週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#054 -’17. 今日は勝山へ(2月28日)

2017年02月28日 22時35分02秒 | スキューバダイビング
今日は午前4時50分に起きて、家内の作ってくれた朝食を食べて出発です。
家を出たのは、5時30分でショップに付いたのは40分を少し回った所です。
ショップを出発したのが6時少し前。
レンボーブリッジを超えて、海ほたるを通過して向かうは房総の海です。

朝日を浴びてレンボーブリッジ通りお台場を通り湾岸線に入り川崎から海ほたるを通り房総半島へ。
画像は月島&晴海方面を一枚。


勝山港に到着です。


我等のグループが乗るお船です。
少し小さいですが。


一本目の潜水ポイントの地図です。


二本のダイビングが終わり空にはトンビが沢山飛んでいました。


食事をして海ほたるで休憩してダイビングショップに戻りました。



今回はボートダイビングです。
二本潜り帰宅したのが午後10時少し前になりました。
スマホを持参するのを忘れてしまいました。
ガラケーで撮影した写真と加筆校正してアップし直しました。




つなぎの You Tube の動画をご覧ください。
つなぎなどど言っては余りにも失礼な、日系ブラジル人の「愛は花 君はその種」です。
これ程までに日本語が綺麗な言葉だとは思ったことが無かったと思わせる程の素晴らしい天使の少女の歌声をお聴き下さい。

感動 泣ける 動画 天使の歌声 少女 ブラジルの番組で歌いました 「愛は花 君はその種」 山下ヤスミン


こんな素晴らしい曲があること自体知りませんでした。
我が家では演歌、歌謡曲、JPOPを聴く機会が有りませんのでしれませんでした。
コメント (2)

#053 -’17. 昨日と今日(2月25、26日)ナナちゃんの様子 & Venice Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月26日 14時16分36秒 | ねこ
2月24日に動物病院デビューして、大変な目に合った我が家のナナちゃん。
怖い思いをしてトラウマになっているのではと心配したが、特段保護猫リハビリについては大きな後退はないようだ。
ほっとした。
餌に添加して薬も与えてはいるが、点眼薬は一切使用しないでも容態はすこぶる良くなった。
感じでは、また、直ぐに同じような状態になる危険性をはらんではいるが、昨日&今日と涙目気味ではあるが問題なしだ。

夜に部屋を徘徊するようになったナナちゃんの写真です。
ガラホにて豆電球のあかりで家内が撮影です。
キッチンのシンクの所に昇って。


抜き足差し足でのナナちゃんです。

ここまでは昨日です。

ここからは本日のものです。


いろいろ興味が出てきました。
でも、完全に単独にしていないので、少し心配の様です。




確か、三度程お邪魔しているヴェネチアです。
大運河からサンマルコ広場を観て、13万トン越えの船上からの風景はまた格別でした。
もしかすると、既に大型クルーズ船は大運河を航行することが出来なくなっているかも。
船上からのはこちらで、サンマルコ広場のカフェ・フローリアンの隈取はこちらです。
Venice Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

#052 -’17. ナナちゃん病院デビュー(2月24日) & Hobart Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月25日 15時52分10秒 | ねこ
昨日、2月24日のナナちゃんの出来事です。
未だ、ワクチン注射していませんからその為の動物病院デビューなら良いのですが。
朝起きるなり、家内からナナちゃんの目がおかしいとの事。
ナナちゃんは目から鼻に抜ける涙腺が塞がり気味なのか、炎症気味なのか涙目になっていることが多い。
猫種に依って遺伝的にそのような事があるが、今回は何時もと違い向かって左側。
ナナちゃんの右目が赤く充血して真っ赤になっている。
最初に気が付いたのは、出勤前の息子である。
家内によるとこの程度の目の充血状態では無くもっとひどく、チェリーアイのような状況だったとの事。
炎症を起こしているのは間違いないので、前のミミちゃんを看取って貰った動物病院に行く事にした。
事前に保護猫で凶暴ですよ。
こちらから、洗濯ネットに入れて伺った方が良いか電話連絡してから車に乗せての病院デビューでした。

