べんちたいむ

美味しいパンやお菓子を作りたいなぁ♪

ホシノでカンパーニュー&美味しいかき氷♪

2011-08-25 21:54:52 | 天然酵母

Img_3807

『ベーコンとチーズのカンパーニュ』♪ ~ホシノフランスパン種~

だいぶ涼しくなってきましたね^^

涼しくなるとパンの発酵には時間がかかりますが、やる気はおきます。笑

いつも少々具材が少なめだったので、今回はチーズも大量に入れました^^;

そしたらね、、、メッチャ溶け出してる(-_-;)

Img_3811

でちゃったから、あんまり無い、、、、、笑

ホシノのカンパは生徒さんへご試食でお出ししても大好評、ホシノクラスも

できたらやりたい気もしますが、このズボラな私にそんなことができるかどうか、、、、

いろいろと考えている今日この頃です(~_~;)

   ***

Photo

天然氷で有名なカキ氷やさんに行ってきました。

我が家から車で1時間半くらいの”秩父は長瀞”、お盆が終わる頃だったので

ものすごーく混んでいて、ネットなどで調べ、覚悟はしていましたが、並んで待つこと

2時間30分(ーー;)、普通だったら絶対並ばないはずだけど、今回は暇でしょうがない

息子との約束、これまた暇そうな次女も連れ、準備の悪い私にしては珍しく暑さ対策グッズ

を持参、日傘、扇子、首からタオル、あとは小型扇風機でもあれば完璧だった^^;笑

なにしろ待つ場所が炎天下の超コミコミ、、、もうちょっと何とかして欲しいなって思いました

けどね、、(~_~;)

Photo_2

↑こちら店内、テイクアウトもあるけどせっかくなので今回はお店の中で食べる列に

並びました。(テイクアウトのほうが1時間くらいは早く食べられたと思うけど、、)

並んでいる間の人ごみとは全く無縁な店内、、、古民家のよさをそのまま生かして

素敵な佇まい、、そんな中でいよいよ登場したのが↓

Photo_3

手前「乙女のいちご味」→ワタクシのオトメ、、。右「大人のアールグレイ」→オトナ?な次

女?、奥「秘伝みつ」→一番高い料金のみつを選んだ息子、、となっています。笑

値段もそれぞれ違いますが、これね、どれも本当にめちゃめちゃ絶品でございました。

口にいれても頭にツーンとこないカキ氷、といわれていましたが、本当です!

雪がたくさん降ったとき、なんだか美味しそうで口に含んだときの雪のようなカキ氷、、

これは本当に待った甲斐がありました。

また並ぶ?って聞かれたら考えちゃいますけどね、、、(苦笑)

そうそう、このお店、最近人気で話題になっているだけかと思いましたが、先日

生徒さんと話してて、一昨年のやっぱりお盆ごろ、2時間待ちで召し上がったそうです、、

これからもあの大行列は続きそうですね、、、^^


この記事をはてなブックマークに追加

9・10月お菓子単発メニューのお知らせ♪

2011-08-19 23:54:35 | お菓子

Img_1904

Img_3763

9月お菓子単発メニューのお知らせです^^

『キャラメルチーズケーキ㊨&チョコとナッツのクッキー』♪

キャラメルチーズケーキはクリームチーズにキャラメルクリーム(これも作ります)などを混ぜ

15cmのスクエア型で焼きます。しっとり濃厚な味わいのチーズケーキです。

Img_3786

チョコとナッツのクッキーはサクサクホロホロクッキー、

チョコとナッツが香ばしくアクセントになっています。

¥3900 (キャラメルチーズケーキ15cmスクエア型1台分・クッキー約25枚)

Img_3749

Img_3753

『ごまプリン&ごまのフロランタン』♪

ごまプリンは濃厚な練りごまを使い、牛乳、生クリームなどと混ぜ合わせゼラチンで固めます

。シロップの代わりに使うのは??お楽しみに♪

ごまのフロランタンは土台にシュクレ生地を焼き、トッピングに白・黒両方のごまを

乗せて焼き上げます。秋らしい?一品、ぜひお試し下さい^^

¥3800 (ごまプリン6個・フロランタン約12枚)

