週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 平和の祈り(自戒の念を込めて再掲です)

2017年04月30日 09時26分55秒 | たわごと(少し硬派に振って)
誰でもが願う平和。

有史以来、戦いを止めない人類。

生存の為に戦いを止めない生き物。

フランチェスコの平和の祈りと言われている文章をアップします。

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
憎しみがあるところに愛を、
争いがあるところに赦しを、
分裂があるところに一致を、
疑いのあるところに信仰を、
誤りがあるところに真理を、
絶望があるところに希望を、
闇あるところに光を、
悲しみあるところに喜びを。

ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
理解されるよりも理解する者に、
愛されるよりも愛する者に。
それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、
許すことによって赦され、
自分のからだをささげて死ぬことによって
とこしえの命を得ることができるからです


以前にも載せていますので今回は再掲です。
この所生臭い武力行使のスレッドが多くなっていますので自戒の念を込めての再掲です。
平和の祈りでヒットした私の過去のスレッドはこちらです。
コメント (2)

#111 -’17. ネモフィラを満喫に@国営ひたち海浜公園

2017年04月30日 08時53分23秒 | 山野草&草花
一度はお邪魔してみたいと思っていた一面に咲き誇る国営ひたち海浜公園のネモフィラ。
連休前日ですがリタイヤ世代が大挙して訪れるはず。
自分もその中の一人ですすが、人ごみの嫌いな家内ですから朝一番に向かいました。
黄金週間になれば、開園時間は早くなりますが4月28日は午前9時30分との事。
記憶にないぐらい走っていない常磐自動車道を通りひたち海浜公園に向かいました。
ナビに従い『ひたち海浜公園IC』降りる積りでICの出口の前に既に渋滞していました。
時間は9時20分ごろです。
殆ど進まない渋滞でしたが、ナビでの目的地の距離は残すところ1キロ一寸です。
でも、家内からもう一先の常陸那珂湊IC(ひたちなかみなとIC)迄行って戻ってくる方法もあるよとの事。
列から外れて常陸那珂湊ICへGOです。
勿論、一般道に下りてから渋滞はしていましたが我慢できる程度で海浜口駐車場に停める事ができました。
後で国営ひたち海浜公園のHPを見てみると小さな駐車場でしたが、満車になる前で良かったです。

車を止めてから空を見上げると部分的に雨雲らしきものが。
いつもトランクに入れっぱなしになっている傘を持参して園内に。
特段、チェケット売りでは長蛇の列と言う事もありませんでした。

案内に従いネモフィラの場所へ向かいました。
多分、ススキの豪華版のパンパスグラスのようにお見受けしたので一枚。
南米のパタゴニア地方のパンパスグラスですが、帰化植物で繁殖しすぎるのではと一寸きになった。



ネモフィラの淡いブルーが見えてきました。
空のブルー。
そして海のブルー。
ネモフィラのブルーに憧れてきましたが、空はどんより曇ってきました。
東京を出る時は雨が降るなど露ほどもおもいませんでしたのに。


28日では満開にはちょっと早いですが、綺麗に咲きだしていました。
でも、快晴の空の下ではありません。



自分の好きなオオイヌノフグリと似ているのも好きな理由かもしれません。


ポツポツと空から落ちてきました。


傘を持参していたい方が沢山いました。
傘を持っている方は傘を差し始めるほと降り出してきました。
我が家も傘を差して見晴らしの丘を登っていきます。
06


小高い丘ですが、登れば登るほど雨は強くなり海風に吹かれて横殴りの雨です。
皆は降りる中、これ幸いと丘を登っていきました。
07


歩く人もカメラで写真と撮る人も殆どいない中に歩き回った為に、ズボンがびっしょりになってしまいました。
ベージュのチノパンですから濡れると濃い色に変わりずぶ濡れの事が一目瞭然です。
08


傘があるからと強風の海風の吹く丘に登るべきではありませんでした。
ほんの10分程度待てばよかったです。
09


雨も小降りと言うかほどんど止んで見物の人が動き始めました。
10


ずぶ濡れのチノパンと靴の中までびっしょりと濡れてしまったので早く車に戻る事にしました。
一度見れば十分かとの思いでした。
行いが良くなかったのか、青空の中で見る事が出来なかったのが少し残念でした。
11


少し暖房をつけてズボンを乾かし、ソックスを脱いで素足での運転です。
駐車場も結構空いていた居るし、駐車場の駐車券販売所には車が一台も並んでおりません。
この時間が来るには狙い目だと話しながら通りに出てくると満車ですとの看板で導入道路への侵入が封鎖されていました。
何の事はない、この時間帯が空いているのではなく入場制限していたのである。
ここで、交通規制する御仁に文句を。
『ひたち海浜公園への交通規制をして侵入禁止にしている場所が最悪です。一般道を右左折して導入路から駐車場入口の券売機までは300メートル以上あるかもしれません。駐車券発売場所迄車を入れれば一般道路上に並ぶ車の台数が減るのです。一般道で停車している車が増えれば増える程その為に周りの交差点などを通過するただの車にも影響するし、事故の確率も増えるのです。導入路をガラガラにしておく理由など何もないのです。一般道での停車している距離を短く使用などの発想が無い輩に怒り心頭です。』

