連れ添いバトル

なにかと夢さんを指図したがるオバサン。
何とか一泡吹かせてやろうと思えども、なかなか敵も手ごわい。




重罪人の如き扱いは度が過ぎないか?

2016-10-31 | 健康・高齢生活

小学生が犠牲になった交通事故の加害者をテレビのニュースで見た。

我々よりひと回り上の高齢男性のその姿は、気の毒でまともに正視できなかった。

額には戦前戦後の混乱期を生き抜いてきた証ともいえる、深い皺が刻まれていた。

犠牲になった子供の事を思えば、このような言い方は社会の道義に反するかもしれない。

しかし事は交通事故である。この男性が認知症であったかどうかは分からないが。

これほどアップでその表情まで、テレビの画面に映し出す必要が有ったのだろうか?

まるで重大事件の犯人でも有るかのような扱いの、テレビ局の姿勢には憤りを感じる。

高齢者の交通事故が多いのは承知している。だから尚更気をつけるようにもしている。

いま現役バリバリの人達もやがて歳を取る。それは遠い将来の事ではない。すぐそこだ。

田舎に暮らす親の姿とダブって見えた人もいるだろう。ごく当たり前の老人の姿なのだから。


高齢者の運転と重大事故に思う

2016-10-29 | 健康・高齢生活

「昨日の事故、可哀そうだわよね」新聞を広げながらオバサンが言う。

犠牲になった子供の事を思うと胸が痛む。同じような年齢の孫もいるので尚更だ。

事故を起こした人はかなりの高齢者。我が身に置き換えてみても見てもゾッとする話だ。

車に乗るのは週に1、2度有るかどうかで、全く乗らない週もある夢さん。

乗るのはごく近場だけで、長距離は勿論のこと夜間も運転しないように気をつけている。

高齢者の事故を聞く度に「もう乗らない方がいいのでは?」と思ったりするのだが。

どうしても無いと不便な時があるので手放せないでいる。

若い時から車好きで長距離ドライブもよく行ったし、運転にはかなりの自信を持っている。

そんな自信が、何かの切っ掛けで「過信に変わる」そんな事があったら怖いなと思ったりする。

なまじ自信が有ると、早合点、思い込み、勘違いなどは、誰にも十分考えられる事だ。

高速道路の逆走なども、考えてみればこれ等に当てはまるのではないだろうか。

先日もスーパーの駐車場で、出口から進入してしまい、出ようとした車に接触したのを見た。

にっちもさっちも行かなくなってオロオロ。運転していたのは高齢者で助手席には奥さんらしき人。

進入する前に手前で止まって迷っている様子だったので、二人で確認していたのだろうと思う。

もっと分かりやすい表示にしてくれたら良いのに。若い人ばかりじゃないんだからさ。


我物顔で主の座を乗っ取るメグ

2016-10-28 | トイプードル・メグ

グラウンドゴルフから戻った夢さん。「なんだ?これは」家の中がずいぶん暖かい。

そうか、今日は朝から寒かったので、オバサン気を利かせてくれたのかな?

Gゴルフを終えてきたばかりで、少し汗ばんでいる身には少々暑いくらいだ。

「メグが寒いだろうと思って点けたのよ」リビングではファンヒーターが回っている。

「炬燵のお布団も出したわよ」それはいい、いままでは毛布だけだったからね。

「電子カーペットも敷いたわよ」おやおや、オバサン今年は冬支度が随分と早い。

例年だと冬支度を急ぐのはこちらで、「そんなに寒いの?」とバカにされていたのに。

いまからこんな調子だと、今年の光熱費は随分と掛かるんじゃないのかなオバサン。

「エアコンは切れ、無駄な電気は消せ、等々」煩いくらいに言い続けてきたのにさ。

「仕方がないわよ、メグが風邪でも引いたら大変でしょ?」だと。変われば変わるものだ。

「あれっ?ところであいつは何処に居るんだ?」さっき吠えてるのが聞こえたけど?

いつもなら煩いくらいに纏わりついてくるメグの姿が見えない。

「おとうさん、ほら見てごらん」和室との仕切りを開けて、笑いながら指を差すオバサン。

なんとテレビの前の夢さんの座椅子に陣取り、ちゃっかりとくつろいでいる。

「おとうさんが居なくなると何時もこうなのよ」どうりで吠えないわけだこのチビ。

パパが居ない時はアタシがママを守ります。だからいいのです。


歯を4本も抜かれちゃった!

