週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#336 -’16. 本年もありがとうございました。

2016年12月31日 15時04分13秒 | 日常の出来事(日記)
別荘については。:

例年であれば、ブログ・タイトルにあるように今年一年の原村を顧みてで締めくくるのが本来ですが。

原村は遠くにありて思うものの状態です。

冬はご近所のお宿に宿泊して数時間乃至は一泊する位でしょうか。

今年は何回原村の別荘に行ったのかすら数えなければわかりません。

税金関係で月一では訪問したいと思っている程度になってしまいました。

別荘の良さはありますが、宿の上げ膳据え膳と温泉の素晴らしさにはかないません。

そんな一年でした。


新しい家族の一員:

保護猫のナナちゃんが12月12日から我が家の一員になりました。

子猫と言っても、保護猫ですから人に対する不信感があります。

子猫と言えども個体維持していく為には、全てのものが敵であり競争相手です。

我が家のナナちゃんにとって愛情のある飼い主などの意味はありません。

時間を掛けて仲間であると認識してもらわねばなりません。

過去のその厳しい時が長ければ長いほど、辛さが辛いほどリハビリに時間が掛かると思っています。

それでも、着実に我が家に来てから色々進歩してきました。

近づき過ぎれば、ハーと歯を向きだして威嚇してきました。

ナナちゃんにとっては、安全な距離を保ちたいのです。

居る場所はケージ内ですから自分が逃げる事が出来ません。


本能とは。
窮鼠猫を噛むではありませんが、猫にしては安全と感じる距離を保ちたいのです。
ですから、近づき過ぎると小さな体を震わせて威嚇するのです。
これ程ではありませんが、本来少しでも体を大きく見せる為に毛を逆立てるのです。
自然界で学んできたものが自然に出るのです。
その一環として首根っこを押さえると言いますが、ネコ科もイヌ科も四つ足で歩きます。
なので、親が口で子供を咥えて巣穴から新しい巣穴などに移動させる時の本能で、猫も犬も首を咥えるのと同じ動作で子犬も子猫も大人しくなるのです。
猫も犬も相手に服従する時のしぐさ。
相手の視線より下に位置する姿勢をとり、且つお腹も向ければ絶対服従なのです。
一番弱いお腹を相手に見せる事はその集団の中での服従をいみするのです。
我が家のナナちゃんがお腹を見せて擦らせる時は完全に信頼いて服従しなければしてくれない動作なのです。

私のブログに訪問してくれた皆様に素晴らしい年が訪れますようにお祈り申し上げます。

世界から戦争、紛争、差別、貧困が無くなる事を願っています。



コメント (4)

#335 -’16. 母のお供をして

2016年12月30日 15時37分10秒 | 日常の出来事(日記)
昨日は:
母がいつも静岡から出てくると、兄弟姉妹での会食を開き四方山話にしてる。
いつもはアッシー君を務めている自分であるが、昨日は一緒に会食させて頂いた。
母の兄弟達は四名で年長の母を筆頭に存命なのは三名です。
母の妹は連れ合いに先立たれて、集まったのは我が家の二名を足して総勢六名です。
叔母の鰻を食べたいとの所望で隣駅の有名な鰻屋さんで事前に予約した。
なのに、予約時間の11時半に行っても出来上がっていなかった。
母を車に乗せているので、自分は駅の反対側の迷惑の掛からない所で路駐です。
家内は事前に予約して可能との返事を頂いていたのに、割いて蒸して焼いている最中です。
心中は怒り心頭です、その上私の携帯電話に連絡しても出ないと来ている。
スマホは電源オフ、ガラケーは電池切れでした。
15分以上掛かっても戻って来ない家内。
私は出来上がっているから直ぐに戻って来ると思い電話機を見ると電池切れでOFFです。
直ぐに電池を入れ替えて電話すると怒りの家内でした。
どちらの携帯に電話しても繋がらないと来ています。
訳を聞いて5分ほどで鰻のお弁当を持って姿を現しました。
ストレスの溜まる家内でした。
鰻屋にも、意味のない二台の携帯電話の私に対しても。
その上、家内は鰻が嫌いときています。
家内のみお寿司ですから、尚更だったかもです。

