週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#328 -’12. 美術史美術館@ウィーンの絵画(その二)

2012年09月06日 21時39分48秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
そのニでは、ディエゴ・ベラスケスの絵画を。

a1



a2



a3



a4



a5



a6



a7



a8



a9




99
コメント

#327 -’12. 美術史美術館

2012年09月06日 17時13分46秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
ウィーンの美術史美術館所蔵の絵画も素晴らしいの一語に尽きますが、それらの絵画が展示されている美術史美術館の建物自身も素晴らしいです。

今回の、その美術史美術館の建物を中心に。


ツアーの観光バスが自然史博物館の裏側から廻り込み、お目当ての美術史美術館と自然史博物館の中心の入り口へ。
道路を挟んだ反対側には王宮がありますが、今回は割愛です。

広場を挟み左手に美術史美術館があり、その向かいに同じ建物に見える自然史博物館がありました。
改修工事中なのかネットが一部かかっていた。



美術史美術館と自然史博物館の中央に鎮座するマリア・テレジアの銅像が改修工事中でネットで覆われていた。



美術史美術館の正面を撮影する一番良い場所に工事資材でも入れて居るのでしょうか、邪魔なコンテナーが置かれているのには参りました。







入り口を入り直ぐのロビーのその素晴らしさに、息が詰まるかんじでした。



a6



a7



a8



b1



b2



b3



美術史美術館の内部に足場が組まれています。
改修工事ではありません。
この足場はな~んだ?
正解は後ほど。



天井や梁に素晴らしい絵画などが。



b6



b7



窓から中庭を眺めて。



c1



c2



今年はグスタフ・クリムト生誕150周年だそうです。
クリムトの描いた壁画を見るために組まれて足場です。
勿論一般の入場者が見ることが出来るのですが、それ程クリムトが好きでもありませんでしたので、登らずじまいでした。
帰って来てから勿体無い事を下と後悔しています。
団体旅行の悲しさの一面もあります。
何分にも時間の制約があります。



c4



c5



c6



クリムトの絵が分かりますか?



世界で一番素晴らしいカフェかもしれません。



こちらも再度訪問したときには是非ともお邪魔してお茶して見たいものです。



d2



ロビー&入り口を望み一枚。



ロビーから左手に数段階段を下るとショップがあります。



99
コメント

#326 -’12. 美術史美術館@ウィーンの絵画(その一)

2012年09月06日 00時00分01秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
先にも書いたとおり太っ腹の美術館
ウィーンの美術史美術館である。
家内がネットで調べた所、ウィーンの美術史美術館はヨーロッパの三大美術館との事(諸説あるようですが、ルーブル美術館、プラド美術館とここの美術史美術館)。

今回はその一として整理がついたもののみアップします。
その幾つまで続くかわかりませんが、今回はその一です。
デジタルカメラで撮影した絵画のみで200枚以上の膨大な画像があります。

今回は超有名なフェルメールなどの画像を中心にアップします。
ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館とは大違いである。
アルテ・マイスターでもフェルメール(手紙を読む女)を見ることが出来たのがせめてもの慰めである。

それでは太っ腹の美術史美術館の素晴らしい絵画を。

フェルメールの『絵画芸術(画家のアトリエ)』です。



何といってもフェルメールです、ズームアップした撮影し直ししたものです。
撮影した同じ画像を拡大したものではありません。



この後ろ向きの画家はフェルメール自身ではないかと地元の日本人ガイドさんが説明していました。
フェルメール・ブルーです。



レンブラントです。
『本を読むティトゥス』です。



自分たちはガイドさんの説明を受けましたが、勿論個人で来てもイヤホンガイドを借りれば説明を受けられます。



レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロとともにルネサンスの3大巨匠といわれているラファエロです。
『草原の聖母』です。




a7




ラファエロ&工房の『聖家族と少年ヨハネ』です。
ガイドさんの説明では、この時代小さな絵画を画家が書いて顧客に提示して、作品自体はその工房で作成したようです。
この大きな絵画は工房での作成です。



コメント

#322 -’12. ウィーンのトラム乗車体験

2012年09月05日 00時00分01秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
ベルヴェデーレ宮殿の上宮と下宮を見学して外へ。
少し歩いてリンク通りのトラムに乗って本日の昼食のレストランに向かった。

添乗員さんと地元の日本人ガイドさんが付いていますから、トラム乗車と言ってもチケットは既に配布されているので、乗って刻印するのみである。
でも、良い思い出になった。

乗車したのはこちらの停車場から。
一方通行で戻らなければ乗り変えもできるとか。







ドアのボタンを押してドアを開けて乗車して切符に刻印を頂いた。



座れる席はありましたが、子供と変わりません。
運転席横の一番前に陣取りました。



バスから眺めるウィーンとはまた一味違う新鮮さがありました。



どんな意味のオブジェか分かりませんが、時代的には新しそうです。



こちらは騎乗の銅像が。



アールのきついカーブも結構なスピードで進入して通り抜けるのには驚きました。



車体も新旧色々ありそうです。



二駅目で降りたところで記念に一枚。
コメント

#321 -’12. ハルシュタットで昼食

2012年09月04日 21時28分07秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
昼食と夕食は毎回ビールかワインを飲んでいました。
ですから、食事時同行のツアー参加者とも会話が弾み、料理の写真を撮り損なう事があります。
同じテーブルの方がカメラを構えれば思い出すのですが、そのときの状況で忘れる事も多くありました。

ツアーの食事は大方、前菜またはスープにメインディっシュと続き、〆にデザートが出る事が多かったような感じです。
パンは食べ放題の時も出ない時もありました。
日本と違いなにぶんにも量が多いことには閉口します。

