週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 頭にくること

2019年01月12日 15時17分51秒 | たわごと(少し硬派に振って)
以前は韓国&朝鮮など眼中になく好きとか嫌いと言う感情も取り立てて強くなかった。

ここ10年程度から、韓国民や北朝鮮人を若干なりとも知るようになり大嫌いになってきた。

今回の事は理論的に韓国がどうのこうのではありません。

感情的に人間として真摯でなく誠実で無い態度には怒り心頭です。

先日の文大統領の会見の席でNHKの記者の質問に答える形で日本との関係について述べた。

NHKの記者も違和感を覚えたと言っていました。

何でこんな国が隣にあるのかそれを恨むほどです。


年始から日韓関係に波紋!?文大統領が“日本批判”(19/01/10)


本日の三時のお茶で頂いたお菓子は、業務スーパーで買ったパステル・デ・ナタ(エッグタルト)ですが、今回はチョコの入っていないものです。


中はこんな感じです。
周りのパイ生地も本場ポルトガル産ですから最高にパリパリです。


アルミ容器の刻印がうたれていました。
コメント (4)

§ 頭にくること

2019年01月07日 21時53分28秒 | たわごと(少し硬派に振って)
警察や検察が取り調べに際して被疑者から自白(自供)を得ることに努めます。
今回のゴーン氏の件で冤罪を生む元凶であると述べましたが、再度声を大にしなければ自分の気持ちが収まりません。
ろくな証拠もなく、証拠に沿った自白を得るなど冤罪以外の何物でもありません。
以前から捜査員が落とす(自白させる)との言葉で言われるが如くの捜査手法など証拠能力を認めては冤罪を作る元です。
過去の事件でも名刑事として落としの〇〇として賞賛されている風潮が冤罪を作っているのです。
この悪例を根絶するためにも、人権を無視した捜査などあってはなりません。
ミランダ警告も行わずに密室の取調室で精神的な拷問の如き手法で自白を強要するなどもってのほかです。
人間は弱いものです。
その場から逃げたい、未来に対しての恐怖などで自分の考えや行動に迷うことなく一貫して主張できる人間など少ないのです。
弁護士の同席も無く(ミランダ警告もなく)、強要されるがままの取り調べで得た証拠なの証拠能力など何もないのです。
取り調べを行う警察官及び検察官の教育を行い、弁護士の同席と厳格な意味での逮捕勾留機関の定めなど行わなければ冤罪はなくなりません。

冤罪を生むことは犯罪であり無実の人の人生を狂わせるのであるとの自覚が無い警察官、検察官など必要ありませんし皆無にすべきです。
無実の者が逮捕勾留されて禁固、懲役、死刑など罰に処されれば本来の罪人が野に放たれているのです。

こんな日本の警察・司法警察や裁判制度に何の疑義を挟まない日本に怒りすら覚えます。
自白、自供など何の証拠能力も無いのです。

追記 2019年1月8日午後5時記載
私が言いたい事はゴーン氏の有罪無罪を言いたいのではありません。
日本での逮捕勾留と再逮捕を許す裁判制度に怒っているのです。
国民がこの事に気が付き人権に配慮した捜査、立件、裁判制度を確立してほしいのです。
その為に諸外国と同じ有罪率になったとしても何ら問題になる事はありません。
一人の冤罪を造りるより良いと思っています
コメント

§ 覇権争いと世界での覇権の推移

2019年01月06日 22時23分49秒 | たわごと(少し硬派に振って)
アメリカと中国の争いは経済闘争ではありません。
それは世界史の中で脈々と息づく覇権争い、其のものです。


自分の意識の中では近世にあってはスペインの無敵艦隊の時代。
次にネルソン提督が無敵艦隊を破り地球上に日の沈まぬ植民地の一大国家を築いた大英帝国です。
その次に世界の覇権を獲得したのはアメリカ合衆国ですが、イギリス(UK)から奪取したものではありません。
第二次世界大戦後の経済力と軍事力により富がアメリカに集まることにより世界の覇権を手にしたのです。
ソビエト連邦は共産主義との欠陥により覇権を手中にすることなく自滅しました。

今、アメリカ合衆国と中国が争っているのは紛れもない覇権を得るための戦なのです。
実際に戦火を交えずにしても地球上での軍事力でも経済力でも指導力を得るための戦いなのです。
中国は今まで数千年亘る歴史の中で中原で覇王が国家を形成して権力を手中にしてきました。
今の中国が中原では無く地球と言うグローバルな世界全体で覇権、すなわち覇王を目指しているのです。
それに異を唱えれいるのがアメリカです。
時と共に覇権は移ろうのが時代の流れです。
その戦いのとばっちりを受けて株価が下落しています。