途中の駅で叔母をピックアップして叔父のお宅に伺いまいした。
母は朝からウキウキして身だしなみ等整えていましたか、会うのが楽しみなのです。
私の考え方は生きる化石であるが、お化粧は基本的に好きではない。
昔から素顔が一番だとおもっていた。
でも、母のお化粧を見ていると人としての在るべき姿なのかと感心する。
リタイヤすれば、無精ひげも伸びるのが世の常。
身だしなみをお座成りにするようになると脳の機能も低下したとの事だ。
母は頭脳も明晰です。
昨日の会話は終活や昔の事などに花を咲かせていた。
元気で来年以降も開けることを願うのみです。

本日・30日の保護猫ナナの日記。
今日ナナの体重測定をおこなった。
キャリーケースごと体重計での計測4.5キロ。
ナナの体重は2.9キロでした。
7ヶ月の月齢ではチョット重すぎる。
保護猫のナナちゃんですから、もう一二か月歳をとっているかも。
ナナちゃんが心を開いてお腹をさすらせて、くれるのはいつになるのやら。

美味しい焼き芋です。

コメント (2)

#334 -’16. 保護猫ナナちゃんのリハビリ日記

2016年12月28日 15時44分34秒 | ねこ
猫は野生の本能が強く残っている。

猫より人類との長い付き合いの犬でも高い位置から見下ろされるのは好きではない。
まだ、信頼関係の出来上がっていない保護猫の間柄では尚更なのである。
木の上に登ることのたやすい猫にとっては、高い位置から見られるのは本能的に恐怖すら感じるのである。

Xmasの日から少し、のんびりとリハビリすべく反省している。
少し急ぎ過ぎて環境を変えすぎて、ナナちゃんのストライキに遭ってしまった。
視線を遮る新聞紙も段ボールも再度設置し直した。
我が家に最初に来た時と同じようにナナちゃんが隠れられる場所を沢山設けたある。
それでも、ケージ内の移動であれば視線を気しつつも移動できるようになった。
少しはケージ内での活動が活発になって来た。
餌を欲しい時など大きな声で要求するようには成ってきた。

時々居心地の悪い筈のトイレに籠っている事がある。
しかし、孫の手を使って追い出さずとも、ちょっとトイレケースを触ると、二階の我が家に登って行く。
一階から二階に登ときはトイレの蓋に乗り、そこから自宅のキャリーケースに戻る。
そのときは、視線を遮るものが無いが、以前の様に躊躇することなしに移動していく。
全く、変化が無いようではあるが、牛歩の如く進歩があるようだ。

ナナちゃんのリハビリと思えば何の苦労も無いものだ。

コメント (2)

#333 -’16. 2016年海外旅行の総括

2016年12月27日 15時42分23秒 | 海外旅行
2016年、今年の海外旅行の総括です。
今年は近年になく、海外旅行の回数が少ないです。
その分、ダイビングの回数が増えました。
世界の治安が良くなるのはいつの事なんでしょうか。


2016年の海外旅行を顧みて。

:1月下旬から2月上旬に掛けて悠久の国・エジプトです。
家内は治安を心配して来ません。
なので私一人での参加です。
エジプトも治安が安定せずにナカナカ行く機会に恵まれませんが、観光警察の警護の下の旅でした。
全てにおいて凄い国であるとの再確認の素晴らしい旅でした。
一番心に残った事をおもいだすと:
ギザのピラミッドの見えるホテル、メナハウス ハウス ホテルに宿泊して、その後ナイルを下るリバーボートに三連泊でした。
今まで乗船した船の中でも一番広く素敵な船でした。
再度、アマルコⅡ号に乗船して家内共々旅してみたいものです。

大英博物館に展示されえて居るロゼッタストーン等のエジプトの秘宝の数々、早く本来の地のエジプトに戻る事を願う。



:3月上旬に訪問した混沌の眠れる大国のインド8日間の旅です。
治安と言うより、汚いので行きたくないと言う事でついてこなかった家内。
それで、こちらも一人でのツアー参加でした。
一番心に残った事をおもいだすと:
インド人は知能も優秀なのに、日本人の常識とは掛け離れた何でもありの国でした。
優秀な知能と国土の広さ、人口の多さなど眠れる巨人である事と感じさせます。
世界の国別億万長者では世界第4位のインド。
因みに、日本は第15位ですから、貧富の差が無い全員が中流社会でしょうか。
それも、ミリオネアがムンバイに居を構えている人の多い事。
貧富の差があり過ぎますが、目覚めた時には凄い国になっている可能性を感じだ次第です。