2016-10-26 | トイプードル・メグ

「9時までに来てください」と言われているのにオバサンもたもた。早くしてよ
「待って待って、ゴミを出してくるから」なんだよ言ってくれれば俺が出したのに。

「はいお待たせ~、メグちゃんの大好きなおじちゃん先生が待ってるよ~」
病院へ行くのに車に乗せた時から、もうブルブルと震えている犬のメグ。

外の散歩をさせていないせいか、とにかく臆病で家を一歩出たら何時も震えている。
病院に着いてもオバサンにしがみついてブルブル震えっぱなしだったそうだ。

8月の半ばに避妊手術をしたのだが、歯を抜く事まで先生気が回らなかったようで。
「言ってくれればよかったのに」と、しきりに申し訳なさそうにしていた。

これは、こちらがはっきりとお願いしなかったのが原因なので却って恐縮。
お陰で被害を被ったのはメグ。2度も続けて麻酔をかけられる羽目になった。笑

冗談じゃないよ!2回も痛い目にあわされたんだぞ。ウッカリですませないでよ。
小一時間で抜歯は完了した。麻酔が効いているのでオバサンの腕の中でグッタリ。

家に戻ったケージの中では、腹を見せ仰向けにひっくり返って眠りこけている。
ケージに毛布を掛けそっとしておいたのだが、昼過ぎにはガサゴソと動き出した。

ケージの扉を開けてやると外へ出てきたが、まだ足元がふらついている。
それも暫くの間の事で、多少ぎごちないものの、直ぐに何時ものような動きに戻った。

夕食はぺろりと平らげ何時もと変わらない。もう歯は痛くないのかな?
今朝は何時もと全く変わりない。こんな小さい体なのにその回復力には心底驚く。


ありがとありがと。もう元気です。あんなのへっちゃらさ。


ブログ記事、書き方の大切さを痛感

2016-10-24 | PC周辺・ブログ

2004年12月からブログを書き始めた夢さん。

途中前後数回に亘って合計4年間?くらいは休みながらもここまで続いてきた。

今までに書いた記事は540を超えるのだが、ここで自分自身が困った事になっている。

困っていると言っても、別にこのままでも構わないのだが、出来れば修正をしたい。

最初は単なる日記程度に軽く考えて書きだしたので、カテゴリーも何も無い。

カテゴリーの意味さえも考えずに、だた書いていただけでそれでいいのだと思っていた。

その結果保存はすべて「ウェブログ」になっている。今にして思えば何とも迂闊な話だ。

このままでは、いつ頃どこに、どんな記事を書いたのか皆目見当がつかない。

タイトルの付け方にも工夫が無いので、記事の内容がそのタイトルから判断できない。

記事中の句点(。)や読点(、)と、文字間隔や「」の使い方が正確とは言えない。

読みやすいようにと、色々工夫したつもりが返って読みづらくなっている。

自身のためにも、これらを修正して読みやすい記事にするには、大変な時間と根気が要る。

まずカテゴリーを作成して分類してみたが、いちいち記事を開かなければ内容が分からない。

これだけでも大変な作業。目が疲れるしついいい加減な仕分けになってしまう。

更にそれぞれの記事を修正するとなると膨大な作業。年寄りには辛い日々が待っている。笑

十数年前には思いもしなかった事だ。如何に最初が大事かを改めて思い知らされている。


頻尿、残尿、尿漏れ、驚きの解決技

2016-10-22 | 健康・高齢生活

10月19日夜のNHKテレビ「ガッテン!」を見た。

頻尿などは無いが、残尿感は気になっていたし、夜中に起きるのは毎晩の事。

それらは年齢を考えれば当り前の事だろうと、大して気にはしていなかったのだが。

「快尿!おしっこトラブル全部解決の5秒技」のタイトルに、これは見なければと思った。

ネットなどにも同じような情報はいくらでも有るが、実際に目で見られるのは有難い。

番組ではいきなり膀胱の仕組みから見せられ度肝を抜かれた。こんな風になっているのか。

衰えた膀胱の機能は再生できるという。それもたった5秒の簡単なトレーニングで。

運動という程の大袈裟な事ではなく、ごく簡単な動きを肛門の括約筋に与えるだけの事。

肛門をキュッと閉めて、1,2,3,4,5、と数えて開放、この動作の繰り返し。

立っていても寝ていても座っていても、何処ででも出来るし、他人にはそれと分からない。

さっそく試してみた夢さん、個人的には効果がかなり有るように感じた。

夜中に尿意を催したら仰向けになって夢うつつの中でも、キュッキュッキュッ。笑

その内にまた寝てしまうし、今まで2度起きていたのが1度で済むとかそんな具合。

トイレにばかり行くのも考えもので、多少は我慢する癖をつけるのも大事だそうだ。

とかく、早とちり(早合点)の感がある夢さんだが、これは確かに効き目が有りそう。

パソコンをしながらでも思い出したら、キュッ1、2、3、4、5、目安は1日20回とか。

そこは凝り性の夢さん、思い出す度、気がつく度、適当に何回でもやってしまう。

まだ3日目だが、日中も排尿の回数が減ったし、便通さえも良くなったように感じる。

そんなに直ぐ効く訳ない「おとうさん思い込みが激しいから」と、オバサンは笑っている。

アタシも時々やらかしますが誤解しないでね。あれは只のお漏らしです。ニヤッ


新しい蛇口はオバサン仕様?

