かどの煙草屋までの旅 

路上散策で見つけた気になるものたち…
ちょっと昔の近代の風景に心惹かれます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下呂温泉 湯之島館~洋館探訪・その2(岐阜県下呂市)

2019-06-23 | 飛騨の近代建築
■洋館棟の廊下・階段 には光と影が織りなす昭和モダンな世界がひろがります




 
 
 

 

 

 

 



■創業当時のままの雰囲気が残る家族風呂
 

Comments (2)

下呂温泉 湯之島館~洋館探訪・その1(岐阜県下呂市)

2019-06-15 | 飛騨の近代建築
 
本館に併設された洋館棟は、創建当時の昭和モダンな造形が随所に残っていて、迷路のような廊下や階段を巡りながら近代建築探訪が楽しめます。


■洋館棟外観




■旧ダンス場(クラブムーンライト)




 
 

■足湯のあるテラス


  



■撞球室




■会議室


 

■会議室の奥にあるサンルーム




■卓球室
 
Comment

下呂温泉 湯之島館~玄関・本館(岐阜県下呂市)

2019-06-12 | 飛騨の近代建築

6月8~9日、一泊で岐阜県下呂温泉に行ってきました。
宿泊は玄関と本館の建物が登録有形文化財に指定されている湯之島館です。
本館は昭和6年竣工の本格的数寄屋造ですが、当時としてはまだ珍しかったRC造の娯楽室と呼ばれる洋館が併設されています。

山腹に建つ深い木立に囲まれた木造3階建ての宿は、戦前の温泉宿の雰囲気をよく残しており、レトロな洋館にはダンスホールや撞球室、足湯のあるテラス、サンルームなどが当時のままの姿で訪れるものを迎えてくれます。

 
■本館玄関






■玄関脇の囲炉裏


■本館客室~木造3階建の和風意匠を凝らした旅館建築




■湯之島館/岐阜県下呂市湯之島645番地
 竣工:昭和6年(1931)
 設計:丹羽英二建築事務所
 施工:戸田示造
 構造:木造・RC造
 撮影:2019/06/08・09
 ※国登録有形文化財

Comment

名古屋明治屋栄ビル年内解体へ

2019-02-23 | 名古屋の近代建築

朝日新聞名古屋版2月21日朝刊の記事によりますと、年内にも明治屋栄ビル(昭和13年/1938)が解体される見通しのようです。
2014年までは明治屋名古屋栄ストアーが営業していましたが、閉店後はテナントも入らずついに取り壊しが決まりました。
隣の丸善も今は無く(跡地は駐車場)、村野藤吾の丸栄百貨店の解体工事も進行中で、ここにきて昭和の広小路通の面影を今に伝える近代建築の取り壊しが続くのは寂しいかぎりです。

■営業中の明治屋名古屋栄ストアー(2010年3月14日撮影)

Comments (3)

川越建築散歩(3)日本聖公会川越キリスト教会礼拝堂

2018-09-30 | 埼玉の近代建築

川越商工会議所を東へすぐのT字路の交差点に赤煉瓦の外壁が美しい川越キリスト教会があります。設計は立教大学新築のため来日したアメリカ人技師W.ウィルソンで、鐘楼と平屋の煉瓦造教会というシンプルな形態。ウィルソンは同タイプの熊谷聖公会教会も設計しています。
礼拝堂の内部はハンマービーム風の小屋組を見せ、外壁のバットレス(控え壁)や尖塔アーチの縦長窓が中世ゴッシク教会の雰囲気を思わせる重厚な雰囲気を感じさせます。



■T字路の突き当たりに鐘楼と妻壁を見せる美しい外観は、川越の伝統的町並みの景観に寄与しています





■フランス積みの煉瓦壁にからまるツタがクラッシクな外観をきわだたせています



■尖頭アーチの玄関脇には「国登録有形文化財」のプレート



■日本聖公会川越キリスト教会礼拝堂/埼玉県川越市松江町2-4-13
 竣工:大正10年(1921)
 設計:W.ウィルソン
 施工:清水組
 構造:煉瓦造平屋
 撮影:2018/04/30
 ※国登録有形文化財

Comment

川越建築散歩(2)川越商工会議所(旧武州銀行川越支店)