:5月中旬に訪れた英国です。
どちらかと言えば治安も安定していているし、家内共々春のイギリスの旅です。
マナーハウスと古城風ホテルに泊まるイギリスの旅でした。
一番心に残った事をおもいだすと:
英国の料理は不味いとは聞いていましたが、一ヵ所のホテルでは日本では考えられない夕食も朝食も驚きの食事でした。
自然環境厳しい英国ですから、一部の支配階級を除き質素な食事も長い歴史の中で培われたものだと感じた次第です。
英国を旅してある意味、ヨーロッパの中に有っては千年二千年と言う歴史からは浅い田舎と感じた。
大英帝国として世界を席捲した軍事力。
日の沈まぬ国の大英帝国、その遺産を感じる旅でした。



:6月の上旬から中旬にかけて訪れたブルガリア&ルーマニアの旅でした。
ヨーロッパの原風景とパンフレットには謳っておりました。
ヨーロッパですから勿論家内と同行です。
ブルガリアも素敵でしたが、想像以上によかったのがルーマニアでした。
一番心に残った事をおもいだすと:
国の栄枯盛衰感じる旅でした。
ブルガリアもルーマニアも歴史の中心部に踊り出る事はありませんでしたが、今ほど端に押しやられる事はないのではと感じた次第です。
一大帝国を築いた蒙古の襲来。
そして、イスラムのオスマン帝国の襲来を絶えず気にしなければならなかったヨーロッパの小国です。
民族の要衝だったのか、美人が多いのには驚きました。



今年お邪魔した国をマッピングしてみました。
Create Your Own Visited Countries Map

来年も戦争、紛争、そして貧困の絶える事の無い一年になりそうだ。

いつになると人間は学習するのだろうか!

コメント

#332 -’16. 慶山の朝食とその後

2016年12月27日 13時35分42秒 | 温泉&宿
夕食時にお酒を飲むので、眠くなる。
最近は、温泉に来てもお風呂に入るのはチェックイン時の一度のみ。
今回も飲み過ぎて、寝入ってしまい家内と母が和太鼓を観に行ったのも知らなかった。
a1



a2



a3



朝食は昨夜と同じ食事処です。
勿論、バイキングもありますが和定食です。
それも、バイキングで摂って来る以上の料理が並んでおりました。

華やぎの章 慶山からの引用です。

          あさごはん

一  お目覚め  煎茶・昆布茶(チョイスとなります)
         葡萄ジュース 牛乳 ヤクルト
一  前  菜  ほうれん草の胡麻和え
         シラスおろし
         とびっこ
         野菜サラダ ベーコンフレーバー
          お好みドレッシング
一  中  皿  本鮪の山かけ
一  台の物   鯵開き焼き・銀鮭の塩焼き
          (チョイスとなります) 
一  炙り物   焼き海苔
一  板  前  目玉焼き(固め・柔らかめ)・
         スクランブルエッグ(チョイスとなります)
一  煮  物  巾着 野菜いろいろ
一  鍋  物  湯豆腐 
          薬味 生姜 葱 鰹節 ポン酢
一  香の物   いろいろ
一  お  椀  味噌汁 わかめ 巻き麩 葱
一  ご  飯  白米 十六穀米 麦飯 中華粥
          (チョイスになります)
一  水菓子   季節の果物
         ヨーグルトババロア
         コーヒー・紅茶(チョイスとなります)

