連れ添いバトル

なにかと夢さんを指図したがるオバサン。
何とか一泡吹かせてやろうと思えども、なかなか敵も手ごわい。




日溜り

2012-03-29 | 庭仕事・花・木
「あらっ今日もやるの?精が出るじゃない」犬の散歩から戻ったオバサン。

庭で草むしりを始めた夢さんにビックリ。暖かくなったし伸びだした雑草も気になるからね。

花の苗は先日植えたし今日の予定は草むしり。今時の雑草は引っ張ると簡単に抜ける。 

虫がぞろぞろ這い出すという啓蟄。それに遅れる事20日夢さんにもエンジンが掛かった。

屈んだ姿勢は腰が痛くなる。時々立ち上がっては木々の芽吹きを見て回る。

狭い庭なのに少しも草むしりは捗らない。心地よい日差しの中で、ただ遊んでいるだけ。

おやつは草餅と温めた牛乳。「いいお天気よね~」オバサン日差しが眩しそう。

たまにはいいね

2012-03-27 | 家ごはん
「おとうさん今朝はパンよ」珍しい事もあるものだ。

夢さんの希望もあって昼はパン食が多い我が家。朝がパンというのは久し振り。

炒めた卵や野菜やハムなどを、カリッと焼いたパンに挟んだサンドイッチ。

具がたくさん入った薄味の野菜スープにコーヒー。沢庵が添えられているのがご愛嬌。

「ボケたわけじゃないわよ」昨日の炬燵の一件が有るからね。顔を見合わせ大笑い。

ボケるにはまだ早すぎる

2012-03-26 | 健康・高齢生活
「おとうさん 炬燵入れたんでしょ?」「おかしいわね・・あらっ?なによこれ!」

「入」「切」を確かめたり温度スイッチを上げ下げしていたオバサン。壁際を見て笑い出した。
 
コンセントにはカーペットのコードが挿さっている。夢さんが炬燵のコードと間違えたようだ。

「今日はほんと寒いわね」と言いながらオバサンも気がつかなかった。

炬燵の電源を入れたと思い込んでいる夢さんは「寒い寒い」と言いながらもまったく気付かず。

炬燵くらいだから笑っていられるが、時と場合によっては笑い事では済まない。危ない危ない。

「おとうさん前にもあったわよ」「えっ?ほんとに?」そりゃヤバイなボケたか?まさかな。

ねぼすけ

2012-03-22 | 家ごはん
「おとうさんまだ起きないの?」[いっけね!]オバサンの声に飛び起きる夢さん.

ベットもそのまま着換えもせずに階下に駆け降りる。「始まっちゃう始まっちゃう」

「疲れていると思って、起こさなかったのよ」昨日は花の苗の植え付けをした夢さん。

「あれくらいじゃ疲れないよ」年寄り扱いしないでくれ。うっかり二度寝しただけだい。

朝ドラを見ながらの朝食。ん?味噌汁がちょっとぬるいな・・・・

そりゃ寝坊したオマエさんが悪いよ夢さん。オバサン温め直してくれたんだからさ。

「分かってるって」でもやっぱり味噌汁は、舌が焦げるくらい熱いのがいいね。

「今日は暖かくなるそうよ」何時もより15分も早く起きたと得意げなオバサン。  

目が食べたいだけ

2012-03-17 | 家ごはん
ホットケーキが食べたくなった夢さん。お昼に作ってくれるようオバサンにお願い。

「えっ!また?この間食べたばかりでしょう」「子供みたいだわねぇ、粉が無いわよ」

「あそうだ!じゃあフレンチトーストにしてあげる」食パンが有るからと立ち上がるオバサン。

いやいやまだ早いんじゃない?朝ごはん食べたばかりだよ。いま食べたいなんて言ってないよ。

「そうじゃないのしばらく浸しておかないと美味しく出来ないのよ」はぁ?そんなもんなんだ?

カシャ カシャ カシャ カシャ台所から泡たて器の音がしだした。

あまり食欲をそそる音ではないな。いま朝食をたべたばかりでお腹はいっぱい。

テレビを見ていてつい言ってしまっただけ。言うんじゃなかったな。 

いい顔するなよ!