2018-09-24 | 埼玉の近代建築

りそな銀行のある蔵造りの町並の仲町交差点を東に入ると、ドリス式オーダーをずらりと並べた重厚な外観の川越商工会議所があります。
りそな銀行とは対照的なオーダーを前面に配したクラッシクな外観は、大正~昭和初期に流行った銀行建築の定番的手法。交差点の隅角部に出入り口を設け、上部にはバロック風のペディメント装飾を施すなど、当時の銀行建築の特徴をよく表しています。


■オーダーを配した重厚な古典主義風外観は、当時の銀行建築の定番


■2階分を貫くドリス式のジャイアント・オーダーは迫力満点、銀行の威厳をいやがうえにも強調します







■川越商工会議所(旧武州銀行川越支店)/埼玉県川越市仲町1-12
 竣工:昭和3年(1928)
 設計:前田健次郎
 施工:清水組
 構造:RC造地上2階、地下1階
 撮影:2018/04/30
 ※国登録有形文化財

Comment

川越建築散歩(1)埼玉りそな銀行川越支店(旧八十五銀行本店)

2018-09-16 | 埼玉の近代建築

遅ればせながら5月の連休に訪れた、埼玉県川越市の建築探訪をアップします。
小江戸と呼ばれる蔵造りの町並みには、明治~戦前期の和洋取り混ぜた建物が今も数多く残っていて、町歩きを楽しむ観光客でにぎわっていました。

川越の中心にある蔵造の町並みにひときわ目を引く西洋建築、埼玉りそな銀行川越支店(旧八十五銀行本店)が建っています。
角に塔を頂いたルネサンス風ですが、バットレス(控柱)にサラセン風な縞模様を施した外観は大正期の建築らしい明るく軽やかな印象です。


■銀行建築に好んで用いられたオーダーを強調した古典主義建築の重厚さはなく明るく明快な外観


■白いタイルにグレーの縞が入るサラセン風の明るい外観は、黒壁の並ぶ明治の伝統的な蔵造りの町並みの近代化を象徴する建物



■蔵造の低い町並みにひときわ目立つルネサンス風塔屋



■埼玉りそな銀行川越支店(旧八十五銀行本店)/埼玉県川越市幸町4-2
 竣工:大正7年(1918)
 設計:保岡勝也
 施工:印藤順造
 構造:SRC造3階
 撮影:2018/04/30
 ※国登録有形文化財

 

Comment

江戸東京たてもの園(7)震災復興期の看板建築/小金井市

2018-07-15 | 東京の近代建築

東ゾーンには戦前の昭和の面影を残す下町の商店建築が移築されています。
震災復興期の昭和初めに建てられた看板建築もそのひとつで、伝統的な出桁造りの商店とファサードを洋風に仕上げた看板建築が再現され、戦前の昭和の町並みにタイムスリップできます。


■植村邸/昭和2年(1927)/中央区新富町
前面を銅板で覆ったファサードは看板建築の特徴。



■丸二商店(荒物屋)/昭和初期/千代田区神田神保町
こちらは銅板片を組み合わせて模様にした凝ったデザイン。裏手に長屋が続きます。



■村上精華堂/昭和3年(1928)/台東区池之端
人造石洗い出しの外壁にイオニア式の列柱を配したファサード。
当時は化粧品屋さんだけに、洋風モダンな外観が目を引きます。





■大和屋本店(乾物屋)/昭和3年(1928)/港区白金台
木造3階建て出し桁造りの伝統的なファサードながら、縦長のプロポーションは看板建築の特徴。



■武居三省堂(文具店)/昭和2年(1927)/千代田区神田須田町
■花一生花店/昭和2年(1927)/千代田区神田淡路町







■万世橋交番/明治後期/千代田区神田須田町
こちらは煉瓦積みの明治期の建築様式が特徴の交番。
丸ポストが似合います。

撮影:2017/08/12

 

Comment

江戸東京たてもの園(6)子宝湯/小金井市

2018-05-27 | 東京の近代建築

戦前の東京下町を再現した東ゾーンには、昔ながらの出桁造り商家や洋風の看板建築などが移築されています。その中でもひときわ目を引くのが、東ゾーンの一番奥にでーんとかまえる子宝湯です。東京の銭湯といえば、神社仏閣を思わせる宮造りが定番で、千鳥破風の大屋根と唐破風をのせた玄関が特徴。子宝湯もそんな東京の下町の銭湯を代表する建物で、足立区の千住から移築されました。