☆9月からのお菓子単発メニューについて

9月よりお菓子単発メニューを1ヶ月ごとのメニューとさせていただきたいと思います。

今月は↑の2種のみのメニューを9月いっぱいレッスンします。

10月のメニューは9月後半にお知らせする予定です。

今までの2ヶ月続きのメニューではなくなりますので、ご注意くださいませ。

なお9月の週予定をお知らせいたしますのでご予約時はご協力よろしくお願いいたします。

1日(木)~3日(土) am キャラメル&クッキー pm ごまプリン&フロランタン

4日(日)~10日(土) am ごまプリン&フロランタン pm キャラメル&クッキー

11日(日)~17日(土) am キャラメル&クッキー pm ごまプリン&フロランタン

18日(日)~24日(土) am ごまプリン&フロランタン pm キャラメル&クッキー

25日(日)~30日(金) am キャラメル&クッキー pm ごまプリン&フロランタン

ご予約お待ちしております<(_ _)>


この記事をはてなブックマークに追加

9・10月パン単発メニューのお知らせ♪

2011-08-18 22:00:46 | パンお菓子教室 à pied

Img_3762

9・10月パン単発メニューのご紹介です^^

『雑穀食パン&秋茄子のねぎ味噌パン』♪

いよいよ雑穀登場です(笑)

雑穀は製パン用、下処理済を使いますので、捏ね後半で直接生地に混ぜ込みます。

麦やあわ、小豆、玄米、などの雑穀入りで栄養価満点です。

秋茄子のほうはナスを軽くソテーし、ねぎ味噌も作って頂きます。

日本人好きのパンが完成しました♪

雑穀食パン(パウンド型1台分)、秋茄子(6個)お持ち帰りです。

¥3900

Img_3766

『かぼちゃあんぱん&チーズ風味のクレッセント』♪

かぼちゃあんぱんは秋に食べたいあんぱんですね。

かぼちゃの形に見立て型に入れて焼き、種も飾ります。

かぼちゃあんはフレッシュなものから手作りしていただきます。

クレッセントは英語で三日月、フランス語で三日月は”クロワッサン”なので

形が若干似ていますね。今回はリーン目の生地でそれ風の成形をしていきます。

成形時、粉チーズ、コショーなども振りかけて焼きます。

かぼちゃあんぱん(6個)、クレッセント(6個)お持ち帰りです。

¥3900

以上9・10月のパン単発メニューとなります。

この暑さの中、秋らしいメニューを考えるのは至難の業でございました(笑)

無事決まりほっとしていますが、今日は朝から大人気”親子パン教室”↓で

てんやわんやの一日となりました^^;

Img_3604

午前中は親子5組、午後は親子4組&お菓子レッスン、、、

↑ミニサイズではありますが、5種類13個、どれも本格的に成形します!

体力、知力的に怪しくなって来た私とN先生、間違いや失敗があってはならぬと

朝から気合を入れ、N先生から”チオビタ3000”をもらって一気飲み、、笑

単純な私はその手の栄養ドリンクがよく効くので、元気モリモリになりました。

今回の企画は”パン屋さんになろう!”と言うだけあってボリューミー、作業も忙しく

気の抜けないシーンが多いのですが、どの親子も最後まで集中力を切らすことなく

熱心に頑張ってくれました。夏休みの思い出の一つになってくれたら嬉しいな~♪

そうそう、この企画、本来は親子向けですが、通常レッスンにお越しいただいている

方々からも好評で、ついに明日大人の”パン屋さん”レッスンをすることになりました^^

ダブルSさん、明日お待ちしております<(_ _)>

と言うことで大人の方のご参加もお待ちしております~(大人のみのご参加は4000円)