先日のゴーン氏の日産の株価でみるにつけても自分の読みと大きく外れて含み損が増えていますし、含み損が膨らんでいるのは実際、日産の比では無い程日経平均株価が下落しました。
含み損はCからEにまで拡大してきましたし、インドやITなどの投信も含み損が出てきました。
トランプ大統領に文句を言う気はありませんが、混とんとした国際政治に翻弄される世界経済です。
現在の業績(日本の企業もアメリカの企業も)が悪くは無くても、混迷した先の読めない混沌の崖っぷちに立つが如きです。


※近世のおける覇権の推移を検索したら、覇権の歴史にヒットしました。
自分自身が知りたかったのはスぺイン、イギリス、そして現在のアメリカの覇権を持っていると言われている期間を調べたかったのですが。
こちらでは、オランダやフランスも覇権を手中にしたとしているようです。


こちらが自分の日産です。
前回のゴーン氏逮捕で時点のスレッドはこちらです。
今年の大発会後の含み損が増えた状況です。


こちらは家内の大発会後です。
コメント

§ 支持する政治家でその人に色がついてしまう。

2018年12月22日 09時52分18秒 | たわごと(少し硬派に振って)
アメリカの首都のワシントンD.C.から来たアメリカ人です。
こちらのユーチューブは外国人に日本の料理をご馳走する中ででいろいろ話をし、それをユーチューブにアップする番組です。
今回、私が気になったのは6分54秒からの会話とその後につづく7分52秒過ぎからの会話です。
自分も含めて支持する政党や政治家でその人に色を付けてしまう。。
一つの側面からのみで人を評価すべきで無く、心を広く持たねばならないと感じだ次第です。


納豆、ウニ、いくら、穴子をアメリカ人が食す!リアルな反応!/ America eat Sushi, Natto, Sea urchin..something unusual.


本日は柚子湯です。
三時のおやつは先日頂いたアイスクリームですが、栗の上に金粉が乗っているのに気が付いていたのかいないのか。


コメント

§ 釈放が一転し再逮捕へ&最近の気になる事柄への雑感

2018年12月21日 16時07分34秒 | たわごと(少し硬派に振って)
【日産事件】
12月15日付けスレッドでカルロス・ゴーン容疑者再逮捕にみる冤罪の原因でアップしたが、東京地検特捜部は勾留期限の最初の逮捕の勾留期間の10日と延長で合計20日間でした。
別件で再逮捕して勾留期間が10日間で延長を申請したところ裁判所から許可が下りずに釈放されると思っていた。
ところが今日(12月21日)、2度目の逮捕容疑での勾留延長が認められないので本丸の別件容疑で3度目の逮捕状を執行した。
冤罪か否かの資料は持ち合わせてないがこんな捜査、容疑の立件が人権を配慮されて法手続きなのか疑いたくなる。
勿論、日本の刑事訴訟法や刑法などに違反していないのは勿論だが人権や冤罪なの配慮がされていない何処かの国家と変わる事の無い国のようである。
検察側のゴーン氏とケリー容疑者が同時に日本に来る時でなければ両氏の逮捕と立件はおぼつかないとの配慮があり詰めの甘さがあるまま逮捕したのは致し方ない。
でも、だからと言って人権に配慮されていない日本の刑事裁判関係は冤罪を生む原因である。


【日本体操協会パワハラ問題】

産経新聞からの引用です。
第三者委員会(委員長・岩井重一元東京弁護士会会長)の報告書では、塚原夫妻側に「不適切な点」が多々あったとする一方、「悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまではいえない」とし、処分に値しないと結論づけた。また、宮川と速見コーチの引き離し行為について「認められない」とした。
 臨時理事会では、一連の問題が起きた背景を検証する特別調査委員会の設置も決定。常務理事会の活性化など、第三者委が示した7つの提言に対する検討委員会も発足させ、協会運営の改善を目指す。
 山本宜史(のりふみ)専務理事は「(塚原夫妻の職務)復帰は調査結果を真(しん)摯(し)に受け止めることが前提。このようなことが二度と起こらないよう、協会一丸となって取り組む」と述べた。


結論から言えばこんな第三者委員会の結論が出るとは思ってもいなかった。
事の本質は利益相反行為であるとの一言に尽きるのである。
公正で厳正であるべき公益財団法人日本体操協会の役員と朝日生命体操クラブとの民間企業たる責任者たる地位にある物が日本体操協会の決定に関与する地位に就いている事が全ての元凶なのである。
利益相反関係にあるから、決して以後も悪は続くのである。
何をしたかでは無く、公正(フェア)を保つ体制にしなければならないのである。
例えとして、AさんはBの組織に物を納入する業者。A納入業者の社長さんで、且つ物を買う公的なBの組織の権限を持つ地位に就いている。
神様仏さまの如くの精神をもって居たとしても、両方の地位に就く者は排除すべきである。



