週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#078 -’19. オーストリア大使館へ

2019年03月22日 11時30分54秒 | 街角
今日は自分一人でオーストリア大使館へ来ました。
家内は既にお邪魔しています。

暗闇坂(宮村坂)です。
解説に依ると「くらやみざか 樹木が暗いほど生い茂った坂であったという。以前の宮村(町)を通るため宮村坂ともいった。」日本語の文章としては少しかえますが、「くらやみざか 樹木が生い茂り坂が暗くなるほどであったという。」


インターホンの脇にオーストリア大使館のエンブレムです。


スタンプも頂いて麻布十番へ戻る道すがらです。
アダム&イブだそうです。


いつものタイ焼き屋さんです。


ランドマークの六本木ヒルズが見えたので一枚。
コメント (4)

#075 -’19. 日曜日は宅配業者に変身です。

2019年03月19日 20時23分01秒 | 街角
都内のお宅に静岡から預かった荷物の宅配です。

前日の夜に静岡から帰宅したので、宅配は日曜日にするか月曜日にするか迷った。

でも、都心は日曜日は空いているとの思いで都内を廻って三件ほど配ってあるきました。

でも、走った場所は幹線道路ですからそれ程空いていずに結構渋滞している場所もありました。

全て配り終わってからの帰路で初めてスマホでの撮影です。
場所は鍜治橋を右折して、皇居前に向かいました。
写真の正面は皇居前広場の先は皇居です。
でも、日曜日ですから皇居前広場の内堀通りに向かう事は出来ず(ホコ天の為)強制的に国道一号線で左折されて日比谷方面に迂回させられました。


日比谷交差点での右折する車線に入る事が出来ずに内幸町交差点まで直進しました。
右は戦後世代の老人には懐かしい日比谷公会堂です。



右に写っているのは日比谷公園内の市政会館です。
こちらの方が分かり易いかもしれません。
内幸町の交差点を右折して内堀通りにむかいます。




正面には国権の最高機関である国会議事堂の上部のみがみえます。
工事用の塀で隠れてしまっていますが分かるかと。
右は外務省で左は財務省です。
交差点名は財務省上です。
少し右に曲がり直進して三宅坂の交差点でいつもの20号に入ります。
四ツ谷を過ぎて新宿に向かいます。




新宿通りのホコ天で迂回です。


それでも全ての用事が済んで一安心です。
コメント (2)

#069 -’19. アルゼンチン共和国大使館を訪れて感じた事

2019年03月09日 17時57分18秒 | 街角
大使館を訪れて感じる事がある。
ただ、絢爛豪華で国力をひけらかす陳腐な所は無かった感じがする。
国力がなく、マンションの一室で自国を代表して外交関係を一手に引き受ける小さな国だからと言ってもそこは治外法権の日本の権力が及ばないその国の領土施設であり、敷地である。

そんな中にあって、センスが良く個人的な憧れさえ感じる二ヵ所の在日大使館の一つのアルゼンチン共和国大使館です。

既に、『#053-’19. どことは言いませんが素敵な大使館の調度品です。』とのスレッドでアップしましたが、今回はアルゼンチン共和国大使館としてアップです。
01


02


03


04




05


特徴的な五月の太陽が真ん中に載っているアルゼンチン共和国の国旗です。
06


アメリカ西部のカウボーイは知っていても、同じ牛飼いのガウチョは余り知られておりません。
アルゼンチンのパンパで活躍している姿です。
パンパス・グラスはススキにも似ていますし、ススキより穂が豪華で見栄えが良いので最近多く見かけるようになりました。
07


08


こちらに架かる絵画はアルゼンチンの画家が描いたもので、沢山懸架されている内で一番の物だそうです。
後ろ姿ですが、この日本人女性の方が通訳してくれました。
英語のスペイン語も、そして日本人ですから勿論日本語も話すバイリンガルな方でした。
プレゼンテーションは凡そ1時間半に亘る説明と質疑応答形式でした。
アルゼンチンを訪問した事がある方は居ますかとの質問が最初にありました。
あると答えた人は私だけでした。
09


