goo

植草一秀氏の、再びの痴漢逮捕

植草一秀氏が、また痴漢(迷惑防止条例違反)で逮捕された。報道によると、電車内で、女子高生のスカートの中に手を入れて触ったとのことだ。前回は、手鏡でスカートの中を覗いたとのことだったが、そういえば、この対象も女子高生だった。

前回は、有罪が確定するも植草氏は行為を否定し、「濡れ衣」あるいは「罠」を主張していた。「ミラーマン」という言葉が有名になるなど、世間は、面白おかしく大騒ぎしたが、被害者には申し訳ないが、さすがに、この"社会的処罰”には少々行き過ぎの面があったように思う。

世の中でもそのように思った人がいたせいか、また初犯ということもあり、植草氏は、大学に職を得て、会員制で有料の経済分析レポートを刊行するなど、活動を再開し、徐々に「復権」しつつあった。先ほど買った「夕刊フジ」にも、本紙(=「夕刊フジ」)で、9月12日から「もっとがんばれ日経」という連載が始まったばかりだと書いてあった。

だが、今回は、再犯だから、全く同情されないだろうし、視聴率や部数が欲しい人々は、世間の関心がある間、彼を存分にいじり回すだろう。彼本人については、全く、仕方がないと言うしかないが、ご家族のことなどを思うと、些か複雑な気持ちになる。確か、前のミラーマン事件の際は、直前に、お嬢さんが有名私立幼稚園に合格したのであった。あれから時間が経っているから、お嬢さんも大きくなっているのだろう。いたたまれない気持ちになる。

改めて言うまでもなく、このタイミングの再犯で、植草氏が失ったものは、あまりにも大きい。凡そ、経済合理的ではない、と思えるのだが(植草氏本人も、たとえば、他人の話なら、リスクとリターンとが見合っていない、と分かるだろう)、それを、やってしまったのが、今回の事件だ。

植草氏の容貌は、概ね「美男子」と言っていいと思うが、彼の顔の左右がかなり非対称に見えることについて、私は、前々から気になっていた。あるマッサージ師の解説によると、顔の左右のバランスが崩れるのは、脳の左右のバランスが悪いからだ、とのことで、根拠はよく分からないが、ミラーマン事件が起こって、「なるほど」と私は思っていた。彼の性癖と、彼の脳、さらには、彼の表情との間には何らかの関係があるのだろうか。

「女子高生」がいいのか、「通りがかり」がいいのか、「スリル」が堪えられないのか、何れなのか分からないが、どうしても我慢できずにやってしまう、という性癖は、これを病気と名付けるかどうかはともかく、深刻な社会的不適応の症状であり、彼は、何らかの「治療」の手を打つべきだったのだろう。芸能人の、田代まさし氏や、そのまんま東氏のケースなどを見ても、こうした「性癖」に基づく犯罪・不祥事は、再犯(再現)率が高いように見える。仮に、この種の性癖がある種の依存症の様なものだった場合、どのくらい治療に効果があるかどうかは分からないが、少なくとも、自分の性癖を甘く見ずに、彼らは、対策を講じるべきだった。

私は、父から、「人は、しばしば、自分の一番好きなものによって滅びる」と聞いたことがある。植草氏のケースもこの原則にあてはまるのだろうか(もちろん、まだ彼の人生は終わっていないが、かなりのダメージを負ったことは間違いない)。

尚、私が、植草氏本人と会ったのは一度だけだ。数年前に「文藝春秋」がエコノミスト11人を集めて行った座談会でお会いした。想像してみて欲しいが、11人の、しかもよくしゃべるエコノミストの対談は、なかなか発言の順番が回ってこない。じっと順番を待っていると、当時、テレビ慣れしていた植草氏と某私大のS教授が、しばしば、話に割り込んで、順番を巻き戻してしまったことを思い出す(対談の仕切も少々拙かったのだが)。また、植草氏は、同じ話(他のエコノミストの批判)を三回以上繰り返した。私は、彼の経済論に賛成でなかったし、正直なところ前から嫌いなタイプだったのだが、この時の自己中心性と粘着性に、「嫌い!」の念を深めたことを覚えている。

今でも、「嫌いなタイプ」には違いないのだが、前回のミラーマン事件の際にはそう強く思わなかった事だが、今回は、彼を、「患者」あるいは「社会的適応に障害のある人」とも見るようになった点が、私としては、多少の心境のちがいである。もちろん、それで彼の罪が軽くなるとか、軽くすべきだといった考えは私には無いが、今回は、世間、特にメディアが、彼をどのように扱うのかについては大いに注目している。テレビなら、コメンテーターにわいわい騒がせるよりは、医師にインタビューしたVTRを流すのが適切だと思うが、どうか。

一つ意見を付け加えておく。行為として「悪い」のは同じだが、今回の植草一秀氏の痴漢行為よりも、中村獅童氏の飲酒運転の方が、行為そのものとしては遙かに悪い(何といっても、危険だ)と私は思っている。メディアの、両事件の扱いのバランスも見ておくべきだろう。
コメント ( 67 ) | Trackback ( 45 )
« 中村獅童が横... 竹中平蔵氏と... »
 
コメント
 
 
 
ほとんど病気 (神保町)
2006-09-14 23:24:53
植草氏の「合理的経済人的語り口」と行動の乖離は、ここまでくると「悲しみ」さえ感じさせます。彼は「病気」なのでしょう。

前回の事件の時は、絵に描いたようなエリートを叩くことで世間はカタルシスを得ようとする傾きが感じられましたが、今回はメディアも「それなり」の簡単な報道で終わるのではないでしょうか。

報道すべきことは他にいっぱいあるはずです。



私も「スケベ」ではありますが、ささやかな理性と合理的判断により、かろうじて警察沙汰になることなく生きてこれたのかもしれません(笑)
 
 
 
植草氏の逮捕と芸能界、政治家の犯罪 (しがないサラリーマン)
2006-09-14 23:54:53
 実は、私は植草氏の高校の後輩です。

 今回の逮捕で、失望と呆れ返り、恥ずかしさで正直一杯です。かつて、植草氏がマスコミで活躍していた頃、テレビ画面に映る植草氏を指して、「高校の先輩」と友人に話をしたことを恥じております。



 >植草一秀氏の痴漢行為より、中村獅童氏の >飲酒運転の方が、行為そのものとしては遙 >かに悪い

 山崎様のエントリー最後にあった、上記の比較ですが、まさにその通りと思います。また、中村獅童氏がすぐ復帰できたのは、彼が芸能人であるからです。

 かつて、作家の安部譲二氏が言っていました。「犯罪を犯してもすぐ復帰できるのは、芸能界、政治家および○クザだけ、だから、僕は運よく作家として生きていくことができた」。

 もちろん、安部氏には作家としての才能があるからですが、的確な(安部氏だがらこそ含蓄のある)言葉と思います。
 
 
 
父君のお言葉に感銘を受けました (bun)
2006-09-15 01:12:53
こんにちは。先日ダイユウサクの件でご訂正をいただきましたが、確かに私の間違いでした。ありがとうございました。



調べてみると馬主の橋元幸平すらも有馬記念に勝てる訳が無いと思い、中山競馬場に観戦に来ず、表彰式では橋元の娘など関係者が代行で表彰式に出席したとか、そのときのダイユウサクのレコードが2003年まで破られなかったとか興味深い逸話がございました。



>私は、父から、「人は、しばしば、自分の一番好きなものによって滅びる」と聞いたことがある。



たいへんな名言だと思います。若い者に昨今、好きなことをやれとばかりいう話が多くて、無責任に思うことも少なくありませんでしたので尚更です。



名古屋にいる者として名商大の分別を誇りに思う気持ちがありましたので、これから彼の起用に一肌脱いだ人達が居場所のない思いをするかと思うと、その点が残念でなりません。刑事罰を受ける者に、かぶせてというかもたれかかって社会的な非難を浴びせる風潮は好きでないものですから。



 
 
 
悲しいです (Blessings)
2006-09-15 02:06:51
何より、彼のご家族のことを思うと悲しい気持ちで一杯になります。

以前、9億もの組合費を愛人に注ぎ込んだ男性の奥様の気持ちを想像した時と同じような感覚を味わっています。



日本にメ-ガン法が制定する可能性は低いかもしれませんが、彼は(著名人であるが故に)しっかりと性犯罪者としてのレッテルを公に貼られてしまいました。

今回は「飲酒」を理由に否定するつもりなのでしょうか。(確かに、私の尊敬していた上司も所属する保守的な経済団体の忘年会でお酒が入った途端、豹変し(?)私の膝に手をかけてきたことがあり大失望したことがありました。反射的に立ち上がり(大広間だったので)その場を退ち去りましたが、彼は翌日すっかり忘れてしまっていたようでした、今なられっきとしたセクハラですね)酒の上でという言い逃れはもはや時代遅れで通用しなくなりました。



ちょっと飛躍しますが、最近、米国では小児性愛者の犯罪を摘発する目的でパーバーテッド・ジャスティスというボランティアが、インターネット上で子供になりすましていわゆるオトリ捜査をするようになってきたそうです。公にさらすことによって、より凶悪な犯罪を未然に防ぐことにも繋がりそうです。

もちろんプライバシーの侵害という壁も否定できませんが、これらが「疾患」である以上、リハビリの方法と機会をさまざまな形で提供することは大切だと思います。



きっと大変な労力と時間をもって積み上げてきたであろう数々の功績を思うと、彼の支払った代償はあまりにも大きいと残念でなりません。(といっても、ファンだったわけではありませんしタイプでもないのですが)

ただ、ご家族の為にも(信頼回復には時間を要することでしょうが)しっかりとリハビリに励んで欲しいと願うばかりです。
 
 
 
信じられません (tony)
2006-09-15 07:34:44
彼は応援してくれた人たちを、完全に裏切ったことになります。病気とか性癖などという言葉では済まされないと思います。
 
 
 
全日本羞恥プレイ王者 (雪渓)
2006-09-15 08:37:29
 彼の逮捕は、お上の力を借りた全日本規模の羞恥プレイですよ。自作自演なんですから、まじめに取り合っては彼の思う壺です。前回の裁判では懸命に無実を主張していましたが、晒される快感を引き伸ばしかったから無罪と言ったまでで、気持ちいいからやってるだけです。

