週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#096 -’19. グアムから成田空港へ(JAL942便)

2019年04月05日 12時30分04秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
お隣さんはグアムからセントレアに向かい帰国します。
我が家はグアムから成田に帰国します。
シェラトン・ラグーナ・グアムに迎えに来る車は我が家より少し早く、我が家はその少し後にグアムの空港に向かいました。
午後の便の為か空港は大変混んでいましたが、エアサイド側で再会してお山での再会を約束して別れました。

帰国便の飛行機はグアムに来た便がとんぼ返りする訳ですが、JL941便ではそれ程気になりませんでしたが、帰国のJL942便は前の席との空間(シートピッチ)が広く感じる良い席でした。
因みに、帰国便は16列のACの並び席でした。
24時間前から座席を指定できますので、前日の同じ時刻に家内がスマホでゲットしてくれました。
つながりが悪くて結構家内は難儀した様です。

セキュリティーチェックは沢山の方が並び結構時間が掛かりました。
それでも30分程度でしょうか。

乗るのはJL942便ですが、帰国の日の午後の便ですが成田に着くのが遅くなるのでグアムを早朝に出発する便でも良かったと思いました。
帰国の日は観光もままならず、ホテルでチェックアウトまでの休憩です。
ホテルが街の真ん中の繁華街に近いホテルなら徒歩で観光もできますがシェラトンではホテル内でノンビリ時間をつぶすだけでした。
東京は雨でそれも午後9時過ぎに首都高速などの道を走らねばなりません。
雨、夜、首都高速ですから最悪です。
朝一番に帰れば雨でも明るい日中に走る事ができます。
最終日は朝一でも良かったと思った次第です。



シートの配置は2-3-2の横七列です。
往きと同じ窓側二席のAとC席で16列です。


数時間後には車を運転して帰宅しますから、アルコールは頂かずにリンゴジュースを頂きました。


家内はオレンジジュースです。


料理は選択する事なしでこちらのカレーライスです。
今の若い人には人気が無いようですが、ご飯は大好きなグリンピースご飯です。
コメント

#090 -’19. ベイサイドBBQ (その二)

2019年03月31日 21時30分22秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
食事時間がおよそ一時間で、その後にミクロネシアの民族舞踊が存在するのか知りませんがそれなりに楽しい踊りでした。

小さな日本人の子供が舞台の前で見とれていました。

































コメント

#089 -’19. ベイサイド・バーベキュー@シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート

2019年03月30日 20時14分02秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
今回の三泊四日のグアム旅行の最終日のディナーです。
明日の午後には友人はセントレアに、我が家は成田に帰国します。
一泊目の夕食はレストラン ザ プレジデント日本で美味しい釜飯を頂きました。
二日目の夕食はピザなどの食料とビールを買い込んで友人のお部屋での室内パーティでした。
グアム最終日の三日目のディナーはショーを見ながらのバーベキューにする事にして朝一番にレセプションに予約しました。

食べ放題飲み放題でしたが、食べるのも飲むのもそれ程いただけませんでした。
若いつもりが既にそれ程胃袋が受け付けませんでした。
それでも四名での心に残る楽しい会食でした。
今回の旅は峠の我が家のお隣さんからのお誘いでした。
今までとは少し異なる旅でした。
今までもスイス旅行や地中海での船旅そして国内旅行とご一緒させて頂いていますが、ホスピタリティーに富んだおもてなしを受けた日の最後の晩餐でした。