     華やぎの章 慶山
      
      和食調理長  清水 登
      中華料理長  雨宮 久雄
      パティシエ  宮下 直子






b2



夕食に出るくらいの湯豆腐です。
朝食からですからすごいです。
b3


b4



朝から鮪の山かけです。
豪気ですね。
b5


飲み物だけでも葡萄ジュースなど沢山ありました。
で、家内と母はヤクルトを持ち帰ったしだいです。
自分は、煎茶もジュースも牛乳もヤクルトは飲み干しました。
b6


私のみ鯵です。
b7


自分が幼い頃はガス台で海苔を焼いた物でした。
今は焼き海苔を買いますから、海苔を焼く事自体知らない若い人が増えているかもです。
中央にあるのが海苔を焼く焜炉です。
b8


白米大好き人間ですから自分が頼んだのは美味しい白米です。
b9



鯵が美味しく焼けてきました。
b10



b11



板前さんが好みを聞いてくれてその場で卵を焼いてくれました。
私と家内は半熟の目玉焼きをお願いしました。
母はスクランブルエッグです。
b12



海苔を焼いて。
b13



b14



母の中華粥です。
b15



家内の頼んだ16穀米です。
b16



家内と母のお願いした銀鮭です。
b17



食べかけですが美味しい熱々の鰺でした。
b18



水菓子とコーヒーです。
b19



ホテルの窓から山から降りて来た雲海がたなびいていた。
c1


宿からほんの一キロほどの信玄公の所へ。
甲府駅前よりこちらのが一番大きいそうです。
ホテルで頂いたフリーペーパーの石和さんぽで知って『風林火山響の里』におじゃました。
c2



信玄公が最初に大量に鉄砲を戦に利用したらしいが、海に面していない悲しさで他の大名の遅れをとった。
堺の鉄砲鍛冶も居ないし滅びる運命にあったのかも。
結局、孫の土産や自宅のお土産やブドウ酢を買い求めた。
c3

コメント

#331 -’16. Merry Christmas(保護猫ナナ)

2016年12月25日 17時23分01秒 | ねこ
我が家の保護猫のナナちゃんにとって初めてのXmasです。
なのに、ナナちゃんにとっては不愉快極まりないChristmasの様です。

朝起きて見るとナナちゃんがストライキを起こしていました。
二階建てケージのなか二階のキャリーケース自宅にはおらず、一階のトイレの中です。
それと言うのも、リハビリを急ぎ過ぎた反動かもしれません。
キャリーケースで日向ぼっこさせた後に最近はトイレに逃げ込んでいました。
トイレに入ると、視線を遮る事が出来て心落ち着くのです。
(視線を遮蔽された只一つの場所でした。)
そろそろ慣らさなければと思い、視界の隔たりになる物を少しづつ外しにかかりました。
白日の下に晒されるのが、ナナちゃんにとっては意にそぐわなかったようです。

お気に入りの二階の自宅のキャリーケースに居ても丸見え状態です。
なので、視線から隠れられるトイレに逃げ込んでしまいました。
今朝起きた時には既にトイレの中。
段ボールや新聞紙でケージは覆いましたが、二階の自宅に戻りません。
トイレの砂の上では居心地も悪い筈。
なのに、居心地の良い二階の自宅はそれ以上に居心地が悪くなってしまっていたようだ。

孫の手を使い、強制的にトイレから追い出して二階の自宅に追い立てた。
遮蔽物を早く撤去し過ぎたようなので、再度二階の自宅は目隠して見えなくすることにした。

我が家の猫のナナちゃんのクリスマスの反乱でした。

リハビリに超、時間が掛かりそうです。


25日のクリスマスの日のドウダンツツジです。
東京でも殆どのドウダンツツジの木は冬芽だけになっていますが、散り遅れてい居るのもあります。


アカワセミが写っているのですが、スマホなのでここまでが限界です。
コメント

#330 -’16. 貴賓室@華やぎの章 慶山

2016年12月25日 09時24分57秒 | 温泉&宿
JTBを通して予約したのは貴賓室ではなかったが、着いてみて中居さんに案内されて驚いた。
入っても貴賓室であることに気が付かなかったが広くて豪華な造り。

テレビも和室、リビング、そしてベットの寝室に一台づつの合計三台。
冷蔵庫も一般家庭で使用する大きな物が一台とホテルなどによくある中型の物が一台の合計二台です。
和室には5~6寸ぐらいの厚みの碁盤すらおかれていたのには驚いた。