可能ならもっと信頼関係を構築してからワクチン接種にお邪魔したけど、そんな事も言っていられなのでまずは洗濯ネットへ。
恐怖心の塊のナナちゃんです。
まだ、飼い主に何されるか完全に信頼している訳ではありません。
なのに、洗濯ネットに入れようとするのですから一苦労です。

家内と悪戦苦闘の末に何とか洗濯ネットに入れる事が出来ました。
保護主さんから頂いたナナちゃんが一番信頼して落ち着くもの。
それば我が家にやって来た時に入っていたキャリーケースです。
ケージの中でキャリーケースに入れてから、蓋を開けて洗濯ネットの中にナナちゃんを落として完了です。
そのネットごと、再度キャリーケースに入れてキャリーケースが入る大きな袋に入れて万全の状態で動物病院に向かいました。
家内が手続きしている間は私と車の中で待機です。
鳴く事もなく大人しくしてくれています。

診察手続き完了していざ、動物病院へ。
洗濯ネットに入り尚且つ、キャリーケースに入って居るのでナナちゃんも大人しくしています。
診察が始まりキャリーケースから洗濯ネットを女性の若い看護師さんが出しての診察です。
先生が診察する為に看護師さんが洗濯ネットのチャックを無造作に開けて顔を見ての診察している時にナナちゃんが豹変です。
知らない所で知らない沢山の人達に見つめられているナナちゃん。
ナナちゃんの小さなは張り裂けんばかりの恐怖です。
突然、暴れだしてネットから這い出て何処かに逃げ込みたい一心です。
凶暴な保護猫ですよと来る前にも電話で連絡して来たのに、保護猫に対応したことが無いのかと思う程の対応でした。
とっさに家内がネットから出るのを抑えて、自分が差しだしたキャリーケースに入りナナちゃんの恐怖は収まりました。
家内のダウンのロングコートは恐怖のあまりナナちゃんのおしっこを掛けれてしまし、且つ家内の腕には11cmの長さのナナちゃんの引っ掻き傷です。
家内は怒っておりませんが、自分は怒り心頭です。
素人ではあるまいに、あの対応はなっていなし謝るでもない。
自分はナナちゃんと直ぐに車で待機でした。
内服薬と二種類の点眼薬を頂いて家内が戻って来た。
直ぐに外科病院に行こうと言うのに、今日はかかり付け内科に行くので大丈夫との事で、ガンとして総合病院に行く事を拒むのでナナちゃんと家に帰った来た。
恐怖がナナちゃんのトラウマにならなければ良いがと念じていたが、我が家に戻ればそれ程影響もないようであった。
しかし、点眼薬を差すのが一苦労だ。
一本目を差したら10分後に次の種類の点眼薬を差すとの処方箋だが、痛いのか顔の上に手をかざすと逃げだしてしまう。
何度も何度も試みたが警戒してしまい、上手く差すことが出来なかった。
所詮、二階から目薬の感は否めないが。

ナナちゃんが先天性のものではなく一過性のものである事を願うばかりである。
チェリーアイだと、手術しなければならない事も有るとの事。
とてもではないがワクチン接種どころではなかった。
ナナちゃんは外に一歩も出ないとしても人間が自宅に持ち帰る恐れもあるから、リハビリが済んだらなるべく早く接種せねばと思っている。
ナナちゃんにとっても、家内にとっても大変な一日でした。
家内の傷を見るのも嫌な位なのに傷を負った家内は何とも無いようだ。
これも猫に対する愛情の深さの違いのなせる業かも。



オーストリアですが、大陸とは離れてタスマニア・デビルを見る事が出来たタスマニア島のヴァケーション・トラベル・ガイドです。
自分達が行った時のタスマニアデビルはこちらです。
Hobart Vacation Travel Guide | Expedia
コメント (4)

#051 -’17. 2月23日の飲み会(今日は)

2017年02月23日 23時52分38秒 | お山の日記
新橋のSL広場前で待ち合わせして、先ずは二人での飲み会開始です。

【まこちゃんで】
一件目は新橋のガード下のまこちゃんにて一献。
TV等に出る有名処との事でした。
相方はしっていました。
自分は入るのは初めてです。
日本人の店員さんの中に中国の方やベトナムからの留学生が多いのに驚きました。
TVで話題になる所ですから、焼き鳥も持つ煮込み美味しく頂きました。