 家族や仕事など彼の日常は全部転落のための舞台装置です。落差が大きい方が転落の快感も大きい。彼の事例について経済的合理性なんて野暮なことで分析しようとしてはいけません。女子高生が好きだから触ったのではなく、そんなもの触って転落する著名な大学教員というシチュエーションが良かったからです。

 今の彼は社会的制裁という鞭で打たれて、陶酔の嵐の中にいます。有名私立幼稚園に通う娘を思い出しながら、大学復帰に尽力してくれた友人を思い出しながら身悶えしています。こんな変態は放っておきましょう。私たちにはできる最善の反応は無視することです。
 
 
 
適応障害 (fukinotou)
2006-09-15 09:10:36
人生の思秋期には、普通の人でもあらゆる心の問題が出てくるものだと思います。その女子高生がどんなに怖い思いをしたかを考えると身震いせざる負えないけれど、人としての心の闇に思いをはせたとき、とても哀しい気持ちになります。ご家族の方のお気持ちを考えると尚更です。仰るとおり適応障害に対する正当な分析を踏まえた報道こそ望まれることです。いたずらに騒ぐのはこの国の品性に関わることでしょう。
 
 
 
朋友 (masakosama)
2006-09-15 09:31:05
 わたくしは植草氏には面識はありません。ただ、村上ファンドの村上氏にたった一回だけ、村上氏が通産省を退職する直前に会ったとき。村上氏が会うなり「ぼくは植草のポン友なんですよ」と言い、その言葉がずっと印象に残っています。植草氏が華やかに活躍されていた頃です。

 以来、マスコミ等で「村上」「植草」の文字を見るたびに、「最近はポン友って言葉を使わなくなったなあ」と思い出しておりました。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-15 12:07:22
>tonyさま



本当に、彼の支援者の気持ちを思うと、「許せない」という気持ちになりますね。もっとも、自分で自分を制御できないところが、病気の病気たる所以でもあります。ただし、この病気は、彼本人が責任を持って飼い慣らさなければならない病気でした。



>雪渓さま



一連の植草氏の行為が意図的な愉快犯なのだ、という仮説(ストーリーとしては秀逸だと思います)の当否は、私のような凡人には分かりませんが、「無視」してやるべきだ、という対応は、「悪くない」と思います。少なくとも、大いに騒ぐ問題ではありませんね。



>fukinotouさま



ご指摘のように、「思秋期のオヤジ」はなかなか難しい存在なのかも知れません(思秋期でなくても、オヤジでなくても、人間はいうでも「難しいもの」ではありますが・・・)。もっとも、植草氏のこの方面の性癖は長年のもののようではあります(伝聞に基づく推測に過ぎませんが)。



>masakosamaさま



村上氏と植草氏は、同窓同期だったかも知れません。両人は、性急で強引な自己正当化が似ているといえば似ています。名誉指向で、目立ちたがりの点も、同じかも知れません。ただ、どちらかというと、権力に重用される方を選びそうなタイプに見えたのですが、村上氏は巨大な金銭欲で、植草氏は変わった性欲で、コースから外れてしまったのでしょうか。個人的には、私は、村上氏の方となら、一度話をしてみたいと思っていましたが、まあ、これから会っても面白くないでしょうね。



ところで、ご指摘のように「ポン友」という言葉は滅多に聞かなくなりましたね。私は、そもそも「ポン」が何を意味するのかが分からないので、「ポン友」は、自分からは使わない言葉です。20年後くらいには、死語になっているかも知れませんね。
 
 
 
Unknown ()
2006-09-15 13:26:13
>世の中でもそのように思った人がいたせいか、また初犯ということもあり、植草氏は、大学に職を得て、会員制で有料の経済分析レポートを刊行するなど、活動を再開し、徐々に「復権」しつつあった。



手鏡事件は初犯ではありませんよ。前科がありました。

http://www.zakzak.co.jp/top/kakokiji/t2005020323.html
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-15 14:12:37
*さま



ご指摘ありがとうございます。手鏡事件以前にも摘発されている前科があったのですね。それにしても、どの事例もよく似ています。やはり「治療」、少なくとも「対策」が必要だったのでしょう。
 
 
 
人事異動の季節に… (まさくん)
2006-09-15 20:34:03
こんばんわ、山崎先生。

この時期に、このような事件が起きるのは、うまく形容できないのですが、何らかの因縁を感じさせます。

氏は、今回の事件によって、「世の中」から永遠にリストラされたと言うべきでしょうか。

北杜夫さんの「どくとるマンボウ青春記」は、僕の好きな本の一つですが、その中での、斎藤茂吉さんの「女というものはそれほど恐ろしいものだから、決して近寄ってはならぬ!」という教訓を、思い出しました。

この事件は、あくまでも、氏の、女性に対する身勝手な興味本位による行為であり、厳重に罰せられるべきものですが、世の男性は「他山の石」として心得るべきですよね。

氏は、女性として生まれるべきだったと思いました。
 
 
 
小泉政権と警察の共謀かもしれません (ロカシーニョ)
2006-09-15 23:01:02
はじめまして。

植草氏逮捕について、私のブログで取り扱っていますが、植草氏はワイドショーに出たりするほどの有名な学者で、かつ小泉政権の経済政策をキツク批判していて、影響力が強いから中央の権力が濡れ衣を着せたのかもしれません。

前回手鏡のことで逮捕される前は、サラリーマンに最も人気のあるエコノミストだったそうようですが。

自分はジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏の著書を見て、これは濡れ衣と思うようになりました。
 
 
 
植草氏に学ぶ (サイレントじゃないマジョリティー)
2006-09-15 23:43:24
山崎様



『好きなものも適度・適量に』、成る程全くその通りですね(except 他人様にご迷惑をかけるもの)。 心掛けましょう。
 
 
 
破滅癖 ()
2006-09-15 23:49:36
「痴漢冤罪」もしばしば起こっているようですが、しかし、3度目ともなると、「濡れ衣」説は少々説得力に欠ける気がします。



彼は、変態癖というより「破滅癖」にとりつかれていたと最初から思っています。この点上記雪渓さんのセオリーとほぼ同じ考えです。



電車内などでの不審な行動を注意したことによって逆切れされ、殺傷事件に発展する、ということもまま起こっているようですから、「痴漢」に遭うのも、「飲酒運転」車に遭遇するくらいのリスクがあるのかもしれません。最近は。





 
 
 
Unknown (しがない証券マン)
2006-09-16 00:00:43
そのまんま東氏とは面識ないですが、同列に扱うのは

事実誤認の可能性があると思います。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%BD%A4%CE%A4%DE%A4%F3%A4%DE%C5%EC



 
 
 
: (abc)
2006-09-16 00:24:13
Message from yahoo.co.jp.

Unable to deliver message to the following address(es).







と、あいなって送れません。



どうしたものでしょうか?
 
 
 
修正 (abc)
2006-09-16 00:25:18
Message from yahoo.co.jp.

Unable to deliver message to the following address(es).



<yamazaki_hajime@goo.ne.jp>



リンクをおしたのですが。
 
 
 
あれ? (abc)
2006-09-16 00:26:33
山崎さんのアドレスだけが表示されない?
 
 
 
murakamiさんは (abc)
2006-09-16 00:33:58
どこの証券会社を使っているのでしょう?



楽天証券のwiki削除については?

際物GMO証券については?

外国株、先物などは?

入閣の要請があった場合は?





メールフォームのほうがアドレスを最初に明かさずにすみますが。
 
 
 
ここに書いてしまいたいのを (abc)
2006-09-16 00:46:20
ぐっとこらえてみる。
 
 
 
Unknown (気ままな猫)
2006-09-16 00:47:55
 おじゃまします。初めて投稿します。

 植草さんが、特ダネのコメンテイターをしていて逮捕された時はちょっとショックでした。冤罪の可能性もあるのかな?ぐらいに思ってたのですが、全く何やってんだかって感じです。

 職業柄分析するのが嫌いではないと思いますので、本当にやったのなら治療すべきだし、冤罪なら電車に乗らないくらいのことはして欲しいです。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-16 03:59:54
>まさくん様



確かに「他山の石」的な側面があると思います。



>ロカーニョさま



濡れ衣かどうかは、私にはよく分かりません。ただ、電車に乗っていたことと、帰宅とは反対方向の電車での事件だったことは、植草氏に不利ですね。ベンジャミン・フルフォードさんのお書きになっていることと、今回の事件は無関係の可能性が高そうに、私は思っています。



>サイレントじゃないマジョリティー様



ご意見に賛成です。気をつけましょう。



>ふ様



「変な人」は、どれぐらい変なのか第一印象では分からないので、率直に言って怖いですね。



>しがない証券マン様



私は、そのまんま東氏が、二度以上問題を起こしていたように思っていましたが、間違いであれば、申し訳ないことです。



>abcさま



私のメルアドはyahooではありません。yamazaki_hajime@goo.ne.jpでご連絡いただけると思います。ご用があれば、お試し下さい。



>気ままな猫さま



えん罪の可能性について気にされていた植草氏が、電車に乗っていたことは(しかも、ご自宅とは反対方向の電車に)些か不可解ですね。

 
 
 
このエラーの意味は (abc)
2006-09-16 08:46:38
私のアドレスがヤフーということです。



あなたのメールはメールソフトで受けていますか?

ご自身でリンクをクリックして自分宛にメールを送っても届きますか?

yamazakiの次、アンダーバーが入っていないとか、似ていて違うとか。

ほかの人からは着ていますか?(このblogより)

無料メールははじく設定になっていませんか?

 
 
 
再録失礼 (abc)
2006-09-16 08:48:24


murakamiさんは



どこの証券会社を使っているのでしょう?



楽天証券のwiki削除については?

際物GMO証券については?

外国株、先物などは?

入閣の要請があった場合は?

 
 
 
メールでのご連絡 (山崎元)
2006-09-16 13:24:15
abcさま、皆様



メールアドレスは、

yamazaki_hajime@mail.goo.ne.jp

でした。

「mail」が抜けておりました。

失礼いたしました。



>murakamiさんは、どこの証券会社を使っているのか



知りません。私は、この方面で「情報通」ではありません。



>GMO証券について



まだホームページも見たことがありません。ネット企業がネット証券を持ったり、証券会社に出資したりすることが一時はやりましたが、これから参入するのは難しいと思います。ネット証券は、株式取引という、主力商品の利潤率が下がったことで、経営的な岐路にあると思っています。



>楽天証券のwiki削除



公知かつ重要な事実が書かれているのに、削除する、という態度は良くありません。社員が一人処分されたと聞いていますが、誰が、どのような処分を受けたのかまでは、私は、確認していません。



>外国株・先物などは?