10


ここからテラスに出ると正面には元麻布フォレストヒルズが正面に見えますが、隣が工事中ですから景色も一変し来年は見えないかもしれません。
11


12


13



正面に大皿が飾られていますが、その感性が何とも好きです。
14



15
どことなく南米アルゼンチンと言うより有田焼のイメージの大皿です。



16
マテ茶とビスケットを頂きました。
コメント

#054 -’19. 麻布のご近所を歩いているとランドマークとしてフォレストタワーが見える

2019年02月25日 20時44分45秒 | 街角
元麻布ヒルズのフォレストタワーです。
元麻布ヒルズ自体が高層階のフォレストタワーと低層階のフォレストテラスイーストとフォレストテラスウェストの三棟で構成されてた居住用建物で構成されています。
01


フォレストタワーが和蝋燭をモチーフにしたようでその外観は大変特徴的で目に焼き付きランドマークになっています。
02


03



アルゼンチン大使館の二階窓からの眺望です。
真ん中に元麻布ヒルズのフォレストタワーが鎮座して、右側に東京タワーで左側に小さく遠くに写っていますが、同じ森ビルの六本木ヒルズが写っています。
左右に家来・小姓を従える殿様の如くです。
04


この姿が拝めるのも今年で最後のようです。
アルゼンチン大使館のしたには建築工事中でしたから、来年のこの時期には既にフォレストタワーが隠れてしまっているかもです。
05



麻布氷川神社からで再掲です。
06
コメント

#053 -’19. どことは言いませんが素敵な大使館の調度品です。

2019年02月24日 14時11分21秒 | 街角
これからアップする素敵な大使館でした。
お国ごとにそのセンスが光りますが、個人的には気に入った和テーストの満載の感じを受ける調度品が所々に配置されていました。
和  日本的  普段目にしていてもそれほど気にも留めませんがその置き方、使い方により何と日本と外国などの雰囲気がコラボするとここまで素晴らしいのかと思わせてくれます。

01



02


このクッションの生地など和テースト満載です。
03



04



05



06


この花瓶と花瓶ひきがすばらしかったです。
花瓶ひきの素晴らしさがスマホの画像では上手に撮影できていなかったのが残念です。
07


長いテーブルのテーブルセンターとして帯が曳かれていたのが最高でした。
08


和服も帯もその他の小物を芸術品ですが、外国の方の素敵な用法です。
09


黒漆のテーブルなら最高なんですが、そこ前は分かりません。
木曽漆器祭のスレッドはこちらです。
10



コメント (2)

#052 -’19. 2月20日の大使館巡りの街歩き(その二、西麻布から三田経由で麻布十番へ)

2019年02月23日 19時33分21秒 | 街角
おまけですが、本日2月23日の河津桜です。
午後から風が強く吹き出しました。
おまけですが最後ではなく最初にもってきました。



高輪からバスに乗りエルサルバドル共和国大使館&ホンジュラス共和国大使館でのスタンプを頂いた。 
食事も済んで徒歩で向かうはハンガリー大使館です。
何分にも時間が充分あります。

西麻布の交差点を右に曲がり外苑西通り(都道418号)南下します。
通りの反対側に鰻屋さんの「いちのや」さんが在りましたが、うなぎだと家内はパスになります。
1


大好きな鯛めしの看板が出て居たのでその内にお邪魔してみたいとの事で一枚撮影してみました。
場所的には西麻布3丁目側で叙々苑から少し先だった。
お店は西麻布和食店「ワンガーデン」です。
02




バルセロナのガウディ建築程ではありませんが、どこかにそんな雰囲気を漂わせていたの撮ってみました。
アートサイロとTHEWALLのようですが定かではありません。
3


