goo

5年前の201系で秋探し

5年前は2009年で、現像用にすぐ取り出せる場所にありますので、本日はこの5枚です。

大久保~東中野

 

記憶が間違ってない限り、新幹線と201系ぼコラボレーションはこの300系の遊具だけです。

青梅線内

 

もう冬至か、とそそられる夕景です。

国立~西国分寺

 

当時はホーム延伸工事中ですが。今は知る由がありませんので。

中野

 

中央線201系最後の秋をお送りいたします。

立川~日野

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H7(H17)編成の海側形式写真

H7編成の形式写真です。2エンドから4エンドに当たり海側に位置する面になります。

豊田
クハ201-128
2009年9月23日

高尾
モハ201-254
2010年9月17日


モハ200-254
2009年5月4日

八王子
モハ201-255
2009年10月7日

相模湖
モハ200-255
2010年8月23日

長野総合車両センター付近
クハ200-128
2010年10月18日

高尾
クハ201-129
2010年6月6日

青梅
モハ201-256
2009年8月26日

高尾
モハ200-254
2010年9月17日

拝島駅
クハ200-129
2009年8月26日

青72編成

青72編成

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H7(H17)編成の山側形式写真

H7編成の形式写真です。1エンドから3エンドに当たり山側に位置する面になります。

青梅
クハ201-128 青梅
2009年8月26日撮影

武蔵小金井
モハ201-254 武蔵小金井
2010年4月28日撮影

青梅
モハ200-254 青梅
2009年8月26日撮影

立川
モハ201-255 立川
2008年8月8日撮影

青梅
モハ200-255 青梅
2009年2月26日撮影

高尾
クハ200-128 高尾
2008年10月7日撮影

高尾
クハ201-129 高尾
2008年10月7日撮影

豊田車両センター
モハ201-256 豊田車両センター
2010年8月22日撮影

豊田車両センター
モハ200-256 豊田車両センター
2010年8月22日撮影

高尾
クハ200-129 高尾
2010年6月25日

最終出場と思えないほど床と車体が美しく仕上げられています。
目黒付近
2010年8月8日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H7編成が定期運用から離脱

H4編成が去って以来、組成されている列車で豊田車両センターに残っている唯一の201系はもちろんH7編成です。ご存知のように、鉄道の日の10月14日に1915T列車をもって通常運用から撤退しました。
H7編成が最終運用に就いた当日の模様をまとめられているブログやホームページが多く、写真や言葉などもこちらのブログと比べ物にならないほど素晴らしいものばかりです。適当に画像を載せていきながら、当日にH7編成を簡単にまとめていきます。

中央線の定番の「高尾」どまりとしての運転はこれが最後となりました。

高尾に折り返すのも最後

 立川で最後の“中央特快”

丸一日青梅線内を限定とする運用もありましたが、直通運転の際に青梅特快で運転されました。
拝島で最後の下り“青梅特快”福生で最後の上り“青梅特快”
あまり速度が出せない青梅線は加減速度のいい201系にとって苦痛だったのでしょう。

福生駅近くの有名の踏切では201系を撮影しようと自分も含める多くの撮影者が集まる中、通行する地元の方々も足を止めて201系の通過を見守っていました。

福生駅付近の踏切に集まる住民と鉄

さりげなく201系の窓には201系の張り紙が掲出されていて、最終日らしい雰囲気です。






高架になって変貌を成し遂げて発展した元地元駅に到着する201系です。
まもなく見納めとなる武蔵小金井駅と201系
高架化により、ホームには昔の名残は一つも見ることがでくなった一方、10数年前の顔のままを保つ201系が入線するのは見納めようとしています。

あれから1時間ほどで中央線の201系最後の最期の上り列車が東京駅の1番線に到着します。
一つ目の車輪がじゅうたんを踏む* 
帰路につく通勤客に紛れて、最後の201系定期運用列車を乗り納めようと乗車列早々と並ぶ方が大勢いらっしゃいました。中央線の0キロポストと一緒にシャッターを切り、モハ201-254の1エンド側7人がけの席に腰をおろしました。
豊田に到着すると数百人規模のファンが201系の入区を見送りました。
一箇所を一度に3人が撮影する光景(私含めて4人!?)を目の当たりにしました。