個人に先物が必要とも思えませんが、ミニ日経平均は、トレード指向の個人にはいいおもちゃでしょう。外国株は研究して買うならいいと思いますが、じっくり持たないと、手数料が割高ですね。



>入閣の要請があった場合は?



どなたの入閣でしょうか?私なら、受けません。バカな上司の下で働くことには懲りていますし、せっかく作ったマルチ勤務による生活の基盤が崩れるのも困ります。私はあまり政治家とお付き合いがありませんし、入閣はもちろん、選挙で出ませんか、という打診を受けたこともありません。ちなみに、母親は「選挙区に帰ってきたら、犬にまで頭を下げるのだし、政治家は馬鹿馬鹿しいからやめろ」と言っていました。私は、犬に頭を下げるのは平気ですが、安倍晋三氏に命令されるのは嫌です。
 
 
 
つまらん感想ですが (夢見る夢子さん)
2006-09-16 20:47:05
私は植草氏を仕事のつながりからよく知っています。確かに、いわゆる「女好き」です。でも、きれいな女性と食事したり、酒飲んだり、少しはくだけて「あやしい」雰囲気を楽しんだりする人は、世間に何千万人もいます。痴漢行為との落差は大きすぎるので、やはり病的としか思えません。また、彼は、大事なことは「霊能者」に相談すると言っていましたし、政治や経済の動きを星や暦で説明しようとしたり(公式の講演ではさすがにやってなかったと思いますが)、ちょっと変わったところがありました。それにしても、そういう超自然的なものへの関心と女子高生への痴漢を結び付けるのも困難です。それから、前回の事件後、支援サイトが立ち上がり、冤罪説が、更には小泉政権陰謀説にまで発展し、本人までそれを主張し始めたのには本当に驚き、呆れました。私も、警官が誤認逮捕したのに意地になって有罪主張を続けたという程度のことはあったかも知れないと思います。でも、それならそれで控訴して争うべきで(刑事事件ですから二審でも事実認定を十分争えます)、裁判所は信用できないと言い始めて政権の陰謀という話にまで膨らむと、もうダビンチコード状態で全くついて行けませんでした。今度も陰謀説を唱えるんでしょうか。どんなカルトにも少数の信者はいますから、小泉首相の秘密指令を受けた女子高生と乗客にでっち上げられた不幸なエコノミストという伝説がどこかで信奉されるのかも知れません。
 
 
 
ちょっと分析的に (夢見る夢子さん)
2006-09-16 21:48:35
しつこくて恐縮ですが、もうちょっと分析的に、「何が彼をそうさせたのか」という深層心理を考えてみました。



もちろん、高まる性欲を抑えきれなかったというのが直接的な動機でしょうし、ジキルとハイド的なギャップを自ら楽しむ露悪的な面もあったでしょう。



ただ、こうも立て続けにやってしまったのは何故か。

私は、前回の事件を政権陰謀説にまで結び付けてしまう新しい支持者達と、実は訣別したかったという深層心理が働いたような気がしてなりません。



植草さんは、もともと権力や政治に対する関心が強く、かつそうしたものを分析、評論して満足する傍観者ではなく、分析結果を市場における投資行動や行政の施策に本当に結び付けたいという志向が強かったように思います。



そうした志向の強い人は、現在の社会の権力装置を実際に動かすチャンスを求めるものです。議員になるとか、期限付き任用で役所に行くとか。そのためには権力装置の中枢に近い人達と結び付く必要があります。



ところが、彼は前回の事件で、奇怪な陰謀説を易々と信じ込むような人達によって殉教者に祭り上げられてしまいました。事件後、彼を熱烈に支持し、支援した人達の多くは(名古屋商科大学へ斡旋してくれた人達はちょっと違うでしょうが)、それまで彼を支援してきた人達とはだいぶ異なる、自ら権力に荷担することを望まず、「在野」を愛し、批判を好む人達でした。そうした傍観者、批評者ばかりに支持されるカルトの教祖となることは、本来、権力装置を動かす行動者となりたい植草さんの本意ではなかったのではないでしょうか。



往々にして、宗教の教えを最も強く疑っているのは教祖自身です。彼は、自らカルトの根本となる前提をひっくり返してみせることで、にわか弟子達に別れを告げたのかも知れません。それでも一部のコアな信者は残ると思いますが。



 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-16 23:10:18
夢見る夢子さん



独自の植草氏分析、ありがとうございます。



植草氏が、非常に権力欲・名誉欲の旺盛な方だとは、方々から聞いていました。入閣したかったらしいとも聞いていますし、特に竹中平蔵氏への嫉妬は大変なものだったと聞いています。



また、彼を取材した人の多くは、自慢話をしばらく聞かされると言っていました。自己正当化の傾向がものすごく強い、「教祖タイプ」でもあったようですね。



ただ、彼は、亀井静香さんと非常に近かったようですが、これは「相場観」が悪かった、と言わざるを得ません。



(しかし、植草氏よりはマシな人が多いとしても、民間から大臣になった人にいいイメージの人が思い浮かびませんね)



そういえば、安倍政権の発足が間近ですね。誰が経済ブレーンになるのか、興味深いですね。
 
 
 
罪と罰とセラピー (Nash)
2006-09-17 09:52:53
以前、某番組のコメンテーターが「罪と罰ではなく、罪と罰とセラピーが必要だ」とコメントしていたことが、私の頭の中に鮮明に残っています。今回、植草氏に実刑が下されるならば、強制的にでも、きちんとしたセラピーを受けてもらうほうがいい、と個人的に思います。

>人は、しばしば、自分の一番好きなものによ>って滅びる

とても含蓄のある言葉だと思いました。私も肝に銘じたいです......
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-17 11:45:27
Nashさま



「罪と罰とセラピー」ですか。名言ですね。金曜日にコメントするチャンスがあったので、真似すれば良かったかも知れません。病気と言うかどうかはともかくとして、社会的不適応だから、治療が必要、というような説明的なコメントをしました。



「セラピー」を付け加えることは、概ね社会と本人のプラスになると思うのですが、問題点が二つあります。



1)一つは、本人の自由意思の問題でしょう。罰を受けるのだから、あとは思想の問題なので、介入するな、という立場は論理的にはあり得ます。これとどう折り合いを付けるか。



2)もう一つは、医学や医師をどの程度信用していいかです。どの程度「頼ってもいいか」と言い換える方がいいかも知れませんが、医学が完璧なわけでもありませんし、医師に何でも出来る訳ではありません。過剰な期待は禁物ですし、下手をすると、官僚や悪徳商人に国家予算を利用されるだけに終わるかも知れません。



植草氏のような人の場合は、本人のためにもセラピーがある方が良さそうですが、さて、どうなるか。



ただ、社会の「異常」の定義の仕方によっては、かなり危険な面もあります。たとえば、安倍政権が10年続くと、私などは「愛国心欠乏症」の矯正施設に収容されるかも知れません(日本代表を応援する気持ちが湧かないのはおかしい、などということで・・・)。
 
 
 
学問と良心 (レイトサマー)
2006-09-17 12:35:06
報道が正しいとすると、植草氏は、今回も警察のでっちあげだと主張しているようだ。



だから、被害者に対する「責任」はまったく視野の外なのだろう。



小泉政権のりそな銀行の処理に際して、株主責任を強く求めて自己責任の貫徹を主張していた姿は記憶に新しい。



できれば、学問も個人の心性の延長であってほしいと思う。



正しいことを言っているから、立派な人間であるとは限らない。



あたりまえのことだが、このことを改めて感じさせる出来事であった。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-17 13:00:11
レイトサマーさま



植草氏が何を言っていたのか、私などは、ともすれば忘れがちですが、りそなの救済がおかしいとの彼の意見は覚えています。あれは正論だったと私は思っています。「りそなへの公的資金投入で株価が戻ったから、あれは良かったのだ」という結果論は正しくないでしょう。



ところで、想像するに、被害者は、本当に怖くて気持ち悪かったでしょうね。触ったのか、触らなかったのか、この点は重要です。触ったなら、植草氏のすべきことは、まずは謝罪です。



それに、植草氏が、でっち上げを主張するなら、電車に乗ること、それも酔っぱらって乗ること自体が不用意すぎます。そんなことで、権力と戦かっているのだと本当に思っているのだとすると、あまりに滑稽です。
 
 
 
凄い反響 (Dialectician)
2006-09-17 18:29:49
山崎様

皇室の男子誕生報道のクドイなか、さすがこの人、やってくれました。タイミング的にはまるで『この人を見よ』『善悪の彼岸』とばかりに一粒の清涼剤投入(←被害者の方には悪いが)!この記事へのコメントも凄い反響ですね。ニーチェを引き合いに出すのは勇み足ながら、売春宿で梅毒もらうとか、発狂とか、自己や権力への異常な関心とか、、、この人、ニーチェに憧れてるんですかね(といっても自分はニーチェは一冊しか読んだことないので知ったかぶりできませんが)。

ところで顔の左右非対称のおはなしですが(確かに近時そういう議論のあることは承知してますが)自分は若干異論があります。昔ロンブローゾというイタリアの犯罪学者(というかノーベル賞とった科学者)がいて、犯罪人には特徴的な身体上のしるし(stigma)があるといって生来的犯罪学を形成しました(そういう命名は後世によるかも知れませんが)。刑法学では所謂新派に属すると思います。新派は純粋な保安処分(まだ罪を犯してないのに危険性ゆえに拘束、矯正、セラピー施す)を可とする向きです。被害や罪に対する代償を要求するのではなく、専ら社会防衛の観点から処遇するっていう意見です。犯罪人から社会が防衛されること自体に反対の人はあまりいないと思いますが、それは自分が“あの娘(少年)のお尻触ってみたいな”と心のなかで感じただけで逮捕されることはないだろう、と予測できる場合でのみ成り立つ思いでしょう。ひとの外見によるラベリングは、顔の非対称なヤツをそれだけで拘束するのを可とするような危険性を孕んでます。(自分は非対称でも『子供好き』でも痴漢でもありません、念のため)

