べんちたいむ

美味しいパンやお菓子を作りたいなぁ♪

フランス旅行記最終日♪

2013-05-22 23:30:10 | フランス旅行

Img_1024_1

ストラスブールからパリへ♪

↑ストラスブールで見つけた小さなパン屋さん、のぞいてみたら

大きなパンが1個1?とリーズナブル^^

パリへ向かう早朝、立ち寄り朝ごはん用に買いました。

Img_1029
ストラスブールの駅ですが、寒い国ならではの

創りなのか建物の外側に風よけのような(日本でいうサンルーム?)

創りになっていていい感じでした。

Img_1034

そして電車の中で朝食^^

クロワッサンは今まで見たこともないくらい大きい!笑

デニッシュ、ドーナツ、夕べ飲みきれなかったオレンジジュースは

冷蔵庫点検係のワタクシがちゃんと持ってきました。(旅行初日に

冷蔵庫の中にいろんなものを忘れたので、それ以降私担当になりました(^_^;)

黄色いタルトは”タルト・オ・シトロン”結構酸っぱかったです。

Img_1037

この日は乗り換えがないのでのんびり^^

ストラスブールからパリまではノンストップで2時間半。

それにしても座席車内は満席でした。やっぱりパリに行く人多いのね^^

電車からの風景はほぼこんな感じ↑。さすが酪農大国ですね~

Img_1038
そしてTGVのとまる駅からメトロに乗って3駅で下車。

外に出るといきなり日本の八重さくらのような木が^^

きれい~

Img_1099

Img_1100

今回泊まったホテルはオペラ座近くの小さなホテル。

帰りの空港行きのロワシーバスのバス停が近いということで

ここになったけど、こじんまりしていてすごくかわいいホテル。

Img_1101

お部屋も古いけど、なんかパリっぽいね~と私と次女は

喜んでいたけど、3階なのにエレベーターもなかったり、お風呂の

シャワーの調子がよくなかったりと旦那は一人ぶつぶつ言ってました(笑)

ったく男にはわかんないのねー(ー_ー)!!笑

Img_1041

荷物をおいて向かうは歩いて数分のところにある、パリのラファイエット。

デパートとは思えない作りですね~

Img_1045
お昼は↑のデパートのすぐ近くのアジアレストランへ。

Img_1046
やっぱりアジア料理はうまいなぁ~

どれもこれも超美味しかったです。

ラファイエットといえば、買い物していて気付いたことが、とっても

中国人観光客が多いこと。どこに行ってもいます(笑)

なので店員さんも中国人や中国語が話せるアジアの人が多かったみたい。

なので↑こんなレストランもおおいのかな。

Img_1055
オペラ座♪

初めてフランスに行ったとき、メトロを降りたら突然オペラ座の

前に出て、スケールの大きさに度肝を抜かれた建物。

やっぱりすごい迫力で感動します^^

Img_1060

ヴァンドーム広場♪

この広場の周りは高級宝飾店が多い~

Img_1063

次女がよく言うように、フランスの空はとっても大きい!

お天気がよくてプラプラ歩くのは楽しー(*^。^*)

Img_1064

そして目的地に到着!

「サロン・ド・テ・アンジェリーナ」♪

パリ本店だそう。

Img_1066

フランスの老舗デパート、ラファイエットなどにもカフェとして

入っているらしく、娘の住むリヨンにも最近オープンして行ってみたらしいですが、

ここはさすがパリ本店、混み合っていて少し並んでから入店。

Img_1077
そしてここに来たらこれ食べないと!

ということで「モンブラン」。

なんとモンブランはこのお店で生まれたらしいのです。

手前、普通のモンブラン、奥はチョコレートのモンブラン。

そしてショコラ・ショー。

モンブランはシンプルそのもので、洋酒の味はほとんどせず、

濃厚なマロンケーキって感じでした。カップに入っていて見えないけど

土台はメレンゲでできています。なのでカリッとしていて、少し甘いのです。

Img_1084
メニューはフランス語と英語の両方で書かれているそうです。

やっぱり日本語はないのね~(笑)

Img_1093

やっぱり都会的ですね~

Img_1094

夕方にあまいものをたっぷり食べたので、かるーい夕食を買うことに!

