goo

菅直人首相の賞味期限はどのくらいか?

 参議院選挙が公示されたので、ブログでもツイッターでも政治の話がしにくい。政治家のツイートは今後しばらく激減するのだろう。現状は、選挙期間には政治の議論などせずに、政見放送のように形が決められた情報と大手マスコミの提供する情報だけで判断をせよ、という選挙民愚民化的な制度になっている。
 かつて、浮動票を嫌って、有権者に「寝ていて欲しい」と言って問題になった首相経験者がいたが、これに近い「政治については黙っていなさい」言わんばかりの制度が押しつけられている。
 当ブログについて、管理者は、世間に対する影響など持っていないと思っているが、インターネットのお蔭で誰でも見られるという性質に鑑みて、参院選の候補者には当面直接触れまい。本当は、褒めたり、けなしたりしたい候補者がいたのだが、相撲取りの賭博問題などに気を取られているうちに、時機を逸してしまった。

 しかし、首相についてゆる~く論じるくらいは許されるだろう。
 もちろん、今の段階で確かなことが分かるはずもないが、私は、菅内閣は短命なのではないかという気がしている。

 大まかな構図として、官僚集団は、菅氏を増税に利用して、使い捨てしようとしている、と見る。
 参院選の直前に政権を獲って、菅内閣に人気があるうちに、消費税率引き上げを看板公約に参院選挙に臨ませたことは、官僚側から見ると大成功だ。
 菅氏の近くにいた官僚は、政権交代以来、菅氏の頭脳には過大な負荷が掛かる財政のレクチャーを授けつつ、世論調査で消費税率引き上げに賛成の方が多いデータなどを見せて、「今や、消費税率の引き上げをはっきり言った方が立派な政治家だと世間が思うはずだ」と吹き込んだのだろう。この際に「鳩山政権は遠からず行き詰まるから、下手に関わらない方がいい。次は、誰が見ても、菅さんが首相だ! われわれは菅さんに期待している」と付け加えたのではないかと想像する。
 その結果、国家戦略担当の副首相という重要な立場にありながら、鳩山内閣が潰れるまで、菅氏は政治の舞台から殆ど消えていた。「菅から眠」などと揶揄されたように、寝ていたのだ。
 その間、財政の組み替えに本格的に取り組み予算の作り方を抜本的に変えるはずだった国家戦略局は設立が棚上げされ、民主党の第一の公約だった財政支出のムダ削減は官僚がお膳立てした「事業仕分け」に矮小化され、予算の権限は全面的に財務省に残り、平成22年度予算がさっさと作成されて、通過した。同時に、公務員の天下りは容認の方向に傾き、もちろん、公務員人件費の削減も実行されない。今や、幹部公務員は、役所に残って高収入を得続けることも出来るし、天下りの道も開けている。
 同時に、鳩山内閣は、自ら消費期限を区切ったかのように普天間問題を中心に着々と追い込まれていった。
 そして、今度は菅首相に消費税率引き上げを語らせての参議院選挙だ。
 官僚たちも、こんなに上手く行くとは思っていなかったのではないか。

 官僚機構は便利な男を御輿に乗せた。
 「10%」の根拠を問われて上手く答えられなかったり、就任当初から支持率が10%ほど下がって慌てて実施は先だと言い出したり、毎度おなじみの「首相のブレ」を見せてはいるが、菅氏は意地っ張りであるから、いったん言い出した増税路線を変えないだろう。
 加えて、「増税しても、雇用の増加に使えば、景気は良くなる」という菅理論(小野理論?)は、もともと市民運動家の菅氏の社会主義的な感性にフィットしているのだろうし、官僚たちにとっては、官製の事業を拡大する上で好都合だ。次の予算案の通過くらいまでは、菅首相には利用価値がありそうだ。
 しかし、官僚たちは、調教の済んだ犬のような菅氏を、「この頃、案外かわいいな(≒使いやすいぞ)」というくらいには思っていても、彼のことを全く尊敬していないだろうし、好いてもいないだろう。人気が低下して政権運営が停滞したら、いつでも別の人物に取り替えてもいいと思っているのではないか。かつて、「官僚は大バカだ」と言った菅直人だ。官僚は、自分をバカだけではないと思っている(その点がバカかもしれない)生き物なので、一度でもバカと言われたら一生忘れない。
 菅氏にとって何が致命的な障害になるかはまだ分からないが、来年度の予算の通過にメドが付けば、それが、特定の政策であっても、行政の運営であっても、あるいは政局であっても、官僚集団が菅氏をサポートすることはないのではないか。
 逆風にさらされたときに、菅氏は、ひたすら低姿勢に徹して受け流すのは苦手だろう。対立が先鋭化したり、不人気が極まったりするのは早いのではないかと想像する。