以前安倍の記事のなかでの議論で、ナントカ大学卒で頭の良し悪しを云々するのは賢明ではないという話が一瞬出てましたが、頭の良し悪しを所謂偏差値的な観点に限定するのであれば、ナントカ大卒は『頭』がいい、悪い、は客観的に明快に合理的に判断できる種類のものだと思います。東大卒が良くて成蹊卒がそれに比べて劣るとの判断は十分合理性があるでしょう(勿論勉学専念できる個々人の環境が平等だと仮定して、ですが。たしかブルーさんもそういう前提で書いていた)。勿論、公人でない人について学歴で頭を云々するのは下品なだけでしょうが、官房長官とか首相候補とかのpublic figureについてそうするのは何ら問題ないと思います。ただそのことによってその大学の関係者に不快な思いをさせるという点で、山崎様に賛成します。 あと、大学で『頭』を云々することと、出身地や血液型でのグルーピングとは質的にかなり違うと思います。かつてサントリーのバカ会長が東北人はどうのこうのといって物議を醸したことがありますが、どこの出身だから人間の質がどう、とかいうタワゴトと違い、大学別の、そのテの『頭』の良し悪しや努力家かの判断は合理的なものだと思います。(再度、勉学専念できる環境を同一として、ですが)



それにしてもこの期に及んでまだ陰謀説を信じてるひとがいるのは興味深いことです。

 
 
 
言い忘れ (Dialectician)
2006-09-17 18:43:23
自分は非対称ではない、といいましたが、勿論、『完全には』、ということです。たぶん完全に対象な人はいないでしょうし、いたらいたで、むしろ人相学では『きれい過ぎる人は人格的に、云々』とされてしまうでしょうね。

ただ最近よくここの登場していた陰険な質問を繰り返してた人の顔が極端に非対称だったら自分も人相学を信じてしまうかもしれません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2006-09-17 19:27:05
「本当にやりたい事があったら、地位や保身や名誉に固執しない、家族を顧ない」男の生き様を見ました。不平不満を漏らしながらやりたくない仕事に執着し、現状を変える努力や飛出す勇気さえない人がたくさんいる中で、氏の行為を賞讃するのも悪くないものです。行為は全然褒められませんが。病気だったらツマラナイです。

 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-17 22:07:39
>Dialecticianさま



ご指摘のように、顔を評して、性癖なり病気なりの決めつけをするのは危険だと私も思います。あくまでも仮説にとどめたつもりですが、少し筆(指)が滑ったかも知れません。何れにしても、せいせい堂々の議論は、容姿・出身・大学その他、本人の責任と100%リンクしないものを避けて、本人の行動・選択に対して行うべきですね。この世の中で、どこが議論の「本場所」なのかよく分かりませんが、心しておくことにしたいと思います。



また、今回、さすがに、電車に乗っておいて「陰謀」はなかろうと思います。「陰謀説」を楽しむ余地は、少ないとしたものでしょう。



>Unknownさま



女子高生の尻に情熱を注ぐプライド高き男の物語は、たとえば、文学的なテーマになりうるのかも知れません。



仰るように、病気だとつまらないのですが、冷静な選択だとすると過剰に面白すぎますね。



凄いぞ、植草!
 
 
 
Unknown (Dialectician)
2006-09-17 23:24:22
筆が不十分だったのは自分のほうかも知れません。『若干異論がある』というのはそういう仮説に対してであって(又はそういう仮説を利用してテロとの戦いとか完全無欠な社会防衛をしようとか考える輩に対してであって)、問題提起それ自体に対してではありません。



しかし自分を滅ぼしてでも止められないほど好きなものがある、という点ではシアワセな人ですね(他害性が高くないというと女子高生に気の毒なので言いませんが)。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-18 00:37:32
Dialecticianさま



私の印象では、植草氏の人物像は「満たされていない人」なのですが、ご本人は幸せなのでしょうか。



ただ、私の凡庸な想像力では、「女子高生」がそんなに素晴らしい、という感じが全然分かりません。もちろん、彼女らには、大きな個人差があるのですが、東京都内の電車の中で、平均として見た場合には、性的な魅力よりも、学校特有のホコリ臭さのようなものが勝ります。私は、どちらかというと、彼女たちの集団には近づきたくありません。(彼女らも、近づいて欲しくないでしょうけれども)



これは、私の性的感受性が貧弱なのかも知れませんし、そういう意味では、植草氏を羨ましい(知らない世界の魅力を知っているので)と思ってみるべきなのかも知れません。
 
 
 
女子高生 ()
2006-09-18 02:52:55
「学校特有のホコリ臭さ・・・・」抜群の語彙量をお持ちでいらっしゃいます。毎度感服します。ニヤリ、とさせていただきました。



テレビで喋っていらっしゃるところを拝見できないのが非常に残念です。



女子高生といえば、こちら南米の女子高生は「人生で一番美しい時(これを過ぎると太りだす)」にいますから、ムッチムチの肉体から健康的なお色気を発散してますので、自然なフェロモンを感じさせますが、一方、日本の女子高生は・・・・東京に戻るたびに思うのですが、どんどんと貧相で小汚くなっている気がします。しかし、人によってはそのすれっからし具合がまたたまらないということなのでしょうか。



植草氏のお子さん、もし女の子でしたら、今後「男性」一般に対してかなり屈折した感情を持って成長していかなくてはならず、「有名人父親=3度痴漢行為」を乗り越えられるのかどうか。大変心配です。



 
 
 
上記文章修正 ()
2006-09-18 03:01:13
もし女の子でしたら、人生で初めて接触する男性たる父親(しかも有名人)が3度の痴漢行為。これを乗り越えられるのかどうか。大変心配です。今後もう少し大きくなって、父親がやらかした事態を呑み込んだとき、「男性」一般に対してかなり屈折した感情を抱くでしょう。





 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-18 03:54:59
ふ様



確かに、外国の女の子と比較すると、日本の女子高生は、なんだか貧相な感じがしなくもありませんね。大丈夫かな?



植草氏のお子さんは、確かお嬢さまではなかったかと思うのですが、この記憶には、100%の自信がありません。



もしもお嬢様だとすると、現在・将来共に精神的なダメージが心配です。



もっとも、今現在の娘を持つ親父となった私は心から上記のように思いますが、たとえばざっと40年遡って、「山崎元君」が植草お嬢さんの同級生だったら、おそらく、「お前の親父は人間のクズだ」と言って、徹底的にお嬢さんをいじめているような気がします。お嬢さんがこの結論を認めない限り、決して許さなかったでしょう(教師がかばったら、教師もろとも血祭りに上げるような、キツイ性格のガキでした)。



自分をもとにして他人について推測してはいけませんが、子供というものは、結構残酷なものなので、攻撃を受ける子供の側も、逞しくなければ大変です。



植草親父はもういいとして、植草ジュニアが、柔軟で逞しい精神の持ち主であることを祈ります。
 
 
 
全くです。 ()
2006-09-18 04:28:16
植草親父はもういいとして、植草ジュニアが、柔軟で逞しい精神の持ち主であることを祈ります。



同意します。



私の身内にもまた別のタイプの「破滅転落壁」を持つ人物がいまして、お陰で大層揉まれて成長させていただきました。嫌味とか冗談ではなく、お子さんには自分自身で心境を整理しつつ逞しくまっとうに育っていただきたいです。



上記、山崎さんのコメント、またゲラゲラと笑わせていただきました。ところで、こちらは真昼間ですが、そちらは丑三つ時のコメント返信であるわけで、ご多忙のなかわざわざ返信いただき痛み入ります。

今度、東京に戻ったら何がなんでもテレビ上の山崎さんを見てみたい衝動に駆られています。でも、テレビ全然見ないので無理かもしれません。テレビ無いし。。。。



では、お体お気をつけになってご活躍下さい。



 
 
 
のんちゃんの耳は? (のんちゃん)
2006-09-18 04:31:21
難聴・・



まあ、人のスケベを説く前に「あなたもスケベ」であることを認識すべしだ・・その根拠が、文中に出ている・・まあ、警察庁あたりの言語専門家なら分析は容易いだろう・・



 評論家が評論された時点で、終点を意味している方向性をご存知ないようだ・・人のことを評論するならば、のんちゃんでも評論してみるか?元国際テロリストマインド・ワーカーに対しての評論やいかに・・



 だが、貴方には出来まい・・それは、地位を脱せないからである。他人を評論する前に、自身の環境を評論し、自身を見出したもののみが、他人を評価する経緯へ辿れる。あなたのマインドには、他人を評価するまでの価値観などありはしない・・。



 もし、あるならば・・各「文中」は、一つの過ちに対し、そこまで相手を追い詰めるような物事の評価はしないさ・・



 大量的な殺人や虐殺ならばまだしも・・置換とは、スキンシップの一歩手前の犯罪であり、相手が許せば、その犯行は痴漢ではなくなる。現在では、多くが「金」欲しさに、痴漢を連発しまくるもんさ・・。だからこそ、地位が高い人物ほど、後から後から・・この人に痴漢にあいました!が続出する。



 ちなみに、のんちゃんの場合、痴漢をしてみたが・・痴漢と思われなかった・・それは、両手に荷物を持っていたから・・有無・・。何を長々と触る必要性があるのか・・お尻の性質は、瞬間的に感じるものである。それでこそ、女性の肉質の価値観の全貌が直感できると言うもの・・。



 痴漢とは、相手が不愉快に思わなければ、

それで終止する。評論家ならば、一個人を対象に描くのではなく、痴漢と言う犯罪の展望から、性質を描くことこそが、事件への全体を把握する上で、警察への有力なアドバイスへ成し得る・・。



 あなたは、痴漢をするなら、女子高生が言いようだな・・自らでボロを出すのは評論家の恥として学べ・・ちなみに、のんちゃんはただの札幌市民。by
 
 
 
読後感 (函館の人)
2006-09-18 06:24:48
植草問題で議論は盛り上がっているけど、これ以上、微に入り細に入り詮索するのは止めにしたいものだ。「他人の不幸は蜜の味」なのか。もちろん、被害者は気の毒だけど、詰まるところ、一個人の性癖や家庭のことなのだから・・・。