モノプリにてかわいい野菜たち。

あと、恒例のバター大量買いはこちらのスーパーで!

エシレバター、日本では高い関税がかかるためお値段高いけど

現地では至って普通のお値段ですからね^^

Img_1104

だんだん質素な夕食に、、、笑

本当に何にも食べる気がしなくて、サラミをつまんで寝ました^^

パリのように都会的な街は私も旦那もあんまり興味なく(田舎っぺですから、笑)

前回主要なところは一応見ているので、今回の行動範囲はかなり狭かった

です。それでも十分疲れたのは、今までが結構忙しく、あちこち移動したからかな~

翌日はお昼の便で帰国するため、朝ご飯食べてすぐにロワシーバスにて

シャルル・ド・ゴール空港に向かいました。

次女と旦那との3人旅、きっとこのメンバーでまた旅行することはないと

思いますが、いい思い出がたくさんできました。

ダンナは次女がほぼ不自由なく会話ができ、動けるようになったことで

「ようやく元が取れたな」と言っていました。(笑)

旅行中、お店の留守を預かってくれていたN先生。途中ラインで連絡すると

「私のお土産は高級腕時計でいいですー」とか「いいかげん、もう買ってくれたよね

ー、私の腕時計」とかしつこかったですが、仕方ないので、超高級腕時計を

お土産に買ってきました。その割にあまり喜んでいなかったのはなんでかな~(笑)

大変長引いた旅行記ですが、ようやくこれで終わります(笑)

どーでもいい私のプライベートにお付き合い頂きまして本当に

申し訳なく、ありがたく思っております<m(__)m>

7月からのメニューの試作なども始まっていますので、お知らせ

していきますね。

よろしくお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

ストラスブールへ(7日目)♪

2013-05-20 22:21:40 | フランス旅行

Img_0963

フランス、ストラスブールへ^^

3日間滞在したスイスからフランスへ移動です。

Img_0878

アルザス地方に属するドイツ国境にほど近いストラスブール。

スイスからは途中、「バーセル」という駅で、乗り換えもあるのでちょっと緊張(笑)

Img_0876

乗り換えはドイツ方面やフランス方面に分かれているようなので

駅構内にフランスの入り口みたいなところがありました。^^

Img_0890
ストラスブールへ到着。

やっとフランス語圏に入ったと、次女はほっとしていました^^

Img_0895

落ち着いていてこじんまりしたかわいい街です。

木組みの家並みが美しい「小さなフランス」と呼ばれているそう。

Img_0901

まずはホテルをさがし、荷物を置かないとね^^

ものすごく方向音痴だった次女が、フランスに行ってできるように

なったことの一つが「地図を読む」。こちらは小さな道にもすべて名前が付いていて

それを頼りにどこへでも行けるようになったそうです。

遠くに見えるは大聖堂のてっぺん。すごく遠いのに

すごく高い(*^。^*)

Img_0903
ここアルザスはアルザス陶器と呼ばれ、かわいい陶器の

食器やお菓子のクグロフ型なんかがたくさんありました。

うーー買いたかった、、、(・_・;)

Img_0907
ストラスブールのラファイエット。

やっぱりここも立派な建物です。日本の三越みたいな感じかな^^

Img_0923

さあ、おなかがすいたのでランチに^^

せっかくなので「アルザスらしいお料理にしよう」と選びました。

Img_0916

アルザスビールとポルト酒。

ポルト酒は少ないのにビールより高い(笑)

Img_0917

ダンナが注文した「本日のランチ~牛の舌~」

つまりタンのようです。ただ厚切りでものすごいレア、、、、

私は見ただけで無理でした(笑)