 個人的には、菅直人氏に対する人物評価の根本は「仲間が本当に困っているときに助けなかった男」という点だ。首相として頼むに足らない人物だと思っている。
 昨年の政権交代は重要なイベントだったし、とりわけそのスタートは重要だったはずだ。菅氏自身に割り当てられた「国家戦略担当」の役割を十分果たさなかったことも問題だったし、予算にあっても、普天間問題にあっても、菅氏は副総理の立場にありながら、鳩山内閣をサポートしなかった。就任以来、鳩山首相が潰れるのをひたすら待っていたようにしか見えない。

 人物評価上イメージが被るのは、現衆議院議長の横路孝弘氏だ(私の故郷の北海道一区選出だ。高校は違うが、中学校時代に同じ先生に習ったことがある)。彼は、かつて社会党のプリンスと言われた人物だったが、社会党が存亡の危機にあったとき、期待されながら党首の御輿に乗らなかった。右派左派に分かれた当時の社会党にも大いに問題があったし、彼が党首で選挙に臨んでも、社会党に大きな改善は見込めなかったかも知れないが、以来、私は、彼を「いざという時に役に立たない、頼りにならない男」だと思っている(地元民の一人としてもともと期待していたので、一転して厳しい評価になった面はあるが)。
 菅氏は市民運動のご出身だが、横路氏は、二世議員ではあるものの、確か選挙に於いて「勝手連」に支持された最初の政治家で、若手の頃は清新なイメージだった。昔、フレッシュだった政治家が、いかにも政治家らしいズルい男になっていったプロセスも似ているのではないか。

 また、失礼ながら、菅氏は年齢的な衰えが早いのではないか。氏の若い頃と較べて滑舌が悪くなっているし、人相がたるみがちにアンバランスに崩れていると感じることが多い(脳の衰えの表れではないか)。やりとりの論理性にも疑問を感じることが少なくない。
 加齢の影響の出方には大きな個人差がある。たとえば、小沢一郎氏は、普通に歳を取っているとは思うが、表情や言葉遣いから「脳が衰えた」という感じはしない(首相になって欲しいとはさらさら思わないが、彼は、まだ「生きている」感じがする)。
 何らかの非常事態が起こった場合、菅氏が国のリーダーであるという状況には、不安を感じる(これまでの何人かも同じくらい不安だったが、不安の質が少し違う)。

 菅・民主党は、財政支出のムダ削減を早々に諦め、子ども手当を縮小し、公務員の天下りも大いに許して、消費税率を上げつつ、官製事業の拡大に励むようだ。政策的には、昨年総選挙前の民主党とは全くの別物だと考えるべきだろう。
コメント ( 132 ) | Trackback ( 3 )