2012-03-14 | 6人の孫
ファンファカ ファンファカ ファンファカファーン。オバサンの携帯がなっている。

「あら~〇〇ちゃん。ん?いーえどういたしまして。どーお?気に入った?」 

電話は2孫かららしい。チョコのお返しを届けたオバサンにお礼の電話だろう。 

夢さんの事は話の中に一向に出てこない。なんだよ金を出したのは俺だろう?  

「おじいちゃんからよ」の一言くらい言ってもいいんじゃないのか?ったくもう!  

オバサンは何時も”良いとこ取り”「えっ?おじいちゃん?居るわよ代わるね」

「もしも~し・・・」電話の向こうがやけに騒がしい。受話器の取りっこでもしてるのか?

「おじいちゃ~ん」出てきたのは6孫。男で末っ子やたらと声がでかい。

「おじいちゃんさぁ・・・いまさーなにしてんの~?」へっ!???・・・・

持ちつ持たれつ

2012-03-11 | Weblog
「おとうさん換気扇のカバー取り替えてくれない?」あぁいいよ。

朝食時オバサンから頼まれた夢さん。何でも言ってくれとばかりに二つ返事。

目刺しに納豆に明太子か。日本人で良かったな夢さん。久し振りに晴れたし気分もいい。

以前は夢さんが台所の片付けや掃除なんかすると、オバサン嫌な顔をしたものだ。

最近オバサン変わったな。むしろ「あれしてくれこれしてくれ」と言うようになった。

オバサンに上手く使われてるって事なのかな?まぁそれでもいいけどね平和ならば。

ついでにこれもやっちゃおうか。調子に乗った夢さんオーブンの掃除もやりだした。 

言わなきゃよかった

2012-03-10 | 6人の孫
「ちょっとハチミツ買ってくるわね」オバサンお昼にホットケーキを焼くのだそうだ。

「いいわよ!呼ばなくても」夢さんの気持ちはとっくにお見通しのオバサン。

孫達も呼んでやったらと、勢い込んで言う夢さんの提案はかくしてあっさり却下。

土曜日で学校は休みだし雨は降ってるし、あいつら退屈してるんじゃないのかな。

「退屈なんかしてないわよ」子供は子供で忙しい「やる事がいっぱいあるのよ」

「おとうさんは暇だからそう思うの。少しは身体動かしなさい」


俺だって結構動いてるよ。たまたま雨が降ってるし仕方ないだろ。 

ボクも数に入れてね

2012-03-08 | 6人の孫
「おとうさんがお金出しなさいよ」ん?買ってきてあげるから金を出せと言うオバサン。

バレンタインのお返しだそうだ「今たくさん売ってるのよ」随分恩着せがましい言い方だ。

自分だって食べたくせにどうせたいした物は買わないんだろ?みみっちいねオバサンも。 

「3人分買うから大変なのよ」おやおやチョコ貰ったのは二人の筈なのにな。

「そうなんだけどね必ずボクのは?」って言うのよ。幼稚園の6孫も外すわけにはいかない。

夢さんがなんにもしなくても、オバサンがみんなやってくれる。よく気が回るものだ。

こういう事は男の出番じゃない。そんな売り場をウロウロしたら変に思われる。

太るわけだ

2012-03-05 | オバ友
ルルルル電話が鳴っている。
ん?オバサン居ないのかな?夢さんは手が離せない。

ドタドタドタ、オバサンが駆け出す気配。
なんだ居たのか「あらーこんにちは~」

他人と話す時独特の明るい甲高い声。
機嫌よさそう夢さんの時とはずいぶん違う。

急に声が低くなった。
何を話してるのかひそひそ声で聞こえない。何時ものペース。 

「お昼出掛けていいかしら」長電話がやっと終わったオバサン。
ドアを開けて顔を出す。「モ〇バーガーに行くんだって」
雨が降ってたってオバチャン達はものともしない。

「おとうさんお昼パンでいいかしら?」
「目玉焼きがいい?茹でたほうがいい?」

どうせ帰ってくるのは夕方だろ、静かでいいやなぁ夢さん。