笄小学校西交差点で左に曲がり急坂を登ります。
同じ道ですが、一旦勾配が緩やかになる踊り場的な所から先で坂の名前が変わります。
初めはご覧の通り鉄砲坂です。
4




その先が北条坂です。
由来は柱に記載されている通りです。
5


愛育病院&愛育養護学校を越えて直進します。
右手の先には有栖川宮記念公園です。
立派なこちらも大使館です。
6





韓国大使館に向かって緩く下っていきます。
今の日韓関係を考慮してか、沢山の警察官が警備しています。
で、写真を撮るのもやめました。
韓国大使館を通過する少し前の所から反対側の元麻布ヒルズフォレストタワーを撮影です。
東京タワーもこちらのフォレストタワーもこの近辺では特徴のあるランドマークです。
7


地図上の赤字の+が撮影した所で、四角括弧の所が元麻布ヒルズフォレストタワーです。


歩いている右側には韓国大使館があります。
8


坂を下り二の橋交差点まで下ってきました。
麻布通りに出ると今度は民団の大きなビルがあるではないですか。
見たいない韓国大使館と会いたくない民団のビルです。
9


麻布通りを渡りハンガリー大使館に向かう為に三田側へ。
小さな公園の脇の細い南麻布一丁目児童遊園橋を渡ります。
10


橋の上から首都高下の川を一枚撮影です。
11



ハンガリー大使館で港区で頂いたパスポートに入国出国に相当するスタンプを頂き、ピンバッジをお土産に頂き完了しました。地図を大判でアップします。



ここからは、国道一号を北上して日本橋方面に向かうのみです。
因みに目指す駅は赤羽橋です。


富士山が見えるとウキウキしますが、街歩きしていて東京タワーが視界に入ってくるとうれしくなります。
富士山も東京タワーも掛け替えのないランドマークです。
12


因みに私自身はまだ上った事がありません。
出来たばかりは、お上りさんではあるまいにと、変な自尊心がありその内に登ればよいと思いつつ時がすぎさりました。
近いうちには登ってみたいです。
13


最近は車道を減らしても歩道を広げるようにしているので嬉しい限りです。
14


東京タワーの足元が見えてくると嬉しくなるから不思議です。
15


東京タワーの足元のうかい亭にもお邪魔してみたいです。
16



コメント

#051 -’19. 2月20日の大使館巡りの街歩き(その一、目黒から高輪北町バス停まで)

2019年02月22日 22時56分04秒 | 街角
大使館などは後日、別途アップする積りです。

今回は、目黒から高輪(マラウイ共和国大使館)そして西麻布行き(エルサルバドル共和国大使館、ホンジュラス大使館スタンプを頂いて)、昼食後(かねいし)に慶応大学の脇を抜けてハンガリー大使館に向かった道すがらをアップします。

この日は一番最初に高輪のマラウイ共和国大使館に伺う為に目黒から大井競馬場行の都バスに乗って明治学院大で下車して大使館に伺います。
マラウイ大使館での用件が済んだ後は国道1号線から桂坂を下りバス停の在る国道15号へ。
その先の予定は高樹町の大使館マンションのエルサルバドル共和国大使館・ホンジュラス大使館へ。
食事はかねいしで頂きましたが家内は権八を予定していたようでした。
食事を済ませてから、地下鉄にもバスにも乗らず延々と街歩き開始でした。
結局都バスに乗ったのは目黒駅~明治学院大学前と高輪北町~西麻布への二度のみでした。
西麻布からハンガリー大使館へ、慶応大学脇を通り麻布十番迄歩ききました。
20日のfitbitでは14000歩でした。