飲み物は各自の好みのものと注文します。
アルコール類かノンアルコールの物等色々あります。
自分は殆どビールを頂、時々ワインでした。

今回のハルシュタットでも美味しいお魚料理(鱒のムニエルだったようだ。)だったとの事。
不味いのは強烈な印象と共に残っていますが、普通に美味しいのは忘却の彼方です。









自分は勿論、ビールです。
昼間のビールは最高ですが、眠らないようにしないとなりません。



窓の外にはハルシュタッタ湖に浮かぶ船と対岸の教会。







ここでは、最初にスープがでました。



こちらはデザートです。
メインディっシュは撮りそこないました。



レストランの桟橋と浮き桟橋から。



マガモのメスでしょうか。










食後にバスを降りた駐車場まで戻りました。
その後は、ザンクト・ヴォルフガングへ。
コメント

#315 -’12. ザンクト・ヴォルフガングへ

2012年09月02日 22時35分33秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
世界遺産の次に訪れたのが、同じ湖水地方のザンクト・ヴォルフガングです。
今日、BS日テレのトラベリックスでザルツカンマーグート地方が放映されていた。
それによると湖水の数は76湖もあるとのこと。
美しい湖が点在している素晴らしい所である。


こちらでも、車は駐車場に止めて街中には入れないようである。
駐車場からゆるい坂を下ってザンクト・ヴォルフガング湖岸にむかった。



ザンクト・ヴォルフガング巡礼教会です。



オペレッタ『白馬亭』で舞台となった白馬亭です。



その渡り廊下のアーケイドの下を越えてヴォルフガング湖へ。







巡礼教会の湖岸側前のテラスから湖を望み。







画像の反対側に巡礼教会の入り口があります。



鴨が岸辺で羽を休めています。



ヨーロッパもどこへ行ってもあるかった。







白馬亭の湖岸に面したところにレストランがありましたが、団体ツアーの悲しきところお茶をする程、時間的な余裕がありません。



白馬亭一階には本家本元のスワロフスキーのお店があったので覗いてみました。
買っている時間はなさそうです。



駐車場に戻る途中にあった素敵な家が周りの景色に溶け込み絵になります。
この左手奥にはシャーフベルク山が見えます。



可愛い蒸気機関車のシャーフベルク登山電車が登っていく山頂駅が駐車場から良く見えます。
今回の観光ルートには入って居ないため、遠くから眺めるだけですが。



上っていくところは緩やかですが、添乗員さんによると反対側は断崖絶壁だそうです。
山頂からの景色は沢山の湖水が見えて絶景だそうです。
コメント

#314 -’12. 夢が叶ったハルシュタット

2012年09月02日 16時13分34秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
タイトルでは夢が叶う言いましたが、中欧組曲での催行中止があった為想いが募ったようです。
直行便ではありませんが、来ることが出来たザルツカンマーグート地方。
その中心をなす風光明媚な観光地・ハルシュタット。
今回の旅行を申し込みするまでサンド・オブ・ミュージックの舞台になった所とは知りませんでした。


ザルツカンマーグート地方はオーストリアの湖水地方で沢山の湖が点在している。
そのハルシュタッタ湖の湖岸にある美しい街・ハルシュタットです。
世界遺産にもなっているとのこと。



駐車場にバスが止まると絵葉書そのままの景色が広がっていた。
ハルシュタットへ向かう道の途中では少し雨が降ったが、その雨も完全に上がり青空である。
湖面に空を反射するから晴れと曇りではその美しさは大違いである。







カソリックの教会とプロテスタントの教会の鐘楼が競っているが如く連なっている。



山の峰々に雪が残っている頃再度訪れてみたい。



伊根の舟屋を彷彿とさせる佇まいです。
そこから船が沖に向かい。



a6



ミサなど行って居なければ基本的に入ることは可能です。
男子は脱帽の上静かにお参りさせて頂きました。



窓の外にはゼラニュームが咲き誇っている。



小さくても街の中心のハルシャッタトのマルクト広場です。



ハルシュタットの岩塩と日本語で書かれた看板が出ていますから、日本人には人気の観光地なんでしょうか。
我が家はザルツブルグで岩塩を買いました。
ハルシュッタットで昼食を摂りましたが、自由時間が短くてお店をのぞき廻るゆとりがないのもツアー旅行の欠点です。



岩塩です。



ワイルドな女の子がはだしでスケボーに乗っていました。
なぜか様になっているから不思議です。



昼食を摂ったレストランの浮き桟橋から教会を眺めて。



道路側に廻って同じ教会を。
こちらはプロテスタントの教会ですが、名称は分かりません。



ミサなど行って居なければ基本的に参拝することは可能です。
無料のところも有料の所もありますが、男子は脱帽して静かにお祈りです。
無料のところでもおさい銭を入れるところがあります。



坂を少し上らないとならない為に行かなかったカソリックの教会。



対岸に教会が見えます。



白鳥が泳いでいます。
絵になる景色です。



ザンクト・ヴォルフガングに向かうためこの教会の裏側を走りました。




焦点距離の長いズームレンズに交換して撮影してみました。



山肌にへばり付く家々がまた趣をかもし出している。



キャンプしたり水遊びをしている人達です。


今日、アマゾンに昨日注文したガイドブックが届きました。
これから読み込んで今回の旅の復習です。

コメント

#301 -’12. 8 美術史美術館

2012年08月29日 10時28分50秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・オーストリア)
今日は旅行6日目の8月25日。
フェルメール、レンブラント等、そうそうたる名画を鑑賞することができた。
美術史美術館ではフラッシュを焚かなければ撮影 OKであった。
なんと太っ腹なウィーンなのか。

携帯電話にて撮影。
コメント

カウンター