Img_0920

「タルト・フランベ」薄いピザのようなもの。

ベーコンと玉ねぎが少しのっていてチーズも薄く焼いてあります。

Img_0922

「シュークルート」塩漬けキャベツとソーセージ、豚肉などを煮た料理。

ザワークラウとがすっごくすっぱかったけど、食べてるうちに

結構慣れてきて割と食べられました(笑)

お皿がすごくかわいい^^

Img_0918

パンはね、やっぱりハード系のプティバゲットでした。

全粒粉入りかな、少し生地は茶色かったです。

そして奥に少し見えるのは「無料の水」。

ミネラルウォーターはビールとかワインくらいの値段なので

ちゃんと「無料の水をください」と言わないとね(笑)

ヨーロッパは硬水、ですが私は苦手です。

Img_0930_2
『ノートルダム大聖堂』

透かし模様の迫力は本当にすごいです。

なんかね、鳥肌でした(^_^;)赤く輝く砂岩の大聖堂は建物全体が

バラ色に輝いているように見えます。

Img_0936
本当に素晴らしい建物です。

私が今までみたヨーロッパの大聖堂の中では

一番印象に残った気がします。

Img_0940

荘厳な内部のステンドグラス。

Img_0956

大聖堂の目の前はたくさんのお店や、お土産屋さんがありました。

Img_0961
こんな感じ。

Img_0970

可愛い看板(*^。^*)

Img_0969

レストランのメニューも趣がある~♪

Img_0974

素敵~♪ (本当に語彙力、表現力が乏しく悲しい、、、、苦笑)

Img_0980

そしてこの↑水上観光船にのり、1時間ストラスブールの街並みを

船から楽しみました。

Img_0979

ここはチケット売り場。1人10?くらいだったかな。

イヤホンガイドが付いていて、日本語も対応してましたが、通訳さんの

日本語がなんともフランス語なまりで聞きづらかった(笑)

Img_1019

観光のあとはのんびり歩きながら、次女のお気に入りスーパー

Uに寄り、夕食を購入。このチキン、安くて美味しいらしいけど

よく見ると鶏の毛がいっぱいついていて、、、、私は無理でした(笑)

サラダ、ドイツビール、ワイン、オレンジジュース、カップヌードル(笑)

私は酔っぱらってすぐに寝ました(笑)

翌日はパリへ移動。朝早いのでタイマーをかけて寝坊しないようにしないとね。

旅行記もあと1日。

なかなか終わりませんね(-_-;)笑


この記事をはてなブックマークに追加

ルツェルンへ(6日目)♪

2013-05-14 22:52:14 | フランス旅行

Img_0653

ルツェルンへ(6日目)

スイスは同じホテルに3連泊、ベルン駅にほど近いホテルなので

便利でした。朝食も昨日とほぼ同じ^^

Img_0647

ベルンはスイスの首都というだけあって、駅構内も広く、

お店もたくさんあって楽しめます。

ほらね、やっぱりドイツ語です。そしてプレッツェルやさん^^

Img_0646
こちらは駅の掲示板、ドイツ語、フランス語、イタリア語に対応しているそうです。

さすが陸続きのお国、ホテルの受付のお姉さんも私たちをみると

英語で話してたけど、ドイツ語もフランス語もペラペラのようでした。

心配していた言葉ですが、意外とフランス語も通じるようで、結局

どこへ行っても次女が頑張りました(笑)

Img_0656
電車を待つホームにて超かわいいわんこに遭遇^^

もちろん近づき勝手になでなで(笑)