ポリネシア、メラネシア、ミクロネシアと色々のダンスが有りますがどれも個性豊かで楽しい宴です。
グアムはミクロネシアですから、踊りもミクロネシア風なのかも。

シェラトンラグーナグアムのHPからBBQを引用させて頂きます。

ベイサイド・バーベキュー
ディナー営業時間18:00~20:00
昨年リニューアルされたオーシャンクリフサイドのベイサイド・バーベキュー
ビュッフェ、セルフグリルスタイルのバーベキューをお召し上がりいただきながら、
グアムで唯一、伝統ある“チャモロダンスショー”をご覧いただきます
ハウスビール、ハウスワイン、アイスティーとソーダ飲み放題
営業時間:18:00~20:00  ショー:19:00~
送迎時間:
【17:25】   【17:30】
ニッコー     ウェスティン
ロッテ      リーフ
オハナベイビュー
オハナオーシャンビュー
【17:35】   【17:40】
グアムプラザ   ハイアット
デュシタニ    グランドプラザ
キャピタル    パシフィックベイ
【17:45】    【17:50】
ホリデーリゾート  パシフィックスター
フィエスタ     ロイヤルオーキッド
ガーデンヴィラ   ヴェローナ
【17:55】
PIC
ヒルトン
ウィンダムガーデン
サンタフェ
オンワード
※お帰りの準備ができましたらフロントまでお越し頂きドロップオフとお申し付け下さい。
■ダンスチーム
【月曜日・金曜日】 INTETNON GEF PAGO
【火・水・木・土・日曜日】PA’A TAOTAO TANO
【料金】
大人お一人様 $65
【期間】
毎日
【備考】
お子様料金(6-11歳)は、大人料金の半額となります
料金には、10%のサービス料が加算されます
写真はイメージです。


外は明るいですが6㏘に受付にお邪魔して名前を言って入りました。
1


左手の高い所が舞台です。
2


フェーク・ラタンの椅子が並んでいます。
3


端にあるのが料理材料ですが、結構色々ありました。
4


テーブルが少し狭いのが難点です。
これで四名は少し。
5


隣に誰も座りませんでしたので利用させて頂きました。
6


それでも結構頂いたかも。
7


踊りが始まりました。
8


部隊の脇と言うべきか少し離れたところに楽団と歌い手さんが居ました。
9


シェラトンでは韓国人を多く見かけた感じですが、小さな子供たちはにほんじんでした。
10


ダンスが始まると舞台の前で眺めていました。
11



12



13



14



15


コメント

#070-’19. レオパレス リゾート グアムを探索して

2019年03月10日 14時09分06秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
昼食を頂いた後にレオパレスリゾートグアムを探索です。
今回グアムを訪れて、名所、旧跡や遺跡などを訪問する旅とは異なる旅行も有りかと感じだ。
今まではどちらかと言うと、風光明媚な景勝地などを訪れる旅行であったが、時の流れを忘れるのんびりとしたリゾート地に逗留するのも有りかと感じだ次第です。

株主優待でノンビリするのも良いかもです。
そんな事を考えながらリゾート内を案内して頂きました。

01



02



03


04



05


結婚式用の教会です。
06



07



08



09


ゴルフをしない私でも知っているジャックニクラウスとアーノルドパーマーです。
10



11



12


13


14


15


16


17
レオパレス21の株価は金曜日終値(大引け)で226円です。
株主優待をゲットできる100株は22600円で手に入ります。
オークションなどでも手に入りますが、破産し紙くずになるか反発するかの判断の迷う所です。
コメント (2)

#066 -’19. 南太平洋戦没者慰霊公苑(平和慰霊記念公園)を訪問して

2019年03月07日 17時45分32秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
南太平洋戦没者慰霊公苑(グアム平和慰霊記念公園)に参拝に訪れました。
特に身内が戦ったと言う訳ではありませんが、日本人にとって悲しい歴史の一ページである事に変わりはありません。
鎮魂と平和を願い手を合わせてきました。

南太平洋での最後の激戦地であった事を知りました。
硫黄島での星条旗を立てる写真が有名なので沖縄の激戦の前は硫黄島だとの程度しか知りませんでした。
今回、南太平洋戦没者慰霊公苑(グアム平和慰霊記念公園)を訪れた時はどなたともお会いする事はありませんでした。

正面のモニュメントと左手に見えるのが我無山平和寺です。
01


手を合わせて合掌して人の字になったいるようなモニュメントです。
02


グアム政府の旗とアメリカ合衆国の星条旗と日本の日章旗が掲揚されていました。
03





04



沢山の慰霊碑が備えられていました。
05



06



07



08



09


我無山平和寺です。
10



11



12
コメント

#065 -’19. 恋人岬へ(TWO LOVERS POINT GUAM,U.S.A.)/ PUNTAN DOS AMANTES

2019年03月06日 22時20分16秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
トヨタレンタカーでカローラを借りて二日目の観光の始まりです。

先にアップしていますがトヨタレンタカーから迎えに来てもらったBMWに乗って手続きと車を受領に行ってきました。
ネットから友人が事前に申込みして頂いておりました。
都会から離れた所で運転をさせてもらいました。
都会など殆ど友人の御主人が何度も来て地理も知っていますので運転してくれました。
一つは、ウインカーとワイパーの使用を日本とは逆で何度か間違えました。
二つは、右折時(日本では左折時ですが。)に赤信号でも安全を確認して問題が無ければ右折できること。
三つは、日本では左側通行でグアムでは右側通行の左ハンドル車ですから、右左折時に逆走しないように細心の注意を払わねばならない事。
四つは、黄色いスクールバスが停まったらこちらも必ず止まらねばならない事。(脇を追い越す事は厳禁)
五つは、センタライン側に右左折用の専用レーンがある事。
六つは、左ハンドルである事での違和感と対向車との距離感、そしてマイル表示(約1.6キロ)の道路標示とスピードメーターになれること。(これはそれ程問題ありません。)