むしろ、同じ経済学者に関しては「竹中氏の任期途中議員辞職」問題のほうが議論の価値があると思うのだが。
 
 
 
共通点 (金沢の人)
2006-09-18 08:22:04
植草教授と竹中大臣の共通点は、両者とも「責任」の観念が希薄ということでしょう。合理的経済人と責任感とはトレードオフなのかもしれません。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-18 11:10:48


>ふ様



まあ、テレビは見る必要ないと思いますよ。私も、ボクシングに競馬など、週に合計数時間しか見ません(仕事上はもう少し見た方が良いのですが・・・)。



>のんちゃん様



いらっしゃいませ。確かに、痴漢は相手が同意すれば犯罪でなくなるという微妙な犯罪ですね。



札幌は秋の深まる気持ちの良い季節でしょうね。30年前の札幌市民としては(現在、両親は札幌在住ですし)、札幌が懐かしい。



>函館の人さま



確かに、植草問題は、そろそろ論点が尽きてきたような感じがしますね。



竹中氏の参議院議員辞職問題は、今週のJMMのお題でもあり、目下、考えているところです。エントリーを立てて考えてみるのがいいかも知れませんね。



>金沢の人さま



経済合理性に徹するには、ある種のしがらみや習慣から自由であることが必要な場合があり、「責任感」と「経済合理性」がトレードオフになる場合はありますね。ただ、竹中氏はともかく、植草氏は、第三者的に見ると経済合理的には見えません。全盛期には、「稼ぎ」にも熱心だったようですが、金銭欲よりは、名誉欲や自己顕示欲の方が際立っていました。自分をもてあましていた感じがします。

 
 
 
名言 (東北の人)
2006-09-18 13:00:03
>人は、しばしば、自分の一番好きなものによって滅びる。

「目から鱗」のすばらしい名言です



 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-18 13:28:17
東北の人さま



発言者(私の父)に伝えておきます。(そういえば、今日は敬老の日なので、電話しなくては!)



ちなみに、彼が、息子にこう言ったのは、息子が、よく酒を飲み、よくメシを食うことに対する警告のコンテクストでありました。そう書いてしまうと、「名言」の価値が下がりそうですが、正直に背景を書いておきます。
 
 
 
Unknown (みっきーうますし)
2006-09-19 03:15:05
植草さんに娘はいないし、年齢も全然違う。

前回のとき入学したばかりでもない。

その情報はどこ情報なのか知らんが間違った事は書かないようにしたほうがよい。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-19 03:48:09
みっきーうますし様



植草氏のご家族に関する情報は、前回事件時の週刊誌記事の記憶に従って書いたものです。



当時、白銀にお住まいで、有名私大の幼稚園に入ったのだったと覚えて居ますが、不正確だったかも知れません。



改めて詮索するのもどうかと思うので、新たに調べるのはよしておきますが、ご家族は苦労されていることでしょうね。
 
 
 
Re.植草一秀氏の、再びの痴漢逮捕 (eleco75)
2006-09-21 10:58:00
>一つ意見を付け加えておく。行為として「悪い」のは同じだが、今回の植草一秀氏の痴漢行為よりも、中村獅童氏の飲酒運転の方が、行為そのものとしては遙かに悪い(何といっても、危険だ)と私は思っている。メディアの、両事件の扱いのバランスも見ておくべきだろう。



この意見は完全に男性寄りな意見な気がします。

痴漢にあった女子高生がどう感じたかは知りませんが痴漢は立派な暴力です。

確かに飲酒運転は人の命を奪う可能性のある危険な行為ですがだからと言って 飲酒運転>痴漢 となるとは言えないと思いますが。

痴漢によって、一生心に傷を負って生きる人だって中にはいるのですから。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-21 11:53:51
eleco75さま



コメントありがとうございます。



痴漢が重大な悪事であることはご指摘の通りであり、全く否定しません。ただし、痴漢やセクハラの加害-被害は、多くは男性=加害者、女性=被害者ですが、最近のセクハラの事例などでは、女性が加害者側のものもあります。議論の本質は、被害者の心の傷への想像力の問題であり、「男性寄り」でありやなしや、というものではないと思います。



両犯罪の比較は、いわば、傷害罪と侮辱罪を比較するに近い難しさがあります。被害者が怪我を負っていないからと言って、侮辱が軽い罪ではありません。



もっとも、全ての罪が重大で許せないのはその通りですが、どの程度の罰を対応させ、どのくらいの償いで加害者を許すのか、という「加減」の問題があります。いつまで経っても、何をしても、加害者を許さない社会というのは、一面純粋ですが、危険であるとも思います。



「罰」の観点で考えたときに、一気に命まで奪う可能性がある飲酒運転をより重罰にするのが、安心して外を歩くためには、適当だと私は思うのですが、いかがでしょうか。



「罰」については、飲酒運転>痴漢、飲酒運転=痴漢、飲酒運転<痴漢、の何れなのかを決めなければならないのが現実ですが、eleco75さまは、どのように決めるべきだとお考えでしょうか。この部分に結論を持たずに、痴漢が重大だ、飲酒運転は悪い、と言い合う議論は不毛です。
 
 
 
Unknown (eleco75)
2006-09-22 10:05:07
山崎元さま



飲酒運転と痴漢のどちらの罰が重いかを決めずに議論することがそんなに不毛なことなのでしょうか?



そして命を直接奪う可能性がある、というだけで「遥か」に悪いと言えるほど飲酒運転(飲酒運転事故ではない)と痴漢に差があるのでしょうか?



「飲酒運転→命を奪う」というのも「痴漢→より重大な性犯罪」というのも前者の数に対する後者の割合では大して違いはないと思います。



直接的な相関関係が見えないから痴漢が他人の命を奪わない、人生を台無しにしない、とは言えないと私は思います。



私個人的にはどちらも悪い、かと言って罰がイコールになるとかそういうわけではなく、

少なくとも遥かに悪いとは言えないのではないかと思っただけです。



それこそ不毛な話題にならないように私は飲酒運転の経験も痴漢をしたこともされたこともない、と言う事を付け加えておきます。
 
 
 
Unknown (hiro)
2006-09-22 10:45:30
eleco75 さん



>この意見は完全に男性寄りな意見な気がします。

 

最初の書き込みでのこの見解は変わらないのでしょうか?

痴漢と飲酒運転に軽重はないというご意見は理解できても(100%の同意はできませんが)、

飲酒運転のほうがより重いとする考え方が、なぜ、「完全に男性よりな意見」となるのか理解できません。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-22 13:26:06
>eleco75さま



最初にいただいたコメントでは、飲酒運転の方が痴漢よりも重大だとする、私の意見を、ご批判されています。では、両者の軽重はどうなのか、と問われて、ご自分の意見表明がないというのでは、以前のコメントは、単なる、為にする批判のように思えるのですが、違うでしょうか。



もともと、程度の問題を議論されていたのですから、ご自分で程度の問題に対する具体的な判断を提示されないというのは、議論としてフェアではないと思います。それができない、というのなら、もともとのご意見が、議論として成立していなかったと言えると思いますが、いかがでしょうか。



「>」でも「<」でも「=」でもなく、「軽重を決めるべきではない」というお立場なら、なぜそうなかを説明されるべきでしょうし、「>」の立場を批判しただけで終わるのは、議論的には、いくらか礼儀を欠いていると思います。



尚、「軽重を決めるべきではない」という立場については、現実の社会では、両犯罪に対する法的・社会的な扱いを決めなければならないのであって、そこを明確にしないのは、不毛だし、現実的に重要な問題に対して、危険だと私は思います。



自己正当化に走らずに、なるべく客観的に、論理的にどうなっているかを、考えてみて下さい。



>hiroさま



ご指摘、ごもっともです。「男性よりの意見」というのは、正直なところ、紋切り型の意見だな、と私も思ったのですが、よく考えると、論点がずれているような気がしますね。



もっとも、意見の角度は人によっていろいろです。われわれが決めつけずに、eleco75さんご本人の説明をお待ちしましょう。
 
 
 
非常に微妙な問題ゆえに (床屋政談)
2006-09-23 10:00:06
とても迷いました。が、書きます。

(eleco75さん、お気に触ったら御免なさい)



私は男性ですが、自身と身内の体験も踏まえて、飲酒運転が痴漢よりも行為として遥かに悪い、とは「限らない」と思います。





そう思う理由を説明する前に、別の話になりますが、昔は飲酒運転自体に対する非難の目や罪悪感は今ほど厳しくなかったですよね?



ではナゼ変わったか? やはり被害者を襲う理不尽さが一般に浸透したのも大きいと思います。最近の福岡の事件でも、3人の子を救うために闇の海に何度も跳びこんだ母親、という報道はやはり涙を誘いました。



以前は、自動車会社のスポンサー力のせいか、モータリゼーションの歴史の浅さのせいか、クルマが凶器でもあるという事実が現在ほどには浸透していませんでした。





逆に痴漢行為は、その具体的な行為によっては(たとえば電車で女子高生に性器を出した

とか、首や胸や腰やお尻や股間や脚を意識的に触ったとかが分かれば)、かなり以前から(今も)人格的にかなり忌避されてきた行為だと思います。



ただし、その忌避の理由は、「まず」加害者に対する生理的嫌悪感が、特に女性一般にあるのだと思います。(それがすぐに軽蔑や怒りや非難に至ります)



一般男性も、加害男性を軽蔑する感覚はありますが、「被害者女性が自分の身内である場合は別にして」、たとえば私などはある具体的行為(電車内で女子中学生の学生鞄の蓋の隙間から男性器を差入れて中に発射した、といった行為です。女性同僚から聞きました)を知ったときには、好奇心とまでは言わないまでも、そのヘンタイぶりビョーキぶりに驚くやら呆れるやら、という感覚が先にたつかもしれない面があるのを認めざるをえません。



しかし上の例など、被害女性にはトラウマ・精神への傷になりうると思いませんか?