それでは大使館巡りの始まりです。
明治学院前でバスを降りました。
01



02


国道一号線です。
大学一年の時に伊豆半島一周のサイクリングで真夜中に通った懐かしい道です。
03


家内から国道一号を横切った先にレトロな建物を見て聞いた来た。
何の建物?と家内。
消防署だよと。
04


何かで見て知ってはいたが、本物を見るのは初めて。
レトロ感は漂うが、建立時は超モダンな建物であった事が想像できる。
今でこそ、建物が高くなり消防署には必ず付随していた火の見櫓での見張り番もなくなった。
でも、その面影が宇宙を連想させるデザインで残っている。
05


ニッサンの時代を感じさせる消防車も鎮座している。
一度も入った事が無いが四ツ谷四丁目の交差点にも消防博物館が有る筈だ。
保育園の園児が先生に連れられて10名前後訪れていた。
港区で街歩きしていると結構保育園児を見かける。
次の高輪北町のバス停前でも可愛い園児にあいました。
06




マラウイ共和国大使館への約束の時間は午前10時半ですから、30分ほど余裕がありましたので丁度よい探索でした。
しかし、こちらの高野山東京別院昭和新撰江戸三十三観音札所の29番の霊場でした。
御朱印を頂く事が出来ましたが、今回は巡礼用具一式を持参しませんでした。
高野山東京別院は別スレッドでアップするつもりです。
07


大使館を後にして先ほどの消防署と高野山東京別院の間を通り桂坂を下り都バスの高輪北町バス停にむかいます。
08


我が家も少しだけお世話になっている野村証券の研修所だとガードマンが教えてくれました。
09


表札には高輪館となっていました。
今は東芝の迎賓館のようですが、粉飾決算を受けても持ちこたえた様である。
個人的には損得零と言ったところです。
個人には一般開放されていないようである。
10



11




道路の反対側を下っていましたので正確にはわかりませんが、もしかすると柴田錬三郎氏の旧宅かも。
12



坂を下る途中にしだれ梅が咲いていました。
13


ここから四枚の写真は全て都バスの高輪北町のバス停で撮影したものです。
国道15号の隣を並走して走る東海道本線など沢山のJR線越しに品川駅東口側の新開発されてビル群のはずれが垣間見えます。
14




15


港区旧町名由来版の内容はこちらで見る事ができます。
こちらのは二番目のシティハイツ桂坂をクリックしてみて下さい。
16


高輪北町のバス停から10停留所先の西麻布に向かいます。
その間の写真はありません。
17




高輪北町で新宿西口行きの都バスに乗って西麻布に向かいまいました。
続きの街歩きはその二です。


コメント

#048 -’19. 穴八幡宮を参拝し

2019年02月18日 20時52分51秒 | 街角
今日は昭和新撰江戸三十三観音の15番放生寺と16番安養寺にお詣りに行ってきました。
放生寺の隣に素晴らしい穴八幡宮が在りましたのでお詣りしてきました。

帰宅時に早稲田大学の入試が終了したようで沢山の受験生が排出されてきた。
まっすぐ帰ると混むので反対方向に歩いてバスに乗って帰宅することにした。

今回の穴八幡宮に参拝する積りも存在もしらなかった。
放生寺の参拝を済ませて帰る段になり隣に穴八幡宮に気が付きお詣りした次第です。
自分が生まれ育った地区には同じ小学校に通う地域ですが、自分の町目には八幡様がありました。
隣の町は諏訪神社がありました。
秋の神輿の出るお祭りは、同じ小学校に通い同じ学年の同じクラスの友達がいがみ合いますから不思議です。
自分は八幡様で友人は諏訪神社です。
こちらの祭に来るんでは無いとの排他的な考えが出たのを思い出します。

幼い時に育った町内の八幡様と異なりその立派さには驚きました。
01



02



エッチングされた銅板に「穴八幡宮神事 高田馬場 流鏑馬射手」と明記されています。
03


04



05



06



07


08



09



10



11



12



13



14



15



16


コメント

#046 -’19. 東京ジャーミィにお邪魔して(その二)

