goo

奈良103系 力尽きる

ここまで来たら、もう動態保存化させて引退しないだろうと思っていた矢先でした。

奈良線から3月をもって消失していたのですね。仕事で上洛中に見かけなかったのはそれだったのか。

 

最後に撮影したのは、前回関西鉄した2018年、それ以来は仕事で奈良線ぐらい

折角なら波動用として動態保存に期待していました。

 

新幹線を降りて抜けると、ここにいる安心感

 

多分櫟本

 

懐かしい夕方の名物、でも5年前はまだありました。

 

 

長らくピン電扱いでした。でも最後まで見ているだけで十分

 

もう撮る側では無くなったが、いつまで残るとは限らないと

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

苫小牧と苗穂ヨンマル

ダイヤ改正後、次々と明かされる当系列の動き、

道南方面に至って目立った動きはありませんでした。

でも窓を開けながら、噴火湾を涼むことができるのは、今夏で終わってしまうかも知れません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京急電車

グラスゴーの京急電車

実はスコットレールになる前、SPTの塗装を引き継いだけです。

それまで気動車でも見られた塗装で、たまに中古市場でホーンビーが売られていたりします。

 

2018年に引退するとずっと言われて続け、2年前に最後の日にバグパイプの演奏で見送られ、陸送を経て解体されました。

コートブリッジの貨物基地を確認に愛用していました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ローピン

摂津富田付近の桜並木にローズピンク、色温度中位でもお似合いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

旭川ヨンマルの記録

宗谷南線と石北線

 

 

 

数年前に普通列車で朝、石北峠を超えて遠軽方面に出る方法、

それは上川で前泊して、上川始発を利用する時代がありました。

その上川始発は2両編成、これに乗り込み、3回貸切で利用した思い出が過ります。

でも今は便利になり、朝遅めに旭川出ても上川で遠軽方面に乗り継げる時代、

現行では平日でも数人は乗っているのに、着席定員の少ないH100に置き換わったら、乗る時の醍醐味がなくなりそうです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