iPADの印象

 先日、散歩のついでにiPADを買って来た。WiFiの16GBという最もロースペックなものだが、家の中で触って遊ぶにはこれで十分だと思った。それに、使いよいとなれば、家人用にもう一枚買うつもりだったので、ともかく入手を優先した。
 入手してみた印象をいうと、「これは使える!」だ。拙宅では、もう一枚買おうということになった。
 尚、私は、パソコンで長時間仕事をしているが、平凡なソフトと、検索エンジンやRSSリーダー、ブログなど、ネット上に世間が用意してくれたものを使うだけの、リテラシーの低いユーザーである(要は、少し機械好きなだけのオヤジだ)。こんなユーザーでも、iPADは簡単に使えて、直ぐに便利だと思った。
 何よりもいいのは、ノートパソコンをスリープから復帰させるときに表示される、「ウィンドウズを再開しています」という表示に続く数十秒の待ち時間がないことだ。あの、画面との「再会」までの時間は間延びしていて耐えがたく長い。
 たとえば、メールを立ち上げる場合も、瞬きと共にパッと立ち上がって、直ぐにメールのダウンロードを始める。
 画面上のキーボードの使い勝手も悪くない。メールの返事を書くくらいなら、これで十分だ。雑誌の1ページくらいの原稿なら、仕事に使っても大丈夫だろう。何はともあれ、一本原稿を書いて、「モトを取った」気分を味わうことにしよう。
 ブラウザもさっさと立ち上がるので、何かを調べたいときに役に立つ。紙の辞書よりも、電話帳よりも速く用が足りる。一家に、二、三枚置いておくと、便利だろう。
 現在、もっぱらiPHONEのアプリを試しているだけなので、大きな感動はないが、画面サイズが大きいから使いやすい。「柿の木将棋」などは、磁石の将棋盤よりも指しやすい。見映えのするアプリとして、一つだけ「元素図鑑」を買ってみたが、画面がきれいで感心した。当然、YouTubeも見やすい。iPHONEとの比較で特に感じることだが、画面サイズの効果は大きい。
 もっとも、小さいサイズの持ち運べる機械が好きな私としては、iPADは持ち運んでもいいと思うには、大きさ・重さが共に少しずつ過大だ。現在のiPHONEの二倍サイズの画面のiPAD-mini(?)が出たら、これも買いそうだ。
 電子ブックリーダーとしても問題なく、快適だ。iPHONE用のアプリになった書籍を読むと縦横共に2倍になるので、これなら将来老眼になっても読めそうだ。
 尚、本は、横書きのもの(たとえば、小飼弾「弾言」)の方が縦書きのもの(青空文庫)よりも読みやすい。
 私は、もともとディスプレイで文章を読むことには抵抗感がない。テキスト・ファイルなら紙のプリントよりも、エディターに流し込んで読む方が速く読める。また、ある作家の長編小説(ワードの「文字カウント」で20万字くらい)をディスプレイで読んだことがあるが、問題なく読めた。iPADで本を読むのも、問題はあるまい。
 紙の書籍をPDF化することを一部では「自炊」と呼ぶらしいが、鍋(スキャナー。富士通のもの)と皿(iPAD)が手に入ったので、1,2冊試してみて、調子が良いようなら、包丁(断裁機)も買おうかと思っている。
 受け手がiPADのようなもの(iPAD以外の物でも構わない)をたくさん持つようになると、テキスト・写真と音声付き動画をまとめて配るような形式で情報を伝えると便利かも知れない。
 音声付き動画で何でも伝えようとすると、通常は全編を見なければならないから視聴する側は時間を喰う。情報を速く正確に読み取るにはテキストが便利だ。しかし、急所の部分を説明して分かったつもりにさせて欲しいと思う場合もあるだろうし(たとえばテキスト・ブック)、音や動画がある方が圧倒的に伝わりやすい種類の情報もある(「エロ」物などは強力な商品になりそうだ)。
 テキストに動画や音が埋め込まれていて、必要に応じて再生したり、飛ばしたり、できる形になっていると具合が良さそうだ。
 技術的には現在十分にできていることなのだろうが、やり取りするデータのフォーマット、再生ソフト、データの受渡と決済の仕組みなどが標準化されて、取引の習慣がこなれてくると情報発信のやり方が変わる(当面は種類が「増える」)かも知れない。
 そうなると、発信者の側では、テキスト、動画、音声をバランス良く伝える技術が必要になるのだろう。特に、ノンフィクションの分野では仕事の仕方が変わるかも知れないし、ビジネス本もそうかも知れない。もちろん、こうしたものが現れてきた場合、パソコンよりも、iPAD的な装置の方が情報に接触しやすいだろう。
 iPADは途方もない新機能や特殊な芸を持っている訳ではないが、持ち主の指示にてきぱきと答える、愛想と見映えのいい、文房具兼遊具兼情報リーダーだ。値段的にも、一家に一枚あってもいい端末ではないだろうか。
コメント ( 25 ) | Trackback ( 3 )

会社員の7つの不自由

 今週は、獨協大学の学生諸君と、主に「フリー」と呼ばれる立場との比較で、会社員の何が自由であり何が不自由かということについて考えてみたい。私は、十分とはいえないが、両方を経験しているので、実感を正直に書いてみたい(「お前は、どっちも中途半端ではないか」という批判は甘んじて受ける。私ごときを批判すること自体が全くアホらしいだろうけど・・・)。