2019年02月17日 19時59分31秒 | 街角
東京ジャーミィの訪問その二です。

お話も聴いて、お土産も買ってナツメヤシを頂いてお茶も飲ませて頂いて帰宅しました。


01



02



03



04



05



06



07



08



09



10



11


井の頭通りから直接二階に上がりお祈りする事ができます。
12


モスクには無くてはならない物です。
それは、お祈り前に手足など体を清める場所です。
13



一日五回モスクでのお祈りを呼びかけるアザーンを流すミナレットです。
今ではイスラム諸国に行っても肉声ではなくスピーカーからアザーンが流れます。
14



15



16
コメント

#045 -’19. 東京ジャーミイにお邪魔して(その一)

2019年02月16日 17時51分55秒 | 街角
日本で一番大きく美しいイスラム教のモスクです。
それが今回訪問した東京ジャーミイです。

以前に家内は行った事が有りますが、自分がお邪魔するのは初めてです。
イスラム教に少し興味がありますから以前より東京ジャーミイ行ってみたいとの思いが叶った東京ジャーミィです。

イスラム教ですから偶像崇拝は禁止です。
神に当たるイコンなどの絵画も仏像に当たるような物も一切ありません。
それでは美しいイスラム建築のモスクをご覧ください。
01

東京ジャーミイの前の井の頭通り側から一枚です。
右は吉祥寺方面で、左手は渋谷方面です。
02


渋谷方面に向いた一枚です。
ミナレットが一本のみの東京ジャーミイです。
イスタンブールのブルーモスクはミナレットが6本もあります。
4本のミナレットでも格式高いです。
03


日本人には忘れられていますが、和歌山県串本の住民に依って座礁から救助されたエルトゥールル号の乗組員たちの出来事です。
今ではトルコが親日国である大きな要因です。
エルトゥールル号遭難事件はこちらです。
04


05


06


07


08



09



10



11



12



13



14



サウジアラビアのメッカに在るカアバ神殿の方向にお祈りするイスラム教徒です。
その為に方向を示しているミフラーブです。
中近東などのイスラム諸国のエアラインに搭乗するとTVモニターにカアバ神殿のアイコンと方向が表示される物があります。
ミフラーブの右側の説教壇はミンバルと言います。
15



16



17


ミフラーブを横から眺めて。
18



19



20


東京ジャーミイ(その二)に続く

コメント (4)

#041 -’19. 東京ジャーミイ(序)  唯一神アッラー

2019年02月11日 18時02分46秒 | 街角
イスラム教の唯一神のアッラーと書いたある所を中心に序として。
先週の木曜日に行っていた東京ジャーミイです。













東京ジャーミイの売店にも唯一神アッラーと書かれて物がありましたので買ってきました。
それと、小銭入れですが、イヤホン入れに使用する積りでかいました。


こちらのトルコを初めとしてイスラム教国には10ヶ国はお邪魔していると思いますが、車のフロントガラスに唯一神アラーと書かれているのはこちらのチュニジアだけでした。


コメント

#039 -’19. カザフスタン大使館に訪問して(その二)

2019年02月10日 20時48分53秒 | 街角
日本人にとってそれ程馴染みのない中央アジアの国々。
ソビエト連邦崩壊から独立した国々が多い事もあり知る事の余りない国々の一つカザフスタン共和国です。

今回はそのプレゼンテーションのスライドを中心にアップします。
カザフスタンと以前に訪れたアゼルバイジャンはカスピ海を挟み向かい合っています。
アゼルバイジャンにバクーを訪問した時、そのデザイン性の高さと言うか芸術品と言っても良い建物を思い出しました。
斬新ではありますが、決して奇をてらる物ではなく芸術性豊かな中に使用者の気持ちを考えて感じを受けたことを思いだしました。
世界は行って肌で感じなければと思う次第です。
今回は、現地に入った物ではなくスライドでしかありません。
それでもカザフスタンの大使館の方の理解してほしい、知って欲しいとの熱意が伝わればと思い。
私のブログの訪問者に正しく理解して頂ければと思い画像中心ですがアップします。

