旅行好き!

家族旅行よりママ友旅行が増えてきました。

いよいよ明日から!

2006年08月16日 | 2006年夏休み マタキン島&コタキナバル 

明日出発です。                                                      

 

久しぶりのビーチリゾート、アジアの海、なのでワクワクしています。

 

シパダントリップは、着いてから考えればいいやと思っていたんだけど                        

一応リゾートに問い合わせてみたところ、やはり早めの予約が望ましい                             

とのことだったので、メールでやり取りして予約しておきました。

 

今のところは、家族四人でボート1台チャーターしています。                            

希望者が多ければ他の方とのシェアになるかもしれないけど…

 

私も夫も、ダイビングほんとに好きなのか??                                     

と思うほどダイビング前はなんだか憂鬱。                                          

それをシパダンで3タンクなんて無理って感じ。                                      

家族だけで行ければ、                                                     

 「2タンクでいいです。子供とシュノーケリングします。 もう帰りたいです。」

などなどわがままも聞いてもらえるだろうし。

 

家にあるダイビング雑誌などじっくり見直してみたら、                                   

シパダンはもちろんマタキンの海もかなりすごそう!!                                

シュノーケリングでも亀に会えるかもしれないし、子供も喜びそうだなあ。

楽しみ~~~♪

コメント

伊豆キャンプ

2006年08月13日 | キャンプ

今日のお泊り場所は「オートキャンピング村アドベンチャーファミリー」

他の2家族はすでに到着していた。                                            

といっても、彼らは「テントはいや」というタイプなので                                   

私たち家族だけがキャンプ場。2家族はペンションにお泊り。

 

ここのキャンプ場は「グランポルテ」っていうペンションが                               

経営しているのでいろいろと融通が利いていい。

 

例えば、今回は、ペンション組は「素泊まり」で、                                     

キャンプ場でバーベキューして夜は温泉に浸かって                                  

布団でゆっくり眠ることができるのよ。

 

ペンション組は、海から帰ってきて、                                            

そのままペンションのお風呂に入ってから                                       

キャンプ場で合流することに。

 

 

その間に、私たちはテントやタープの設営。

え?私たちはお風呂は?                                                   

アウトドアなんだし、まあ一日くらい入らなくても死なないし                             

いいじゃないってことで…                                                  

それに、伊豆の海ってきれいだからなのか全然ベタベタしないし。

 

 

私たちもキャンプも今年で3年目なので、                                           

手馴れてきててきぱきと作業できるようになったし、                                   

子供たちもかなり手伝ってくれるようになったから、                                   

一時間かからず設営完了。

 

 

みなさんそろったところで、いよいよ虫捕り開始!!                                

ここは虫捕り天国です。木けるとクワガタが降ってくるって感じ。                         

お父さんたちも少年のように虫捕りに夢中です。

 

 

その間に、私とKさんとでバーベキューのお買い物。                                    

河津の街に「スーパーアオキ」があります。車で20分くらいかな。                           

5時くらいにお買い物から戻ってくると、3家族でクワガタ50匹くらいはゲットしていました。(ほとんどがミヤマクワガタ!)

 

 

Img_0007_1

で、お楽しみのバーベキュー大会の始まり~!!

アオキはなかなか品揃えもよく、焼き鳥セットなんかもあるし、特に絶品だったのがホタテ!!

肉厚でジューシーであんなに大きいホタテは見たことないかも~

あと、ガーリックブレッドも大好評でした。

 

 

 

バーベキューが一段落すると、子供たちのお楽しみ「スイカ割り」!!

みんな初めてだから大興奮!!                                               

木の枝だからなのか、子供の力が足りないのかなかなか割れない。                       

最後はお父さんの一振りで!!!

 

 

暗くなったらもちろん花火!!

お友達とキャンプ場でこんなに一杯遊べるなんて子供たちも大喜びです。

9時くらいにみんなペンションに帰っていきました。

私たちもそのままテントで倒れこむように眠ってしまった。

でも、夜中にふと目が覚めて外に出てみたら、星がきれいでびっくりした。

 

 

翌日は、5時からムシ探しの声で目が覚め、夫とティガーも虫捕り開始。                       

その日はのっぴきならない用事があったので、                                        

早めに帰るつもりだったので、その勢いで6時から撤収開始して                             

7時にはキャンプ場を後にしました。

来年もまた来るよ~

 

 

余談だけど、このキャンプ場、80くらいサイトがあるんだけど                                            

夏休みの土曜日だというのにいつも5組くらいしかいないの。                                  

静かで広くて虫も採れるし最高の場所なんだけどね。

 

 

ちなみにペンション組は9時くらいに出発して                                     

沼津で寿司食べて帰ってきたようです。

沼津の漁港は「寿司テーマパーク」状態で、                                      

おいしいお寿司屋さんがたくさんあるの。                                          

家はいつも「双葉寿司」                                                    

もちろんペンション組も双葉寿司に行ってくれて大満足だったみたい♪

 

 

この「伊豆の海&キャンプ&虫捕り&沼津の寿司ツアー」                              

夏の最高の楽しみです。

 

 

Img_0008_2 今年の「キング」

体長7cmのミヤマクワガタです。

 

 

コメント

ビーチ & キャンプ in 伊豆

2006年08月10日 | キャンプ

夏と言えば、海水浴!キャンプ!!虫捕り!!!