 フリー(独立自営業)は、まさにフリーと呼ばれるくらい自由なので、会社員の不自由な点を幾つか挙げてみよう。

(1)副業の不自由

 本来、人は、何をして働いてもいいはずだし、仕事は一つでなくても構わない。
 しかし、多くの会社が、就業規則に副業の禁止を謳う。判例的には、副業は原則自由なのだと教えて下さった先生がいらしたが、会社と裁判して勝っても、十中八九は不幸せだろうから、現実的には、「『副業の禁止』を原則禁止」しなければ意味がない。
 会社の許可を取ればやってもいい場合があるだろうが、一々許可や報告が必要だということ自体が不自由だ。
 この点、フリーであれば、職種・職業上の制限はあるかも知れないが、何をして働いたらいいか自分で判断して、決めることが出来る。評論家がバーテンダーでも構わないし、作家が通販会社を運営していても構わない。
 副業、あるいは複業の自由は、現状では、フリーの身分の大きなメリットだが、これが会社員にもあって悪いことはない。会社は、他人の自由に嫉妬しないで、社員の副業を原則的に認める方向に変化すると世の中がより楽しくなるのではないか。

(2)意見発表の不自由

 世間体を気にする企業に所属していると、意見を自分の名前で発表することが難しい場合が多い。個人名で意見を自由に言えないことは、重大な人権侵害だと思うのだが、就業規則に規定があったり、規定はないけれども事実上禁止されていたりする場合が多い。
 たとえば、銀行に勤めていたら、金融行政に関する個人的な意見を雑誌に実名で投稿することは難しいだろうし、金融でなく、政治や社会一般に関する意見でも、実名で発表することが困難な場合が多い。証券会社でもそうだし、保険会社でもそうだし、商社でもそうだった。メーカーなど他の分野の事業会社でもそうだろうし、お役人さんもそのような場合が多そうだ。一見自由に見える外資系の会社でも、日系の会社よりも厳しい場合がしばしばある。
 フリーの立場から見ると、会社員は社内に於ける評判を意識しすぎではないかと言いたい場合があるだろうが、名前を出すことの実害が存在する場合は頻繁にある。また、単に本人の気分だけの制約ではあっても、そう思わせる雰囲気が会社組織に存在する場合が多い。これも十分実害だ。
 たとえば、証券会社の場合、証券会社の肩書きを持つ社員が発言したこと(たとえば相場に関する個人的見通し)が、所属会社の意見と混同される場合があり、これを避けるために、社員の個人的な発言を規制する場合があるが(もともと「コンプライアンス」は法令遵守よりも先にこの種の問題だった)、この場合、一つには発言の責任所在について誤解する情報の受け手側に問題があるし、混同が起こると拙いからといって、会社が社員個人の基本的な権利を制約して物事を片付けようとするのは安易だ。せめて、発言する際のルールを明確化するくらいに留めるべきではないだろうか。
 貴重な情報や優れた意見を持っている人が多数居るはずの会社員や官僚が自由に発言できない状況は、社会的にも損失が大きいと思う。

(3)投資の不自由

 これは大きな不自由ではないが、インサイダー取引に関する規制などを考えると、勤務先の株式(転換社債なども同様)を投資対象にしない方がいいし、取引先についても投資対象から外す方が無難であることが多い。
 そもそも、勤務先の株式を持つということは、リスク分散の観点から好ましくないし、社内にいると会社のことがよく分かるかというと、投資に関しては案外そうでもない場合が多いので、自社株や取引先の株式に投資できないことは、実質的にそう大きなハンディキャップではないが、仕事の関わりで得た情報が貴重な投資情報に見える向きには、我慢することが苦しい種類の不自由かも知れない。

(4)購入商品の不自由

 たとえば、キリンビールの社員は、同僚や先輩がいる場所で、アサヒのスーパードライを飲みにくいに違いない。また、三菱グループの会社の宴会で、乾杯のビールをスーパードライにすると、幹事さんは後で叱られるかも知れない(逆に、住友グループなら、スーパードライでなければならない)。
 日立製作所の社員は東芝のダイナブックを使いにくいだろうし、東芝の社員は日立のフローラを買いにくいだろう。或いは、トヨタ自動車の勤務先に、日産の車で毎日自動車通勤する社員が居たら立派なものだ。
 この種の不自由は会社にもよるだろうが、商品選択の幅が狭まるくらいのことはいいかも知れないが、生活上のこまかな好みに会社が関わるというのは気持ちのいいものではない。フリーの場合、この点の気遣いはない。