館内の案内を読んでただ一つしかない貴賓室であることが分かった。
隣の616号は特別室で自分たちの部屋は617の貴賓室だった。
何故か嬉しくなってしまった。
01


特別室より少し広いと言うことは、造りもより豪華なのかも。
02



宿の部屋に入るとドアの内側に張ってある自室と避難経路の確認を行うのが習慣である。
自室が最高の貴賓室である事に気が付いた。
03


04


草履とスリッパの管内履きが置かれていました。
05


06



高齢の母にとって、畳床に敷かれた布団からトイレなどに起き上がるのは体力を必要とする。
ベットから起き上がるのは体力を消費せずに93歳の母にはもってこいである。
07



ベットから見る事が出来るように配置されているTVです。
08


09



10名の円卓会議が開けます。
10


12畳の和室です。
大おかみのからの挨拶状が入っていた。
パティシエからの挨拶状とスイーツがあるのです。
定番のお茶菓子なども何種類か置かれていました。
ロビーでのウエルカムドリンクを頂いた時には、総支配人から名刺も頂きました。
11


床の間には掛け軸は無かったが、胡蝶蘭が飾られていた。
12


テーブルに写っている白いぼーとした物は天井の照明が写っています。
13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25
コメント

メリークリスマス

2016年12月24日 17時36分53秒 | その他
拙い吾輩のブログに訪問して下さった方達に対して「メリークリスマス」
良いクリスマスであるますように。

私のブログでイルミネーションとして、検索したら次の如くになりました。
膨大な量がありますが、時間がある時に暇つぶしに覗いて見て下さい。

イルミネーションはこちらです。

クリスマスが過ぎると一気にお正月の準備ですね。
家内が作ったクリスマスケーキです。
コメント

#329 -’16. 今夜はクリスマス・イブ(今日のナナちゃん)

2016年12月24日 10時47分49秒 | ねこ
今夜はクリスマス・イブで明日はクリスマスです。
特段、クリスチャンでもありませんから敬虔な気持ちでクリスマスを迎える訳でもありません。
楽しいお祭りとしての今夜のクリスマス・イブです。

我が家の新しい一員になった保護猫のナナちゃん。
まだまだ、心を開いてくれません。
でも、少しずつ進歩している事は確かです。
ケージの中に入っているキャリーケースの中がナナちゃんの安息の自宅です。
その安息の自宅ごと部屋のあちこちに連れて行くようにしています。
連れてと言うより、色々の場所にキャリーケースごとおいて行くようにして、色々の環境に慣らすリハビリです。いろいろの場所に少し慣れて来た感じはしますが、まだまだリハビリの序の口に着いたばかりです。
視界を遮る時間も少しづつ短くするようにしています。
でも、トイレに行く時とかエサを食べる時は無防備になるので、視界を遮るようにカバーをしています。
カバーなどが無く成り、ケージの中での移動が私達の視線を意識しないで歩き回るようになってほしいです。

今日の午前8時39分撮影のナナちゃんです。


その後のナナちゃん。
11時過ぎ迄、日向ぼっこさせてケージの一階に押し込んだ。
いつもの如く、トイレに逃げ込んでしまった。
今日は、いつもより長く四時過ぎ迄二階に上がらず視界を遮る事の出来るトイレから出て来なかった。
まだまだ、直接視線を浴びる事に警戒しているようだ。


この所、散歩を殆どしていない。
そんな事もあり、今日は一時間半ほど歩いて来た。
三時少し前のお茶の時間に合わせて戻ってきた。

高架になった中央線です。


羽村の取水堰から流れてくる玉川上水です。
暖かくなったら羽村から四ツ谷まで歩いてみたいものである。
玉川上水とは別であるが今でも、武蔵境から多摩湖まで一直線で自転車と歩行者のみ利用できる道が延びている。
多摩湖からの水を東村山浄水場経由して境まで延びている。
何度も利用した事があるが、いつも自転車であるが今度は徒歩であるいたみたい。
東京の歴史を感じさせる玉川上水緑道と多摩湖自転車道をかち歩きだ。





 


工事中の境浄水場です。
コメント

#328 -’16. 夕食@華やぎの章・慶山(ニコン版)