あらかた、以上です。

カローラも地盤沈下を肌で感じました。
見るまでどんなデザインか思い出せませんでしたし、見てもこれがカローラなんだとインパクトの無いくるまでした。
個性が無いと言ってしまえばそれまでですが、乗ればそこそこ良いくるまでしたが。
01


グアム二日目のレンタカーで移動したグーグルマップ・ライムラインです。
02


今回は一番メジャーな恋人岬に最初の訪問しました。
03




04



05


タヒチのパペーテに到着した時に首飾りのレイにしてくれた白い花、ティアレの花のみたいなので一枚、写真を撮りました。
家内から指摘が有ったので訂正です。
こちらの花はプルメリアとの事です。
タヒチのティアレはこちらです。
似ているので同じものと思い込んでいました。
06


二人の恋人が身を投げた所です。
プンタン ドス アマンテス の伝説はスペイン人がグアムに来る前と、来た後の二種類存在しているようです。


髪を結び身を投じた姿を描いた彫像です。
グアム政府観光局のHPからの引用です。
スペイン人が来る前の伝説

物語の主人公は、許されない愛で結ばれたチャモロの恋人たち。男は高い身分(マタオ)の出身でしたが、女は身分が低く(マナチャング)、マテオが格下の者たちと交わることは厳しく禁じられていました。
グナトン村のマテオの男は若く美しいマナチャングの娘と恋に落ち、駆け落ちします。マテオの仲間にかくまってくれる味方は見つかりませんでしたが、それでも娘と別れようとはしませんでした。
男の親族に追われ、若い恋人たちはしばらく鬱蒼とした森林や険しい岩場を放浪しますが、頼るもののない悲惨な暮らしにやがて絶望。死を覚悟した2人は石を積んで墓にすると、そこに悲しい愛のしるしである赤子を横たえました。 そして行き場を失って途方に暮れた2人は、海に面した高い断崖の頂上へ登り、髪で互いを結びつけてしっかり抱き合い、眼下の波間へ身を投げたのです。

07


物語はその後、スペイン人を登場させるために次のように変更されました。
かつて遠い昔のこと、スペインがマリアナ諸島を領有した時代にグアハンの首都ハガニアに、ある一家が暮らしていました。父親はスペインの裕福な商人、母親は偉大な「マガラヒ(チャモロの族長)」の娘でした。
長女は誠実で慎ましく、素朴な魅力が評判の美しい娘でしたが、ある日、父親は娘の意思に反して有力なスペイン人将校との結婚を決めてしまいます。
ところが娘はチャモロの普通の青年と出会って恋に落ち、愛を誓いあうことに。
2人の関係を知って怒りに駆られた父親は、スペイン人将校との結婚を一刻も早く進めようとしますが、娘は恋人と落ちあって行方をくらましてしまいます。
父親と将校、そしてスペイン兵士は総出で恋人たちを(タモン)湾の断崖へ追いつめました。2人は崖の淵と迫りくる兵士たちに挟み撃ちにされてしまったのです。
愛しあう2人は長い黒髪で互いを結びつけ、最後のキスを交わすと、死の世界へ飛びこみました。その後、2人の姿を見た者はいません。
08


愛を誓いあう銀の鐘だそうで、金の鐘は日本にあるそうです。
鐘のアーチの先に二人の恋人同士が入るように撮りました。
09


この岬はスペイン人に「カボ・デ・ロス・アマンテス(恋人たちの岬)」と名づけられ、現在では「プンタン・ドス・アマンテス(2人の恋人たちの岬)」として知られています。
現在、2人が飛びおりた場所は「恋人岬(プンタン・ドス・アマンテス、トゥーラバーズ・ポイント)と呼ばれています。この区画は修復・整備され、今でも訪れる観光客は2人の恋人たちの伝説に親しみ、グアムの海岸線屈指の高台からの絶景を堪能しています