品の良い老夫婦が飼い主さんでしたが、同じ電車に乗り、

その間このわんこはおとなしくずーっと寝ていました。

なんかこの犬種、日本では見かけないけどめちゃくちゃかわいい~

Img_0663

そしてこちら向かい側のホームにたくさんの迷彩服を着た

イケメンスイス兵士たち、、みんなおっきい荷物を持ち、写真には

写ってないけど折りたたみの銃を背中にしょった兵士たちが

たくさんいました。かっこいい~

Img_0669

そして1時間後あっという間に目的地「ルツェルン」に到着^^

Img_0667
ルツェルンはスイス第4の都市、旧市街から車を締め出しているので

静かで気品があり、そんなたたずまいが芸術家はじめ、繰り返し

スイスを訪れている人にもファンは多いのだそうです。

Img_0679
ルツェルンのシンボルでもある『カペル橋』♪

湖から襲ってくる敵から町を守る城壁の一部だそう。

木造の橋としてはヨーロッパ最古だそうですが、1993年の火災で焼けて

しまった部分も見事に修復されているそうです。

Img_0706

橋の内側の梁には聖人の障害と町の歴史を描いた三角形の

絵画が110枚掲げられていました。

Img_0709

湖には白鳥がたくさんいます。

Img_0722

この町で目に付くのがとってもとんがった屋根が多いこと^^

Img_0732

どうしても犬が気になる^^笑

ホームでのワンコと色違いかな?

とにかくかわいくて、こんなワンコが欲しい~~^^

Img_0734

う~ん、スイスっぽい建物^^

Img_0756
『ライオン記念碑』

今回、行き先をルツェルンにした理由は、私がどうしても

このライオン君を見て見たかったからなんです。

大きな岩に身を横たえるライオンは、脇腹に槍が刺さり、息も絶え絶え。

フランス革命の際、民衆からルイ16世とマリー・アントワネットを守ろうとして命を

落とした786名の兵を悼んで造られたものだそうです。

この場所ね、突然現れるんだけど、この一角だけなんか違う雰囲気が漂っていて

うまく表現できないんですけど、とにかく静まり返った不思議な場所でした。

1時間でも黙ってその場にいたいくらいでしたが、もちろん人気スポット

、観光客も多く、誰もいなくなった一瞬に全神経を集中してその場の空気を

吸ってきました。このライオン、写真ではわかりにくいけどすごく大きいです。

Img_0764
ここは観光地なので食べ物屋さんもたくさんあります。

そして旦那がどーしても食べたい!といった

「ケバブ」をお昼に食べました。

実は、わたしも初ケバブ(^_^;)

次女曰く、フランスで食べるケバブとは味も内容も違うとのこと。

でもなかなかイケました^^ポテトについてるソースが微妙(・_・;)

Img_0771_2
動物がいると近づく習性のある私^^

白鳥さん、こっち向いて(*^。^*)

そして次女から「パリに行って、そんな地球の歩き方見えるように

ポケットに入ってる人、スリに狙われるからね」と厳しいお言葉、、、(苦笑)

はいはい、気を付けますから(^_^;)

Img_0778_2

「Bachmann」

バッハマン。(N先生はバチモンと呼んで心配していたけど、、笑)

ルツェルンでは人気のお店らしく、数店舗あるようです。

可愛い焼き菓子詰め合わせ。

Img_0779_2

リンツァートルテ、確かドイツで有名な焼き菓子だったかな~

これは日本に連れて帰りました^^

Img_0781_2

やっぱりヨーロッパは”マカロン”♪

だけどここのはクリームがしっかりしてて厚みがあるみたい!

Img_0782
こんなかわいいケーキが作ってみたい♪

Img_0783
渋めのいろのケーキが多いみたいだけど、どれも美味しそうでした^^

Img_0789
路地裏、子供たちが楽しそうに遊んでました^^

Img_0793_2

えっと、なんて絵本の絵だっけ、、、

壁に描いてあって芸術的♪

Img_0796

Img_0809_2

Img_0815_3

次女が撮ったすごいショット、お姉さんのお口から、、、、笑

Img_0820
歩き疲れたのでスタバにて^^

大きくて甘い(笑)左はリンゴ風味のデニッシュっぽい生地に

アイシングがかかってる。奥はチョコケーキ、超濃厚^^

Img_0827_2

スタバ店内からお外を撮影。

寒くてもテラス席は人気♪

それにしてもやっぱりどこに行ってもスタバは人気ですね~

Img_0835
対岸から見たスタバ、こんな古い町並みにも自然となじんじゃうのね。

Img_0840
お菓子屋さんのディスプレイ。

参考にしたいな^^

Img_0842_2

またいた~(笑)

