週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#183 -’15. 最後の一辺

2015年06月10日 22時18分07秒 | 日常の出来事(日記)
義母が大きなスイカを贈ってくれた。
その最後の一辺を今食べた所。
自分がスイカを大好きな事を知っている母。
なので、郵便局のカタログ販売の中から注文してくれて贈ってくれた。
それも大きな大きな美味しいスイカを○○一個だ。
杖をついて時々郵便局へ行く母の姿が目に浮かぶ。

我が家でも以前は大きなスイカを丸ごと一個買っていた。
それが今では4分の1乃至は6分の1の三日月状態に切り分けられたスイカを時々買う。
暑い夏の美味しい美味しい果物だ。
それが今では丸丸一個を買うことが無くなって久しい。
少し悲しいと言うか少し侘しい感じもするが、丸ごと一個食べるほどの食欲もなくなった。

我が家では上品に三日月状のスイカを横切りして食べやすくすることはない。
実家にいた頃はこの三日月型のスイカにかぶりついたものである。
薄く切られたスイカでは食べた気がしないのである。

でも、この三日月型のスイカをいつごろか、スプーンで食べるようになった。
今回も大きなスプーンで食べた。
スイカは熊本産だった。

夏には母を迎えに静岡まで行き、峠の我が家にも連れて行かねば。
最近、自分が迎えに行かないために、具合が悪くて迎えに来ることが出来ないのと勘違いしていた。
母の為にも迎えに行かねばと思う今日この頃です。




初めは丸ごとでした。
コメント

カウンター