2016年12月23日 21時47分45秒 | 温泉&宿
華やぎの章慶山での夕食です。
撮影は全てニコン一眼レフです。

母を温泉に連れて行くことも大きな目的ですが、それ以上に日程が迫っていたことがありました。
JTBのポイント約16000点の有効期限が12月31日に迫っていました。
今年中に予約すれば来年の3月まで有効でしたが、どうせなら年内に泊りにいこうとJTBで予約した次第です。

ネットでいろいろ調べたけど、日程の関係で良い宿が見つからない。
今回も観光したい為に宿をとる訳ではない。
宿に行く事が目的であるから少しでも良い宿。
少しでも安くコストパフォーマンス高い宿を検索した。
本来の我が家の好みでは、予約する事の無い種類の宿だったが、良い湯に浸かれればとの事でお邪魔した。
団体客で混み合っている感じがしたが、そんなことも無く大満足の宿だった。
大浴場は三時前には入浴しましたし、食事は食事処でしたから実際の所は団体客の方たちが多かったのはは知る術はありません。


大食堂での食事ではなく、食事処での我が家の三名だけの水入らずの夕餉です。
事前にJTBを通して予約していた食事は『美味少量お料理プラン〜美味しいものを少しずつ♪夕食はA4ランク以上の甲州牛ステーキ』でしたが、家内がチェックイン手続きの時のこのコースがなくなったのでその他格上げして対処してくれたようだ。

今回は午後6時からの開始です。
我が家の食事処に配膳されていた料理るいです。
この後も沢山の料理が運ばれてきました。

慶山でのおこんだてからの転載です。

        おこんだて

一  食前酒  ワイン
一  お通し  白子豆腐 ずわい蟹 蟹味噌
   イクラ  芽葱 菊花 柚子美味餡
一  前 菜  鮟鱇の南蛮漬け セルフィーユ
        むかご新薯 葡萄豆
        鮟肝 ポン酢ゼリーのせ 木の芽
        小鯛寿司 酢橘  
        人参のムース 人参サラダ ヨーグルト
        胡桃 セルフィーユ 人参チップ
        豚ヒレとフォアグラテリーヌのプチパンケーキ 二種のソース
一  お造り  本鮪赤身 本鮪大とろ つま色々
一  地 産  甲州名物鮑の煮貝
一  揚げ物  季節の天婦羅
一  味自慢  逸品山梨特選
        甲州牛サーロインステーキ
        季節の野菜添え
一  煮 物  鰤と根菜の炊き合わせ
        大根 人参 しし唐 海老芋 鉢柚子
一  地 産  甲州名物 特選宝刀 柚子風味
一  蒸し物   蒸し 銀杏
一  香の物  いろいろ
一  お 椀  細根大根 木耳真薯 三つ葉
一  ご 飯  蟹釜飯 生姜 山三つ葉
一  水菓子  パティシェオリジナルデザート
        ハーブティー

華やぎの章 慶山
  
   和食調理長   清水 登
   洋食調理長   雨宮 司
   パティシェ   宮下 直子   
 
01


食前酒はワインですが、母のはワインジュースに変更してくれました。
家内は赤ワインを私は白ワインを頂いた。
赤も私の所に廻ってきました。
02


03


04



慶山釜めしです。
05



甲州名物の宝刀です。
ほうとうはひらがなで知っていましたので、宝刀と書くとは知りませんでした。
06



蟹釜飯です。
ここで炊き上げます。
07



私の白ワインと中生ビールです。
陶器のビールジョッキーも素敵です。
08



こんだてと甲州牛の証明関係の文書が付いていました。
09


10


11



マグロのお造りです。
赤身と大トロです。
12



流通経済環境が整っていない時代に海の幸を頂く手段として発達して出来上がった美味しい料理の鮑の煮貝です。
13


少し高級な天麩羅屋さんに行くと、本日これから揚げる天麩羅はこちらですと説明してくれる。
食べられない物など無いか聞いてくれるし、食材の産地やそのた説明をしてくれる。
天麩羅は目の前で揚げてくれて熱々をてん汁や抹茶塩などで食べるのが最高だ。
でも、高級旅館でも目の前で揚げてくれる所に行った事がなかった。
14