入園する車のドライバーさん、ご苦労さまです。

我が家は既にひたち海浜公園公園を後にしてあしかがフラワーパークに行くのを諦めて坂東札所巡りに向かい北上です。
12


撮影はスマホとニコンです。


コメント (2)

#110 -’17. ぼたん祭り@市川三郷町歌舞伎文化公園

2017年04月29日 18時26分13秒 | 山梨県の名所旧跡
過ぎし4月23日のNHKTVでのニュースの中で牡丹が見ごろとと放送されていた。
では、東京に帰るだけなので、甲府南迄走り見学していくことで出発した。
上野公園(動物園前あたり)での牡丹は見た事があるが、地方のもよさそうなので行って来たスレッドです。
何分にも日にちが立ちすぎていますが、5月5日迄やっている見たいですから興味のある方は覗いて見て下さい。
最後にグーグルマップも載せておきます。

01



歌舞伎の町の市川が誇らしくマンホール蓋にも。
02



歌舞伎の市川家の発祥の地だそうです。
隈取が描かれていました。
03



04



05



06



07



08



09



10



11


白いハナミズキが咲いていましたので、一枚。
12


絞りの入った牡丹です。
13


園内の端からや道程で見ることが出来た八ヶ岳です。
14



15



歌舞伎の市川の発祥の地とのこと。
16


市川の農民の歴史です。
17


藤も咲き始めていました。
18


日本で二番目に高い山、冠雪した北岳が見えます。
19





コメント

#109 -’17. 4月28日のお出かけ(国営ひたち海浜公園ほか)ダイジェスト版

2017年04月28日 22時40分31秒 | 国内旅行
連休直前のお出かけです。
ダイジェスト版と言うか骨子のみ先にアップします。


【国営ひたち海浜公園】
7時半頃に我が家を出発して、最初にひたち海浜公園に行きました。

ネモヒラを見に来ました。


その次の目的は坂東三十三観音の巡礼です。

【第二十二番佐竹寺】
前日から坂東札所巡りの物を準備しての就寝でした。
ネモヒラの次はひたち海浜公園から一番近い佐竹寺です。


【西山荘】
佐竹寺に向かう途中の道路標識の看板に西山荘との文字が。
地名や有名な名所・旧跡などを表示する道路標識にアパートの名前が書かれているとは思わないが何か有名な所かと家内に聞くと。
水戸光圀公の隠居の場所かもと言い出した。
で、家内がガラホでネット検索するとビンゴであった。
私はステアリングを握っていますから不可能です。
佐竹寺の後、少し戻るこちになるが見学して昼食を頂いた。

【第二十三番観音寺】
二十三番の札所は笠間稲荷の在るツツジで有名な笠間です。
家内と私の坂東札所巡りようのご朱印帳しか持参しなかった。
一般的な物を持ってこなかった。
残念な事をしてしまった。
こちらでは、観音寺のを頂いた。

【第二十四番楽法寺】
先達さんに引率された旅行社主催の団体の巡礼さんに遭遇した。
総てのお寺で般若心経などを唱えてくるが、団体さんの近くでは唱えるのを躊躇しそうになる。


本日の予定は終了です。
車のナビでは北関東自動車道の笠間西ICまで戻り、北関東から常磐自動車道に入り東京です。何故かステアリングを握る自分としてはシックリこない。
既に最後の楽法寺に向かう道の道路標識では土浦の地名が表示されていた。
東京に向かう途中の土浦が直進方向に表示されているにも関わらず、戻って北関東自動車道路に入り常磐道では納得できなかった。
それで、一般道を走り北土浦ICから常磐道に入り夕方の通勤ラッシュに捕まり帰り着いたのが午後6時半であった。
充実した一日であった。

後で個別のスレッドでアップ予定です。

帰宅してメールを開くと嬉しい通知が届いていた。
アゼルバイジャンのe-Visa が届いていた
コメント

#108 -’17. 峠の我が家からの景色

2017年04月28日 06時54分44秒 | 信州の自然
嫌味な記事が続きましたので、4月24日の午前9時前に撮影した峠の我が家からの風景です。

別荘を建てた直後はこれらの景色に感動して、撮影しまくっておりました。
その感動も無くなりカメラのレンズを向ける事すらなくなりました。
でも、先日訪問した時、そうだ!この窓の外の先には乗鞍岳もそれに続く穂高連峰車山それに北八の峰々をおもいだしました。