もう一人の待ち合わせ時間に少し早いのでもう一軒入ろうかということななって。
寿司でも一旦、それから再度SL広場に向かい腰を下ろしていると脇にフランスからのカップルが写真を撮っていたので、少し、10分ぐらい歓談してお店に入る事無しにもう一方と合流です。
サラリーマンなどのTV番組でのコメントを撮る場所として定番の所ですから、この日も3~4TVクルーが出張っていました。



【今日は】
こちらは三人にて入ったガード下のお店です。
こちらは二件目です。
三軒はしご酒して。







その後の顛末。
新橋から銀座7丁目の酒場にお邪魔した。
お邪魔したのが9時過ぎですから、座る所がない程混んでいた。
完全なバル状態で生ビールとおつまみにピザを頂いた。
この日も楽しい飲み会でした。

自分だけ少し早めに別れて帰宅したのは良いですが、結構飲んでします。
酔うと眠くなるのに、前の席が空いたので座ってしまった。
降りる駅を通り越して、余分な時間を無駄にして家に帰り着いたのは日にちが変わる少し前でした。

コメント

#050 -’17. 猫の日(2月22日にゃんにゃんにゃん) & Mykonos Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月22日 15時27分36秒 | ねこ
2月22日の猫の日に踊らされて、踊る我が家ですが。

そんな猫の日なのに、ナナちゃんが何処か不機嫌です。
顔を隠すし、どこか緊張している。
虫の居所が悪いのかご機嫌ななめなんです。
かつお節をあげると喜んで食べるのに、今日は軽く猫パンチされました。
人でも機嫌が良い時も機嫌が悪い時もありますから、何ともですが。
それでも、親ばかですが、可愛い写真が撮れました。



家内が自転車で買いに行ってきました。
猫の日限定販売らしいです。





猫の日とは特段関係がないかもしれませんが、猫が沢山居たような感じが残っていたのでこちらのミコノス島をアップです。
超有名なペリカン君・譲とは会いませんでした。
私のミコノス島での記事は書いていませんでした。
クルーズの9日目の記事としてだけ載っていました。
猫も写って居ましたものはこちらです。
Mykonos Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

#049 -’17. 今日のナナちゃん(2月21日)の日記& Copenhagen Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月21日 20時50分11秒 | ねこ
今日のナナちゃんのリハビリ日記です。
本日も今までにない冒険をしました。
床の間脇の押入れが少し開いていました。
二段になっている上の所によじ登って入っていきました。
部屋の中でも少しずつこちらの視線を気にしつつ冒険開始です。

毛づくろいしているナナちゃんです。
少しずつ信頼を勝ち取りつつあるようだ。
只、猫ベットを段ボールで覆っていないと安心しないのが問題です。
時間を掛けて段ボールを撤去する作戦進行中です。



今日は涙目の拭こうとして拒否されたようです。


ナナちゃんが結構落ち着いている状態です。

ここまでは家内のガラホで家内が撮影したものです。



お山で猫タワーを作る部材の確認です。
フロアースタンドを造る積りで頂いた床柱的な木材です。
ここからの二枚はニコンです。
こちらはスピードライトを焚かないで撮影です。
実際の色調と大きく異なります。


こちらはスピードライトを焚いての撮影です。
ただ、どちらもオートです。


因みに、木材の長さは1メートル強と1メートル弱です。
コンパネ(90cmX180cm)も複数枚有りましたし、180cmの2X4の木材も数本有りましたから腕と時間が有れば作れそうですが、作る気力が有るかが大きな問題です。
猫タワーもですが、キャット・ウオークを出来たならばと思っています。
気持ちだけはありますが、どうなる事やら。


チボリ公園などコペンハーゲンの記事はこちらです。
コペンハーゲンの王宮の衛兵交代やニューハウンはこちらです。
Copenhagen Vacation Travel Guide | Expedia
コメント (4)