アメフトや貴乃花部屋や国会審議などその他は後日気が向けばと言う事で今回はカットです。

家内が贈られて来た柚子で柚子のマーマレードをつくってくれました。
コメント

§ カルロス・ゴーン容疑者再逮捕にみる冤罪の原因

2018年12月15日 18時03分45秒 | たわごと(少し硬派に振って)
カルロス・ゴーン容疑者の逮捕勾留と再逮捕を見るに付け日本の冤罪の原因を感じずにはいられない。
一般的な日本人であれば警察にお世話になる事は 落とし物道案内 程度である。
逮捕されるからにはそれ相応の原因があると思っている。
逮捕=有罪、有罪判決が下されずとも火のない所に煙は立たぬと思うのが一般的な日本人の常識である。
逮捕される事が既に有罪としての烙印が押される日本社会です。
そんな感覚が冤罪を生む大きな原因である。

こんな社会では冤罪は決して無くならないし、警察にお世話になる人はほんの一握りの人だからと無言を決めつける事は司法警察制度に同意して冤罪の発生をほう助しているに他ならない。


ここからの括弧内はゴーン容疑者とケリー容疑者が再逮捕され勾留期間が延長される事になった時に書いた書きかけの文です。
(有価証券報告書に自分の報酬を約50億円少なく記載したとして、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が、2018年3月期までの3年間にも計約40億円を記載しなかった疑いが強まったとして、東京地検特捜部が再逮捕する方針を固めたことが4日、関係者への取材で分かったとの報道です。
 共謀したとされる側近の前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)とともに勾留期限の10日に再逮捕する見通し。上級庁と協議し最終判断する。不記載の立件総額は約90億円になるとみられる。勾留期間の長さに対する海外からの批判がさらに強まる。

ゴーン容疑者の再逮捕でも思う事ですが、そもそも冤罪を造る元です。)


>Ⅰ 冤罪を作り出す日本人のお上(役人)に対する信頼と言うか盲目的な服従する姿勢です。
 (泣く子と地頭には勝てぬの事無かれ主義に従う日本人。自分の頭で考えずお上の頭で考えてもらった物を信じる従順さが災いしている。)

 A この前提の上にたち、国民即ち逮捕勾留される人の人権など配慮しない。
   (諸外国と比べて格段に勾 留 期 間 が長く認められていること。) 
 B 其れで無くても長い勾留期間が再逮捕でさらに勾留期間が延長されること。
   (自白を強要される可能性が大になり、精神的な拷問であるからして冤罪を造る可能性が高くなる。)
   (犯罪を犯していなければ、自白するはずはないなどは只の空想です。)
 C ミランダ警告として逮捕者の権利の告知(アメリカの刑事もののドラマで良く行われる逮捕者に対する警察官の、逮捕者に対する権利の告知です。)が日本で逮捕される時のその法的精神が存在しませんから権利の告知が行われておりません。
 D ミランダルールと重複(ちょうふく)しますが、尋問時に弁護士の同伴を必要としない事。
   (権力の大きい警察官などと被疑者が一対一で対峙する事に不平等を感じ無い人権の擁護意識の低さ)
 E 被疑者の取り調べ時の可視化(録画)が行われていない事。
   (部分的な可視化は権力を持つ立場の警察・検察に有利になる恣意的な編集と変わる事がないから、通しで全て可視化しなければ意味が無い。)


Ⅱ 一説には立件後の刑事事件における裁判有罪率 (起訴された際に、裁判で有罪になる確率)が99%を上回っている。
  諸外国の60~80%と比べてもその異常さは吐出している。

無実の者を有罪にする原因は、自供偏重のその捜査手法に大きな原因があると思う。
信じるに値する合理的客観的な証拠が無ければ、自白じたいは証拠として採用すべきではないと思う。
自白など何ら証拠にならないと思っている。
自白偏重の日本の警察が行って来た数々の冤罪。
厳密な秘密の暴露でない自供は一切証拠として採用すべきではない。
落としの〇〇刑事などと讃えられる日本では冤罪はなくならない。



以前に書きかけの今市市(現日光市)の女児殺害事件も冤罪だと思っている。

ただ、今回のカルロス・ゴーン容疑者等の被疑者は精神的にもタフですから、不合理な自白に応じる事は無いと思っています。
日産の自分と家内の含み損を何とかしろとの気持ちもどこかにあるかもね。 

今回このスレッドを立ち上げてみて読んでみると、ゴーン容疑者たちを無罪と言っているように見える事に気が付きました。
自分が言いたいのは世界の潮流から外れる人権を無視した司法制度ないし司法警官などの冤罪の出来上がる問題点を述べた迄です。
ゴーン容疑者達の事実関係は持ち合わせておりません。念の為。