Img_0843_2

う~ん、これはなーー(・_・;)

Img_0844
これもなーー(・_・;)笑

Img_0852

本当はここルツェルンで展望台に行こうと当初は予定を立ててました。

でも朝、インフォメーションで聞くと山頂の気温0度とのこと、、なので

一日ゆっくり市内を観光しました。落ち着いて素敵な町に来れてよかった^^

夕方5時の電車に乗り、ベルンへ帰りました。

Img_0858

そして帰りにcoopによって、夕食を買いました。

Img_0859
左の良く焼けたソーセージは駅構内のバーガー屋さんでで買ったもの、

ソースが美味しかったです。

あと白カビサラミは絶品^^日本では普通にはあまり見かけないけど

こっちのスーパーではたくさんの種類があって安くておいしい。

スタバのあまいケーキを食べたおかげで夕食は健康的なものになりました(笑)

でもこの方が調子いいみたい。

残り数日の体調管理しながらあと3日旅は続きます。(まだあるんです~笑)

Img_0809




Img_0815

Img_0793

Img_0781

Img_0779

Img_0778


この記事をはてなブックマークに追加

ベルン(5日目)♪

2013-05-11 23:18:15 | フランス旅行

Img_0454
今回の旅行、ホテルはすべて”ホテルズドットコム”でさがし、

予約しておきました。

ほとんど朝食は付いていないのですが、このホテルは

朝食つきでした。なので朝からモリモリ^^笑

Img_0449

パンはとっても大きいサイズ、自分でカットして食べられてうれしい♪

Img_0453

ホテルの窓から見える景色。

この日の朝はなんと雪^^;

写真を撮っているころはみぞれになってました(^_^;)

Img_0485

この日はベルンをゆっくりのんびり歩くことにしていましたが

あいにくのみぞれ→小雨、、、そして寒い、、、(笑)

Img_0488_2

素敵♪

Img_0491_2

Img_0502_2

ニーデック橋、雨のせいか川の水が濁ってます。

Img_0505_2

Img_0507_2

ここから見える旧市街が、町ごとごと世界遺産に登録されているそう^^

Img_0509_2

『くま園』

くまはベルンとのかかわりの深い動物だそう。なので町のシンボルは

くまで、このくま園にも数とうのくまがいるようです。

Img_0527_2

せっかくなので記念撮影。うふふ♪

Img_0546_2

こちら大聖堂。スイスでもっとも高い塔からアルプスの山並みを

遠望する予定でこの塔に上ることに!

Img_0559_2

5フランで上れるということで気軽に上り始めたら、なんと原始的な

らせん階段、しかも外が丸見えで超怖い、、、(苦笑)

息切れしながらなんとか展望台にたどり着いたけど、今度は

さらに寒く、、、(笑)。もちろんアルプスの山並みも見えず、、、、涙

Img_0566_2

怖いし、寒いし、すぐに降りてきて大聖堂の中を見学。

大聖堂と呼ばれるところはどこも似た雰囲気だけど

個々に感じる空気や、においはまた違った感じ^^

Img_0576_2

天井にもベルンのシンボル”くま”。

Img_0582
厳かな場所を見学し終え、お店屋さんめぐり^^

ウィンドウごしに見える小物^^かわいすぎる♪

Img_0584

ビール?なのに温める?いや、保護する?