(被害と加害の行為自体も、一般男性のその感覚もです)





犯罪や病的なことを除けば、「性」は昔から人の営みの大きな部分を、素晴らしく飾ってきたと思います。

そしてだからこそ、痴漢のトラウマは、被害女性が恋愛賛歌の強い現代社会で生きていくうえでもの凄い傷になりえます。





しかも外見上は分からないことが多い。



ひるがえって、交通事故はイメージ上は被害が見えやすい。血を流して亡くなったり、怪我をしたり、車椅子生活や植物状態になったり、見えることが多いですよね。





で、危険は承知でさらに踏み込みます。



繰り返します。人類の歴史以来、性や愛や恋はとても大きな位置を占めてきました。



と、同時にです。さきほど、被害女性が身内でない時は、としましたが、私が思うに、多くの人は「性」自体が相当にヘンだという認識が頭の隅にあると思います。いわゆるノーマルのセックスだって、無防備な姿で腰を一生懸命ふるわけですからね。互いに愛があっても個別のセックスはとても多彩です。



この、「性はどうもヘンでもある」という認識は、当事者でないかぎりの、一般人の痴漢へのトホホ感を支えてもいると思います。



そしてさらに、ディープな痴漢の被害女性ですら、トラウマとまではならない女性がいる。

男性と女性の一部は「あなたも頑張って」などと気軽に言ってくれる。



この「一般感覚」はトラウマを負わされた被害女性を苦しめないでしょうか?





山崎さんの論考や山崎さん自身が、痴漢被害者を軽んじているとは思いません。



が、世間には上で触れたような一筋縄でいかない風潮があり、「遥かに」と言われると、「それは違うんじゃないか」となる人が一定数いるかもしれないとは思います。





それでも冷静に考えると、クルマは一度に大量の人間を傷つけうる(痴漢では…?)し、

外見で分からない「傷」を元に公の規範を決められないのではないか? 

(公の規範には、立法や行政のほかに、どれぐらいメディアで非難されるべきか、も入ると思います)

とも、言えますね。





さらにさらに、あわてて抑えておかなくてはならないのが、性犯罪を裁く難しさに、それを説明する、イメージするだけで、被害者を傷つけうる、というのがあります。





結局、私は痴漢について、



性は時に深く人の精神を傷つけるので、他の犯罪と比較しにくい。すべきでないかもしれない。



そして、痴漢の詳細な内容によっては、もっと厳しく量刑を問えるようにすべき。



と思います。



(たとえば被害者の年齢はロリコン写真の所持規制があることを考えると量刑に反映すベき。

加えて、冤罪防止にもなるので、もっと詳細に痴漢内容を突き止めるべきでは。女性の捜査官が容疑者の手のDNA検査をするこのはどうか。実際に下着も含めた女性の衣服の下に手を入れる痴漢はいるらしい。

逆に、満員電車でお尻を触ったと女性に主張されると濡れ衣と思われても起訴しがち、と検事さんから直接聞いたことがある。もちろん証明できればお尻だけでも罪にすべきだが、現状は冤罪と男性の痴漢捜査不信が強くなりすぎていると思われる。)















 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-23 10:30:56
床屋政談さま



ご意見ありがとうございます。



痴漢について、特に被害者の精神的なダメージに想像力を持つことは重要だと思いますが、「・・・・とは限らない」という形の論を立てて、犯罪の軽重を他の犯罪と比較しないという議論の方向性は生産的でないように思います。



「・・・・とは言い切れない」という議論は、反駁されにくいし(「例外はない」証明する側は論理的に大変)、時に心情に訴えますが、同時に、それで問題を曖昧にしてしまう危険があります。



現実の世の中では、それぞれに対して、法的なものも、社会的なものも含めて、罰や反応がある訳で、それらがどうあるべきか、という事は、決めざるを得ませんし、考えないのは無責任でしょう。



もちろん、「痴漢>飲酒運転」という立場もあり得ますし、問題を論じようとする場合、自分の立場をはっきりさせるべきだと思います。



まあ、ブログの中のやりとりにそう目くじらを立てる必要はないし、議論としての厳密性を求めるのもどうかと思うのですが、掲示板やブログも含めて、「印象を批評し、・・・決めつけることは出来ない」と自分の立場を明確にしない論法は、ものごとを論じているようでいて、実は役に立たない議論になるように思うのですがいかがでしょうか。



たとえば、量刑は、どれくらいが適当だとお考えでしょうか?
 
 
 
量刑は… (床屋政談)
2006-09-23 21:52:28
山崎様 最初にですが、私、寝不足で山崎さんの「遥かに」を、痴漢と飲酒運転の一般の比較と誤読してました。すいません。



「遥かに悪い」のは、中村獅堂氏が植草氏に対して、今回のケースで、でしたね。



で、私の今回の量刑感では、



1:恐怖と驚愕や無知によって、抵抗できない女性の体を、まさぐったというわけではないとすると、その点は中村獅堂の殺すかもしれない飲酒運転より「軽い」。

触ったとは思われるが、(巧妙にかどうかはともかく)いわゆるタッチだったろうから、万が一だが誤解や偶然の可能性もごくわずかにある。



2:常習の可能性があるが、そうだったとすると、以前に検挙されていたことも考えると「重い」。中村獅堂も常習だった可能性はある、が、それは可能性にとどまり、初犯と仮定した。



3:中村獅堂(と一般の飲酒運転)は、何の

関係もない多くの人の命を一瞬に奪う可能性があった。が、植草氏はいまのところ今回の

件で、被害者(と、忌まわしい記憶を思いおこしたという意味で前回、前々回の被害者)にとどまる。(家族はあえて被害者に入れない)。植草のほうが「軽い」。



4:植草の相手は女子高生。多感で未熟な時期だとすると、非道な行為だが、中村獅堂は強い可能性なので、「比較はできない」とも言えるし、やはり未成年を被害者にした可能性があり、「両方重くて同じ」とも言える(へ理屈か?)。

植草は女子高生を、狙った。中村獅堂は被害が容易に予見できるのに自制しなかった。「比較はできない」と考えるか、「両方重くて同じ」と考えるか?



5:極論だが、植草は病気だとすると罪にとえない理路がある。が、中村獅堂もアル中という病気の可能性もある。「両方同じ」だが、山崎さんは「行為として」と考えているので、この点は関係ないとすべきか。



1から5を総合し、今回の植草より中村獅堂のほうが「重い」という量刑判断をしざるをえません。が、「遥かに」か、というと、その言葉を認めると、何だか植草の行為が軽くみられているような錯覚を個人的に捨て切れないのも正直なところです。



::::::::::::::::::::



ただし、痴漢一般と飲酒運転一般の比較の場合は、痴漢には多様性があり、量刑にもっともっと幅を持たせるべきでしょう。それとエグイ痴漢行為には、強姦罪を適用すべきです。動作としての暴力性と、常習性を(毎日同じ電車の女子学生を狙うとかの常習性も)もっと細かく詮議してもいいと思います。それと、現状の強姦罪の量刑では、ビョーキの人間の主観では「割がいい」とも言われるので、強姦の量刑をもっと重くすべきだと思っています。



往生際が悪いついでにですが、

量刑には社会へのアピールも含まれるので、残念ながら、恍惚をともなうビョーキ度の強い痴漢を重罪にして抑止効果を期待するより、習慣性はあっても恍惚はないアル中が含まれる飲酒運転を重罪にして抑止を期待するほうが、効率的に効きそうでもあります。ずるい言い方ですが。





 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-09-24 00:18:44
床屋政談さま



スッキリとした整理、ありがとうございます。異論はありません。



量刑の問題の外に、痴漢も飲酒運転も、何れも現行犯でなければキチンと罪に問えない(軽すぎたり、重すぎたり)という逮捕の体制の問題もありますね。



飲酒運転も、逃げられてしまうと、血中アルコール濃度を測れないので、重い罪に問いにくいというような事情があるようです。また、痴漢については、冤罪の問題もあり、やった・やらないが微妙なケースもあるようですね。



また、両犯罪共に、何らかの治療的措置が必要なケースが多いと思います。
 
 
 
私信 山さんへ (作業員)
2006-10-26 18:53:27
昨日テレビで、アメリカびいきの双日だかなんだかのエコノミストが、「植草さんは、景況の読みがすごい。アメリカ株もただ一人予想していた」とおっしゃっていました。

私も植草さんを腐らせるのは惜しいと思い、女友達に、「女子校で監視カメラつきで働かせたらどうか」と言ったのですが、ダメだそうです。それは男の考えで、授業受ける女の身にもなってみろ、で、そりゃそうですね。効用の最大化失敗なり。



さきほどヨイヨイの父と電話で話すことができました。当時好きだったのは、断然升田幸三だそうです。今は、名前を失念していて名人だというので、森内という人でしょうか。「顔色をわりにかえない男」だそうですが。

碁は、と聞くと、「メーエーン。メーエーン」とわけのわからないことを呻いているので、電話を切ったのですが、どうも台湾のWang Ming wan という人のことでしょうか。



ちなみに、これは嫌みとか冗談ではなく、子供の頃、中原誠は東大出のさもしい株屋に見えたので、大嫌いでした。大山先生のように潔くツルッパケのオヤジになるつもりでありました。幸いなことに、まだ毛はなんとかあります。では落ちます。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-10-27 04:25:37
作業員さま



植草氏の効用を最大化する、というのは、なかなかスリリングな試みです。監視カメラぐらいでは、徐々に逸脱していきたい性向に歯止めはかからのではないでしょうか。







将棋では、私は、かつて、升田に憧れました。大きな構想の将棋は、いつまでも色あせないと思います。



現名人の森内氏は、確かに顔色を変えない勝負師です。彼は、ずっと羽生の後塵を拝していたのですが、近年になって、羽生との戦い方が分かってきたようです。



中原誠氏も好きです。彼は、かつては、オーソドックスの権現のような将棋を指していたのですが、老境にさしかかってから、他人と異なる独創的な将棋を指すようになりました。例の林葉直子問題なども含めて、人間的にも、なかなか面白い人物です。
 
 
 
一般論ですよあくまで (作業員)
2006-10-27 16:26:35
>逸脱していきたい性向



当該女友達に、男子校でならいいじゃないか、と言ったところ、「あんた、ほんとは童貞じゃないの。そんなところに入れたら、男色覚えるだけでしょ」と言われました。まだまだ村上へーぽー龍の読み込みが足りないようです。フィジーの小人でも読み直します。



中原林葉の話は、そのとおりです。暴れん棒米長なんかより、百倍好きですね、エロくて。林葉さんは、いっときほんとに綺麗でしたもんね、頭はどうなってるのかわかりませんでしたが。逸脱していきたかったんでしょう、きっと。
 