15



ここ慶山で初めて食材を説明してくれて目の前で揚げて頂いた。
美味しい天麩羅が待ち遠しいです。
16



今まで桶の中で泳いでいた超新鮮な食材を熱々で頂きました。
てん汁で冷やしてしまうのが勿体無く塩で頂きました。
17


食前酒の白ワイン、赤ワイン、生ビールそして日本酒の熱燗を最後にお願いしました。
どの御猪口で飲みますかとの事で持参いただいた物です。
18



熱燗を一合のみ頂きました。
19


今度は板さんが甲州牛の説明と焼き方について来てくれた。
私はレアで、家内と母はミディアムで。
20


21


22


23


24



宝刀が出来上がってきました。
25


26


27



美味しく蟹釜めしも炊き上がりました。
28


29


スイーツとハーブティーで最後の〆です。
30


それ程期待していなかった事もありますが、大幅に期待を裏切る美味しい夕餉でした。
満足、満足でした。
夜にあった和太鼓の演奏会にも家内と母が行った事すら知りませんでした。
弱くなりました。
コメント

#327 -’16. 朝食です。

2016年12月23日 09時11分40秒 | 温泉&宿
7時半からの凡そ一時間の朝食です。

品数も多く、美味しい朝食でした。




慶山の部屋の窓の外の雲海です。
コメント

#326 -’16. 12月22日の日記(今宵の夕食)

2016年12月22日 23時59分59秒 | 温泉&宿
【温泉宿へ出発】

母を伴い温泉へ。

ナナちゃんは長男が帰宅するまでお留守番です。

母をお風呂に入れるのは一苦労。

で、温泉宿にやって来た。

今回は石和の葡萄園に嫁いだ母の姪、家内の従姉妹に会う事も大きな目的です。





従姉妹へのお土産物です。
最近は冠婚葬祭でしか顔を会わせる機会しかありません。
母も喜んでくれます。








【お風呂に入って】


自宅で昼食を摂って、少しでも長くナナちゃんと一緒に居られる時間をつくり12時少し過ぎに出発。
ホテルにチェックインしたのが、午後2時少し過ぎでした。
家内と母はすぐにお風呂へ。

私は少しネットをやってから大浴場に行ってきた。

いいお風呂でした。

ホテルに到着時にロビーで抹茶のウェルカムドリンクを頂いた。
御菓子はカステラの中に巨峰の入ったものでした。
山梨ですね。






お部屋です。



脱衣場からの紅葉です。




【今宵の夕食】

美味しい料理でした。







コメント

#325 -’16. 冬至の日記(12月21日)

2016年12月21日 20時12分58秒 | ねこ
今日12月21日は冬至です。
義母やナナ(我が家が飼い始めた保護猫)の出来事を中心に。

我が家に母が来ると最近は全く散歩する事がない。
散歩に行こうと誘っても乗り気でない。
母が我が家に来て一番嬉し事は、多分CATVの時代劇チャンネルを一日中観ていられる事である。
静岡に居ればデーサービスなどで外に出る事が有るが我が家に来るとトイレと洗面所とお風呂場位が活動範囲である。
高齢にならなくても動かない事は寿命を縮める。
高齢の母にとって、一日に失われる体力・即ち筋肉量は大問題である。

それでは、スパーに買い物に行くのが好きだから、新しい靴を買いに行く事で誘いだした。
喜んで出かける準備を始めた。
車に乗ってスパーへ。
停めたのは5階でしたが、駐車場から下の階の売り場に行く時エレベーターの中での出来事を。
私が家内に「停めたのは5階だよね?」家内ではなく直ぐに答えたのは母で「5階のAだよ。」と言うではありませんか。
一緒に乗っていた若夫婦の奥さんが「凄い」と驚いていました。
私も空間認識で、場所は覚えていても表示まで迄認識した事がなかった。
Aと言う表示がある事も知らなかった。
93歳の母には驚きです。
母の靴は外反母趾対応の靴を買っていたが、デーサービスの方に布の靴が良いと言われたと言う事で買に出かけた訳である。
介護用品売り場に高齢者に適した軽くて履き易く脱ぎやすく歩き易い靴を買う事が出来た。
母も大満足です。