お菓子のほうの単発メニューもほぼ決定しました。

また次回お知らせできると思います^^


この記事をはてなブックマークに追加

イタリア旅行記 最終♪

2011-08-17 23:20:37 | イタリア旅行

Dscn2241

『ポンペイ遺跡』♪ 6日目 ~ナポリからポンペイへはバスで45キロ~

前回の紛らわしいブログの終わり方で、イタリア旅行日記が最後と思った方も多いでしょうが

、実はまだ続きが残っていました^^;笑

しつこくて申し訳ありませんがせっかくなので最後までご紹介いたします^^

古代ローマの地方都市ポンペイは、紀元前79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって

一夜にして灰の下へ埋まったことで有名です。

Dscn2264

Dscn2265

㊧粉をひく石臼、㊨パン焼き石釜、パン業界に携わる人には特に有名な石釜です。

これらが2000年も前からあったなんて本当に信じられませんね、、、

このほか野外劇場、闘技場、サウナ付きお風呂、各種商店などを見学しました。

だけどこの遺跡すごく広くて見るのが大変な上、道路の舗装がでこぼこで足元が

結構あぶなっかしくちょっと疲れました^^;

Dscn2277

ポンペイから最後の訪問地 『ローマ』までは移動距離バスで260キロ

約3時間30分です。ローマへつくなり

『ローマ風ピッサァ』♪

日本で言う”クリスピータイプ”の生地が特徴らしいです。

ただしこのピザ、直径約40cmくらい、、、勿論一人1枚です^^;

Dscn2282

Dscn2284

㊧なぜかピザのあとに出てきたサラダ、、、、、笑

㊨プリンは日本でも売ってる”プリンの素”で冷やしたようなお味でした、、、笑

Dscn2292_3

『ヴァチカン博物館』♪

ローマにて最初の見学は↑、世界有数の美の宝庫とも呼ばれる博物館、イタリア芸術の

傑作に触れ感動しました。

Dscn2303

ここ”地図のギャラリー”、16世紀後半のイタリア各地の地図が並んでいます。

このあと、ミケランジェロの魂と美意識が宿る最高傑作

『システィーナ礼拝堂』へ進みます。写真、ビデオ撮影は厳しく禁止されており、

少し話し声がしただけで係員が怒ります、、

『最後の審判』はとても有名な作品、新約聖書の黙示録に記された「この世の終末における

神の審判」を表しているそうです。

この部屋に入る前、現地ガイドさんから絵についての説明がされ、よーく頭に

入れて観に行ったつもりでしたが、実際行ってみるとそのすごさだけが際だって

細かいことはみーんな忘れました^^;

Dscn2317

Dscn2319

この日のディナーはオプションに申し込み、”カンツォーネディナー”

本場カンツォーネを聞きながらのディナーは素敵でした^^

㊧ファッファルテッレッのトマトソース、㊨ローマの郷土料理、、、えーと名前忘れました^^;

Dscn2321_2

このデザート、初めて食べる食感でしたがすごく美味しかったです^^

ベリーがたくさんのっていて甘すぎずすっぱすぎないお味^^

Dscn2333

『サン・ピエトロ大聖堂』♪ ~最終日~歴史の巨匠たちが建設を手がけた

ヴァチカン市国のシンボル、世界中の信者が参拝に訪れるカトリックの総本山、

世界で一番大きな教会だそうです。

Dscn2345

大聖堂の中は天井がものすごく高く、なんと186メートルもあるそう、、

窓から入る光が幻想的で素敵でした。

Dscn2343

天井のクーポラを見上げた写真、こちらに登ることもでき、ローマの町を見渡すことが

できるそうです。

Dscn2336

Dscn2313

ヴァチカン市国はイタリアの中にありながら世界で一番小さな国、その中に世界で一番大き

な教会があるって不思議な感じです。↑この方々ヴァチカンの衛兵、衛兵は全員がスイス国

籍、身長180cm以上、独身、イケメン?笑、が条件だそうで、なかなかかっこよかった^^

制服?はおとぎ話にでも出てきそうな感じですが、、、

動かないのかな~って思ったら普通にしゃべってました(笑)