#048 -’17. 温度計での最低気温と最高気温の計測

2017年02月21日 11時51分20秒 | お山の日記
別荘を建てて以来ですから既に十数年使用しているデジタル温度計&今回ネットで買い求めた水銀式の最高&最低温度計を試してみた。
デジタルは温風ヒーターなどに使用されている温度センサーが外気温用として長いコードの先についている。
室内は本体にセンサーの受温部が組み込まれている。
現在温度の室内&室外温度をリアルタイムで表示する。
リセット以降の室内と室外の最高&最低気温が記憶される優れものだ。
乾電池で稼働するために、数字を示す液晶部分が低温では少し見難くなる成るきらいがある。
それでも、正常に動けば最高である。

室内の部屋から外部に配線を出す所がなくなり、玄関ドアの狭い空間を這わす事にした。
仮置きなので外気温センサーには直接太陽光が当たる可能性がある。
取り敢えず様子見です。
後日、正しい場所に恒久的に設置する予定です。




こちらは至ってアナログな昔ながらの寒暖計です。
赤く着色されてアルコールではなく、青い液体を押し上げる為に質量の重い水銀を使用しているようです。
でも、原理は簡単ですがこの方式を考えた方の頭脳に脱帽です。
右が現時点での温度です。
ですが、左も現時点での温度です。
気温が上がれば右に水銀が移動して、温度が下がれば左に移動します。
押し上げたブルーの液体の下部がリセット後の最低最高温度を表示します。


土曜に夜から外に出して置き、日曜日の早朝に雪が降ったみたいです。
最低気温は11℃でした。


室内に持ち込もと、どんどん温度は上昇してしまいます。


温度計のケースの裏に印刷されていた取説です。
コメント

#047 -’17. 今日のナナちゃんです。(2月20日) & サントリーニ島 Oia Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月20日 16時43分09秒 | ねこ
今は直ぐにでも雨が落ちて来そうな空模様です。
午前中は晴れていたので、日光浴です。
気分は良い筈なのに、どうしても視線が気になるようで落ち着きません。
家内が機嫌を取ってのガラホにて撮影です。
今日も家内は猫パンチを食らいました。
その根性には感心すると言うか、学習能力が無いのか、痛みを感じる神経がないのか、それとも猫に対する愛情が私とはレベルが違うのか気になる所です。

写真をガラホで撮る事前サービスは怠らない家内です。
シッカリとブラッシングして落ち着かせてからの撮影です。


ナナちゃん曰く「視界を遮る段ボールの覆いを掛けてほしいな---!」



ギリシャのサントリーニ島です。
記憶違いでなければ、早朝にサントリーニ島に近づいて来た時、島の上は雪景色かと勘違いするほどの白さでした。
ナレーターはギリシャ訛りでしょうか。
Oia Vacation Travel Guide | Expedia


サントリーニ島の観光地はエクスカーションでお邪魔したのにスレッドがありません。
有ったのは、サントリーニ島観光で船に戻る途中で立ち寄ったSANTO WINESのスレッドだけでした。
そちらのスレッドはこちらです。
コメント

#046 -’17. 魂の裁判(額装)

2017年02月20日 11時41分20秒 | お山の日記
エジプトで買った魂の裁判を以前にはざいやさんで買い求めてアクリル板で額装した。
しかし、パピルス紙に描かれている魂の裁判。
パピルス紙と背景の裏の紙と色調と色彩が近くどこかしっくりしなかった。
ユザワヤさんで買った紙での額装し直しです。

個人的には決まった感じで満足です。
アクリル板なので作成中に静電気を帯びてしまい、ゴミが沢山付いてしまった事と黒い紙を切る丁度良い鋏が無かったので、後日正確に裁断せねばならない。

こちらは総てニコンにて撮影です。
ピクチャーレールから外して作業開始です。



パピルス紙と裏紙はどちらもベージュ系です。



個人的には満足できる額装です。



パピルス紙自体が工業的に端が綺麗に裁断されている訳ではないからこの程度で妥協せねばならないかも。


額装の裏紙を貼り直して、今回のお山での大きな目的の一つを完了です。
コメント

#045 -’17. 2月19日日曜日のお山の日記 (目か覚めて&恐る恐る温度計確認)