今日の夕飯のご飯は筍ごはんです。
美味しいと言うと「ご近所のスパーで目に留まり京都雲月さんのたけのこご飯だったので買った。」そうです。
凄く美味しかったです。
今は只の空箱です。
コメント

§ 政府は働く人に罰を与え、働かない人にご褒美を

2018年12月13日 18時18分31秒 | たわごと(少し硬派に振って)
まるでクイズのタイトルの如くですが。

逆も真なりで、見方を変えるとこんな見方も出来る税金です。

来年の消費税率10%への増税で消費の落ち込みを抑える方策を色々と検討しているようです。

今回のタイトルにある表題はある意味、見方を変えれば事実かと思ってしまう。

今の制度に何の疑問も持たずに居ますが正しいと思い込まされているのか?実際に正しいのか?

現在の資本主義社会と信じている世の中に在って、その働きの対価として得た所得。
マイナスの方からプラスマイナス0の方所得を得て居る人そして巨万の富を得る事の出来た大富豪と言われる人まで今の経済法則に則り所得を得ています。

でも、でもです。

時の政府は巨万の富を得た人から、少ない少ない富を得た人まで罰を与えています。
富を得る事は悪で有るかの如くの罰です。


反対に富を得る事の出来なかった方達働いていない人などに奨励するかの如くのご褒美を与えているかの如くです。

今の経済活動の中で富を得れば、納税と言う罰を受ける。
経済活動を行わずに富を得られなければ生活保護などのご褒美を得る事が出来るのです。
罰と褒美の対象が異なる感じもします。


しかし、富の再分配はヤッパリ必要です。
その為にも無能な国会議員を減らす為にも定数を減らすべきです。
2009年に述べた事が何ら改善される事無しに消費税率があがる。
コメント (2)

§ 民主主義の欧米に目の向いていた戦後の日本の教育(戦後のアジアの教育を怠った日本の教育)

2018年12月08日 09時58分46秒 | たわごと(少し硬派に振って)
韓国の建国は1945年8月15日(1919年説、1948年説)で日本が連合国にポツダム宣言を受諾して降伏した日です。
日本国民として共に戦った朝鮮人(韓国人の違いも北を朝鮮、南を韓国と言う程度の私の観念です。)は降伏を涙した人も沢山いたと聞いています。
その歴史を消 し去りたい朝鮮人(韓国人)なのです。
民族のアイデンティティを確立する為に日本と戦った歴史を造らねばならないようです
韓国人にすれば嘘も100回言えば真実との事で、時の権力者が自国に都合の良い歴史を造り教育したのです。
悪い為政者が採用する最悪の手段、それが外に敵を人為的につくり国内での団結と支持を獲得する手段です。
初代大統領の李承晩は知っていましたが、日本の統治から外れた日がした日だと思っていました。
就任が1948年に初代大統領と言う事をしりました。
日本国民として、近代的な教育制度なく受けて居たい地に整へて社会資本の充実など日本本国と変わる事のない法整備が施行されました。
それでも、自己の正当性を確立する為に植民地として搾取、弾圧したのではない日本の統治を悪とせねばならないのです。
自分の政治勢力を確保する為に、歴史を捻じ曲げて虚構でも長い間に真実として自国民に植え付けた韓国での政治家の責任は大きいのです。
日本と韓国が隣国であるのにこれほどいがみ合うようになってしまったのは、嘘の歴史を教育した韓国朝鮮と韓国朝鮮との正しい教育を一切してこなかったに日本。
その事が軋轢をつくって来てしまったと思っています。


自分の考え方に近く尚且つ論が建つ松川議員です。
韓国最高裁が三菱重工業にも賠償命令!韓国国内で辻褄合わせるしかない歴史!如何に深刻な事態か認識できない文在寅政権!【松川るい×木宮正史】
コメント

§ 韓国人の考える未来志向とは

2018年12月03日 18時24分31秒 | たわごと(少し硬派に振って)
日本人が考える未来志向韓国人が考える未来志向とは全く異なる魔法の言葉のようです。
韓国人にとって、過去の取り決めや約束を反故にして再度、決め直すとの事のようです。
もし、今回未来志向との日本人が信じる言葉で再約束すると後日またちゃぶ台返しで約束が破られる事は目に見えています。
その時に韓国人の接頭語が『未来志向』です。

為政者の責任@韓国(その一)為政者の責任は韓国だけに限った問題ではありませんが、今回のこちらは「約束を屁とも思わない韓国」のスレッドはこちらです。。
その二ではありません。

