旅行好き!

家族旅行よりママ友旅行が増えてきました。

母娘グアム2人旅 1 成田から出発

2016年03月30日 | 2016年3月 グアム

午前10時のデルタのフライトに向けて、朝5時半ごろ家を出発。

いつもの駐車場に車を預けて成田空港へ。

 

成田の来るのは久しぶりだわ。

直近(といっても1年以上前だけど)の台湾やその前のサムイ島は羽田だったからね。

羽田、近くて便利だけど、やっぱり成田に来ると旅行へのドキドキ感が高まるわ。

デルタ航空のめちゃくちゃわかりにくい自動チェックイン機に苦戦して

荷物を預けて、両替をしましょう。

 

デルタは第1ターミナルの北ウイング。

メインロビーのすぐ横に東京三菱の両替所がありますが、

そっちじゃなくて、タリーズコーヒーの方にいった、端っこにある両替所の方が

レートがいいです。

あと、そっちの方が、ベトナムドンとか、マイナーな貨幣の両替もしてくれます。

 

朝ごはん食べてないので、ちょっと小腹が空いたよね~

機内食までのつなぎとして、ちょっと食べようか。

セットだと多いので、好きなものをいくつかだけいただきました。

 

さあ、いよいよ出発ね。

 

でも、システムトラブルとかで、1時間ほど遅れて出発しました。

 

グアムまではたったの3時間半。

機内食は、小ぶりなお弁当。

これ、意外とおいしかったです。

 

映画は「バクマン。」を見ました。

めちゃくちゃ面白かった!!!

神木隆之介くんは大好きだけど、

佐藤健くん、あんまり好みじゃなかったの。

でも、好きになっちゃいました。

 

で、あっという間にグアム到着。

グアム名物の入国審査の長蛇の列に並び、それでも、並んでから30分ほどで通れたので

思ったよりは短時間で済みましたけど。

ここにいる、日本人のおばさん係員さん、厳しいですが、超仕事できます。すごいです。

 

ツアーじゃないので、自分でタクシーでホテルに向かいます。

空港からホテルまでは15~20分ほどで、20~25ドル。

荷物一個につき1ドルとチップなので、大体30ドルくらいと思っておけばいいかと思います。

 

空港からPICなどを横目に見ながら、デュシタニに到着です!!

 

 

 

コメント

母娘グアム旅 準備編

2016年03月28日 | 2016年3月 グアム

一昨年前、息子のティガーがサイパンでダイビングライセンスを取得しました。

そのとき、娘のマリリンも一緒に行くはずだったのですが、諸事情により行けなかったのです。

 

それで、今年はマリリンがダイビングライセンス取得。

 

夫も私もティガーもサイパンでライセンス取ったので、

マリリンもサイパンでよかったのですが(海が断然きれいだし)

今回は、私とマリリンの二人旅。

マリリンが講習の間、私一人でプラプラするのですが、サイパンだとね~~~~

することないんだよな~~~~~。

(サイパンで、夫はティガーが講習の間はウインドサーフィンにいそしんでおりました。)

 

ってことで、グアムに行くことに。

 

グアムなら、絶対に泊まりたいホテルがありました。

 

新しくできた

『デュシタニ』!!!!!

 

格安ツアーと個人手配だと、ツアーのほうがちょっと安かったので

ツアーを申し込みました。

 

しかし、その後、マリリンに大切な予定が入ってしまい、ツアーの日程は行けなくなってしまいました。

ツアー会社に他の日程で取れないか聞いたところ、もう一杯で無理だと。

でも、自分でデルタ航空やAgodaなどををたら、全然空いていて

ツアーはキャンセルして(ちょっとキャンセル料かかりましたが…)

個人手配で旅の予約を完了しました。

 

 

今回の旅の一番の目的は、もちろん、マリリンのダイビングライセンス取得ですが

もう一つは、高級ホテルでまった~~り過ごすこと。

 

ホテルのお部屋からこーんな景色が見られるんだって!

あ~、楽しみだわ~~~~~!!!

 

 

 

 

コメント

母娘グアム2人旅行ってきました~!

2016年03月19日 | 2016年3月 グアム

グアムの海!

きれい!!!

 

今回のグアムは、マリリンのダイビングライセンス取得のために行ったのですが、

もう一つの目的は、グアムに新しくできた 『デュシタニ』 に泊まること!!

 

これは、デュシタニのお部屋から見えるタモン湾でーす。

 

マリリンのライセンス講習も順調だったし、親子でスパやお買い物を楽しんだり

新しいホテルで、ゆったりとしたホテルステイを満喫できた楽しい旅でした~。

 

コメント

卒業式

2016年03月08日 | 徒然なる日々
今日は娘の卒業式でした。


今時珍しい?「仰げば尊し」や「蛍の光」もありの古式ゆかしいお式でした。



中高一貫校なので、6年間通った学校です。


中学受験して、期待と希望を胸に入学したものの、もともと人付き合いが苦手なマリリンは、なかなか友達ができなかったり、部活では熱心になればなるほど浮きまくり、
まあいろいろあって、
学校に足が向かない時期もあったり
行っても保健室だったり
体調も芳しくなく
本気で学校辞めようと思ったこともありました。


成績も惨憺たるもので、
卒業できるのか?
と心配しておりましたが、
今日無事卒業式を迎えることができ
本当に嬉しいと同時にホッとしました。


なんとか卒業できたのは、高校三年の担任の先生が温かく見守ってくれたからだと思います。

古文の先生なのですが
古文の宿題も出さず、赤点続きのマリリンでしたが、
絵を書くのか好きなマリリンに、文章やイベントのしおりの表紙を任せてくれました。

(宿題は出さないけど、しおり表紙の締め切りは必ず守る・笑)


表紙を任されるということは、
認められている、頼られている、
という自信につながるのでしょう。

先生の心の大きさには本当に感謝しています。



問題山積な6年間はありましたが、
今日、厳粛な卒業式を迎えて
笑顔で友達と話している姿を見て
この学校で良かったなと心から思いました。


「人生36年理論」ってご存知ですか?

18歳までは1年=1年という時間で過ぎるけど、19歳以降残りの人生は18年で過ぎていく、というものです。

確かに年とると、どんどん時間が加速して過ぎていく感じしますよね。


その理論でいくと、
マリリンは、人生の6分の1を
この学校で過ごしたことになります。

決して学校が大好きではなかったけど、これからの人生において、
この学校で学んだことは大きく影響してくると思います。



4月からは、自分が好きなことを学べる大学に進学するので、
そこで大きく羽ばたいてほしいと
願っています。


マリリン、卒業おめでとう。


学校からいただいた
紅白まんじゅうとお赤飯



コメント (4)