Dscn2337_2 

教会側からみたサンピエトロ広場、只今柱の修復工事中だそうで、少し残念^^;

Dscn2361

『トレヴィの泉』♪

有名なのでさすがの私もよーく知っていました。。笑

Dscn2369

『スペイン広場』♪

ローマのシンボル、ここも賑わっていました^^

Dscn2351

おしゃれな街並み、

Dscn2352

なんとなくローマらしい^^後半の1日半でのローマ観光、ローマは特に見所がありすぎて

とてもそんな日数では見切れないとのこと、、確かにね~

有名なコロッセオやフォロ・ロマーノ、サンタンジェロ城などはバスでの観光でみるだけと

なりました。もし、もう一度イタリアに行く機会があったらローマ中心に観光したいなー

と感じています。たぶん行けないだろうけど、、(哀)

本当に長くなりましたが、これでイタリア旅行紀が終わります。

お付き合い頂き有難うございました。

☆今日はN先生と9・10月の単発メニューの試作をしました。

もう何回もやっているので後一歩のところでしたが、無事単発パン2種類

、お菓子2種類(9月)が決まりました。

また後日ご紹介させていただきます。お楽しみに~


この記事をはてなブックマークに追加

イタリア旅行続き カプリ島~青の洞窟~ソレント~アマルフィー♪

2011-08-12 23:01:56 | イタリア旅行

Dscn2155

南イタリアを代表するリゾート地 『カプリ島』♪

ナポリのモーロ・ペヴェレッロ港から高速船で45分、船酔いの心配がかなりあったので

この日の朝食は食べずに乗船しました^^;

そのかいあってか、ギリギリセーフで無事カプリ島に到着しました。

到着するやいなや、すぐに中型ボートに乗り込み洞窟へ向かいます。

Dscn2108

洞窟の前でもう一度、今度は小型ボート(4人乗り)に乗り換え、洞窟に入る順番を

待ちます。お天気によっては洞窟へ入れないこともあるそうなので、今回はラッキー☆

洞窟の入り口はかなり狭く、入るときはボートに寝そべる形で入るよう指示があります。

Dscn2114

『青の洞窟』♪

ほんとに青かったーー(^-^)

この小さな島を訪れた人々を魅了する青の洞窟は、海底の白砂に入り口から差し込む

太陽光が反射してできるブルーの世界が幻想的。

Dscn2115

まるで電気にでも照らされているような神秘的な青、光の屈折が素敵な色をつくりだして

のですね。船頭さんが”カンツォーネ”を歌ってくれました。

Dscn2139

こちら『緑の洞窟』♪

青の洞窟への入場が早くできたので、中型ボートで島の周りを1周してくれました。

(別料金です^^;笑)

緑の洞窟はすごーく小さくて写真を撮るのが大変でした^^;

Dscn2151

この方、運転手さん。

途中おもむろにクーラーバッグからバナナを取り出し、いきなり食べ始めました^^;笑

でもね、イタリア男性はサングラスがすごくよく似合うみたい!