10


こちらに入るのは有料で三ドルです。
11


美しいタモ湾が一望できます。
12


こちらのハート型の物に書いて鍵に掛けて吊るすようです。
ワイヤー式のダイヤルロックです。
売店で沢山売られておりました。
13



14


こちらにも小さな誰も鳴らして居ない鐘がありました。
15


タイタニック号の船先の感じの展望台の先端です。
各自、写真を撮るために並んでおりました。
16



17


海岸沿いの一番最初の白い傾斜のある建物は宿泊しているシェラトンです。
18


19



20



21




22
コメント

#064 -’19. 二日目の朝食はロビーラウンジ ザ ポイント(The Point)で、

2019年03月06日 16時06分41秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
到着初日はレストラン日本で夕食を共に頂きました。
翌日の朝食は我が家のみでザ ポイントでパンを買ってコーヒーを買って、インスタグラムのポイント脇のテーブルで頂きました。
ザ ポイントでも食べられますが、その時は自室に持ち帰り食べる積りでいましたがこちらで頂きました。
お隣さんはJTBでの旅で来ている形になっていますので、ザポイント内で無料でいただけます。


01



02


こちらのインスタグラムの撮影ポイントのプレートは一枚前の写真の真ん中の赤い屋根の一にある太い柱の所に貼られていました。
03



04



05



06



ザポイントの外のパン売り場では5~6組の客に対しての販売に凄く時間がかかっている。
それでも、宿泊客もアメリカ人もノンビリと構えている。
列に並ぶのをいとわない日本人からしてももっとテキパキ販売するなりしろよと感じる程です。
アメリカ軍の兵隊さんもこちらが指定の宿なのか結構見かけました。
こんかい、精々12~3ドル程度のパン類の買い物にチップ用のスマイルマークのジョッキーに5ドル札を入れている兵隊さんには驚いた。
1ドル札が無かったのかもしれないが気前の良い事。
我が家は一ドルにさせて頂きました。
右の菓子パンは少し甘くて大変美味しかったです。
最終日にもお願いしました。
サンドウィッチは前日作った売れ残りかよと言う感じのするパンでした。
07


コメント

#063 -’19. 成田からグアムへ (JAL941便)

2019年03月05日 20時56分51秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
車で成田空港に向かいました。
酒々井PAで牛丼を食べて第2ターミナルに向かいました
かえるパーキングさんに車を預けてターミナル内へ。
今回は 機内に持ち込めるスーツケース一つ と 受託スーツケースひとつです。
グアムですからジャンバーなど 車に乗せて預けて。

大雨と言う事もない雨でしたが、タイトな状況での発着の成田空港の為か定刻(10:40)には飛び立てる状況でしたが、混雑の為に出発がおくれました。
結局、50分程度の遅れで成田を離れました。
01


機種はボーイング767-(ダッシュ)300です。
座席配置はA44の総座席数199の機種だったようです。
前日の24時間前にインターネット・チェック・インして取った席がトイレの前の後ろに誰もいない20列のAとCの並び席を確保できました。
02


高度1万メートルを超えると雨雲の上に出ますので外は白い雲の上を滑るが如くの晴天です。
03


席の配置の関係で一番遅い配膳になりました。
ビールをお願いするとアサヒ・・・・サッポロと聞き取れました。
04


サッポロでエビスが出るが普通のサッポロがでるか掛けてみたらエビスが出てきました。
流石JALです。
それと白ワインも頂きました。
05


酒々井のPAの松屋の朝食も牛丼でしたからダブりましたが、大変美味しかったです。
06



07


以前は金属カトラリーからプラスティックに材質が変わりましたが、またここ近年金属製に戻ったようです。
重量の問題と使い捨ての手軽さなどもありますが、一番重要な要素は金属だとハイジャックの武器にナイフやフォークが成るので金属製を廃止したと聞いていました。
でも、ハイジャックの為では無かったのかもと首をかしげてしまいます。
08



09



10



11


台風二号がグアムに来ていたので心配しましたが、問題無さそうです。
12
コメント

#062 -’19. シェラトン・ラグーナ・グアムの夕陽

2019年03月04日 23時38分00秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
シェラトンでの最初の日の夕陽です。
我が家のお部屋は9階ですが、正面に池の先のプールが見えその先が海です。
その海の真正面に夕陽が沈んでいきます。
01