銭湯の軒数は東京オリンピックが開催された昭和40年頃がピークで、都内に2600軒あったそうです。私の実家に内風呂ができたのも昭和40年頃で、それまでは近所の銭湯に通っていたものです。内風呂が普及する以前、庶民にとって銭湯は一日の疲れをいやすオアシスであり、ご近所皆さんの社交場、憩いの場でもあったわけです。現在はわざわざ銭湯まで行く必要はなくなりましたが(そもそも銭湯が無い)、子どもの頃と大学時代に通った銭湯体験は、昭和のあの頃を懐かしく思い出させてくれます。

大きな湯船に肩までつかると、思わず「極楽、極楽」。まさにこの世の極楽を体感できる空間を演出する装置が、神社仏閣を思わせる東京型の銭湯といえるのかもしれません。


■東京型を代表するクラッシクな外観は威厳さえ漂います



■私の地元東海地方には、これだけ立派な宮造りの銭湯はほとんどありません
まじかで見ると、そのスケール感に「これが銭湯?」と圧倒されます



■立派な唐破風の下には舟に乗った七福神の彫刻がお出迎え
七福神の彫り物は神社仏閣で培われた職人のノミの技が生かされています



■玄関脇には大黒様と恵比寿様の飾り瓦が鎮座します





■銭湯といえば木製の蓋にカギ付きの下足箱が定番ですが、ここはタイル張りのシンプルなもの



■ここから男湯と女湯に分かれます。中央の番台が設置されているスペースにはタイル絵の装飾が



■男湯に入ると右手に男なら一度は上がってみたかった番台があります
昭和28年当時の入浴料金表には、大人12才以上金15円とあります



■天井の高い脱衣所には懐かしい籐のカゴが並びます



■男湯と女湯の境の壁は鏡になっていて、当時の広告看板からは昭和の香りが漂います



■昔の銭湯にはお約束のレトロな体重計
体重を測ったあとは、腰に手をあてコーヒー牛乳の一気飲みが銭湯の醍醐味



■脱衣場は広い吹き抜け空間で 豪華な折り上げ格天井はまるでお寺にいるようです



■男湯の浴場~正面のペンキ絵と境の壁のタイル絵が銭湯感を盛り上げます



■銭湯といえば...やっぱり富士山のペンキ絵にとどめを刺します



■源平合戦と弁慶・牛若丸のタイル絵



■こちらは女湯の浴場(そう言えば女湯に入るのは子どもの時以来です)
境の壁が低いので石鹸やシャンプーのやり取りをしたものです



■女湯は子ども向けでしょうか「さるかに合戦」と「ももたろう」のタイル絵です



■東京型の銭湯はとにかく天井がく、最上部には湯気抜きの窓がつく



■子宝湯/旧所在地:足立区千住元町
 竣工:昭和4年(1929)
 構造:木造
 撮影:2017/08/12

Comment

江戸東京たてもの園(5)前川國男邸/小金井市

2018-05-13 | 東京の近代建築

コルビュジエに師事したモダニズム建築の巨匠、前川國男の自邸。戦時下竣工という建築資材が制約されるなか、中央の居間の天井を高くし、ロフト状の2階を設けることにより豊かな空間を実現しています。
1階の大きなガラス開口は、コルビュジエが提唱した「ピロティ」を意識しているといわれています。90度回転する戸袋、ディスプレイ機能をもつ棚、ダイナミックに開閉する大扉など、当時としては実験的なデザインを取り入れた斬新的な住宅作品です。





■大きな開口部が特徴的な居間



■天井を高くしてロフトを設けた空間は開放的



■ロフトへの階段



■書斎~やはり窓が大きく開放的で、気持ちの良い空間です



■台所と浴室~白で統一されたモダンで機能的なデザイン





■前川國男邸/旧所在地:品川区上大崎三丁目
 竣工:昭和17年(1942)
 設計:前川國男
 構造:木造ロフト付
 撮影:2017/08/12
〈参考〉江戸東京たてもの園特別展 世界遺産登録記念「ル・コルビュジエと前川國男」

Comment

江戸東京たてもの園(4)田園調布の家(大川邸)/小金井市

2018-05-03 | 東京の近代建築

田園調布は、企業家や有名芸能人、スポーツマンなど、いわゆるお金持ちご用達の「超高級住宅地」として知られていますが、それはあくまで戦後高度成長期以降の話。戦前までは中以上のサラリーマンや軍人、弁護士、医師など中産階級向けの郊外型分譲地という位置づけでした。