全く意味が分からないけど、かわいい^^笑

Img_0589_2

お昼はマック!いつものように2人分頼んで3人で食べるスタイル^^

ポテトは日本と違って太いのと細いのが選べます。

ちなみにこちら↑は太い方、フランスもだいたい同じみたいで

次女はこのポテトがお気に入りだそう♪

Img_0591_2

そしてこれ次女の携帯必需品だそう、こちらはお手拭とか

まず出てこないので、食べる前にはこれで手を消毒するそうです。

Img_0595
途中でみかけた大型犬、長い脚が素敵すぎ^^笑

Img_0627
せっかくのスイスなので、この日の夕食は

「スイス料理店」。ガイドブックにも載っているお店なので

期待していきました。これ、↑ベルンビールだそう。

とっても美味しいです。

Img_0630
お店の名前は「ル・モツット」。

このおじさんはたぶんラクレット職人。ラクレットは丸チーズを半円に切り、

切り口を温めて溶け出したところをゆでたジャガイモなどにつけて食べる。

フランス人のお友達もラクレット用の卓上ヒーターをもっていて、ラクレットパーティーを

するほどポピュラーなものだそうです。

Img_0633_2

これがラクレット、チーズはさっぱりして美味しいけど

急いで食べないとチーズが固まってきます(^_^;

こしょうや、少し辛いパウダーを好みでかけて食べるみたい。

Img_0637_2

「レシュティ」、ベルン地方の料理、焼きソーセージですが、ソースは

デミグラスっぽい感じかな~。とは短冊状に切ったジャガイモを

フライパンでこんがり焼いたものがいっぱいのってました。

Img_0638_2

「チーズフォンデュ」、最近は日本でも食べますよね~

ただ、チーズが数種類入っている上、白ワインの酸味が強く

ワタクシ、3口でギブアップ、、(またか、、笑)

このレストランに入ったとたん、お店のお客さんから大注目(^_^;)。

たぶん日本人が珍しかったのか、両隣のお客さんが、私たちに料理が

届くと、食べ方を教えてくれるのです。そしてお隣のベルギー人、

フランス語で会話していたので次女がフランス語で話しかけたら

「フランス語が話せるんだね!」と大喜び、そこから10分以上、

次女とそのご夫婦の楽しげな会話が続きました。

その間、私と旦那はポカーンと、、、、笑。気を使って英語で私に話しかけて

くれるシーンもあったようですが、私それでもまったくわからず、、、笑

Img_0639
↑レストランの外観です。さすがに寒いので

テラス席は用意されていませんでした。

帰りに撮ったけど、まだ明るいです。ちなみに夜の8時ごろです^^

翌日はベルンから電車で1時間、スイスのルツェルンに向かいます。

☆今回の旅、直前にキャノンのミラーレス一眼を購入したため、

楽しすぎて写真を撮りまくりました。なので写真も多く、ブログも

長くなっています(笑)

また次回もながーい予定^^もうしばらくお付き合いくださいませ。


この記事をはてなブックマークに追加

お総菜パン&スイスへ(4日目)♪

2013-05-06 21:59:29 | フランス旅行

Img_8983
『お総菜パン』♪

旅行記の途中ですが、ようやく調子が戻ってきて、

パンを焼き始めました^^;

Img_8987_2
ゴールデンウィークは長女が数日帰ってきていました。

いつもながらドタバタで^^;

リクエストはやっぱりお総菜系パンのようです♪

つぶさないようにもって帰ってね^^

    ****

Img_0357
4日目の朝食♪

前の晩、近くのフランス大手スーパー”モノプリ”にて

朝食用にフルーツやヨーグルト、牛乳などを買っておいたので

ホテルで食べました。

昨日パン屋さんで買った、ビスキュイ・ド・サヴォワはここサヴォワ地方で

生まれたそうです。軽い感じでちょい甘、ちょっとパサつき気味でしたが

美味しかったです。平らなパンはブリオッシュ生地の教室でもメニューになっている

パンです。これが一番おいしかった~

Img_0358
この日、スイスまで移動します。

ここはバスの乗車券売り場、大きな荷物を持っている人が

多く、みんな遠くまで行くのでしょうかねぇ~

Img_0360
このバスに乗り込んでスイスはジュネーブまで向かいます。

所要時間1時間半くらいだったかな^^

あいにくの雨模様((+_+))