画像のみ先にアップしま。
今日は連休前に出かけてきます。
行先は後で。


総て家の中から撮影です。
それが一寸自慢です。

一面真っ白に冠雪した峰の山が乗鞍岳です。
黄金週間直前には上高地開山祭がウエストン碑の前で執り行われたはずです。
我が家から見る限り、こちらの乗鞍岳他北アルプスは完全な冬山です。
日本に登山を広めた宣教師として知られるウエストンですが、イギリスの最高峰は1500メートルにも届きません。
ヒラリー卿とテンジン(テムジン)のエベレスト登山等の番組をCATVで見ましたが、シェルパの地位の低さを肌で感じました。
今も同じですが、シェルパに登らせてもらっている登山者です。
1


大キレットです。
2


木で山頂の気象レーダー用のドームが見えませんが、大好きな車山です。
3


八子ヶ峰の山小屋・アルビレオです。
以前に初代のデジカメで撮影した山小屋の写真のスレッドはこちらです。
4


北八ヶ岳の縞枯山です。
5



6



7
コメント

§ 私がトランプ大統領なら(その二)(対北朝鮮政策)

2017年04月27日 12時42分29秒 | たわごと(少し硬派に振って)
§ 私がトランプ大統領ならの続編です。
勿論、自分ならどのように対処するかの勝手なスレッドです。

先日、北朝鮮の健軍85周年だったそうです。
朝鮮に軍隊が85年前にできたことも胡散臭いですが、この事はついては述べるつもりはありません。
健軍の事に対しては私自身なんのデータも持ち合わせていません。
でも、北朝鮮人民軍が出来て85年の節目の日とのことです。
祝賀を祝い核実験など行いたいところでした。
でも、過ぎてみれは核実験もミサイル発射実験も行いませんでした。

それでも私は危険が去ったと思っていません。
何を危険と捉えるかの考え方たマスメディアと異なるのです。
アメリカが軍事オプションを選択して武力衝突が生じる事。
即ち、北朝鮮が核実験乃至はミサイル発射を試みてその結果としてオペレーションが開始される。
北朝鮮も黙ったままではいませんから、武力衝突が起こる事は必至です。
その武力衝突が完全に回避された訳ではありません。
今回の健軍記念日の武力衝突を危険とは捉えて居ませんから去ったとも思っていないのです。
一般の日本人が思う危険=武力衝突ないし戦争ですが、私は全くそのように思っていません。
私が思う危険とは、金正恩の持っている今の政治姿勢そのものを危険と思っています。

声を大にして言いたいのです。
イギリスの平和主義のチェンバレン首相はヒットラーの隠れた意図を見抜けずに宥和政策でチェコスロバキアのズデーデン地方を生贄としてさしだした。
国際政治では全ての政治家なり指導者が聖人君主ではないのです。
今の危機を先送りしても、その火種はますます大きく危険性が増すと思っているからです。
北朝鮮の危険の火種は『金正恩ただ一人なのである。(三代続いた金王朝)』
北朝鮮の権力者として存在している限り、私が思う危険は無くならないのです。
生物学的に彼の命を奪うか、彼の政治的な権力を奪うかのどちらか一つしか無いのです。
北朝鮮の建国以来国民を恐怖により統治してきた独裁国家。
悪しき伝統を根絶せねばこの危機は去らないのです。
今回のこの時点で妥協してはならないのである。

話は少しもどりますが、イラクに核兵器開発が行なわれているとの事でサダム政権を打倒すべく軍事進攻したブッシュ大統領(父)である。
実際は核兵器の開発の根拠を見つける事が出来なかった。
その前にクエート進行などしていたイラクであるから核開発していれば、大変なことに成ると思ったのも頷けなくはない。
アラブ・パレスチナにはイスラエルが存在する。
アメリカ合衆国にすれば一心同体のイスラエルである。
是が非でも守らねばならない大義名分が存在するのである。
核開発の確証が無くても芽の内に摘んでおけとの安易なプッシュである。
大嫌いなブッシュではあるが、今の北朝鮮の脅威は此れどころではないのである。
核兵器も所有し、ミサイルも所持しているのである。
なのに、アメリカにとっては軍事進攻してまでの大義名分がないのである。
アメリカ合衆国に核兵器が着弾する事態になれば別であるが、まだだと思っている節がある。
イラク、シリアなどの軍隊と衝突するのと、北朝鮮と衝突するのではその被害は全く異なるからして躊躇してしまうのである。
それでも、自分がトランプ大統領なら躊躇する事無く金正恩の斬首作戦を実行するのである。
一人の首をとる為にネービー・シールズを送り込むのが一番被害が少なくて済むが、その成功率と送り込んだ兵士の生還率を考えると安易に送り込む決断を下すことが出来ない。
それ程北朝鮮は管理された恐怖国家なのである。
大雑把な(ズボラな)イスラム国家とは少し違うのである。