※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

さよなら中央線201系 H7編成 初狩SB+甲府

初狩駅をスイッチバックで入線する201系はH4に続いてH7編成が入線しました。

スイッチバック中に特急列車に道を譲ってから発車しました。
今回は10両編成と長い上、竜王まで向かいます。

勝沼ぶどう郷付近まで山間の隙間を沿うようにして走ります。

愛宕山から俯瞰した甲府盆地に201系が姿を現しました。

初狩で居合わせた方と以前から気になっていた俯瞰を訪ねてきました。この季節だと草木が覆い茂り、見えるはずの甲府駅は葉の隙間ぐらいで留まりました。


大月駅で長時間停車中は多くのファンがそれぞれの想い出の写真を写されていました。


八王子駅を通過するシーンは団体臨時列車ならではのお楽しみです。


雲ひとつない秋晴れの朝、豊田から三鷹まで回送されました。


※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H7に相次ぐトラブル


左から、高円寺、八王子-豊田間で撮影しています。
昨日14日、981Tから1080T運用の折り返しまでの間にクハ201-128の電照幕装置の種別幕が破れました。幕の劣化によって破れたものと推測しています。

左は国分寺、右は中央特快運用後の状態で豊田-日野間(許可を得て撮影)で撮影しました。
当初は幕の大半が破れている程度に見えましたが、その後は快速から中央特快運用になり、装置内部が丸見えになるほどまでになりました。


入区させるためか、81T運用から05T運用に変わりました。その影響で1往復を撮り逃すなどしました。



クーラーからの排水が車内の天井に漏れてしまい、入区時に応急処置として水分を吸収できる素材で修復されていました。

昨日、5号車の車内中央のやや高尾寄りのドア付近に発見した修復跡です。立川駅折り返し中に撮影しています。


※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

201系3本同時の入換作業

とても今さらですが、先月22日に豊田車両センター内で開催された展示会に伴う入換作業が行われました。
* 
入換中にH7編成の附属編成と基本編成が一瞬並び、この瞬間は極めて珍しい光景です。

附属編成が先に移動したのち、折り返し後は同じ線路で基本編成も移動します。


イベント終了後、真っ先に入れ換えを済ませる左写真の51編成です。

右写真はイベント開催1時間前に展示位置まで構内をノロノロと走りだします。

※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H4編成の特集

H4編成がここまで生き延びたのは三鷹-国分寺間の中央線連続立体化事業のおかげでもあり、ここまで
H4編成は各地でさよなら運転が実施されたことが要因で、東京を始め、河口湖、高麗川、奥多摩、武蔵五日市、長野と、何編成か201系を見送ってきた中で、最も多くの場で見送れたのはH4だけだと記憶しています。

活躍の最東端である東京に入線します。

H4編成の写真が多かったときもありました。

武蔵五日市

さよなら中央線201系 武蔵五日市ツアー


奥多摩

さよなら中央線201系 奥多摩ツアー


高麗川

さよなら中央線201系 高麗川・河辺ツアー


河口湖

H4(H13)編成の分割時代

さよなら中央線201系 (最終)河口湖ツアー

さよなら中央線201系 初狩・笹子ツアー

松本(長野)

さよなら中央線201系(H4編成) 松本ツアー兼廃車回送

H4編成、解体される
善光寺平でH4と最後の夜

H4編成の記事をまとめてみました。
→豊田のH4編成
→新H4編成の写真集
→H13編成時代
→クハ201-107の表情と編成札
→H4(H13)編成の分割時代

形式写真
→H4編成の形式写真(日本海側)
→H4編成の形式写真(太平洋側)



さよなら運転時の乗務員室内です。行路票は運転台と窓の隙間に差して使用されました


ブログでは何回かH4編成の写真を載せてきました。元H13編成であるH4編成の特集は以上です。今後もまだ掲載できる機会はあると思います。

以下はH4編成を撮影したときの雑記が続きます。

何もなかったかのように走っていますが、離脱前に撮影した走行写真はこれが最後でした。

あれから三鷹以東で見ることはなかったです。

H4編成が定期運用を離脱する前、最後の高尾留置です。

残雪に、少しずつ201系の車体が温められる寒かった朝

惜しい!

201系@H4編成
当時は中野の車両点検による遅れで、併走する区間を的中するのは困難でした。
併走したのは西荻窪の手前でした。

※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新H4編成の写真集



2006年末重要部検査出場のH4編成
* 
荻窪-西荻窪間、西立川-立川間

2008年8月重要部検査出場のH4編成
* 
豊田-八王子間、猿橋-鳥沢間
右写真は今年1月に立川-大月間で行われた乗務員訓練です。

201系が登場から30年をアピールするためH4には白いシールが貼られました。
* 
立川駅、四方津駅
左写真はシール掲出初日は積雪していました。

分割運用に入らなくなっても、休日の運用で青梅-宮ノ平間の単線区間を回送で走行します。

青梅-宮ノ平間

※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

H13編成時代



当時は右の編成番号に改番するなんて思うはずもなかったでしょう。
この写真はH4の別れを惜しんでブログの背景にしました。

2006年10月頃に撮影できたH13編成の写真は少なかったです。
* 
と同時にあまり遭遇することがなかっただけに、こんなに延命することになって嬉しかったです。

※ *印が付く画像を押すと拡大写真が見れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