未来志向と言えば、前向きのポジティブな感覚を持つおしとよしの日本人です。
嘘をつく事も約束を破る事も何とも思わない韓国人&朝鮮人です。
騙されえてはいけません。

① 文大統領「未来志向の協力を」 歴史問題切り離して対応の考え カテゴリ:ワールド 2018年12月3日
FNNプライムからの引用です。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、徴用工問題などで対立する日本との関係について、「歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなくてはならない」と述べた。
文大統領は2日、G20(20カ国・地域)首脳会合が行われたアルゼンチンから移動する機内で、韓国メディアの取材に応じた。
この中で、文大統領は日本との関係について、「歴史問題で日韓の協力関係が損なわれてはいけない。歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなくてはならない」と述べた。
文大統領としては、歴史問題と経済など、ほかの問題は切り離して対応するべきとの考えをあらためて示したもので、朝鮮半島の非核化について、「日本の協力が必要で、日本政府も共感していると思う」と語った。

韓国では10月以降、元徴用工裁判で日本企業に賠償の支払いを命じる韓国最高裁の判決が続いていて、日韓の対立が深まっている。


上記①の発言を受けての管官房長官の談話です。

② 時事通信社の記事を引用させて頂きます。
韓国大統領発言、直接論評せず=菅官房長官 時事通信社 2018/12/03 12:10 
菅義偉官房長官は3日の記者会見で、韓国の文在寅大統領が歴史問題と切り離して日韓協力を進めたいとの意向を示したことについて「韓国記者向けに行った発言だ」として直接の論評を避けた。その上で、韓国最高裁が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた問題に触れ、「日韓関係は非常に厳しい状況にある」と述べ、韓国側に適切な対応を重ねて求めた。
 

こちらはおまけです。
14年前に刊行された書物に記載されているようですが、その内容と今回のユーチューブで語られている事が真実か否かはしりません。
ご覧になって自分自身でご判断下さい。
徴用工の未払い賃金を日本共産党が横取りして資金源にしていたと発覚 初期の中核は在日朝鮮人だった - 政治ニュース

コメント

§ マナー? それとも育ち?

2018年11月14日 16時37分08秒 | たわごと(少し硬派に振って)
最近と言ってもここ数年ですが。
電車内でのマナーで感じる出来事です。

電車内と書きましたが、街の中でも何処でも食べ歩きが常態化しています。
それを可笑しいと思う自分が今の常識から外れているのかもしれませんがそれでも言いたい。

家庭内であっても立って食べるのではありませんと、母に叱られたものです。
勿論、子供ですからご飯は別にしてお菓子など立って食べたり歩きながら食べるものも沢山ありました。
でも、自分の感覚ではそれは立って食べる物でも歩きながら食べる物でもないだろうと思う物が平然と食べるようになっているのが現状です。
偏にTVでの番組での影響が大きいかもしれません。

特におかしく感じる物を二点ほど。
一つは電車の中での食事(パン屋やおむすびなど)です。
誰がどんな事を言おうが自分には信じられません。
電車の中で食べ物などを食べて良いのはボックス型四人掛けなどの列車内との強い意識がります。
通勤通学などの観光を目的としない移動などの短距離電車、横長のシートの座席において誰の視線をはばかる事も無くおむすびを頬張る若い女子には違和感を覚えてしまいます。
私からすればマナー違反です。
男子だから女子だからではありません。
男子では記憶にないぐらい見かけませんが、若い女子の姿を時々見かけます。
彼女の脳裏にはマナーの無い事でも、品の無い行為でも何でもなく只の日常の一ページなのかもしれません。
家庭内で注意される事もなく、TV等で放映されている事なのだがら非難される事でも咎めらる事でも無いとは思っているのかも。
他人に迷惑かける訳でもないから、非難する気も咎める気もありません。
でも、品の無い育ちの悪さを感じずにはいられません。
こんな行為が社会に蔓延しない常識であって欲しいと願います。
そんなカビの生えた考えを懐かしむのが可笑しいのでしょうか。
(電車内など物を食べる以上にお化粧はマナー違反だと思っています。
貴方のその美しい顔がそのお化粧行為に依って台無しになっているのですよ。)

二つ目は、電車内での飲酒です。
流石に、缶酎ハイなどをもって飲んでいる女性は見かけた事はありません。
勿論、帰宅途中のサラリーマンなどの男性です。
泡が出る為か、缶ビールは見かけません。
羞恥心からハンカチに缶を包んで飲んでいる方もいるし、銘柄が分かる缶のまま飲んで居る人もいます。
子供の頃の昼間から公衆の面前で飲んだり、電車内で飲んで管を巻くなどはそれ相応の階層の方が行う行為でした。
管こそ巻きませんが、今ではスーツを着た方ですら時々見かける事があります。
せめて、最寄り駅で下車して赤提灯寄るなり自宅まで我慢できないのかと不思議に思ってしまう。
(昼間のアルコールが美味しいと言っている我が身からしてもおかしく思えてしまう。)
先の食事といい、飲酒といい、日本人には品位とか品格と言う言葉は海のもずくになってしまったのかも。