最大の目的は孫へのクリスマス・カードを買う事です。
買いたかったのは、カードを開けるとオルゴールが鳴りクリスマスの音楽が流れる物を買いに行ったが
望みの物がなかった。
Xmas カード自体がそれ程おいてなかった。
季節的なものもあり、在庫を置いて置きたくないとの経営方針が影響するのかも。
誕生日祝いのカードは沢山の種類があるのにスパーでは仕方がないようだ。
その中で一番気に入ったものを買い求め、言葉を添えて贈った。

今日は冬至なのに柚を買い忘れてしまった。

今日のナナ(保護猫)の日記

今日もキャリーケースの中に入れた状態での日向ぼっこです。
その後、キャリーケースの中に入れた状態で、ケージの二階部分に入れずに一階にキャリーケースからケージの追い出した。
前回はパニックになったが、今回は直ぐにトイレの中に逃げて隠れてしまった。
前回ほどパニックになりませんでした。
色々の事を体験させて、どこでも我が家に居れば安全なんですよと長い時間を掛けて認識させる以外にありません。
心を開けないのは、つらい人生(猫生)を歩んで来た反動なので注ぐのは愛情とリハビリです。
でも、早く慣れて欲しいと願わずにはいられません。

我が家のナナの今日の写真です。

いつもの如く、ナナの安息の地です。
家内は本日、三度目の負傷です。

猫ひっかき病と言う病名の負傷もありますので、少し気を付けなばなりません。
コメント

#324 -’16. 12月20日のダイビングの日記(江之浦ナウ)

2016年12月20日 11時34分48秒 | スキューバダイビング
【平塚ナウ】

平塚で休憩中です。



【江之浦ナウ】

江の浦で一本目修了です。
二本目の前の休憩中。





【海老名ナウ】

食事も済んで、海老名です。

今日は少し早いかも。





コメント (2)

#323 -’16. 後悔先にたたず(12月19日の日記)

2016年12月19日 18時47分13秒 | 日常の出来事(日記)
来年の一月下旬に契約が切れる自動車保険を更新して来た。
昨年の更新時は既にスピード違反で捕まていたが、免許更新前だったので所持している免許証の色はゴールド。
今回の自動車保険は20等級で日常・レジャー使用です。
その上、自分のみ運転限定にしても良いが他人が運転する事が有っても問題ない様にいつも年齢制限のみ適用している。
しかし、今回はブルーになり、その他の条件も変わるのか大幅に保険料が上がった。
前回は79500万円で、今回は99920円です。
今更、スピード違反で捕まった事を悔やんでも後の祭りで、後悔先にたたずである。
因みにスピード違反の罰金が60000円で、今回の値上げ分で凡そ20000円なので、合計で80000円の増加である。

本当に、後悔先にたたずである。

今回は自宅ではなく、ディラーで契約してきた。
スタッドレス・タイヤに交換したのでトルク調整してもらうのでお邪魔して来たわけである。
我が家にはトルクレンチが無いので、完全に締めてからから最後に一締めしているが正確ではない。
なので、正しいトルクで締め直してもらった次第。
全てのタイヤで少し締め付けが緩いとの事であった。
数値上緩いとの事で別にボルトからナットが外れる事はないが規定N・mではなかっただけである。
メカの方に聞いたら108N・m(ニュートン・メートル)との事でした。
殆ど正確に締めていると思っていたが、やはりトルク・レンチが必要な事を痛感した。

で、ディーラから帰ると家内曰く「ネットで自動車保険を申込みした方が安いのでは」と言われてしまった。
ゴールド免許からブルーに変わった事はあるが、車両保険や事故った時の諸々の事を考えると、高いとも思えない。
それより、別荘がなければ自動車は必要ないかもしれない。
それと月に一二度しかお山に行かないのなら都会では自動車は必要ない。

それにしても自動車維持には高くつくものである。

今日のナナちゃんの日記。
本日も大きな変化は無しです。
保護主さんから頂いた起毛の毛布を洗濯です。
環境も少しづつ変化を付けて色々の環境に慣れるべく試行錯誤の連続です。
胡坐をかいた膝の上に上って来るのはいつになる事か。
コメント (2)

カウンター