「なんじゃもんじゃ」の木

この木を初めて知ったのは、神宮外苑の絵画館の前です。「なんじゃもんじゃ」という面白い木があって、その由来についても、詳しい説明がありました。その後、家の近くにも大きな木があることを知って、毎年連休の頃花が咲くので、見に行っています。遠くから見ると、雪を被っているようですが、近くでは、細かい糸の集まりのような花です。時期になると、お宅に説明書きが掲示され、それによると、学名は「ひとつばたこ」だそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« フジとツツジ... クリックボー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。