気立ての良さを感じる日本人であってほしいと願ってしまう。
コメント (4)

§ 大学入試、特に医科大学(医学部を含む)の選考は

2018年10月29日 12時55分28秒 | たわごと(少し硬派に振って)
東京医科大学の入試について世間を騒がしている。
東京医科大学の不正入試については、不正とは何か。

フェアーであると言う事は何なのか考えてしまう。

入学試験の選考基準は何なのか?
不正が無い正しい基準での選考とは如何なるものなのか?
そもそも不正とは如何なるもので、今回の東京医大の不正とは如何なるものなのか?

例えば、1.男女等の性別を考慮せずに学力のみに準拠して高得点者から入学を許可する。
     2.大学に多くの寄付をした者から入学を許可し、他の要件は考慮しない。
     3.学力は選考する基準とは捉えず、医学を学ぶ為の学力が備わっているかの事前選考とする。
      (即ち、第一次選考は学力のみで、第二次試験で医師としての資質を配慮する選考を行う。)
     4.大学が法令や公序良俗に違反しない選考基準であれば事前に表示すれば可とする。
     5.その他(大学の設置基準の定める範囲内で大学が独自に決めるetc)

地方の医師不足(へき地医療)の是正を勘案して設置された自治医科大学の特異な選考基準も存在しますし、社会から何ら糾弾される事でもありません。
参照:自治医科大学学生募集要項

性別に特化して、心臓外科の権威の榊原仟氏が教授として在籍していた東京女子医科大学は入学要件を女子に限ると明記しています。
参照:東京女子医科大学学生募集要項

今回問題になった東京医科大学の入試要項はHP上には表示されて居ませんでした。
参照:東京医科大学学生募集要項


今回の東京医科大学の入試について何が許す事の出来ない不正だったのか明らかにしなければなりません。
人を選別する基準は如何にあるべきか。
時と共に変化する価値観です。
万人が認める事が出来くなても、何が今の社会で許容される基準であり、本来いかにあるべきか考える必要があるかもしれません。

後日、時間が取れれば主観的な試験と客観的な試験の問題点について書いてみたいと思っています。
特にマークシートなどの主観的試験の設問が高学力者を選別する良い問題になっているのかとの識別指数など。
予告だけで終わると思いますが。
コメント

§ 朝日新聞の信頼度は最下位との事

2018年10月28日 13時29分52秒 | たわごと(少し硬派に振って)
英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が調査した日本でのメディアの信頼度調査で新聞紙として朝日新聞の信頼度が最下位になった。
オックスフォード大学だから云々かんぬんはないが、統計的手法で調査した筈であるからその内容は信頼は置けるようである。

生まれてこの方、うん十年と愛読してきた朝日新聞が最下位である。
朝日新聞に限らず、赤旗や宗教新聞などを除きどの新聞でもある意味似たり寄ったりかもしれないと思ってしまう。
因みに、今我が家で購読している新聞は日本経済新聞である。

一般的な常識と言うか長年の間に培われた新聞の中にあって、信頼度は最高位に位置していると思っていた新聞である朝日です。
それが今回の調査で新聞各紙の中にあって朝日新聞が信頼度最下位になったとの記事がありましたので、『NEWSポストセブン』の記事から引用させて頂きます。

朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位 英調査  2018.07.02 07:00

〈朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位〉という衝撃的な調査が発表された。英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が毎年行なっている国際的なメディア調査レポートの最新版『Digital NEWS REPORT 2018』によると、日本の新聞で読者の信頼度が高いのは1位が日経新聞、2位地方紙、3位読売新聞で、朝日新聞は産経新聞(4位)や毎日新聞(5位)より下の6位(最下位)となった。“日本で一番信頼できない新聞”という評価だ。

 同レポートでは、日本部門の調査の解説を担当した澤康臣・共同通信記者が原因をこう分析している。

〈近年、リベラルな高級紙(朝日)は保守派の与党・自民党と右寄りメディアの両方からの批判にさらされてきた。安倍晋三首相は朝日の誤報問題(森友学園報道の検証記事)に対してフェイスブックに『哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした』と書き込んだ。また、保守系議員の足立康史氏は、『朝日新聞は万死に値する』とツイートし、右寄りの雑誌は『朝日を廃刊に追い込む必要がある』といった見出しを掲げている〉(原文は英文。カッコ内は本誌が補足。以下同)