 
 
Unknown (山崎元)
2006-10-27 16:46:48
作業員さま



世間的には評判が悪かったようですが、林葉問題が勃発したときに、羽織袴で自宅の庭にTVカメラを迎えて、何度もインタビューに答えた超正攻法の対処は、さすが大名人というべきで、大いに感服したものでした。



久しぶりに思い出したので、中原名人の将棋をまた並べてみたくなりした。
 
 
 
わしも評論家になってみる (作業員)
2006-10-27 19:12:02
日経より

>前日に7―9月期の増益決算を発表したキヤノンが利益確定売りで大きく下げ



ミスター円の榊原大先生いわく、景気はピーク、利益確定せよ、らしいからなあ。わしの呪いやないで。どんどんいきまっしょい。
 
 
 
いい加減な情報で (匿名希望)
2006-11-28 15:57:54
いい加減な情報でよくぞここまで中傷を書けたものだと感心いたします。

貴方の人間性を疑います。
貴方は
たった一度会った植草氏の自己中心性と粘着性に、「嫌い!」の念を深めたことを覚えている。
らしいですが、議論の場で自らの主張をするのは当然のことです。

私はいい加減な情報を元に他人を中傷できる貴方を
「嫌い!」と思います。
 
 
 
マオ (knockoff handbags)
2012-02-06 23:09:51

仕事に関係する場と相手以外で、誰と付き合って、何をしていても、「関係ないでしょう、それは」という感覚が常識になるべきだと、アタマでは思うのですが、世の中がそうなっていない、ということから考えると、倫理というものは、少なくとも、事柄にだけ付属するのではなくて、個々の人間に属するものなのだと思えます。gvws
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
BoAちゃんが韓国でAVに出演していた!? (芸能BLOG)
人気シンガーBoAちゃんのAV出演疑惑が話題になってますがパッケージとサンプル動画を入手に成功!女優名は宝乃ありかに変えてありますが、完璧にBoAですね♪デビュー前の作品でしょうか?海外作品で過激なため18歳未満はコチラより退場してください。18歳以上は ...
 
 
 
中村獅童の浮気相手!岡本綾のノーパンノーブラ写真集!ポロ寸前。 (芸能ふぁくしょんBLOG)
岡本綾といえば、中村獅童と浮気が発覚した女優。今回、セミヌード写真集を発売した!!しかーし、なんと!下着はつけておりません。 このおっぱい!乳首が出ちゃいます。下だよ下だよ下だよ ノーパン、ノーブラ(なか
 
 
 
新垣結衣が前回のドラマ「ギャルサー」で水ぶっ掛けられて、びしょ濡れ透け透け! (あんちゃんBLOG)
最近、ブレイク寸前の新垣結衣、現在「マイボス・マイヒーロー」でヒロイン役が前回のドラマ「ギャルサー」で見せたお宝画像を発見しますた!歯並びのよさが100万人に一人だということです。カウボーイに水をぶっ掛けられてびしょ濡れの結衣チャン。びしょ濡れで透 ...
 
 
 
ほしのあき「スカイダイビング」でポロリ!! (My First JUGEM!)
アイドルのほしのあき(28)がスカイダイビングに初挑戦することになり26日、大阪市内で「“空中乳寄せ”します。ポロリもあるかも」と大サービス宣言した。 ダイブ中に陣内智則(32)は“空中カメラマン”として一緒に飛びグラビア撮影することも決 ...
 
 
 
小倉優子(ゆうこりん)のヘアヌードが流出? (リング)
先日、小倉優子(ゆうこりん)とよゐこの濱口優が交際している事がわかった。しかも、同棲していると言う情報も…そんな衝撃の事実を知ったファンの痛い仕返しが待っていたのだ所属事務所はダンマリで、ピリピリムード。実は、交際発覚の直後から、小倉のファンサイ ...
 
 
 
蛯原友里(エビちゃん)乳首がピンク色? (らんらん)
人気モデル、蛯原友里ちゃんの乳首がくっきりみえるというという騒動が起こっている カリスマ人気モデルの蛯原友里(エビちゃん)がまさか?と思われていたのだが、日焼け止め化粧品『アネッサ』のCMで、エビちゃんがブラを取った後のシャワーシーンがあった。そ ...
 
 
 
ダコタ・ファニング、10歳でレイプ被害者を熱演 (映画情報とエンタメブログ)
ダコタ・ファニング 人気天才子役として活躍を続けるダコタ・ファニングが、 新作映画でレイプシーンに挑戦したことが明らかになった。 「ハウンドドッグ」(日本10月公開) この映画はあの事件を再現した
 
 
 
沢尻エリカ!やばい過去画像でバレタ (My First JUGEM!)
沢尻エリカ!!!お宝画像特集!! 一番注目の沢尻エリカ!その理由。。 男遊び、飲酒、煙草。何でもやり放題の新人女優だから!! どんどん出てくる沢尻の武勇伝。 お酒好きな沢尻は、 ドラマ「1リットルの涙」でのブレイク後(当時19 ...
 
 
 
中村獅童の浮気相手!岡本綾のノーパンノーブラ写真集!ポロ寸前。 (芸能ふぁくしょんBLOG)
岡本綾といえば、中村獅童と浮気が発覚した女優。今回、セミヌード写真集を発売した!!しかーし、なんと!下着はつけておりません。 このおっぱい!乳首が出ちゃいます。下だよ下だよ下だよ ノーパン、ノーブラ(なか
 
 
 
新垣結衣が前回のドラマ「ギャルサー」で水ぶっ掛けられて、びしょ濡れ透け透け! (あんちゃんBLOG)
最近、ブレイク寸前の新垣結衣、現在「マイボス・マイヒーロー」でヒロイン役が前回のドラマ「ギャルサー」で見せたお宝画像を発見しますた!歯並びのよさが100万人に一人だということです。カウボーイに水をぶっ掛けられてびしょ濡れの結衣チャン。びしょ濡れで透 ...
 
 
 
ほしのあき「スカイダイビング」でポロリ!! (My First JUGEM!)
アイドルのほしのあき(28)がスカイダイビングに初挑戦することになり26日、大阪市内で「“空中乳寄せ”します。ポロリもあるかも」と大サービス宣言した。 ダイブ中に陣内智則(32)は“空中カメラマン”として一緒に飛びグラビア撮影することも決 ...
 
 
 
BoAちゃんが韓国でAVに出演していた!? (芸能BLOG)
人気シンガーBoAちゃんのAV出演疑惑が話題になってますがパッケージとサンプル動画を入手に成功!女優名は宝乃ありかに変えてありますが、完璧にBoAですね♪デビュー前の作品でしょうか?海外作品で過激なため18歳未満はコチラより退場してください。18歳以上は ...
 
 
 
現場主義のエコノミスト (カイロスの前髪)
 単に統計数字だけを見て経済を語っているようでは、しょせんエコノミストとしては二流です。そうではなくて、実際に現場に出て、自らの手で経済の実態に触れ、そのリアルな感触を確認してこそ一流のエコノミストといえるでしょう。そう、青島君も言ってるじゃな ...
 
 
 
北川景子 山Pとヤリまくる以前のXXXビデオ入手 (ワイスピ×3 北川景子のXXXビデオ紹介)
 シリーズ化された、16日公開のハリウッド超大作「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」(ジャスティン・リン監督)  北川景子ちゃんは、無謀なレースで何度も補導され、ドロップアウトして日本にやって来たアメリカの高校生ショーン(ルー ...
 
 
 
北川景子 山Pとヤリまくる以前のXXXビデオ入手 (ワイスピ×3 北川景子のXXXビデオ紹介)
シリーズ化された、16日公開のハリウッド超大作「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」(ジャスティン・リン監督) 北川景子ちゃんは 無謀なレースで何度も補導され、ドロップアウトして日本にやって来たアメリカの高校生ショーン(ルーカス・ブ ...
 
 
 
あいのり やっぱり三ちゃんはイジメられていた!&あいのり18禁情報 (あいのり 表&裏 情報局)
昨日、放送されたあいのり。本編ではタチがじゅん子に攻め続けるもじゅん子はタチはちゃきが好きだと思っていて空回り。また、以前に“ゲロから始まる恋”と前フリしていた通り植っきとちゃきがいい感じに。 あいのり お宝映像特集! (↑↑衝撃映像見逃した ...
 
 
 
あいのり やっぱり三ちゃんはイジメられていた!&あいのり18禁情報 (あいのり 表&裏情報局)
昨日、放送されたあいのり。本編ではタチがじゅん子に攻め続けるもじゅん子はタチはちゃきが好きだと思っていて空回り。また、以前に“ゲロから始まる恋”と前フリしていた通り植っきとちゃきがいい感じに。 あいのり お宝映像特集! (↑↑衝撃映像見逃した人 ...
 
 
 
眞鍋かをり 不思議発言を連発「今でもパパとお風呂に入れますよ」 (眞鍋かをり 不思議発言を連発「今でもパパとお風呂に入れますよ」)
ブログの女王として君臨している知性派タレント・眞鍋かをり(25)。 日テレ系「ダウンタウンDX」などバラエティにも出演しているが、最近はどうも不思議な発言が目立ってきている。 ストレス解消法が「友達とのカラオケ」だという彼女。 「他の人が歌ってい ...
 
 
 
長澤まさみ ミステリアスな私生活から「処女説」浮上 (長澤まさみ ミステリアスな私生活から「処女説」浮上)
「世界の中心で愛を叫ぶ」の大ヒットを皮切りに、映画やドラマに大活躍中の長澤まさみ(19)。 現在公開中の主演映画「ラフ ROUGH」でも見事な水着姿を披露して、注目を一身に浴びている。 そんな彼女のデビューのキッカケは、12歳時にグランプリを獲得 ...
 
 
 
相武紗季と錦戸亮に熱愛発覚? (相武紗季と錦戸亮に熱愛発覚?)
女優・相武紗季(21)。打ち切りになってしまったが、ドラマ「レガッタ」に出演し 年末のドラマ「Happy」にも主演、CM契約は9本と超売れっ子になったが、 その相武紗季の周辺で、ある噂が流れている。 あのジャニーズの人気メンバーと・・・ 今年のテニス ...
 
