goo

【ダイヤモンドオンライン】「狙われる高齢者」への投資教育を急げ!

 ダイヤモンド・オンラインの「山崎元のマルチスコープ」に「「狙われる高齢者」への投資教育を急げ!」と題する記事を書きました。

 「投資教育」というと、どうしても若い世代に関心が向かいがちです。しかし、近年、「投資教育」が真に必要なのは、実は、高齢者世代の方なのではないかと思うようになりました。
 理由として、現実に投資できるお金を持っているのが高齢者である一方で、彼らが十分な運用知識を全く持っていないことに加えて、高齢者に向けられている金融機関の営業プレッシャーに対して、高齢者があまりに非力である例が多いことが挙げられます。
 率直に言って、高齢者は金融機関から、(1)お金を持っているがゆえに狙われ、また、(2)高齢で判断力が甘くなっているがゆえに狙われています。
 しかし、いわゆる振り込め詐欺への注意喚起はよく耳にする一方で、「手数料の高い投資信託に注意しましょう」、「分配金を見るだけでなく、元本の変動リスクにも注意しましょう」といった、経済学的な被害額としては振り込め詐欺の何桁か上の金額の、無駄で余計な支出に対する警告のアナウンスを街頭で聞くことは、まずありません。

 それでは、高齢者世代への「投資教育」を考えた場合、何歳の時点で提供するのがよいのでしょうか。
 現時点で確たる答えを持っている訳ではありませんが、私は「45歳」、「59歳」、「75歳」の各時点で、高齢生活に向けた投資の知識を届けたいと考えています。
 45歳は、セカンドキャリアについて考え始めて、必要があれば、準備に掛かるべき年代であり、59歳では「退職金対策」として、投資以前の金融消費者としての常識を、「退職金が振り込まれる前に」知って欲しいと思います。
 75歳に関しては個人差がありそうですが、今後自分の判断能力やお金の管理能力が衰える可能性を視野に入れたお金の扱い方を伝えたい。
 喫緊の課題として取り組むべきは、この75歳に対してでしょう。高齢になると、セールスマンに「つけ込まれやすくなる」傾向は否めません。将来そうなる可能性も事前に考えた上で、お金の処置を考えなければならないのがこの年代の問題なのです。
 できれば私個人も機会を作って、高齢者の運用の実態を知ると共に、相手に分かる範囲でできるだけのアドバイスをする機会を持ちたいものです。もちろん、その際に金融商品のセールスは一切しません。
コメント ( 120 ) | Trackback ( 0 )

ファンドオブザイヤー2015

 「投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤー2015」(http://www.fundoftheyear.jp/2015/)に、日付的には昨日投票しました。
  金融ジャーナリストで投資信託に詳しい竹川美奈子さんから「ヤマザキさん、ファンドオブザイヤーに投票して下さい」との要請を一年を通じて再三受けており、投票しなかった場合、もう彼女に話しかけることが出来なくなりそうなので、11月30日の投票期限を前に慌てて投票しました(投票が未だの投信ブロガーさんは、忘れずに投票されて下さい)。
 私は、自分自身が「投信ブロガー」だという強い自己認識はないのですが、「投信についてもブログに書くことがあるので、ヤマザキさんにも投票権があります」とのことなので、もう投票しない訳にはいかなくなりました。
 投票は、1人5点の持ち点を最多で5ファンド迄に割り振る方式で、投票後に「なりすまし」を防ぐために、自分のブログに投票した旨のエントリーを書いてはじめて、有効投票と認められるという方式です。多少面倒ですが、なかなかよくできた投票方式かと思います。
 私は持ち点の5点を1ファンドに投入して、簡単に投票を終了しました。私の投票が他人に影響するとも思えませんが、念のため影響を避ける目的と、これからしばらく続くであろう飲み会での「話題」として温存する意味も含めて、当ブログにはどのファンドに投票したのかを書きません。
 参加者・投票者の投信に対する価値観にあまりズレが無い「インデックス投資ナイト」と異なり、「ファンドオブザイヤー」は好みの異なる人が投票するので、結果が読みにくく、発表は大いに楽しみです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ダイヤモンドオンライン】あの「もしドラ」の続編「もしイノ」を発売前に読んでみた

 ダイヤモンド・オンラインの「山崎元のマルチスコープ」に「あの「もしドラ」の続編「もしイノ」を発売前に読んでみた」と題する記事を書きました。

 今週は、ベストセラーとなった『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海、ダイヤモンド社)の続編となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら』(以下「もしイノ」)を、発売(12/4)に先駆けて、ネタばらしにならない範囲でご紹介しています。

 「もしイノ」の本家となるドラッカーの「イノベーションと企業家精神」(上田惇生訳、ダイヤモンド社)では、イノベーションとは「意識的かつ組織的に変化を探すことである」としています。
 更に、イノベーションについては、偶然や幸運によるので意図的に引き起こすことが難しいものという印象がありますが、本書の著者もドラッカーも、イノベーションを起こすための「コツ」や「型」というものは存在するとの立場です。そして、ドラッカーの種本でも「もしイノ」でも、イノベーションの「機会」を7つのパターンに分けて考えています。
 たとえば、イノベーションを起こそうとする者は変化に敏感でなくてはないとしています。ある商品が意外によく売れたような場合に、多くの企業はこの「変化」を見逃すかも知れませんが、これが重要な変化の兆候である可能性は大いにあるからです。

 また、「もしイノ」の主なテーマは「イノベーション」ですが、ドラッカーは常に「人材」を大切にする人でした。本書では、マネジメントを人に「居場所」を作り・与えることだと解釈しています。
 人は、自分は誰かを助けることができ且つ必要とされているという感覚を持つ時に、自分に居場所があると感じます。登場する人物の一人一人は地味でも、彼らが居場所を得て組み合わせられている有り様は、本書の読みどころでしょう。

 尚、前作の「もしドラ」を読んでいなくても、「前作はこんな事を言っていたのだろう…」ということが伝わる作りになっているので、「もしイノ」から先に読んでも大丈夫だということを、最後に付け足しておきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )