週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#0169 -’19. オハイオ州立大学のマーチング・バンドの演技(Ohio State University Marching Band Script Ohio )

2019年10月13日 16時54分24秒 | ユーチューブ

今回は台風の為にラグビーワールド・カップの一部試合が中止になりま日本とスコットランドの試合は今日、行われることが決定しました。ベスト8に残れるかは別にして最善を尽くして欲しいと願っています。

本日はそのつながりで、アメリカンフットボールの試合前のオハイオ大学のパフォーマンスをユーチューブで見つけましたのでアップします。ラグビーにもそして今回の台風19号で被災された方にもエールを贈る意味を兼ねてアップします。サッカー~派生したラグビー。そしてラグビーから派生したアメリカン・フットボールですので全く関係無い訳でもありません。

少し古いですが2011年に開催されたオハイオ州立大学VSインディアナ大学ビック・テン・カンファレンスでのアメリカンフットボールの試合でのマーティング・バンドのパフォーマンスです。ハーフタイムショーかと思ったら、タイトルの開始前(Pre game)と書かれておりました。オハイオ州立大学演出の実に楽しい演技です。特にマーチングバンドの最後にランプ・ウエーから入ってくるドラムメジャーの演技の楽しい事。とくとご覧ください。

マーティング・バンドの演技が行われたのは馬蹄形した独特のオハイオ・スタジアムです。NCAAカレッジフットボールでビッグテン・カンファレンスに所属するオハイオ州立大学の本拠地スタジアムであるオハイオステート・バックアイズオハイオ州立大学)の本拠地スタジアムです。愛称はスタジアムの形状が蹄鉄型であることからホースシューと呼ばれています。

Ohio State University Marching Band Ramp Entry, Script Ohio & Pre-game OSU vs IU. 11 5 2011

コメント

#0166 -’19. Rugby World Cup 2019™ Official Hospitality video

2019年10月10日 00時01分00秒 | ユーチューブ

 東京オリンピック招致で使用し、多用されるようになった「おもてなし」。

天邪鬼の私の事ですから好きな言葉ではありません。でもそれに代わる簡易な言葉が浮かびません。接遇では固すぎますし。接待でも接客でも何か儲けたい下心がありそうに聞こえますし。おもてなしにシックリくる言葉が浮かびません。ホスピタリティーの和訳がしっくりきません。

自分が高校生の時に通った都立高校は今にして思えば結構、進歩的で自由な学校だったかもしれません。体育の授業でラクビーの練習がありました。それこそ男子が90%以上の進学校とは言え、授業で採用するとは進んでいました。いつも行った訳ではありませんが、何回か体育の授業として行いました。今でも覚えている事が三つ程あります。その一つ目は、ボールを前に落とすノッコンです。二つ目は危険防止のためにスクラムを組んで相手と対峙する時の注意です。必ず頭を上げろと口うるさく言われました。スクラムを組むと両チームの押す圧力で下にスクラムがつぶれて大けがをします。それを防ぐための注意として組んだ頭と首を上げろと、口酸っぱくいわれました。三つ目はパスです。パスは後方にしなければなりません。なのでラインは後ろ斜めに並ぶのです。あの形状のラグビーボールですからパント・キックするのも大変ですが落ちた後の方向性も大変だったことを思い出します。でも、今に思うと長閑な良い学校でした。

 

 今回、アップするユーチューブ動画はラグビーワールドカップ2019 の公式ホスピタリティーVTRです。1987年開催の第一回大会から2015年の前回の第八回大会までの優勝チームがワールドカップを掲げる雄姿が載っています。1995年の第三回大会では、先日アップしたネルソンマンデラ氏の姿が10秒前後に載っています。 

Rugby World Cup 2019™ Official Hospitality video

 

マンデラさんの囚人番号のキャプです。

コメント (2)

#0164 -’19. ラグビーワールドカップ2019 開会式(Rugby World Cup 2019 opening ceremony)

2019年10月09日 09時52分11秒 | ユーチューブ

初めて日本で開会されるラグビーワールドカップ2019(第9回ラグビーワールドカップ)です。ラグビーワールドカップは1987年に第一回大会がニュージーランド&オーストラリア共催で行われました。

現時点で既に、三連勝していますからいやが上にももりあがります。それでは開会式を見逃した方々にも是非、ご覧ください。

Rugby World Cup 2019 opening ceremony

 

コメント (2)

#0163 -’19. What Countries Are Most Responsible For Global Warming?

2019年10月08日 09時21分08秒 | ユーチューブ

What Countries Are Most Responsible For Global Warming? どこの国が地球温暖化の責任を負うべきか?として表示されていますが、正しくはどの国が地球温暖化の一つの原因となる二酸化炭素(炭酸ガス)を排出した国かとして表示すべです。地球を温暖化するガスである二酸化炭素メタンガスなどを温室効果ガスとよんでいます。

I 単純でない地球温暖化

地球温暖化の原理は基本的には単純です。家庭の家計簿の如くです。地球で造られる熱と(地球自体が持つ地熱、燃焼で起きる熱、人工的に造られた原子力の利用や化石燃料の燃焼etc)、地球外から地球に届く熱(太陽光)の和と地球から宇宙に放出される熱量のバランスです。その収支がプラス、マイナス 零であれば収支が一致する事になります。所が、二酸化炭素が増えると宇宙に放出されるべき熱が二酸化炭素に遮られえて熱が地球に籠り(温室効果)ます。冬の寒い晴天の夜間の日に放射冷却現象で地上が冷える事を沢山の方が体感しているはずです。曇天の日の夜間には人が気が付くほどの冷却はおこりません。水蒸気が布団の役目をします。二酸化炭素の布団を地球が着ているとこれと同じ事がいつも起こっているのです。二酸化炭素よりメタンガスの方が何倍(二けた弱)も地球温暖化に関係するガスだと言われています。牛が草を食べて反芻する四つの胃袋からでるメタンガスが地球を温暖化するという学者もおります。しかし、物事は二面性があり単純ではありません。雨の日や曇天で太陽が顔を出さない日は寒くなります。即ち水蒸気である雲も二酸化炭素などの温室効果ガスも太陽光たる赤外線も地球に届くのを妨げているのかもしれません。一概に温室効果ガスが悪者とは限らないのです。(自説)それでも、全くの無罪と言う事はできません。総てに於いて急激な地球環境をもたらす事は良くない事は明らかです。

II 個体の一部として固定されていた二酸化炭素の放出、即ち気体にする行為

長い年月を掛けて有機物として地球上に表れて生き物たる動植物。地球本来の熱もありますが、生命を育む絶妙に位置に存在していた地球。太陽に近すぎず、遠すぎず生命が誕生したのは偶然ではありません。総ての要素がかみ合った必然だと思っています。地球が23.5度傾き公転し自転しその太陽光の恵みを燦燦と受け止めてきたのです。長い間掛けて蓄積した預金通用には石炭、石油、その他のガスを蓄積してきました。それらを人類は科学技術の発展の元、人類の幸福追求の源として長い間預金してきた通帳のお金を使い始めました。それも少しづつではありません。次の世代の事などを何も考えずにです。石炭は長い間に地球に降り注いだ太陽熱に育まれて樹木です。石油もガスも地球上に生息した生き物たちです。有機物ですから炭素を含んでいる事は勿論です。個体となっていた姿を利用し気体に変えてしまった貪欲な現代人。

III 自然のサイクルを壊し、神の領域に足を踏み込む二酸化炭素の排出

地球から輻射熱として宇宙に放出される熱を地球に閉じ込める効果(温室効果ガス)を持つとされる二酸化炭素(CO2)の排出量で表示しています。二酸化炭素は水に大変溶けやすい物質です。空気中の二酸化炭素の含有量が増えればサンゴ礁や貝殻などになり、個体となり簡単には空気中に溶けない形態に変化するかもしれません。また、森林が増えれば二酸化炭素を吸収して成長しますから、空気中の二酸化炭素濃度も減らします。でも、それにも限界があります。自然界で自然に二酸化炭素が放出され、気体になった二酸化炭素が化合物になり個体として蓄積される自然の営みを、19世紀以降に人間が壊しているのです。

IV 人間の英知も届かない急激な自然環境の変化かも

45億年の地球の歴史(寒冷期と温暖期は定期的に繰り返し。)で自然の領域を科学との名の下に犯す人類。人類が増える事自体が既に地球にストレスを与えているのです。地域によっては早く雪解けを願い本来であれば宇宙空間に太陽光(赤外線)を反射している雪上に炭などの熱を吸収する物質を撒いた早い耕作を行います。本来であれば宇宙空間に反射される太陽光と取り込むことになります。また、南極や北極の氷が減れば減るほど、その地域が取り込む太陽熱は可及的に増える事になります。即ち指数関数的に気温が上昇する危険があります。緩やかな変化であれば対処もできますが既に急激な変化が始まり始めています。このユーチューブに最後の所に、地球温暖化の象徴たるホッキョクグマが出てきます。これからの人類、そして地球上の生き物の姿を暗示しているようです。

地球上の生命ある動植物は急激な変化には対応できません。長い長い時を経て少しづつ遺伝的な変化を経て適応能力を獲得していきます。

 

ユーチューブを見ての自分の感想です。1880年以降のCO2 排出量の合計で、出典元は Carbon Dioxide Information Analysis Center (CDIAC)です。

 日本では明治維新から20年弱が過ぎて、世界は19世紀も終わりに差し掛かる1880年を初めの年としているので、イギリスで産業革命が勃興して凡そ100年後です。断トツで累積CO2排出量の第一位はイギリスです。2位は米国。3位はドイツ。4位はフランス。5位はベルギー。6位はポーランド。7位はオーストリア。8位はオランダ。9位はスペイン。10位は半バリー。11位はイタリア。12位はスウェーデン。13位はカナダ。14位はデンマーク。15位はスイス。16位はノールウェー。17位はオーストラリア。18位はインド。19位は日本。20位はポルトガルが占めています。欧米諸国とオーストラリア・インド・日本がトップ20位に入っているのが目を引きます。

その20年後の20世紀の初めの年の1901年の第1位のイギリス~第8位のオランダまで変化がありません。ゆったりした時のながれの20世紀初頭でした。9位はカナダ ↑ 。10位はイタリア  ↑  。11位はスペイン  ↓  。12位は日本  ↑  (明治維新から30年強過ぎて富国強兵も盛んになりました。)13位はハンガリー  ↓  。14位はスウェーデン  ↓  。15位はインド  ↑  。16位はオーストラリア ↑  。17位はデンマーク  ↓  。18位はスイス  ↓  。19位はノールウェー  ↓  。20位はポルトガル  →  でした。

気になった所をつまみ食いでアップします。自分の認識では登場しないかもしれない南アフリカが1903年に20位に入ってきました。その結果ポルトガルが退場しました。単年度だけではありません。累積ですからある意味凄い事です。凄いと褒めるのも可笑しいですが、工業的に発達していないと登場出来ないとおもうからです。ダイヤモンドや金等の産出の為かもしれません。

1911年に長きに亘り1位を占めていたイギリスが2位になり、1位の座をアメリカに明け渡しました。因みに日本は10位です。この年に北欧のノールウェーが退場していよいよ中国が20位に登場してきました。(戦争の世紀である20世紀です。1914年の第一次世界大戦の足音が近づいてきています。)

1920年にスイスが退場し、メキシコが急浮上で登場してきました。

1940年にデンマークとルーマニアが出たり入ったりしておりました。(第二次世界大戦が前年の9月のドイツ軍によるポーランド侵攻で始まりました。)

1945年に日本の降伏で第二次世界大戦も終結しました。その時までのCO2の排出量積算です。持てる国の総力を挙げて武器である工業製品を作り上げた結果の、ある意味悲しい終焉でした。1945年までの第1位は断トツでアメリカです。2位はイギリス。3位はドイツ。4位はフランス。5位はポーランド。6位はベルギー。7位はカナダ。8位は日本。9位はインド。10位はオランダ。11位は中国。12位はオーストリア。13位はイタリア。14位は南アフリカ。15位はオーストラリア。16位はメキシコ。17位はスペイン。18位はスウェーデン。19位はハンガリー。20位はルーマニアです。北欧のデンマークやノルウェーが退場していく中、スウェーデン鋼でも有名な高名なスウェーデンが残っています。ただ、ここで留意しなければならない事があります。集計方法が現在の国単位で行われているようで、その時代の国家体制で集計していないようです。今は崩壊してしまった連邦国家などで集計されていないみたいです。その為にその時代時代ごとの累積集計ではないようです。ソビエト連邦が崩壊して沢山の独立国ができました。その国ごとの単位で集計しているみたいですから、その時の現実を表していないようです。ソビエト連邦に在って大きな国のロシアと工業国で核も武器も作っていたウクライナがトップ20に登場してきていません。この事は留意しておかねばなりません。

 

1946年にルーマニアが退場してアラブ諸国に囲まれたペルシャの国のイランがパーレビ―国王の下アメリカの支援を受けて近代国家に変貌して20位に登場してきました。

その後1958年に鉄のカーテン内のルーマニアが再登場して、イランが退場しました。

1960年にロシアが16位に登場してきて、20位のルーマニアが退場します。

1963年にウクライナ(旧ソビエト連邦)が登場してきて駆け上っていきます。

1974年に同じく旧ソビエト連邦のカザフスタンが登場してきます。

1982年に、ついに長きに亘り2位につけていたイギリスがドイツに抜かれて三位に転落します。

21世紀の初めの2001年のミレニアムの年に順位です。1位はアメリカ。2位はドイツ。3位は中国。4位はロシア。5位はイギリスです。二位から五位までのここまでは僅差です。6位は日本。7位はフランス。8位はカナダ。9位はポーランド。10位はインド。11位はウクライナ。12位はイタリア。13位は南アフリカ。14位はメキシコ。15位はオーストラリア。16位はベルギー。17位はスペイン。18位はカザフスタン。19位はオランダ。20位はイランでした。

最後の集計の2016年の順位が以下の通りです。

1位は断トツのアメリカ。2位は中国。3位はロシア。4位はドイツ。5位はイギリス。6位は日本。7位はインド。8位はフランス。9位はカナダ。10位はポーランド。11位はウクライナ。12位はイタリア。13位は南アフリカ。14位はメキシコ。15位はオーストラリア。16位はイラン。17位は韓国。18位はブラジル。19位はスペイン。20位はサウジアラビア。以上がCO2の累積排出量です。良い悪いは別にして工業国の証のような感じもしないでもありません。特筆すべきは、BRICs(ブリックス、英語 Brazil, Russia, India, China )として持て囃された新興諸国が全てもうらしています。韓国やイランはある意味納得ですが、石油の産出量多いとしてもサウジアラビア進出してくるとは思っていませんでした。単年度ではなく過去からの累積ですからある意味、一定の期間に於いて多く無ければこちらのトップ20位内には登場しません。

それでは、ご覧ください。

What Countries Are Most Responsible For Global Warming?

地球温暖化の被害動物としてホッキャクグマ(白熊)がまず最初に話題に上る事がおおいですが、こちらでも最後にやせ細ったホッキョクグマの映像がアップされています。

何故にホッキョクグマが絶滅の危機に瀕しているのかご存知ですか。温暖化に関係するとは思っていてもその内容を知らなければ始まりません。

ここで取り上げられているホッキョクグマは、殆どがカナダのハドソン湾周辺に生息するものです。ホッキョクグマは泳ぐのが大変上手ですが、上手いと言っても主食のアザラシや魚に叶うべきもありません。雑食獣であるクマの中で最も肉食性が強い種であるのがこのホッキョクグマなのです。超寒冷地に生息していますから高カロリーを得ようとすれば自然と肉になるのです。苔などをいくら食べても腹の足しにもなりません。極北に生息しますから脂肪を蓄え冬を乗り切る為には個体が自然と大きくなるのです。水中で鮭などの魚類を追いかけて獲る事もかないませんし、アザラシと競って捕獲するのもままなりません。ハドソン湾や北極海が結氷してその所に生息している哺乳類であるアザラシ等を捕食して秋から春までを乗り切っているのです。でも、近年の温暖化でハドソン湾などの全面結氷が遅くなって来ています。例年であれば秋には結氷する所が結氷しません。ハドソン湾などが水面ではアザラシなどを追いかけても捕らえる事はできません。と、言う事は高カロリーの餌を捕食できないのです。結氷すれば哺乳類であるアザラシは酸素を求めて氷の上に出て息継ぎをしなければなりません。そのいくつもある息継ぎと氷上に出る穴の前で何時間も待つのです。そしてアザラシなどを捕獲する事が出来、命を継いでいくのです。緩やかな気候変動なら、餌をとる習性も時代と共に変化していきますが、あまりにも早い変化にはついて行けずに、絶滅の恐れが生じているのです。餌を与える事は良い事ではありませんが、カリブーなどが居る地にエサで誘導するのも絶滅を防ぐ手段の一つかもしれないと思う次第です。

コメント (4)

#0160 -’19. TTMつよしさんの(ヨーロッパで流行の子供たちのデモってどうなの?)

2019年10月05日 17時12分23秒 | ユーチューブ

 このところ話題のグレタさんに関するTTMつよしさんのユーチューブの動画をアップします。

現在の制度・システムに反抗する事が良いとは思えませんが、それでも世界に対して衝撃を与えてある意味、啓蒙する意味合いもあるかと消極的に肯定していました。

■ヨーロッパで流行の子供たちのデモってどうなの?(■ニュースピックアップ■)

 

でも、この形相での国連での演説は観るにつけ否定的な感覚を持つようになりました。

人の顔は歳と共に刻まれていくと言いますが、悪意が満ち溢れた表情其のものです。

穏やかに、心を込めて地球温暖化を説いていれば私の評価もここまで悪化しなかったかもです。

ヨットで太平洋を渡りニューヨークに来ましたが母国には如何なる方法で帰るのでしょうか。 

グレタがノーベル平和賞を獲るか予想してみた!(10/11発表)

 彼女のこれからの人生の為にもノーベル平和賞を受賞しない事を願っています。(これからの彼女の人生に良い指針を与えないと思うからです。彼女の今の行動がノーベル平和賞に該当する、しないの意味合いではありません。)

ノーベル平和賞つながりで、南アフリカ共和国の故ネルソン・マンデラ大統領が1964年にロベン島に囚人として収監された。その時の囚人番号466号を占める帽子をロベン島にお邪魔した時に買った物です。

 

ROBBEN 466/64 ISLAND  SOUTH AFRICA プリントと刺繍がされています。何も書かれていませんがロベン島に行ったときのスレッドはこちらです。

コメント

#0156 -’19. 旭日旗問題 「戦争できなかった韓国」という理由

2019年10月01日 14時02分20秒 | ユーチューブ
自分の考えは別に述べる機会があればと言う事で。
今回はTTMつよしさんのユーチューブからの動画です。

旭日旗問題 「戦争できなかった韓国」という理由


今日から、10月1日です。
家内はいつもの通り午前中に買い物に行ってきました。
自分は、これから7-11に行って、ポイントをNANACOにチャージしてくるつもりです。
ポイントをチャージしてきました。

今日から消費税は10%ですが、アイスクリームは軽減税率が適用されるようで8%でした。
その上にナナコポンと買いましたから5%程度還元されたようです。
コメント (2)

#0150 -’19. 日常の歩行者の観察状況(Daily Observations 100.1 - Pedestrians

2019年09月26日 22時53分11秒 | ユーチューブ
イギリスはロンドンでのモーターバイクからの撮影の信号無視の歩行者たちの動画です。

乗っているモーターバイクはオフロードと言うより、ジャンルが確立してきたモタードのような感じです。
自分も、色々のバイクを乗りましたが、所有していたオフロードXLやトライアルのTLR200などのバイクはゴ―&ストップの都会に於いても直立姿勢で乗車が出来て楽で前方視野も良かった記憶があります。
オフロードでもオンロードでの高速走行向きではないかもしれませんが、都会のゴー・ストップ走行では最高でした。

そんな、モタードに乗って突然、空ぶかし一発で信号無視の歩行者を驚かせる映像をとらえています。
紳士の国のロンドンでの信号無視の日常の歩行者たちの映像です。
観光客も多いですが。

Daily Observations 100.1 - Pedestrians


Daily Observations 200.1 - Pedestrians
コメント

#0150 -’19. トヨタ自動車の社長(CEO)哲学と信念

2019年09月26日 11時44分17秒 | ユーチューブ
企業のCEOが如何に企業価値を高め、如何に企業価値をダメにするか痛感するユーチューブ動画です。
経営者たるもの哲学と確固たる正しい信念を持つ事が重要であることを知らしめてくれます。

豊田章男CEOが出身母校のバブソン大学の創立100周年を迎える卒業式にゲストスピーカーとして招かれた。

米国バブソン大学卒業式スピーチ 「さあ、自分だけのドーナツを見つけよう」


アメリカでの卒業式での祝辞ですから、随所に笑いを散りばめていますが、傾聴に値する素晴らしいスピーチです。
豊田章男 米国バブソン大学卒業式スピーチ 「さあ、自分だけのドーナツを見つけよう」


アメリカと同じスピーチの所もありますが、中国と共に如何にこれからを歩んでいくかとの信念を述べています。
技術革新も共に歩みトヨタファミリーとしての一員としての共に歩む夢と信念を述べています。
企業のトップであるCEOが直接語り掛ける姿と映像に表れるトヨタの姿は中国の知識エリートである清華大学の学生に強いイメージを植え付ける筈です。
共に未来を歩みたいと思う学生のみでけではなく、他の道に進んだエリート達にも強い印象を残すはずです。
言葉だけではなく、そのには哲学の籠った考えが述べられているから共感し深層心理下に長く残るのです。

【社長スピーチ】清華大学講演会「未来をつくる仲間へのメッセージ」



それに引き換え、先日日産のCEOを退いた西川氏とは大違いな感じがします。

コメント (2)

#0141 -’19. パトリツィア・ヤネチコヴァ(Patricia Janeckova) - Once Upon A Time In The West

2019年09月18日 17時17分30秒 | ユーチューブ
苗字からして東欧出身の方と思いましたが、パトリツィア・ヤネチコヴァ(Patricia Janeckova調べるとドイツ出身のスロバキア人でした。
彼女が世に出たきっかけになったテレビ番組かは定かではありませんが、説明文参照してみると。
それでは、パトリツィア・ヤネチコヴァのワンス・アポンナタイム イン ザ ウエストを(Patricia Janeckova - Once Upon A Time In The West )お聴きください。
映画のサンドトラックとは少し異なりますが、こちらも素敵です。


Patricia Janeckova - Once Upon A Time In The West (Miss Reneta 2012)


ユーチューブの解説欄に次のように記載されていました。
2012/04/04 に公開
Patricia Janeckova sings Once Upon A Time In The West from Ennio Morricone.
Miss Reneta student competition, Havirov, Czech Republic, 30 March 2012.
2012年3月30日、チェコ共和国のハビロフのミス・レネタ学生コンテストでの映像のようです。

同じOnce Upon A Time In The West -TOSKANAですが、こちらはAndré Rieu で昨年にアップしました。


コメント (4)

#0140 -’19. 大好きなエンニオ・モリコーネのOnce Upon A Time In The West

2019年09月18日 12時21分33秒 | ユーチューブ
大好きなエンニオ・モリコーネですから何度もアップしていますが今回はOnce Upon A Time In The Westです。

今回はその一として。
Once Upon A Time In The West (Finale)---Ennio Morricone
コメント

#0139 -’19.  読んでいませんが、『文明の衝突』サミュエル・ハンティントン著

2019年09月16日 19時55分10秒 | ユーチューブ
サミュエル・ハンティントン著の『文明の衝突』は、未だ読んだことがありませんがつよしさんのユーチューブを見て読んでみたくなりました。
良い悪いではなく、独特の文化を持った日本。
その独特な文化自体が観光資源にもなって、隣国以外の国から愛されているのかもしれません。

他に類を見ない日本文明 世界8大文明 『文明の衝突』サミュエル・ハンティントン
コメント

#0138 -’19. 日本の外国人訪問者数ランキングTOP 20 (年度別)とノービザの優遇排除。

2019年09月13日 23時29分09秒 | ユーチューブ
日韓関係に関するユーチューブ動画です。
戦後の関係を次の世代に背負わせない為にも正しい歴史観と二国間を思いアップします。
その国々に拠って価値観も異なります。
自分たちと同じ考えに立ち、考えてくれるとの思いは通じません。
正しい事は妥協することなく主張すべきです。
例え、日本にとって被害があっても、原則は曲げては人として信頼は得られないと考えるからに他なりません。


日本の外国人訪問者数ランキングTOP 20 (年度別)



ビザ発給厳格化 韓国に対するノービザ優遇の取り消し 利点を解説
コメント (2)

#0137 -’19. TTMつよしさんの「僕が思う世界3大料理はこれ!」

2019年09月13日 06時49分27秒 | ユーチューブ
一般的に言われる世界三大料理は、フランス料理、中華料理そしてトルコ料理といわれています。
つよしさんは、イタリア料理、中華料理そして三番目にユネスコ無形文化遺産に登録されました和食(日本料理)をあげています。
自分も納得です。
只、タイ料理やベトナム料理など食べた記憶が無いかも程度です。
食にそれほど精通していないし、新しい料理にそれほど目がある自分でもありませんし、辛い物は特段好きではない事もあります。
辛い物と言えば我が家のカレーライスとココイチのカレーライス程度です。

東洋も西洋も人気料理は同じ 僕が思う世界3大料理はこれ!
コメント (2)

#0135 -’19. TTMつよしのレガタム繁栄指数(世界で最も繁栄した国ランキング 日本の順位は?)

2019年09月11日 07時55分39秒 | ユーチューブ
TTMつよしさんのこちらのユーチューブ動画を見るまでレガタム繁栄指数なるものの存在すら知りませんでした。
以前に何で読んだのか忘れましたが、スペインの無敵艦隊の頃のスペインの覇権、その後のイギリスの日の沈まぬ国の覇権、その後第二次世界大戦後のアメリカの覇権について書かれた書物を読んだ記憶があります。
で、今回のアメリカと中国の貿易戦争は通商の事柄の争いとは個人的に思っておりません。
アメリカ、そして中国の次の覇権を掛けての争いだと思っています。
覇権の戦いは必ずしも、武力のみによって決まるものではありませんが、武力・国力・国富などの総合力で決まりますからその争いは武力を伴わなくても冷戦の如く熾烈です。

若かりし頃、三国志を読んでいる時、よく中原の覇王を目指して戦をしていたのを思い出します。
中国の習近平国家主席は中原を世界と考えて、21世紀に覇王になるつもりの夢を描いているのかもしれない。
時代が変わっているのにその事に気が付かないトランプ大統領はその野望を砕くために戦いを挑んでいるドン・キホーテなのかもしれない。

それでは、TTMつよしさんのレガタム繁栄指数の動画をご覧ください。

世界で最も繁栄した国ランキング 日本の順位は? レガタム繁栄指数
コメント (2)

#0134 -’19. No one knows about future! Top 10 Most Powerful Countries in The World in 2050

2019年09月10日 11時21分53秒 | ユーチューブ
基礎データとなる予測が何に基づいているのか、しかと分かりませんが、人口・GDPなどを基礎としている事は確かのようです。
写真などに、その国の素晴らしい風景も、そして軍事的なものも出てきますので軍事力かとも思いましたが、必ずしもそうでは無ないようです。

少し疑問に感じる所もありますが、コメント欄も面白く読ませて頂きました。
面白いと思ったコメントのほんの一部ですが、ユーチューブの後にアップしました。

10位から1位の国は次のようです。
10位、カナダ。
9位、フランス。
8位、メキシコ。
7位、ブラジル。
6位、U.K.。
5位、ドイツ。
4位、日本。
3位、インド。
2位、U.S.A.。
1位、中国。

当たるも八卦当たらぬも八卦で、コメントと同じく神のみぞ知ると言ったところでしょうか。
トップテンに入っている国も少し疑問を感じます。
日本が2050年にもパワフルな国であって欲しいと願いますが、その地位を占めているか少し疑問です。
人口が減っても、パワフルでなくても世界にいい影響を与える信頼され日本、そして日本に住む人々が幸せを感じる国家であって欲しいと願ってしまいます。

Top 10 Most Powerful Countries in The World in 2050




面白いコメントと言う訳ではありませんが、各国読者の思惑が出ていて楽しいものです。
最初の、未来は誰も分からない未来は神のみぞ知る 迄アップしました。
No one knows about future

Go Ahead China, India, Japan shift the power back to ASIA
Good Luck from ur brother Indonesia

2050 all rich county will become poor
Now you call 3rd world they will richer in 2050
Noted

Lets see what the future is...KEEP QUIET PHILIPPINES...GOD BLESS THE PHILIPPINES...

Where is Indonesia? Your data is not Valid.

Pakistan will be Global Rank 1 in 2050....please don't laugh

Where is Russia..?

PHILIPPINES ONE OF THE MOST COUNTRY IN 2050 OR 2060 GOD WILL

Only God knows the future

コメントの中でも述べられていますが、インドネシア、パキスタン、フィリピンそしてロシアなどはTOP 10に入らないのでしょうか。
コメント (2)

カウンター