近代建築総覧(1980年刊)には、田園調布の住所で20軒ほどの住宅が掲載されていますが、現在オリジナルのまま当地に現存する住宅はわずかで、大川邸は当時の豊かな中産階級の暮らしを今に伝えてくれます。

■建物外観





■玄関まわり~照明や換気グリルなど細部にこだわった意匠が目を引きます


      


■居間


■食堂


■キッチン





撮影:2017/08/12


 

Comment

江戸東京たてもの園(3)小出邸/小金井市

2018-03-25 | 東京の近代建築

設計の堀口捨己は、大正9年歴史主義からの脱却をめざし結成された「分離派」のメンバーで、日本のモダンデザインを牽引したひとり。堀口は代表作の一つ紫烟荘(大正15年)で、ヨーロッパのモダンデザインと茶室の融合を試みていますが、前年竣工の小出邸は和洋のハイブリッド住宅の先駆け的作品と言えるのではないでしょうか。


■和洋の造形を絶妙なバランスで折衷したデザインは、現代の住宅に通じるものがあります









■建物の内部は創建当時の間取りをとどめています





■小出邸/旧所在地:文京区西片二丁目
 竣工:大正14年(1925)
 設計:堀口捨己
 構造:木造2階
 撮影:2017/08/12

 

Comment

江戸東京たてもの園(2)デ・ラランデ邸/小金井市

2018-03-21 | 東京の近代建築

設計者のデ・ラランデは明治36年来日、横浜・神戸で外国人商館や邸宅を手がけ、神戸にある重要文化財トーマス家住宅(風見鶏の館)が現存しています。
建物は既存の木造平屋建ての洋館を、デ・ラランデが自邸として大幅に増改築したもので、その後何回も所有者が変わりましたが、昭和31年(1959)からカルピスの発明者として知られる三島海雲氏の自邸になり、平成11年(1999)まで三島食品工業の事務所として使われました。


■白く塗られた下見板張りの外壁と赤いマンサード屋根が特徴的
デ・ラランデは当時一世を風靡したドイツの「ユーゲント・シュティル」というスタイルを好み、この建物にもその影響がうかがえます








    


■デ・ラランデ邸(旧三島邸)/旧所在地:新宿区信濃町
 竣工:明治43年(1910)
 設計:デ・ラランデ
 構造:木造3階
 撮影:2017/08/12



Comment

江戸東京たてもの園(1)常盤台写真場/小金井市

2018-03-18 | 東京の近代建築

江戸東京たてもの園は、1993年江戸東京博物館の分館として、小金井市の旧武蔵野郷土館の敷地に建設されました。園内には都内に現存した江戸~戦後までの文化的価値の高い歴史的建造物が移築復元され、後世に伝える文化遺産として保存展示されています。
今回は園内の洋風の近代建築を中心にご紹介します。

■常盤台写真場/昭和12年(1937)築/板橋区常盤台1丁目
郊外住宅地の常盤台に建てられた写真館で、外観は装飾を排除し直線を基調としたインターナショナル・スタイル。
建物かどのアールと英語で書かれた「TOKIWADAI PHOTO STUDIO」の屋号がモダンな感じです。


■縦長の窓と階段の円形にくりぬかれた壁が昭和のモダニズムを醸し出しています。



■戦前の写真館はスタジオの安定した照度を得るため、北側に大きな窓を配置しているのが特徴。

撮影:2017/08/12


■高田小熊写真館/明治41年(1908)頃/愛知県犬山市明治村内
こちらも屋根に大きな採光用の窓が設けられています。
建物外観は明治末~大正期の洋館造りで、モダンな昭和の常盤台写真場と比べると華やかな印象。

Comment

浅草(2)東武浅草駅・松屋浅草店/台東区

2018-02-17 | 東京の近代建築

一時は改変がいちじるしく、外壁は白い外装材でおおわれた悲惨な状況でしたが、近年昭和6年開店当時のアールデコ調の外観が復活しました。




■広告塔だった塔屋も開店時と同じ時計塔にもどされました


■東武浅草駅・松屋浅草店/台東区花川戸1-4
 竣工:昭和6年(1931)
 設計:久野節
 施工:清水組
 構造:RC造
 撮影:2017/08/12

Comment