 
 
内山理名 ソープ嬢を過激に演じる!「白い美肌を泡につつんで…」 (内山理名 ソープ嬢を過激に演じる!「白い美肌を泡につつんで…」)
ドラマ「嫌われ松子の一生」がいよいよ10月からスタートする。 女教師からソープ嬢へと転落人生を歩む"汚れ役"に挑戦するのは内山理名(24)だ。 番宣用ポスターがこれまたエロい。 谷間クッキリで紫のブラジャーをつけた内山が、挑戦的な眼差しをおくって ...
 
 
 
月刊ほしのあきスペシャル (ほしのあき)
ほしのあき、超エロい写真集をPR グラビアアイドル・ほしのあきが先月、新作DVDを発売。 タイトル『月刊ほしのあきスペシャル』は、かなり過激な内容に仕上がっているという。 一体どのような体制で撮影に挑んだのだろうか→entertainmentRanking 先月18 ...
 
 
 
月刊ほしのあきスペシャル (ほしのあき)
ほしのあき、超エロい写真集をPRグラビアアイドル・ほしのあきが先月、新作DVDを発売。タイトル『月刊ほしのあきスペシャル』のような体制で撮影に挑んだのだろうか→entertainmentRanking先月18日に発売した新作DVDは、かなりのエロさだという。ほしの ...
 
 
 
ソープ嬢 内山理名 (げいのう)
ドラマ「嫌われ松子の一生」がいよいよ10月からスタートする。 女教師からソープ嬢へと転落人生を歩む"汚れ役"に挑戦するのは内山理名(24)だ。 番宣用ポスターがこれまたエロい。 谷間クッキリで紫のブラジャーをつけた内山が、挑戦的な眼差 ...
 
 
 
ソープ嬢 内山理名 (げいのう)
ドラマ「嫌われ松子の一生」がいよいよ10月からスタートする。 女教師からソープ嬢へと転落人生を歩む"汚れ役"に挑戦するのは内山理名(24)だ。 番宣用ポスターがこれまたエロい。 谷間クッキリで紫のブラジャーをつけた内山が、挑戦的な眼差 ...
 
 
 
『シュガー&スパイス 風味絶佳』 (沢尻金髪)
大泉洋『沢尻はばかみたいな頭してくるし…』 この度、映画『シュガー&スパイス 風味絶佳』の舞台あいさつが六本木ヒルズで行われた。 そこでなぜか、金髪ウィッグをつけて現れた沢尻エリカだが 同映画の主役、柳楽優弥(16)や沢尻エリカ(20)、大泉洋(33)ら ...
 
 
 
シュガー&スパイス 舞台あいさつ (沢尻金髪)
大泉洋『沢尻はばかみたいな頭してくるし…』この度、映画『シュガー&スパイス 風味絶佳』の舞台あいさつが六本木ヒルズで行われた。そこでなぜか、金髪ウィッグをつけて現れた沢尻エリカだが同映画の主役、柳楽優弥(16)や沢尻エリカ(20)らが登場。口べたな ...
 
 
 
若手女優は生意気!? (若手女優が生き残る特徴は?)
9/15放送の「おはよう朝日です」にて、今、旬の若手女優6人として、上野樹里(20)、沢尻エリカ(20)、長澤まさみ(19)、宮崎あおい(20)、石原さとみ(19)、綾瀬はるか(21)の名前が挙がった。 しかも、実はこの6人、綾瀬はるかを除いて全員週刊誌に熱愛が報 ...
 
 
 
夏川純がM調教されている相手とは (夏川純がM調教されている相手とは)
夏川純のプライベートの話題。 それが、Sで有名な大物タレントに、 M調教されているのでは?という噂が立っているらしいのです。… 最近、バラエティ番組によく出ている夏川純。 深夜番組で「私はドM」と告白。 それがかなりの筋金入りのMみたい。 「付 ...
 
 
 
上野、沢尻、長澤は生意気!? (若手女優は生意気!?)
若手女優が生き残る特徴は?上野、沢尻、長澤は生意気!?9/15放送の「おはよう朝日です」にて、今、旬の若手女優6人として上野樹里(20)、沢尻エリカ(20)、長澤まさみ(19)、宮崎あおい(20)、石原さとみ(19)、綾瀬はるか(21)の名前が挙がった。しかも、 ...
 
 
 
アヤパン結婚ピンチ! (高島彩の結婚がピンチ!!)
フジテレビの看板アナ、アヤパンこと高島彩(27)が結婚秒読み? そんな記事が各誌をにぎわせていますね 彼女のお相手は、ご存知のとおり、人気デュオ「ゆず」の北川悠仁(29)。 しかし、ゴールインするためには、 どうしても超えなければならない大きな壁 ...
 
 
 
藤原紀香に「年齢詐称」疑惑!? (藤原紀香に「年齢詐称」疑惑!?)
政界事情通の話。 「自民党は高支持率を誇った小泉首相から、実力が未知数の安倍新首相にバトンタッチするため、是が非でも来年の参移?婆楸霧?笋?澆靴ぁ?修海播淤槁瑤?蔑?鯀世辰討い襪里?8教?瓠?隠娃伊?蔀碓未???瓩襪?蕕任后E浚管瑤呂垢任傍?瓩亮?佞棒..
 
 
 
シュガー&スパイス 舞台あいさつ (沢尻金髪)
大泉洋『沢尻はばかみたいな頭してくるし…』この度、映画『シュガー&スパイス 風味絶佳』の舞台あいさつが六本木ヒルズで行われた。そこでなぜか、金髪ウィッグをつけて現れた沢尻エリカだが同映画の主役、柳楽優弥(16)や沢尻エリカ(20)らが登場。口べたな ...
 
 
 
小栗旬が田中美保とラブラブ海外旅行! (小栗旬が田中美保とラブラブ海外旅行!)
交際が噂になっていた小栗旬(23)とモデルの田中美保(23)が 海外旅行に行っていたという情報が流れている 梨本氏のサイトに寄せられた情報が、東スポに掲載されている。 (以下引用) 「9月4日、成田空港行きの高速道路のパーキングエリアです。 小栗 ...
 
 
 
M・キャリー、米音楽賞3部門でノミネート (マライア・キャリー)
 9月19日、米歌手マライア・キャリーが11月開催の米音楽賞「アメリカン・ミュージック・アワーズ」の3部門でノミネートされたことが分かった。  [ロサンゼルス 19日 ロイター] 米歌手マライア・キャリーが11月21日に当地で行われる米音楽賞「 ...
 
 
 
マライア・キャリー (M・キャリー)
 9月19日、米歌手マライア・キャリーが11月開催の米音楽賞「アメリカン・ミュージック・アワーズ」の3部門でノミネートされたことが分かった。 [ロサンゼルス 19日 ロイター] 米歌手マライア・キャリーが11月21日に当地で行われる米音楽賞「ア ...
 
 
 
小西真奈美 福山雅治と熱愛発覚!? (小西真奈美 福山雅治と熱愛発覚!?)
アサヒビール「ぐびなま。」のCMが大好評の小西真奈美(27)。小顔で抜群のプロポーションをもつ彼女の人気は、今年6月に発売されたセクシー写真集「27」で大ブレイク。ヌードこそないものの、B80W59H88というナイスバディが拝めて、寝起きやお風呂上 ...
 
 
 
浜崎あゆみ飲みすぎでスタッフに命令! (浜崎あゆみ飲みすぎでスタッフに命令!)
結膜下出血で9/1のイベントにサングラス姿で登場した浜崎あゆみ。  実はアルコールの多量摂取で目が充血していたのでは?といったうわさがある。 長年君臨していた歌姫の地位はすでに過去のものとなり、無名時代からお互いを支えていたTOKIOの長瀬とはすでに破 ...
 
 
 
新説・植草一秀冤罪説 (微妙に日刊?田中大介)
最近になって、植草一秀さんの覗きでの逮捕は冤罪だったのではないかと考え直しました。その根拠はやはり覗きで逮捕されたときに、肝心の手鏡がポケットにあったということです。捜査員の接近に感づいて瞬時にポケットに隠したとは考えにくいからです。
 
 
 
押切もえがソフトバンク新垣投手と交際か?あらゆる手で男を誘惑 (My First JUGEM!)
CanCamモデルの押切もえが プロ野球ソフトバンク新垣 渚投手との 熱愛説を否定した。 今春からインターネット上などで2人の交際がささやかれてきた。 関係者によると2人は03年に対面しているが、その後の個人的な付き合いはないという。 ...
 
 
 
植村免罪説 (虎ノ門の落ちこぼれ)
ご家族の気持ちを想うと、切ないですね。 手鏡報道では恣意的なものを感じたりもしましたが、 そればかりじゃ無かったことは明白ですね。 性癖は色々だと思いますが、やってOKなこととNGなことがありますよね。 善し悪しは別にして、お金さえ払えば「たい ...
 
 
 
極楽とんぼの山本圭一が球団復帰!! (My First JUGEM!)
 社会人クラブ野球チーム、茨城ゴールデンゴールズ(GG)が 神奈川県・横浜スタジアムで「テリー伊藤のってけ球団 神奈川BBトリニティーズ」と 親善試合を行い9―6と快勝。  試合後、萩本欽一監督は淫行問題で除名処分とした お笑いタレント ...
 
 
 
矢口真里と俳優の小栗旬破局報道の真実 (日進月歩)
実は小栗に新恋人ができたという話… その新恋人というのが、某有名モデルだという。 モデルに負けるのか矢口? こんな柔らかそうなおっぱい持ってるのに こんなに可愛いのに 捨
 
 
 
被害者が痴漢の手を掴めないときもある (AAA植草一秀氏を応援する?ブログAAA)
植草様保釈の為の抗告に、 最終的な判断がされるのは月曜日以降になると思われます。 被害女性が叫んだ一言で、 同じ車両に乗っていた二人の男性が植草様を取り押さえて、 現行犯逮捕し、京急本線の京急蒲田駅で下車さ
 
 
 
マンスジの見えてる桃尻レースクィーン (マンスジの見えてる桃尻レースクィーン)
マンスジの見えてる桃尻レースクィーン お尻食い込みすぎレースクイーン お尻の形がクッキリわかる ピチピチコスチュームがエロいっすね~。 動画はココ!! 海外盗撮モノとしては非常にレ