アスタナ・オペラハウスです。
01


オペラハウスの外観はギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせるギリシャ建築に思えましたが内部はパリのオペラ座を思い起させます。
02



EXPO 2017 として万国博が開催されました。
アナスタで万博が開催されてこと自体知りませんでした。
03



04



遊牧民は騎馬民族として戦闘も行いますから、騎乗技術の向上の過程で遊びやスポーツ的な要素も生まれるみたいです。
05



06



今でもレスリングでフリースタイルとグレコローマンスタイルがありますが、蒙古にも古くから遊びと戦いの訓練にもなる今はスポーツです。
07



08



09



10



11



12



13



14



15



16




17



18



19



20



21

コメント

#038 -’19. カザフスタン大使館に訪問して(その一)

2019年02月09日 20時08分26秒 | 街角
家内と共にカザフスタン大使館に2月6日に伺いました。
カザフスタン大使館へお邪魔する事が出来るのはこの日一日のみで、プレゼンテーショが開催されるのは午後3時からと午後4時からの二回のみで、各回40名の狭き門でした。

我が家は暗くなる前に帰りたいので最初の回を申込みしました。
その為に説明などを3時50分には終了し大使館を退出せねばならず、少し忙しいく時間が足りませんでした。
何も知らないカザフスタン共和国でしたが大変勉強になった密度の高い濃い50分間でした。
機会があれば偏見を持っていた〇〇スタンの付く各国を訪れて見たいと思った。
二階のお部屋に通されて、既に民芸品や民族衣装など展示されているものを撮影させて頂いてからプレゼンテーショが開始された。

カザフスタンの国名の由来はカザフ=カザフ人のと、スタン=〇〇人の住む土地、国などを表す意味です。
因みに中央アジアには〇〇スタンの付く国は幾つあるかご存知ですか?
六箇国あり、今回のカザフスタン共和国、ウズベキスタン、パキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、そしてアフガニスタンです。(以前はキルギスタンもありましたが今はキルギス共和国に改名です。)
ペルシャ語のスタン=~の国、~の多い所やモンゴル語の部族を意味するヤスタン=スタンとの説もあるようです。
ペルシャもモンゴル(タタールのくびき)もこの地帯を征服した一大帝国を築いた国です。

少し早めに着いた時には既に並んでいる人達が入る所でした。
01


ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領の肖像写真が飾られていました。
名前は知りませんでしたが、顔は存じ上げていました。
カザフスタン国旗と日章旗が並んでいます。
我が家も私が幼い頃は旗日に揚げていましたがいつからか止めてしまいました。
日章旗がはためいていると特別な主義主張の持ち主と思われるようになってしまったのは何かが可笑しいのかもです。
其れともそんな感覚を持つのは自分だけでしょうか。
02


二階の会場の後方です
03


小さい可愛い民芸玩具風の遊牧民が使用するゲルだと思いウキペディアを調べたら、テュルク系遊牧民のカザフ人やキルギス人が用いる物はゲルと言わずにユルトとよぶようです。
04



05


民族衣装が飾られていました。
時間も無いし羽織る事は出来ませんでした。
06



07



08



09


左にある三つの帽子は見たことがありました。
10



プロジェクターに依るカザフスタン共和国の説明です。
11


説明してくれた大使館の方がカザフスタン共和国で知っているものはありますかと。
ソビエト連邦の時代に宇宙に飛び立ったロケットやガガーリン等が宇宙に飛びたったバイコヌール基地がカザフスタンに在るんですよとのこと。
12


13



14



15


こちらのデータでは安全の国別ランキングで日本は25位でカザフスタンは45位です。
因みに私の嫌いな国の韓国は何位だと思います。
World Safest Countries Ranked に依ると韓国は何と驚きの〇〇です。
16