 そしてこう続く。〈さらなる分析から、朝日の信頼度が低いのは、部分的に、こうした右派からの声高で党派的な批判から来る高いレベルの不信の結果だとわかっている)


引用したこの文章を読んでもジャーナリストは、ものの本質は理解していないようである。
前述の共同通信の澤康臣記者の分析を読むにつけ、その問題の大きさを感じずにはいられない。
ジャーナリスト全体が間違えた分析をしているのである。
引用した最後の段に朝日の信頼度が低いのは、部分的に、こうした右派からの声高で党派的な批判から来る高いレベルの不信の結果だとわかっていると述べている。
右派からの党派的な攻撃でも、右寄りのメディアからの批判の為でもない。
新聞紙面が真実を記述して論を張っているのであれば国民からの信頼を失う事はないのである。
まるで、馬鹿な国民が与党や右寄りのメディアの攻撃(口撃)の為にメディアが信頼を失う等と分析して居ているようではメディアが真に国民からの信頼を勝ち取る事はできない。

共産党のプロパガンダを述べる赤旗であったり、創価学会の宗教的な聖教新聞などは別にしても一般紙が信じる主義主張を述べて論を張ってはいけないとはいわない。
でも、そこには守らなければならない原理原則が有る筈である。
社会の現象や事象や出来事など、政治的な事まで含めて新聞社が自説を述べる事は論をまたない。

国民の信頼を担保するものは只一点である。
その一番重要な事は真実で信頼を勝ち取る根源である。
それこそ真実以外のなにものでもない。
真実を紙面にする事は大抵ではではない。
真実は一つであるが、観る面により姿を変えてみれるのが真実の奥深さである。
沢山の裏をとり多方面から眺めなければ真実は見えない。

真実を国民に正しく伝えるとの基本のみである。
真実を伝え、論説文や社説などで新聞社として物事の事象に対して、どのように考えるかを述べる事は大いに結構です。
でも、今の新聞は真実を伝えるべき事と論説と社説で述べる事を記事の内容の中であたかも真実であるかの如く述べているのである。
情報の多様化した社会にあって、真実を隠し通し乃至は記事により世論を誘導しようとするようなことは直ぐに見破られてしまうのである。
なのに、傲慢にもジャーナリストがオピニオンリーダーで世論を先導すべきであるかの如くの意識が問題なのに気が付かないのである。

朝日新聞が自説を解く事を問題にしているのではない。
真実を伝えない紙面が国民の信頼を失い始めているのである。

主義主張を述べるのは真実を伝えた後である。
分かって居ない傲慢な記者を抱える朝日に蘇る紙面はできない気がする。


昨年の八月に朝鮮人追悼式の主催者が抗議声明との朝日新聞デジタル版をアップした時に感じた不信感が多くの国民が感じるようになったのかもしれません。
その時の記事はこちらです。
コメント (4)

§ LGBTを思い(杉田水脈氏)

2018年10月01日 20時07分51秒 | たわごと(少し硬派に振って)
杉田氏が敢えて世界からバッシングを受ける事を知りながら寄稿したのか。
差別など嫌う現代にあって、問題提起にはなっても政治家として抹殺されないかと思わなかったのだろうか?
人それぞれ個人の心の中での信仰や信念など誰にも侵される事はない。
しかし、公人としての政治家が今現在のような流れに逆行する事への危険についての発想が無い筈はない。
敢えて寄稿した意思は何なのか。
何を変えたくて問題提起したのか。

差別を嫌う今の世の潮流に何の問題を提起したかったのか。

差別の無い世界の潮流になりつつあるLGBTについて分かり易いサイトがこちらに在りましたのでご覧ください。

個人的にはこのLGBTなどの問題は政党などの依る問題と言うより個人の価値観に依る所が大きいのかもと自分は思う次第です。
 
以前に、ある政党の幹部がこんな事を言っていました。
「我が党が政権をとったあかつきにはホモ(差別用語です。)などは社会から抹殺して刑務所にいれてやる。」などと発言していました。
共産党か社会党か記憶はありませんが、全体主義的な思考です。
今の自民党とか共産党とかの政党的な思考より個人的な思考が大きく影響している感じがします。

個人的に、この差別的な思考には賛成できません。
コメント

§ 悪貨は良貨を駆逐する(貴乃花親方)

2018年09月29日 20時49分51秒 | たわごと(少し硬派に振って)
貴乃花親方の突然の引退について驚いたのが偽らざる自分の気持ちである。

貴乃花親方が日本相撲協会に対し引退届を提出した。
親方は記者会見を行い、内閣府に提出していた元横綱・日馬富士による暴行事件に関する告発状について、日本相撲協会から圧力を受けていたと主張した。