(5)人間関係の不自由

 俗に「バカの下にも3年」という言葉がある。ムシの好かない上司でも、3年くらいすれば異動してしまうから我慢しよう、という意味だが、「人生に於いて、3年は長い」とフリーなら思うだろう。もちろん、上司の側が「バカの上にも3年」と思って我慢するケースもあるはずだ。
 会社組織の場合には、人事は全員の希望するようにはならないので、気が合わない相手とも付き合わなければならない場合がある。特に、同じ会社で上司と部下、あるいは同僚として働く場合には、嫌な相手でも深い付き合いを余儀なくされる場合がある。
 多くの場合、フリーの人間がフリーで良かったと思うのは「嫌な奴と無理に付き合わなくてもいい」という点であり、「嫌な奴」でイメージされる人物の多くは同じ会社の人間だ。

(6)時間の不自由

 いわゆる「9 to 5」のシステムに組み込まれた会社員生活の大きな不自由は、時間の使い方にある。もちろん、多くの会社で9時-5時よりも長い時間拘束される。
 会社員は、給料と引き替えに会社に時間を売っている関係にあるので、ウィーク・デイはたいした仕事が無くても、カラダを会社に置いて、位置エネルギーを換金しないといけない。位置エネルギーだけで商品になる点は、フリーから見て会社員の羨ましいところだが、人生全体の問題として考えると無駄が大きそうだ。
 一方、フリーだと、たとえば平日の空いている時間帯にゆっくり映画を観ることも出来る。必ずしも経済的に恵まれていなくても、時間の自由を味わえるので、フリーの立場に満足する人は少なくない。また、いったんフリーをやってしまうと、この種の時間の自由が癖になって捨てがたくなる。

(7)仕事の不自由

 会社員の多くは、自分で自分の仕事を選ぶことができない。たとえば、総合商社の入社式では、自分の意図しない部署に配属されて泣く新入社員がいる場合もある。
 会社生活では、何度も人事異動があるのが普通だが、自分のやりたい仕事ばかりであるとは限らないし、不本意な仕事に就いている年数は、フリーから見ると「人生のムダ」だ。



 さて、一方的に、会社員(あるいは、お役人)の側の不自由を書いてみたが、上で挙げたポイントにあっても、必ずしも「フリーの方が自由だ」と言い切れるものではない点に注意が必要だ。

 フリーの場合、喰わなければならない、働く場を得なければならない、という問題がある(注;両者は重なり合うが、全く同じ、ではない)。フリーは、日本語で言い換えると、「自営業」だが、「自分で業を営む」という以外に、「自分という商品を、営業(セールス)しなければならない」という面がある。
 従って、相手が嫌な人間であっても、取引相手だったり、自分にチャンスをくれる人間だったりした場合に、この相手と徹底的に付き合わなければならないケースはある。
 また、フリーは仕事を選べる立場だが、率直に言って、仕事を断る際には勇気が要る。一度断ればその相手からは二度と依頼が無いかも知れないし(たとえば、放送、出版のような属人的仕事の場合、よくあることだ)、フリーは多くの場合経済的に不安定なので、出来るだけ多くの仕事を抱えておきたいと思う場合が多い。
 フリーの場合、実質的な立場を考えると、「人間関係」や「仕事」はよほど実力と自信を蓄えないと「私は、自由だ」と言い切れるほどのものにならない筈だ。
 また、時間の点でも、仕事を抱え込んだフリーは、仕事が完成するまで自分の時間を投入しなければならないので、全く自由時間が無くなるような状況に陥ることがある。元を辿ると自分の選択ではあっても、結果が不自由になることもある。
 アイドルの追っかけ(熱心なファン)で多い職業は地方公務員だと聞いたことがあるが、勤務時間が一定で、収入が安定している立場の人だからこそ得られる自由もあるということだ。



 学生は、会社員、或いは公務員とフリーの何れになりたいと思うのだろうか。彼らの反応が楽しみだ。

 大人の皆さんは、どう思われるだろうか。面白い、あるいは参考になるコメントがあれば、随時学生に伝えます。
コメント ( 36 ) | Trackback ( 2 )