・ゴールが決まる。「あれはですね、先日の俊輔のゴールのイメージですよ(本人談)」。強豪相手に押されながらの価値あるドロー。それにしても、中盤のエース対決は見応えあった。

というわけで、本日は出場せず。頚椎症というのは気まぐれで、調子が良くなったり悪くなったりを繰り返す。発症して2年。試合に出るべきかどうかの判断は、もうできるようになったようだ。こうして、それでも選手生活は続いて行く。
コメント