エクスペディアでの撮影ですが、露出を自動的に調光してしまうので目で見るより少し明るく見えているかもしれません。
海の手前の長方形の青い水の所がプールです。
02


太平洋に沈んでいく太陽です。
グアム時間(日本より一時間早いです。)で2月28日の午後5時26分です。
03


雲と水平線の間に太陽が沈んできました。
04


太陽は没して、綺麗な空です。
時間は5時52分です。
05


一番右端に写っているガラスの建物は、余りデザイン的に好みではありませんが、チャペルだそうです。
06


建物の長方形のロの字型で且つ四隅から建物がまた伸びています。
我が家はその伸びている所です。
友人は10階のロの字の所です。
07


二階に相当するロビー階の所の空間です。
08


我が家の部屋のベランダから撮影です。
09


ホテルのお庭です。
10



11


我が家の下の庭の照明を撮影です。
12


少し右に振って撮影です。
13
コメント

#061 -’19. シェラトン ラグーナ グアムの3日目の朝食

2019年03月03日 05時01分25秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
ホテルでの朝食ビュッフェ です。

二人で55ドルでした。





























コメント (3)

#060 -’19. ホテルで朝食を済ませ

2019年03月02日 06時03分14秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
2日目はトヨタレンタカーで車を借りて島内観光です。

部屋からの眺め





トヨタレンタカーでカローラを借りて。
シェラトンホテルに迎えに来てくれたトヨタレンタカーの担当者が乗ってきた車はBMWでした。


ホテルのロビー階です。


05


06


07


08


09


10


11


12
コメント

#058 -’19. シェラトン ラグーナ グアム リゾート に到着

2019年02月28日 17時09分05秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
成田の出発が1時間弱遅れました。

30分遅れで無事グアムに到着しました。

初のグアムです。

ハワイも行った事がありませんが、グアムでも気分はウキウキです。

寒い東京から暑いグアムと言うだけですが。

今回の旅はJALパックです。

ハワイでは有名ですが、グアムのジャルパックを利用しました。

宿泊する事の出来るホテルも色々と選ぶ事ができますが、今回はシェラトン付いている感じで選択したホテルはシェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートです。

空港で予約してあった送迎車に乗って。

混乗ですが、我が家の先の寄ったホテルがもう一組乗っていた方のホテルのアウトリガー・ガムに立ち寄ってですから、セントレアから乗って来たお隣さんをより待たせる形になりました。
本来で有れば我が家がグアムに早く着くところ遅れ、迎えの車も遅くなり且つ二軒目の最後の到着でした。
後で分かった事ですすが、タクシーでも20ドル程度で来られるようです。
20%のチップを入れても、25ドルで済みます。
事前のネット予約の送迎で3200/一人ですから結構高くついたかも。


今回は、懇意にさせて頂いているお山のお隣さんと一緒です。
数ヶ月ぶりの再会です。
お部屋に着きました。




西日が沈みます。

コメント

#074 -’17. 三泊四日サイパン、ダイビング・ツアー(四日目)

2017年03月26日 11時51分42秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
【今朝の観光】

此れからチェックアウトです。
コメント

#073 -’17. 三泊四日サイパン、ダイビング・ツアー(三日目)

2017年03月25日 22時16分06秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
【三泊四日】

昨日、今日と二日間に亘るダイビングが終了しました。
今日も三本潜って来ました。
今日はテニアンに行き二本、サイパンに戻ってからから一本の合計六本でした。
今は飛行機に乗るNGタイムです。
明日、サイパン観光してから帰国です。






テニアン迄往復してこの船からポイントに付けてのボートダイビングです。



たてしな白犬さんコメントありがとうございます。
帰ってからご返事させて頂きます。



【サイパンでの最後の晩餐です。】

お世話になった現地のダイビングショップの庭でBBQ です。
会場に着いたとき、太陽がマイクロネシアの海に沈んだ直後の様でした。








コメント

#072 -’17. 三泊四日サイパン、ダイビング・ツアー(二日目)ディナーショウ(食事編)

2017年03月24日 22時58分05秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
【本日のダイビングは三本】

今日はホテルのロービーに7時に集合。
ダイビングショップのお迎えの車に分乗して出発。
8時前にはボートに乗って潜水ポイント。
昼食前にスリーダイブして来ました。
特に印象に残ったのは、14匹の大群のエイとの出会いでした。
今回もスマホからアップしているからエイの画像は有りません。


【ディナーショウ(食事編)】

サイパンに来る日本人はめっきり減ったとのこと。
沢山ディナーショウに来ているのは、それでも殆どが東洋人です。
日本人は三組のみでした。

それでは食事編です。












コメント (2)

カウンター