2017年02月19日 04時10分08秒 | お山の日記
【目が覚めて】

喉が渇き目が覚めた。
今では薪ストーブに目一杯詰め込んで、空気を絞る焚きかたはしていない。
なので、3時間程度すると薪ストーブは消えてしまう。
再度、火を点けなければならない。
今回、ジョイフル本田で買った着火剤が優れもので一発で燃え上がり火が点いた。
ランニングコストと良い、火つき、火力と良い。
当たりであった。
太い薪ではなく、柴に点けたとはいえ火力、燃え上がりが強力だ。






次の画像は昨日の日没後に窓越しに撮影したものです。




総てスマホで撮影。


【恐る恐る温度計確認】

昨日修理した温度計。
完全に修理が済んだか恐る恐る確認。
うまく機能しているみたいだ。
玄関に取り付けたデジタル温度計は南向。
こちらは午前7時の温度



こちらはデジタル温度計の今日の最低気温。



こちらは買ったばっかりで今回初使用の寒暖計。
リセットするまでの最低最高気温が記録できる。
ネットで家内が買ってくれた優れものデス。



このスレッドの入力は全て音声入力です。
購入してから一度も使用していなかった。
かしこさに感動です。

(上のブルーの文字の所は音声入力にてスマホでアップです。画像もスマホにて撮影です。)
コメント

#044 -’17. 2月18日土曜日のお山の日記(その二)我が家から&冬の八ヶ岳

2017年02月18日 18時36分31秒 | お山の日記
【我が家から】
到着時の外気温はマイナス2度で大平ではプラス2度でしたから、温度差は4度でした。
峰に雪を戴く風景も格別です。

デジタル式の室内温度と外気温度を計測出来る優れものです。
尚且つ、室温と外気温の最高と最低温度を記憶出来るます。
外気温を計るコードが窓の外の外気に触れる所に出さねばならない。
改築して二重サッシにしたとき断線してしまった。
長いことほっておいたが、簡易的に修理した。

撮影時の外気温と室内(玄関)の温度を表示中。
ドアの外の南側にあるので少し外気温は高く表示されえているかもしれない。

スマホで撮影です。


以前で有れば、ウッドデッキの積雪を下に落としたけで、何もしないで溶けるのを待つつもりです。
40~50センチ程度の積雪です。
新雪時ならいとも簡単に除雪できるけど、一旦固まるとこれば難行苦行の作業になります。

スマホで撮影です。


窓の外を一枚。

スマホで撮影です。


白樺が藪になっているので少し切倒さねばならない。

スマホで撮影です。


ウッド・デッキから蓼科山を一枚。

スマホで撮影です。


【冬の八ヶ岳】

富士見の生協に買い物に行った途中でのこの時期の絶景です。
スマホで撮影していますが、追ってニコンの画像に変えるかも。

原村と富士見からのこの時期にしか観ることの出来ない絶景です。
















池さん、白犬さん、コメントありがとうございます。東京に帰ってからご返事させていただきます。


コメント (2)

#043 -’17. 2月18日土曜日のお山の日記(その一)双葉SAで&除雪

2017年02月18日 18時35分50秒 | お山の日記
【双葉SAで】
週末を原村で過ごす為、朝一番に出発。
8時過双葉サービスエリアで朝食を頂いた。
レストランコブシでは、バイキンクだったのでフードコートで炒飯を頂いた。

撮影はスマホにて。


レストランコブシの前には大河ドラマの名残。

画像もスレッドもスマホから送信です。


【除雪】

何時もの事ながら鉢巻道路を走行してきて原村に入ると途端に路上に残雪が圧雪されて残っている。
富士見と原村では同じ鉢巻道路でも温度差が2~4℃程度ある為なのかも。
原村で雪が舞っていても富士見では雪が舞っていない事が多い。
それとも、除雪対処の違いなのかに気成る。

9時少し前に到着して雪かきです。
最初に道路から玄関までの細い一本道を作らねばならない。
道路は所に依って前日の雪融けした水が凍結してブラックアイス状態。
歩くのもままならない状況でした。
道路は管理事務所が除雪してくれるが、その為敷地内に入る所が壁になってしまう。
これを除雪するのが結構大変なのだ。
家内の手伝いもあって一時間で完了した。