一番被害が少ないのは中国の力を借りて、亡命政府を中国国内に成立させるのが一番かも。
今の北朝鮮の国体は堅持するとの確約の上に、亡命政府の国家元首を金正男の息子の金ハンソルにするのである。
もし、金正恩が政権を放棄して中国に亡命するなら受け入れれば一番問題が無く円満解決すると思うのだが。
でも、一度権力を持つと放棄できないのが権力者の性らしいから金正恩の所在地を確認できる時に一発必殺の攻撃でするほかないと思う、もし私がトランプ大統領ならの考えです。

灰汁が強いので毒消しです。
我が家のジャーマン・アイリスは未だ咲いていません。



本日の散歩の途中で見かけた花などを。
ふじの花ですが昨年お邪魔したイギリスでも沢山の藤の花を見かけました。


ツツジと言えばすぐに思い出すのが駒込駅と根津権現です。


ハナミズキです。
東京市長がワシントンに桜を贈ったお返しと頂いたハナミズキのお話は余りにも有名です。
確か自分が小さい頃、東京府とか東京市の縦判がありました。


未だちょっと早い気もしますが、サツキのようです。
コメント

#107 -’17. 本日(4月26日)のナナちゃん & アゼルバイジャン e-Visa 申請

2017年04月26日 17時52分11秒 | ねこ
昨日からナナちゃんのトイレと餌&お水はケージの中から出して洗面所などに設置しています。
今はケージに入るも出るもナナちゃんの自由意思です。
禁止のお部屋のみ入れませんが、ナナちゃんが行きたければその他の場所は自由に何処でもいけます。
トイレや餌場などに慣れれば、ケージを折りたたんで撤去するつもりです。
来た時はケージから出られる日が来るのだろうかと心配しましたが、抱く事は未だ出来ませんが隔世の感があります。
進捗状況は牛歩の如くでしたが、満足です。
慣れてくれば慣れて来る程愛情も湧きますから不思議です。
心持、盗人・泥棒マスクの井出達も薄くなり美人になりました。
ケージを新聞で覆い私たち家族の視線を避けていたナナちゃん。
時の立つのは早いもんです。

我が家の少しお澄ましした美人のナナちゃんです。
バレクル(暴れまくる)モードから安息モードに切り替わりベットの上の毛布に陣取ってと。


こちらのショットは飼い主に似て目つきが座っています。
ナナちゃんの気持ちを代弁すると「許可も得ずに勝手にとるなよ」と言ったところでしょうか。


見れば見るほど美人です。(只の自己満足ですが。)
この凛々しい顔立ち。



アゼルバイジャンの e-Visa の申請が完了しました。
支払いも終了して三日後迄にメールが届きます。
アゼルバイジャンのビザはバクーなどの空港でも取得可能みたいですが、旅行社経由で事前に取得するか個人で取得するかしてくださいとの事で自分で取得しました。
まだ、取得できたかは分かりませんがこちらかの手続きは全て完了しました。
これが結構大変で苦労しました。
いっそ、バクーの空港で取得するか代行業者に頼むか迷うほどでした。
最近の我が家の通信環境も良くないこともあり、苦労させられました。
いっそ、都立大のアゼルバイジャンの大使館ま出向かと迷うほどでした。
コメント (2)

#106 -’17. 生ハムの手巻き寿司(4月22日の日記から)

2017年04月25日 17時21分42秒 | 我が家の食事(原村レストラン)
白ワインの肴の生ハムが余ったので、手巻き寿司の具にしてみました。
これが抜群に相性が良く美味しいのに驚きました。
塩味の効いて山葵との相性も良く抜群でした。
機会が有れば是非試してみてください。

22日の日記は既にスマホ版にてアップしたありますが、今回はニコンでの撮影版です。

実際の風景より絞っていますので、少し暗く写って居ます。
北アルプスの峰に太陽は沈みました。


美味しい南フランス、ランクドック地方の白ワインを頂きました。
白ワインは2007年製のPICPOUL DE PINET BEAUVIGNAC (ピックプール ド ピネ ボーヴィニャック)です。
とてもフルーティな美味しいワインでした。
自分1人ではフルボトル一本空きませんので、飲みたくても何故かワインを飲む回数が少なくなってしまいます。


栓を開ける時の至福のひと時です。


こちらは生ハムの手巻き寿司です。
酒の肴の生ハムが少し残りご飯になりましたので、手巻き寿司の具にしてみました。
ドンピシャでした。
美味しい事請け合いです。


少し絞って実際より暗く写っていますが。


因みに、スマホ版はこちらです。
コメント

#105 -’17. 4月24日のナナちゃん & Rome Vacation Travel Guide | Expedia

2017年04月24日 12時27分31秒 | ねこ
今日も朝からばれくっています。
胡坐をかいて新聞を読んでいると素足の親指に対して遊んでよと言わんばかりに、ちょっかいを出してきます。
大好きな赤い猫じゃらしと、ネズミ君で小一時間遊んであげました。
エネルギーの発散不足のようです。