識字率は99.8%です。
認識を改めないいけないと思うと同時に知らない事は誤解を生む原因かもしれない。
17


人種で言う所のダイバーシティ(多様性)は紛争などの原因なのが一般的ですが、人種紛争も無く犯罪も少なく安定しているのは大変立派だと思います。
18



19


宗教でもイスラム教キリスト教ユダヤ教などの多宗教国家です。
20


首都アスタナはブラジルの首都ブラジリア や オーストラリアの首都キャンベラと同じ計画都市のようです。
スライドの説明文を再掲させて頂きます。

「首都アスタナ ● カザフスタンのダイナミックな経済成長の象徴 1997年にカザフスタンの新首都アスタナとして開発が始まり、約20年の間に30万人だった人口が100万人に増えました。基本設計は日本人(黒川紀章さん)建築家により作成されました。」

21


22



23



24


25



26


26番の内部です。
27
コメント (2)

#037 -’19. カザフスタン大使館からフィリピン大使館へ街歩き

2019年02月08日 22時51分57秒 | 街角
カザフスタンの説明会に参加して、次にお邪魔したのがフィリピン大使館への移動の道中とその後の地下鉄麻布十番迄の街歩きの写真です。

この日は神谷町から国道一号を南下して外苑東通りを通りカザフスタン大使館い向かうことにしました。
飯倉交差点を左折すればすぐに東京タワーです。


八幡様です。
階段を登らねばなりませんからパスして行きます。


今は新興宗教の霊友会釈迦殿ですが、何百年も時代が過ぎれば歴史的な建造物になるのでしょうか。



【衝撃】日本各地に存在する巨大な宗教施設たち


一時間弱でしたが、有意義なプレゼンテーションでした。
新しいカザフスタンに好印象を持って会場を後にして次のフィリピン大使館へむかいました。

カザフスタン大使館を出ると次の四時からの参加者が集まって来て居ました。
外苑東通りの反対側にはロシア大使館が目に飛び込んできました。
01



大きな高層ビルに建て直すのでしょうか、看板類など建物の名称を示すようなものは外されたり多いがかけられていました。
何処となくレトロ感の漂う重厚な建物の麻布郵便局です。
見て一番最初に脳裏に浮かんだのは市政会館と似ていると感じました。

ウキペディアの麻布郵便局の概要を引用させて頂きます。
住所:〒106-8799 東京都港区麻布台1-6-19
日本郵政グループ飯倉ビル(旧日本郵政公社東京支社社屋)内に設置されている。
入居する建物は1930年(昭和5年)に竣工した旧逓信省貯金局庁舎で、設計は大蔵省営繕管財局、施工は銭高組である[1]。1943年(昭和18年)から逓信本省庁舎として使用され、1949年(昭和24年)に二省分離(郵電分離)により発足した旧郵政省が1969年(昭和44年)7月まで郵政本省庁舎として使用していた。なお、当郵便局は1945年(昭和20年)に空襲で被災した影響で逓信本省庁舎に仮住まい、翌年の1946年(昭和21年)、正式に入居している。当初は建物正面に向かって左側の外務省飯倉公館側に位置していたが、1984年(昭和59年)から1987年(昭和62年)にかけての模様替工事の際、建物正面に向かって右側へ移転している。
郵政本省庁舎が千代田区霞が関へ移転した後は引き続き「飯倉分館」として長きにわたり使用されていたが、千代田区大手町にあった旧日本郵政公社東京支社が2005年(平成17年)5月にこの建物へ移転、2007年(平成19年)10月1日の民営化後は郵便局株式会社が、2012年(平成24年)10月1日以降は日本郵便株式会社が「日本郵政グループ飯倉ビル」として所有、当局のほか日本郵便株式会社東京支社などグループ各社の組織が入居している。
当地を含む一帯を再開発する 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の開始に伴い、2018年(平成30年)11月19日に手始めに当局が東京都港区麻布台一丁目7番3号に移転する予定。飯倉ビルも解体される予定。