撮影はスマホにて
コメント (2)

#042 -’17. 本日、初のナナちゃんの爪切り(2月17日)& Amsterdam Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月17日 17時13分01秒 | ねこ
時々、部屋の中を歩くようになってきたナナちゃん。
と、言っても視線が合うと直ぐにケージに逃げ帰ってしまう。
大好きな猫ベットを部屋の中に置いて視線を遮ればその中で大人しくしている。
その状態でブラッシングや撫でる事が出来るようになって来たし、餌も食べてくれる。
それでも、ちょっとした音などでケージに逃げ帰ってしまう。

家内は数日前から肉球を触っていたのでこれ幸いに爪を切る事にトライした。
抱ければ、ナナちゃんの視界から爪切りを隠すことが出来るが抱くことがまだできない。
騙し騙し一回目のナナちゃんの爪切りにトライして上手くいった。
でも、ナナちゃんの前に家内の額がある格好だ。
強くはないが、ご挨拶程度に猫パンチが飛んで来た。
額に刀傷の如くの負傷です。
懲りずにその後も騙し騙し、猫の爪切りを殆ど終えてしまった。
その後は勿論猫パンチは食らっていませんが、時間をかけて様子を見ながら忍の一字の家内でした。

以前飼っていた三匹の猫は総て人間とは共用していませんが、人間用の爪切りできっていました。
今回は、家内が買ってきた猫用の爪切りです。


最初は、お気に入りの猫ベットでのグルーミングです。
次は、素手にてナナちゃんの体を色々さすり緊張をほぐして行く作戦です。


肉中を触り、爪を押し出しても避けるでもなく、なすがままにさせてくれているのを確認して、一回目を敢行です。
その後すぐに反射的に猫パンチを食らったようです。
その後は慎重にも慎重にしたようですが、逃げ帰る事も無かったようですから上手くいったのかも。
20本総てではありませんが、殆ど切り終えました。

以前から夜中になるとケージの中でガリガリと爪研ぎしていました。
本当にすごい音を立てて爪とぎしています。
今日は少し良いかも。
爪切り後のナナちゃんです。

撮影は総てスマホです。


自分が撮影したアムステルダムの画像はこちらです。。
先に素敵なエクスペディアの動画をご覧ください。
Amsterdam Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

#041 -’17. 私はゼウス

2017年02月17日 16時47分22秒 | 日常の出来事(日記)
私は全知全能の神、ゼウスである。
と、大上段に構えると何事かと思うかもしれません。

我が家の熱帯魚達にとっては、小さな水槽の世界の運命を司るゼウスなんです。
小さな水槽の中で生存している熱帯魚たちにとっては自分の行動により総てが握られている。
なのに、この所水槽の清掃を怠っていた。
如何に魚たちが努力しようが生存環境を改善する事は出来ない。
総てこの自分の腕にその生命の存続はかかっている。

と、言う固い事はさておいてと。
今日は東京でも20℃を超えて春一番が吹いたポカポカ陽気です。
水槽のガラスに付いた苔を落とし(四面ある内の前面だけですが。)、水を半分弱交換してフィルターの清掃を行った。
この程度でも小一時間掛かってしまった。
以前から家内に言われている水草を買い求めてこなければと思っている。
命ある生き物。
それを眺めるだけで心を癒してくれる。

その為、心を込めて維持管理をせねばと反省している。
特段、熱帯魚が死んだとかではないが、見た目も芳しくなかった。

少しは綺麗になって、カージナルテトラ&グッピグ達が元気に泳いでくれれば幸いだ。

スマホにて撮影です。



スマホにて撮影です。
コメント

#040 -’17. フィレンツェ(その二)

2017年02月16日 16時52分21秒 | 海外旅行(ヨーロッパ・イタリア)
フィレンツェ(その一)の続きです。
アップが遅れえているので画像のみ取り急ぎ。

01


02


03


04


05


06


07


08


09


10


11


12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


29
コメント

カウンター