今一番好きなおもちゃ二点です。



ネズミ君はサッカーボール状態ですからナナちゃんが一人遊びしてくれます。


それでも狩猟本能を満たすために、猫じゃらしでも遊んであげます。
ちょっとした所に身を隠して、突然脱兎のごとく突進してきます。
私が座っている所を飛び越えていきますから爪などを立てられて太ももに傷が着くこともズボンが痛むこともありません。
偉いもんです。


ネズミ君は左右の前足でキックしながらワザワザ狭いところに放り込みます。
ネズミ君は本来動きませんが、前足で動いて逃げる状態を作るが如くのサッカーごっこ状態です。


本日のNHKのプラネット・アースの番組を私と一緒に見入っていました。
キツネやトナカイなどナナちゃんなどにも動物がわかるのでしょうか。
目が悪くなるからTVから離れなさいと言いたいところですが。



世界の道はローマに通ずの自分ののローマすれっどはおって。
Rome Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

#104 ’17. 流星群(4月23日のお山の日記)

2017年04月23日 05時58分45秒 | お山の日記
昨夜は殆ど星が見えないので早々と寝てしまいました。
勇んで寒い夜空でも見上げていたのが嘘のようだ。
薪ストーブは連続して燃焼していたいですが、夜中に薪が切れて消えてしまいます。
目覚めて最初の仕事が薪ストーブに火をつけることです。


シーリングファンは冬仕様ですから、空気は上に吸い上げる。


季節の移り変わりを実感します。
五時半頃に窓から撮影した外の風景です。
明るくなりました。

この窓の先に雪を頂く北アルプスの峰峰が見えます。
我が家から見ることが出来る北アルプスの特徴的な乗鞍岳があります。
残雪ある大好きな姿を見ることが出来るのも後少しです。
向かいの家の木が成長して若葉が芽吹くまでとなってしまった。

たてしな白犬さんコメントありがとうございます。
戻ってからご返事させて頂きます。


【今朝の外気温】


一部修理したデジタル温度計の今朝のリアルタイムの外気温の表示が氷点下だった。
体感的にはそれほど寒く感じないし、最低&最高の表示は誤ってHHH&LLLが画面に出る。
その為にリアルタイムの表示も誤っていると思い込んでいた。
しかし、別の温度計でウッドデッキで計ってみるとジャスト0℃だった。
と言う事は、正しく表示されていたようだ。
原村は冬と春のせめぎあいです。

因みに、こちらの温度計は自分の手作りです。
温度計は東急ハンズで買ったものを我が家で伐採して綺麗な白樺に張り付けたものです。
コメント

#103 -’17. 早朝に原村へ(4月22日のお山の日記)

2017年04月22日 13時49分18秒 | お山の日記
【早朝に原村に発ち】

4時半に起きて、5時少し前に我が家を出発。
双葉で炒飯の朝食を頂いた。


今回の目的は、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換です。
作業は、53分の所用時間だった。
油圧式のガレージジャッキがあれば楽な上、作業時間も半分で済むのだが。


ちー吉さんコメントありがとうございます。
東京に戻ってからご返事させて頂きます。


【八ヶ岳自然文化園】

今日の自然文化園のお花です。
我が家の情報源の家内の提案で、歩数も稼がねばならないの丁度よい運動です。
午後にお邪魔したのでカタクリの花は開いていました。



ロープの中には決して入りません。
なので撮るのは結構大変です。



次の目的は少し離れた水芭蕉とザゼンソウです。
三度ほど若かりし頃のお邪魔した尾瀬の湿原とは問題になりませんが、それでもジャストの時期のお邪魔することができました。


湿原の池の水芭蕉です。



こちらはザゼンソウです。






【我が家のお庭】

八ヶ岳自然文化園とは大違いの我が家のお庭。
以前(原村に別荘を建てた頃)と考え方が大きく変わりました。
八ヶ岳の麓に本来自生している物は可能な限り残す事にしている。
原村にあっても標高高き我が家です。
なので、木々の下草は熊笹に覆いつくされている。
氷点下二けたに迄下がる厳寒期にあっても熊笹があれば霜柱は出てこない。
ところが、熊笹の無い所は凄い事になっている。
自然は凄いものである。
自然のお布団を羽織っているのである。
なので、今では通路と決められて花壇以外は刈り取らない。



白樺はもろく、立ち枯れると小鳥の巣には最適かも。
赤ゲラやシジュウカラの巣になった。
サンバカ、3樺類は利用価値の無い木らしい。
建築資材としての価値は乏しくても絵になるので好きだ。
薪としても価値がない。
樹皮は直ぐによく燃えるが熱量も無いし、火持ちもしない。
それでも好きな白樺。


お昼のデザートのイチゴです。
最近はイチゴにミルク等を食べる事が全く無くなった。
ヨーグルトの友として食している。
なのでイチゴ本来の味を忘れていたようだ。
イチゴのみで何もつけず、何もかけず食べたのは超久々だ。
凄く美味しかった。