02


道路の反対側にはニュースなどで見慣れて飯倉公館がありました。
今ではそれほど外交関係のニュースに上る機会は少なくなりましたが、外国からくる賓客や外交交渉の使節団などの会議や接遇や歓迎レセプションなどにも多用されました。
全てではありませんが今は多くを赤坂迎賓館がその役目を担っています。
赤坂迎賓館を訪れた時のスレッドはこちらこちらです。
03


飯倉片町の交差点には高架の首都高速道路環状線C1がみえます。
04


交差点を渡るとフェラーリのF1の車体が展示してありました。
05


息子達が子供のころ富士スピードウェイにクローズドボティーの耐久レースを良く見にいきました。
耐久レース用車体も大好きですがフォミラータイプのF1ボティーも大好きです。
でも、F1 は一度も見に行った事が無いのが残念です。
06



07




スタンプを押してもらいフィリピン大使館を後にしました。
同じ道を戻るのも面白くないので鳥居坂教会の所を通り鳥居坂を下ることにしました。
大使館の隣に小さな神社がありました。
お狐さんがいますからお稲荷さんのようですが、しっかり見てきませんでした。
08



歴史を感じさせる落ち着いた佇まいの東洋英和女学院高等部の校舎です。
東京の都心には結構お嬢様学校がありますが、その内の一つです。
09


ソニーミュージック六本木ミュージアムでけやき坂46のイベントが期間限定でおこなわれているようでした。
タイトル名は「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」です。
昨年末にも武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナで乃木坂のライブがあった時も午前中にも拘わらずグッズなどを買う人で長蛇の列ができていました。
10




ソニーの隣になるのでしょうか、国際文化会館がありました。
HPから引用させていただきます。
公益財団法人国際文化会館は、日本と世界の人々の間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進をはかることを目的に、1952年にロックフェラー財団をはじめとする内外の諸団体や個人からの支援により設立された非営利の民間団体です。”
11


鳥居坂ですが、下りで良かったと安堵しています。
12


歩いていても結構な急勾配です。
坂の正面には麻布のランドマークの元麻布ヒルズフォレストタワーが見えてきました。
13


鳥居坂下まで下ってきました。
左折して麻布十番駅に向かいます。
十番稲荷神社です。
14


麻布十番稲荷にはお参りしないで失礼させていただきました。
15






コメント (2)

#036 -’19. フィリピン大使館を訪問して

2019年02月06日 22時09分28秒 | 街角
この日、2月6日の予約していたカザフスタンの大使館訪問を終えたのは午後4時でした。
予約なしで訪問出来る近くの大使館でこの時間でも訪問出来るのはフィリピン大使館でした。
家内に言われるままに街歩きしつつフィンランド大使館にむかいましたが、カザフスタンのプレゼンテーションを済ませてこちらに廻ってくる人が多くいました。
資料を読むと丁度良いルートになるようです。

一旦フィリピン大使館領事部の方にお邪魔して来た方向からすると、この於多福坂を登った裏にあたりる所が大使館で、スタンプはそちらの頂きました。
1





場所も超一等地で敷地も大きくフィリピン大使館がこんなにも立派だとは想像だにしていませんでした。
2


3


大使館へ入るにはこちらの門を潜り、守衛所でスタンプを頂きに来た旨伝えると玄関を教えて頂きました。
4


守衛上の上のエンブレムです。
5





落ち着いた佇まいの大使館の玄関です。
6


スタンプを頂く為に立ち入る事が出来るのはこちらの玄関ホールのみです。
7


フィリピン国旗とあと一つの旗がありましたが、調べないと分かりません。
8


玄関ホールの床には木と大理石の組子模様が施されていました。
9


10


11


12


13
コメント

カウンター