一方で、日本相撲協会の芝田山親方はマスコミの取材に対し、貴乃花親方が主張するような圧力をかけたことはないと説明し、貴乃花親方の引退届に不備があったとして受理しないことを発表。意見が完全に食い違う展開にネットユーザーたちも注目している。

こんな記事を目にしたくなかったと言うのが偽らざる自分の気持ちです。
悪貨(相撲協会)に良貨(貴乃花)が駆逐されるのが耐えられません。

何で現状より一歩でも改善することを放棄したのか悲しくもあります。

コメント (2)

§  PKO問題(命を落とした日本人を悼み)

2018年08月27日 19時13分24秒 | たわごと(少し硬派に振って)
今までも何度もPKO活動を支持する自分としてはスレッドを立ち上げています。
終戦記念日の8月15日のスレッドで述べた事でカンボジア繋がりで追記としての意味合いで再度立ち上げます。
と言うのも、カンボジアの乾季に当たる時にアンコールワットの旅に申込みしたからである。

今回はカンボジアのポルポトのクメール・ルージュの残忍な虐殺の後の新しい平和構築の選挙実施に伴う一助に赴いたのUNTAC要員の文民警察官の岡山県警・高田晴行警部補。
二人の子供と妻を日本に残し民主主義社会の再建の助けになればと熱意を持ちカンボジアに赴いた33歳の父親でした。
悲しい事に同じカンボジアでは国連ボランティアとして活動していた中田厚氏も死亡している。
貴重な命をとして国際平和に協力してお二人の活躍を忘れる事無く、世界に平和が訪れる事を願って止まない。
天国で幸せになり、残された家族が平和と幸せを享受している事を願わずにはいられない。

日本の自衛達が諸外国の紛争地に赴く時、反対を唱える多くの日本国民。
戦後70余年の歴史と時代の変遷もなんのその、『護憲と自衛隊の役割拡大阻止のみ』に血眼になる一国平和主義の野党。
軍隊の海外派兵だとの信念から自衛隊がPKOで海外に赴く事に異を唱えるのです。
終戦した第二次世界大戦の亡霊に付かれている人達です。
平和を唱えれば平和になれる世界であればこんなに仕合わせなことはありません。
でも、国際政治の社会ではそんな生易しいものではありません。
海賊はジョニー・デップのカリブの海賊のみだと思っている日本人。
マレーシアとインドネシアの間のマラッカ海峡 にもアフリカのソマリア沖 にも現在の海賊が存在し、軍隊などの武力を持った警察力で対応せなばならないのが現実です。
日本が平和であるからと言って、他国の紛争解決に関与し平和維持活動に従事すべきでな無いと考える一国平和主義には納得できません。
自分自身が国連平和維持活動(PKO活動)としての国連軍(UN)を間近で見たのはコソボに行った時です。
コソボ紛争(ぺーチ修道院デチャニ修道院)やチェコスロヴァキアが瓦解した時の紛争は知っていても肌で実感したんは初めてでした。
キプロス、カンボジア、東ティモールは言うに及ばす沢山の国々が国連軍の活動を必要としているのです。
それはどちらの勢力にくみする訳でもなく民族自決や普遍的民主主義に根差す一助になる為です。

国連PKOを通じた日本の貢献の推移を外務省の国際情勢を参考にさせていただきす。

次のブルーの文字の所は外務省のHPからの引用です。
正し、①・②・③と下線は私が付記しました。
国連PKOの基本三原則

国連PKOの基本三原則国連PKOの活動は,失敗や挫折を経ながらも,現在は基本三原則を順守して行われています。①一つ目の原則は「主要な紛争当事者の受入れ同意」です。これは,国連PKO自体が紛争当事者となってしまう事態を避けるためのものです。②二つ目の原則は「不偏性」です。これは単に国連PKOが中立の立場を貫くということではなく,国連PKOは特定の紛争当事者を優遇することも,差別することもなく,その任務を実施しなければならない,ということを表したものです。文民に危害を加える紛争当事者がいれば,国連PKOは見て見ぬふりをせず,文民を保護する任務を全うしなければなりません。③三つ目の原則は「自衛及び任務の防衛以外の実力の不行使」です。国連PKOにおける実力行使は,他の手段が尽くされた場合の最終手段であり,かつ国連が定める武器使用基準に従って自衛や任務遂行のために必要最低限の範囲で行われます。ここでの実力の行使は,国連憲章第2条4で禁止されている「武力の行使」には当たらないとされています。


南ス―ダンでの日報問題で国際貢献が後退し、本来論議すべき問題から離れる日本の国会の議論に悲しくなる。
これからも、本題の本質で無い所で議論するのであろう。

日本人は地球と言う運命共同体で生きる人類ではない他の星から来たのであろうか。
コメント

カウンター