おねだりして追加を頂いた。



【てんとう虫】

厳寒の原村の冬を集団で乗り越えるてんとう虫君。
どこから入って来たのか、ドアや扉の影の隅っこのところで集団で暖かくなる春を待っているテントウムシ君。
今日は薪ストーブと石油ストーブの二台のみ。
原村も暖かくなりました。




てんとう虫で思い出すこと。
昔、モーターバイクに熱中していた頃、モーターバイク即ちオートバイをてんとう虫と呼んでいた事がありました。
てんとう虫で変換すると転倒虫となりますので、呼んでいた過去を思い出します。


【本日の夕食は】

今日の買い物は富士見の西友です。
いつもビールですが、今日はワインを飲みたくなり肴を買ってきました。
モッツレラと生ハムです。
ご飯は手巻き寿司です。







家内には感謝感謝です。
お酒は好きではないし、本来は飲みもしないのに酒の肴を準備してくれます。
別荘の欠点は上げ膳据え膳でない事でしょうか。
コメント (2)

#102 -’17. 今日のナナちゃん(4月20日)& Quebec Vacation Travel Guide | Expedia

2017年04月20日 18時54分09秒 | お山の日記
最近のナナちゃんのリハビリ状況です。
今は、全くケージに閉じ込めておりません。
出入りは木戸ごめんです。
トイレに行く時、それと水を飲みに行くときナナちゃんが自分の意志で入るだけです。
夜も全く入れていません。
地下室と二階の一室のみ出入り禁止です。
こちらが居ても気にはしませんが、動向は気にかけています。
早い動きなどすると逃げてい行くことがあります。
ナナちゃんを無視して、こちらの用事で動くときは全く気にしなくなりました。
それと、おもちゃ等で遊んであげているのか、遊んでくれているのか、飛び回っています。
一番好きなのが、最初に気に入った二十日鼠君の子ネズミです。
これは、サッカーでもしている感じで暴れまくっています。
次に好きなのが赤い方の猫じゃらしのおもちゃです。
色違いのベージュもじゃれついて来ますがそれほどではありません。
赤い猫じゃらしは大好きです。
手で体をさすることも何ら問題はありませんが、抱かせてはくれません。
何度も家内はトライしていますが、抱かれると感じるとひょいっと体をかわして逃げていってしまいます。
でも、大きな大きな進歩です。
早く膝の上で昼寝をしてもらいたいものです。
二階の部屋に入ってきた美形のナナちゃんです。

只の自慢です。
見れば見る程、美人ですな、美猫ですね。



自分のブログ内の記事でケベックを検索したらこちらにヒットしました。
でも、本来のケベックの記事は無いに等しいです。
今回も書いておりませんでした。
カナダのフランス語圏の素敵なケベックのトラベル・ガイドをご覧ください。
Quebec Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

§ 私がトランプ大統領なら(対北朝鮮政策)

2017年04月19日 15時46分16秒 | たわごと(少し硬派に振って)
国際政治に もし の仮定は存在しませんが。
あえて自分自身がアメリカ大統領のトランプ氏ならばどのような政策を実行するかとの白昼夢です。
トランプ大統領がその政策をとるか否かは全く関与いたしません、念のため。

オバマ元大統領とトランプ大統領の大きな違いは、北朝鮮の独裁者の金正恩をどのように視るかに掛かっている。
大雑把に分けて、その一つ目は:張り子の虎として、北朝鮮は国際平和や米国に危害を加える戦力を保持していないか、保持していても実際は武力行使しない口先だけととらえるかです。
即ち金正恩は、口先だけの張り子の虎ととらえるか。
その二つ目は:実際に核兵器も大陸間弾道ミサイルを保持した時には躊躇なく使用すると視るかです。
大陸間弾道としての実績はまだ未知数ですが、核兵器は確実に所持しています。
核弾頭が近距離、または中距離のミサイルに搭載できるまで小型化されているかは分かりません。

正恩の父の正日は、口では大ぼらを吹いても決して一線を越える事を(決して虎の尾を踏む事が無いように細心の注意を払った。)せずに綱渡り外交をして来た。
ところが、正恩は父の綱渡り外交よい祖父の日成の政治手法を踏襲している。
正恩は敵対する米国と対等に抗する事が出来る為に核武装と運搬手段であるミサイルが是か非でも保持したいのである。
北朝鮮は建国依頼社会主義を標榜しているが、封建時代の暗黒政治の君主よりなお悪い。
国民を弾圧し恐怖政治をひいている国体を維持しているのであるのが建国以来の北朝鮮である。
大学時代は何冊も北朝鮮の強制収容所の本を読んだが、こんな国家が長く続くはずはないと思っていた。
でも、今でも厳然と存在していいる朝鮮民主主義人民共和国である。
日本共産党も民主主義革命を標榜しているが、人民を弾圧して時の権力者の一存で強制収容所にも入れらたり、生命を奪われることが許され国家それが同じ民主主義を謳う共産主義なのである。
本当に言うだけは自由ですから民主主義と謳ってもおかしくないのかもしれませんが共産主義には驚きます。
そんな国家が人道的にも政治的にも許される筈がないと思い込んでいたが、そんな人権無視の国家の北朝鮮が存続でしているのである。
在日朝鮮人&韓国人の人達にあって北朝鮮を支持している人がいる事自体、私には信じられないのである。
悪魔に魂を売っているかの如くの支援であるとしか思えない。
親族や親戚が北朝鮮に居る在日朝鮮人なのかもしれない。
でも、なんで悪の枢軸の国家が世襲で三代も続いているのか分からない。