そーんな子供が大好きな夏のイベントを一度に体験できるのが伊豆。

毎年行くんだけど、今年は友達ファミリーも一緒に3家族での伊豆キャンプ。

 

と言っても、伊豆までの道のりは長く辛い。                                            

というのもちょっと出遅れると東名は渋滞、                                        

 伊豆半島は長ーい駐車場の様相を呈するから。

 

早起きが得意な我が家は朝4時に出発。                                         

他のみなさんは起きれた時間に出て、お好きなビーチで遊んで、                        

午後3時にキャンプ場に集合ということになった。

 

今回我が家が目指したのは、伊豆半島の一番先端にある中木から渡し船で行く「ヒリゾ浜」

ネットで見てあまりの美しさに行ってみたくなった。

 

が、遠かった。下田からさらに一時間近くかかったよ。

 

駐車場が800円。そこから渡し船が大人が1000円、子供が500円。                         

8時半から船が動くので、それまでに荷物を準備したり、トイレに行ったり。                    

(浜にはトイレはありません。どうしてもの場合は船に乗せて中木まで戻ってこれるよ。)

 

Img_0003_3 ヒリゾ浜は、ビーチではありません。岩場です。            

かなりヘビーな岩場です。ビーサンじゃあ、歩けません。

フナムシも半端じゃなくいるので、苦手な方にはお勧めできません。

あまりにも岩岩すぎて、のんびり寝そべったりできません。チェアーもがたがたします。

 

 

 

 

Img_0004_3

 

そんな苦難を持ってしても、きてよかったと思える海の美しさです。景色はまるで「プチ・パラオ」

さあ、張り切って、シュノーケリングに出発!!

ところがっ、水が冷たい!半端じゃなく冷たい!! 

                                       

ひざから先、入水不可能なくらい冷たいの。

                                        

頑張って入ってみるが、あまりにも冷たくて                                      

シュノーケリングどころじゃない。

                                             

浅瀬でちょっと見回してみたけど、魚はあんまりいないし 

(フグがいた)岩で体擦るし、ギブアップ!!

 

 

 

 

岩場のガタガタする椅子に座りながら、ウーム…と少々思い悩む。                         

ここまで来なくても「爪木崎」でもよかったのか?                                     

(ちなみに、他の2家族は、爪木崎と今井浜に行ったらしい)

 

と、寒さのためか気持ちが萎えていたところへ、子供たちが、                           

洞窟探検に行ってみようというので、しぶしぶついてゆくと、                              

洞窟は入り組んでいて、なかなかおもしろい。

そこでマリリンが「ウツボだ!!!」Img_0005_1

洞窟の水路にウツボが二匹行ったり来たり。

私と夫の交代で頑張って何とか撮れた写真が                             これ→

 

 

 

 

この辺りから気分も盛り上がってきた。近くにいた人が、沖まで行くと魚がいるというので、頑張っていって見た。

 

 

 

Img_0006_2 沖には巡視艇がいて、その手前くらいからドロップオフになっているから、

その辺までいくと突然カラフルなお魚とか、石鯛とかいるの。

さっきまでのブルーな気分はどこへやら、水は相変わらず冷たいけど、

慣れたのかちょっとは温度が上がったのか、楽しいシュノーケリングだった。

新しいシュノーケルセットは、子供たちも使いやすかったようで満足そう。

 

 

気づいたら、もう1時。                                                           

お腹も空いてきたし、キャンプ場で3時に待ち合わせだし、                                  

渡し船に乗って、中木に戻った。

 

すんごく遠くまで来たな~って思える不思議な海でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

名古屋の竜泉寺ウォーターパーク

2006年08月10日 | 名古屋

名古屋の実家に帰ったときに行ってみました。

 

駐車場はタダとなんと名古屋らしい太っ腹!!と思ったら                              

「駐車場」というより「空き地」?

 

入り口は「ウォーターパーク」っていうのがちょっと悲しいほど                              

昭和な薫りがムンムンで、しかも夏休みだと言うのにガラガラ…                           

確かに快晴ではなかったけれども大丈夫なのか???                              

と余計なお世話をしたくなるような状況。

 

 

とにかくネットでプリントアウトしたクーポンで1800円で入場。

こんなに空いているプールは生まれて初めてかもしれない!!                           

流れるプールっていうのは普通水面が見えないほど人がいて                                

流れることができないもんだと思っていたし、                                       

スライダーは順番待ちで熱中症になってしまうもんだと思っていた。

 

が、ここではそんな心配は無用!!

Img_15  こーんな二人乗りのチューブに乗るスライダーも待ち時間ゼロ!

滑り放題です!!

チューブは一人用もあるけど、子供の体重だと途中で止まってしまう。

                   

 

他にはカヌーで滑るスライダーもあり、                                            

直接おしりで滑るのもある。それは結構長いのでわが子は途中で寂しくなったらしく、泣きながら滑り降りてきた…

 

 

Img_0002_5 流れるプールは結構長くて、流れ甲斐もあるって感じ。

ね?見てよ。この素晴らしい空き具合。

こんなに空いてると楽しくって、長居しちゃうよね~

 

 

 

お昼はプールの売店で食べたけど、冷やしうどん350円とカレーうどんは400円だったかな?

超良心的なのよ。メニューに味噌カツみたいなのもあって、名古屋らしい。

 

 

Img_0001_9 夏休みの水遊びにむけて、オリンパスのμ720swを購入。

最初水につけるときはちょっと勇気いったけど、              

こーんな写真も撮れて、楽しいです♪

 

 

 

竜泉寺ウォーターパーク、夏休み期間は夜中の12時まで営業しているらしいが、夜になるとカップルがやって来るのだろうか?

いくら暑くても、夜は寒そうだけど…?

平日はともかく、週末はどっと人が押し寄せるのかしら?

来年も行きたいので、頑張れ、竜泉寺ウォーターパーク!!

コメント