Img_0370

ジュネーブは国連本部や赤十字本部をはじめとする国際機関が

集結しているコスモポリタン都市。

ここまでの田園風景とはだいぶ趣が違います。

Img_0371
ジュネーブでも観光する予定でしたが、昨日との温度差10度以上、、

寒すぎてお昼を食べたらそのまま次の目的地まで

移動しようと、ジュネーブの駅にあるイタリアンレストランでランチ^^

これで2人分、3人で十分おなか一杯になりました^^

Img_0373
ジュネーブからベルン(スイスの首都です)までは

電車で行きます^^こちらホーム。

Img_0376

ホームにあるかわいい売店、寒いのでショコラ・ショーを買って

電車に乗りました。

Img_0377
このお姉さん、ずーっとガムを噛み噛み、、、笑

スイス国鉄は”SBB”、2階建て車両が多いようです。

Img_0382_3

チケットは乗車後、車掌さんが確認に来ます。

地球の歩き方を読みながら今後の予定を立ててます^^

Img_0388

奥に見える湖は「レマン湖」、ジュネーブ→ローザンヌ→モントルー

にわたるとても大きな湖、ローザンヌとモントルーの間に広がるラヴォー地区は

きれいなぶどう畑が広がっていて世界遺産に登録されたそうです。

まだ寒い時期なので地味な景色でしたけどね。

Img_0402
ハイジが顔を出しそうな丸い窓が屋根裏にあいている

建物が多くなってきました。おースイス(笑)

って、ハイジはスイス東部なのでかなりドイツよりの場所だそうですが、、

Img_0404
ベルンに到着。

ベルンの旧市街は街ごと世界遺産になっているそうですが、

ここ駅前はモダンなガラスばり、ホテルはここから歩いて5分くらいの場所に

取りました。

でも、ベルンは公用語が”ドイツ語圏”、いきなりホテルの場所を

聞くのに手間取り、3人して不安になりました(笑)結局、親切なおじいさんが

英語を使いながら案内してくれましたけどね。

Img_0408_2

ホテルに荷物を置き、夕方になったけど、とりあえず近くの

アーケードを散策。

ほら、やっぱりドイツだー(笑)

書いてある言葉や表示、お店までドイツです^^;

↑の棒にぶら下がっているのは、ドイツで有名な「プレッツェル」♪

最近は日本にもお店ができているようですね。

Img_0409_2

ケーキ屋さん♪

Img_0410_2

Img_0410


Img_0409

Img_0408

Img_0382_2


何だろう?笑

Img_0412
このはりねずみみたいなチョコのケーキはいたるところで

見かけました。たくさん並んでて面白い(*^。^*)

Img_0413
お花屋さん♪素敵^^

Img_0417

チョコはこんな感じのランダムな板状で量り売りしています。

美味しそうだけど買わなかったら、いま食べたくなってます(笑)

Img_0422

そしてこれが有名な「時計塔」、メインストリートの真ん中で800年近く

時を刻み続けているそうです。迫力ありました。

Img_0423
だいぶ小雨になったけど、相変わらず寒いです。

素敵なまちなみだけど、、、寒い、、、笑

Img_0426

泉には装飾を凝らした柱のてっぺんに英雄や人物の像などがあり、

そのような泉が100か所もあるそうです。

Img_0434

こちらのトラムは細長くて赤くてかわいいです。

Img_0470
スイスはこの「ミグロ」か、「coop」が大手スーパーのようです。

Img_0439
この日の夕食はここで買って帰りました。

Img_0442

パンはドイツで有名な”ツオップ”、この間に

ハムがサンドしてあります。大袋サラダ、プチトマト(超うまい)、

イチゴ(超まずい、、笑)奥に見えるは、日清のヨーロッパ仕様

カップヌードル(高い、、^^;)です。ドレッシングはバルサミコです。

あ、あと写ってないけどドイツビールも!美味しい~

Img_0445

次女がどーしても食べたいと買った”フォレ・ノ・ワール”。

黒い森と直訳する、日本でも有名なケーキです。

見た目より甘さ控えめで美味しかったです♪

という感じでベルン1日目はほんの少しの観光と軽い夕食で

早寝しました。

明日、明後日は本格的にスイス観光だけど、フランス語が通じないという

不安要因を抱えたまま、翌日に続きます(笑)


この記事をはてなブックマークに追加