もしは存在しませんが、私がトランプ大統領ならこの三つのオプションの中から実行性の高い政策を採用します。
OP.1
国連安全保障理事会の決議、中国、ロシア等北朝鮮に影響力の有ると思われる国の協力のもと外交努力で平和的に今の不安定の状況を改善する。
外交努力で核開発の中止、そしてミサイルの開発中止を達成すること。
一番平和的ですが、私がトランプ大統領なら採用しないオプションです。
チェンバレン首相がヒットラーに採った政策と同じで、その宥和政策が一人の狂人のヒトラーに誤ったメッセージを送ることになったのである。
北朝鮮に関しては既に二度までも原子炉の建設並びに核爆発実験で騙されているのである。
それでも、北朝鮮は韓国の停戦ラインからの平和の為に米国も韓国も国際世論もこの一線を越える事が無いと高を括っているのです。
北朝鮮にすれば、失う物は何もないのです。
しいて挙げれば、民主主義人民共和国の国体の崩壊です。
自国民の生命&財産が失われることなど屁とも思っていない北朝鮮の指導部です。
その屁とも思っていないのが独裁者である金正恩です。
一般的に言えば、平和的な話し合いで解決できればこれに越した事はないのは勿論です。
でも、約束ごとを守らない事を何とも思わない朝鮮人です。
この為に、問題を大きくして人類全体に対して大きな問題を突きつける事になってしまいました。
今度、約束で一時の平和を確保しても三度目の反故にするのは目に見てています。
なので、このOP.は採用しません。

OP.2
北朝鮮に対して軍事行動を起こすオプションです。
軍事的正攻法で攻撃する際も、南朝鮮(韓国)に吸収する事をしない。
即ち国体は民主主義人民共和国体制を堅持するとの方針で、中国&ロシアに通知して攻撃する必要がある。
さもなくば第三次世界大戦に発展しかねない危険を孕んでいるからである。
その為に、北朝鮮の国体を変更しないし、領土的な野心は無いとの事が絶対条件である。
中国&ロシアが同意せずとも、武力行使を行う事を事前通知してからの行動開始である。
しかし、北朝鮮正規軍との全面戦争になればアメリカ軍、韓国軍などの被害は数万人でも民間人は百万人単位で出る可能性がある。
空爆などの限定攻撃であっても、火蓋が切られれば北朝鮮は全軍の武力を持って反撃してくる。
韓国のソウルは休戦ラインすなわち軍事境界線からたった30キロ前後である。
ミサイルを使わずとも大砲で38度線を越えて砲弾が飛んで来てしまう地理的条件なのである。
戦なのに、軍人ではなく多くの民間人が戦火に巻き込まれて死亡するのである。
北朝鮮にすれば、南朝鮮も日本人も人間の盾の積りなのである。
この脅しが効くと思っている内は何でもする金正恩なのである。
平和な生活を送っている韓国の民間人&日本国民を犠牲にしてまで、アメリカ合衆国大統領は軍事的攻撃を加える決断をトランプ大統領と言えども行いるとは思えない。
北朝鮮を攻撃されれば、これに止まらず日本にもその矛先が向かってくることは間違いない。
今のアメリカ、日本、韓国にその被害を顧みずに行動する事が出来る政治的決断が出来るのであるとは思えない。