2016-10-20 | 家のメンテナンス

新しい蛇口のレバーを何度も動かして見ながらオバサン曰く。

「これで十分なのよ」最初はシャワーに切り替わるのを付ける予定だった蛇口。

オバサンの意向で、普通の蛇口に変更したようだ。

「だってシャワーなんて必要無いわよ」今までのと同じでいいからと電話したとの事。

シャワー付きにすると、水道代が節約できるとか、そんな事はオバサンには関係ない。

「いくらも変わらないわよ」それよりも目先で出る金額が、少しでも安い方が魅力らしい。

長年の経験に基づくオバサンの意見は尤もだ。どうせ二人だけの生活だしね。

「どれどれ、あぁいいじゃないかこれ」水流の感じも柔らかく手に優しい。

「写真でも撮っておこうか、記念だからね」と、オバサンとふたりで大笑い。

水漏れはこれで解消。 


雨が降ったので塗装の成果を確認

2016-10-18 | 家のメンテナンス

「良かったわね乾いて」デッキに降る雨を眺めながらオバサンが言う。

3日間の晴天で塗装はすっかり乾いたので、もういくら雨が降っても大丈夫。

今回はオバサンも少し手伝ったので、デッキにはねる水玉を見て思う所があるようだ。

養生をする時にテープを千切って渡したり、新聞紙を片付けたりと、その程度の事だが。

それでも参加した意義は十分に感じたようで、それが嬉しいのだろう。

「おかあさんが手伝うと早いよね」と、すこし持ち上げておく。ほんと楽しかったよ。

デッキは設置してから17年。濡れ縁は新築当時の儘なので20年を超えた。

オバサンの話では、ご近所で縁側が腐ってしまったと言う話も聞くそうだ。

我家では木材のひびは仕方がないとしても、腐食は殆ど無いので皆さん驚かれる。

  

塗装の効果で水が弾かれている。来年もオバサンが手伝ってくれると嬉しい。


自己流でデッキと濡れ縁の塗装

2016-10-15 | 家のメンテナンス

天候不順が解消され、金土日の3日間は晴れるとの予報を確認した夢さん。

金曜の午後からデッキの塗装を開始した。詳細は下記の通り。

1.使用塗料:キシラデコール  色・チーク  容量・3.4L缶。(約2L使用)

2.デッキ床面積:幅1.8mX長さ5.2m。

3.ラタス面積:82cmX82cmX9枚。

 

年毎に手順の確認と段取りが上手になり、塗料のはみ出しなども少なくなった。

所要時間は段取りを含めて約5時間。ラタスの塗装に手間が掛かったので体の節々が痛い。

本当は2度塗りをすれば良いのだが、疲れてしまってパワーが続かず断念。もうこれ以上は無理。 笑

土曜日は朝から濡れ縁の塗装

1.濡れ縁面積:44cmX2.6m。

失敗してガラス戸のサッシを汚してしまうので、今年は養生を丁寧にした。

材料は昨日の続きなので手間いらず。塗装は約1時間半ほど。片付けも含めて午前中には終った。

 

上下を新聞紙で養生して塗料の飛散を防いだので、サッシを汚す事も無かった。

10年ほど前、知人に勧められて始めた塗装だが、木材の傷みが少なく長持ちを実感している。


酷暑から一転早や冬支度?

2016-10-13 | 家のメンテナンス

ついこの間まで暑さに喘いでいたのに、一気に初冬のような朝晩の冷え込み。

気温16.2度は、11月中旬並みだそうで、肌寒いのもあたりまえ。秋はいったい何処へ行った。

下着を長袖に替え、ズボン下に厚手の靴下を履き、まるで冬が来たかのようないでたち。

「おとうさん、そんなに寒いの?」寒いよ、おかあさん寒くないの?「まだそれほどでもないわ」

昨夜は腹が痛くて早々と寝てしまった夢さん。今朝になったらその腹痛もケロリと治まっていた。

あれは何だったのか・・「きっと冷えたのよ、あんなに遅くまでやってるから」

そうは言ってもね、取り掛かったら途中で止める訳にいかず、暗くなるまで庭木の剪定をしていた。

「もう無理はできないわね、歳を考えないと」そうだな、自分でもそう思うよ。  

年々意気地が無くなって行くのが分かるし、ここまで来たら、もう一年一年が勝負だと思っている。

オバサン心配しているのかと思ったらぜ~ぜん。昨夜だって見にも来なかったんじゃないか?

「あら失礼ね、見に行ったわよ、鼾掻いて寝てたわよ」どうだか、案外冷たいとこあるからな・・・

今日は出掛ける予定も無いので扇風機とヒーターの入れ替え。

 

一番古い扇風機と小さいヒーターは小生用。大切に大切に使っている。笑