様になって素敵な方が多いようでした☆

Dscn2153_2

カプリ島の入り口にあるフルーツやさん、フレッシュフルーツだけでなく、ドライも

売っていました。なんだか島っぽくて面白い♪

Dscn2177

”帰れソレントへ”の歌で知られる 『ソレント』♪

カプリ島から高速船で移動してきました。ものすごい坂の町でバス1台通るだけで

道もいっぱい、、海を挟んでナポリと向かい合う町だそうです。

Dscn2157

Dscn2159

この日のランチ イタリアのパンは軽く塩のきいているものが多いような気が

しますが、↑のパンは美味しかったです。右は絞りたてのオレンジジュース、ビールが

3?なのにこのオレンジは6?(~_~;)、でもすごく美味しかったです。

Dscn2161

Dscn2164

㊧『カプレーゼ』 ㊨『ズッキーニのクリームペンネ』

カプレーゼは大きめトマトがまるごと1個盛り付けてありました。モッサァレラチーズも

絶品^^ペンネは生パスタなのか筋がなくてもしっかりソースがからんでいました。

Dscn2169

Dscn2170

イタリアはどこのレストランも外にテラス席があり、そちらのほうが料金がお高いそうです。

ちゃんと布のテーブルクロスが敷いてあり、おしゃれにテーブルコーティングされていて

食文化を大切にする国らしいな~と感じました。

このお店、すごく美味しかったな~と思ったら、ソレントでは老舗のレストランだそうで、

2011.ミシュランガイドに載っているそうです。得した気分♪

その後またバスに乗りますが、ここから先、道が狭いため、小型バスに乗り換えてアマルフィ

ー海岸を目指します。

約1時間、山越え、谷越え、断崖絶壁もあり怖いくらいの道のりです^^;

Dscn2182

アラブ式の歴史的建造物がエメラルド色に輝く美しい海が見える

『ポタジーノ展望台よりながめる アマルフィー海岸』♪

写真では若干、熱海のようにも見えますが、、笑

実物の美しさはそのスケールにも驚くばかり、、、

映画「アマルフィー」の舞台にもなった街並みが思い出されました。

Dscn2191

石畳の続く道、古い町並みが印象的です。

Dscn2194

Dscn2197

アマルフィーの映画をご覧になった方は見覚えがあるのではないでしょうか?

Dscn2201

Dscn2202

アマルフィーは映画のタイトルになっていますが、実際登場するのは冒頭のシーンと

ほんの一部だそうで、実際は9割のシーンをローマで撮影したそうです。

Dscn2210

ここで私たち夫婦の大喧嘩勃発、、、笑

理由は バールにて買うものの意見が合わなかったこと、、、

私はレモンスムージーがのみたく、ダンナは甘いジェラートと食べたかった、、、

よーく考えれば2つ買えばいいだけのことだったんですけどね、、笑

結局ここでは何も買わず、バスでは遠く離れた席に座り、その後数時間口をきかずに

行動したのです。笑

Dscn2216

Dscn2219

この日の夕食 『シーフードパスタ&白身魚のクリーム煮』♪ 

アマルフィー海岸を後にし、峠越えをしながらナポリまで戻ること2時間、

このレストランはナポリの”たまご城”前にあるシーフードレストランです。

魚介入りパスタは程よい塩加減で美味しかったです。

お魚は、、、よくわからなかったけど、このレストランで日本の流しのようなギターを

持ったおじさんが歌を歌っていて、頼んでも無いのに歌ったあとチップをせがみに

きました(~_~;)笑

Dscn2221_3

デザート 『レモンスムージー、イチゴのせ』♪

どこのレストランに行ってもデザートが必ず出てくるのですが、このデザートが

一番美味しかったです。さっぱりしたレモンのスムージーに凍らせたいちごがアクセントに

なり美味しかったです。

このあとナポリの夜景観光に行きました。眠くてろくな写真がありませんが

ナポリの夜景、世界3大夜景に入るそうです。でもみんな函館のほうが綺麗だって、、、笑

長くなりましたが、この旅行最大の楽しみが無事終わりました^^

長くなりましてごめんなさい<(_ _)>笑

☆先ほど熱海の話が出ましたが、息子が昨日からお友達3人で熱海→初島に出かけて

います。急に話が決まり、私もろくに話を聞かなかったのですが、出掛けに行き先を

聞いたら「ねっかいに行く!」と。。。。。ねっかい?はて、ねっかい??さて、どこだ?

分からないまま、とりあえず気をつけてね、、と送り出しました。

教室でN先生にその話をしているとき、やっと気付きました。

ねっかい??→熱海、、、、正解→『あたみ』笑

高2の息子、かなりやばいです、、、、


この記事をはてなブックマークに追加