第3番目のオプションは明日続きを述べます


私がトランプ大統領なら採用する作戦です。
OP.3
金正恩の斬首作戦です。
先ずは、中国と連絡を密にとり、北朝鮮の亡命政府を中国国内に樹立します。
中国が共産国で有る北朝鮮の政治体制が崩壊する事を懸念している事を逆手に取って、政治体制の変更までは要求したいと譲歩するのです。
その代わり金帝国は崩壊させて穏健な北朝鮮政府の設立を確約するのです。
ならば、国際経済に深く関わり恩恵を受けている共産国である中国も無碍には断れません。
それと、金正恩の首を打ち取れば、北朝鮮の病魔は無くなるのです。
ただ、一人の独裁者の考えに基づき政治が遂行されているのです。
北朝鮮の政治体制は封建体制の城主と何ら変わる事が無いのです。
ですから、城主一人の首を挿げ替えれば問題は解決します。
反対に斬首作戦が失敗すれば、OP.2と同じ沢山の人命が失われる危険が生じます。
なので、正恩の所在を確認して一発必殺の方法で行なわねばなりません。
攻撃したなら外すことは許されないのです。
それも、核等を使用する事は絶対に避けねばなりません。
核を使えば北朝鮮と同じとの誹りを受けてしまいます。
第一波の攻撃で正恩の斬首に成功しなければならないのです。
演壇からパレードを観閲しているなど最高の条件ですが、出席しない所に攻撃しては手の内を明かすことに成りかねません。
先手必勝で攻撃が成功する為にも中国との情報の共有を図らねばなりません。
同じ政治体制でも、正恩の首さえとれば国際政治の中で存続していく手はあるのです。
OP.3の初めに書いた通り北朝鮮の亡命政府を中国に設立すれば北朝鮮の正恩も本気だと思う事でしょう。
中国も自分(正恩)を守ってくれる守護神ではない事を悟る筈です。
悟れば、政権を退き亡命との微かな道も開ける事もあるかもしれません。
北朝鮮に引導を渡す事が出来るのは中国だけなんです。
どの道、総ての悪の根源は金正恩に依るのです。
トランプ大統領がそこまで本音を据えて対処するかわ分かりません。
でも、もし私にその権限があるなら金正恩を躊躇すること無しに排除します。
その排除に伴う過程で可能な限り人命の損失が少ない事を願う作戦が斬首作戦だと思うからです。

最後にお断りしておきます。
こんなスレッドを読むと何と好戦的な人かと思うかもしれません。
自分自身は誰よりも世界の平和を願っていると思っています。
念仏の如く平和、平和と唱えて居れば平和な社会が維持できるとは思っていないだけです。
真に平和を願いこそすれ、書いたスレッドです。
世界の平和を実現する為の方策(政策)の違いだと思っています。
コメント (4)

§ 高野山で“爆祈り”中国の若者が知りたい!伝えたい!ディープな日本

2017年04月17日 22時35分32秒 | たわごと(少し硬派に振って)
日本人の中には中国人を嫌う人が多くいますが、私自身は基本的に嫌いではありません。
モラルに問題がある中国の方も多く見かけますが、昔の日本を思えば他人の事をとやかく言えるほどモラル・公衆道徳がよかったか疑問です。
東京オリンピックの直前に首都高一号線が完成して、上野から羽田まで開通しました。
勿論、免許など持っていませんから長兄の運転する車に乗って行くのが楽しみでした。
その時の新聞記事に今でも記憶に残る内容がありました。
「ステテコ(ズボン下)にサンダル姿で海外から到着する飛行機を見に行く日本人が沢山いる」(夕涼みを兼ねて)と問題になったほどです。
精神性は別にして、所得が上がれば自ずとモラルも向上するのを肌で感じました。


訪日して日本に対する評価(侵略者とのイメージ)が変わり正しく評価するその中国人の人間性は好きです。
連日抗日ドラマが放映されている中国での環境下にあっても、今現在の日本を正しく見ようとする心の広さ。
日本が他国と違うかもと感じる事は「菊と刀」を待つまでもありません。
社会的な公衆道徳に欠けるた古い日本(封建時代の古き時)ですら、教育が行き届き識字率高かった日本。
その社会的道徳性の高さには驚かされる。
悪いものは悪い、良いものは良いと評価する心があれば、一部の若い世代の中国人かもしれませんが、モラル高き中国人が増えて来ると感じた You tube です。
右下のYou tube に飛べばご覧いただけます。

高野山で“爆祈り”中国の若者が知りたい!伝えたい!ディープな日本



高野山プロモーションビデオ
コメント

#101-’17. ピッツェリア ラ・べファーナ汐留

2017年04月16日 06時19分58秒 | 訪問した食事処、お茶処
浜離宮庭園を後にして、カレッタ汐留でレストラン探しにお邪魔した。
最初は牡蠣のお店ですが、既に午後2時近かった為にランチの営業が終わっていた。
それで入ったのが同じカレッタ汐留のラ・ベファーナ汐留です。
ランチの時間は2時半で終了ですが、良いですかとの問いに了解の上入店です。

サラダバー、ソフトドリンクは自由との事。
勿論、私はフリーではない生ビールを頂きました。
美味しいし、リーズナブルな値段で昼食を摂る事が出来ました。

1


2


3


4


こちらはサラダバーから綺麗に盛り付けして取って来た家内のものです。
5


良く歩いたので大変美味しい生ビールと家内のジュースです。
6


こちらは量的にも少なくした私のサラダです。
7


こちらは家内の頼んだパスタです。
8


こちらは私が注文したピザです。
食べ掛けの写真しかありませんでした。
9


こちらはドリンクバーから注いできたコヒーです。
10


二人で美味しい食事を摂って〆て3000円でおつりが来たと思います。
満足満足の食事でした。
コメント

カウンター